ゲームの想い出第三回 拝啓婆様「チョップリフター」(ファミコン)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームの想い出第三回 拝啓婆様「チョップリフター」(ファミコン)

2013-03-09 11:41




    今回はファミコンゲームチョップリフターの想い出話でも


    このゲームは俺がまだ小学2~3年生の頃、俺の両親から
    「どうやら最近孫がファミコンとやらにはまってるらしい」
    という、情報を耳にした祖母が土産として自分の為に買ってきてくれたゲームです。
    (自分家は幼少時からから親族とは別住まい)

    何故覚えてるかっていうと、
    祖母が人に頼んで買ってもらった物や、ショップの店員に聞いて買ってきた物ではなく、
    自ら選んで買ってきてくれた物だったので今でも印象に残ってる訳です。

    デパートの新品だったので、恐らく定価近く4000~5000円はしたでしょう
    自分はえらく喜んだもんです。

    そして私は買い与えてもらった思わぬ土産物に対し、色々お礼を言って祖母を見送った後、
    早速やろうとワクワクしながらゲームを起動すると、どうやらこれがツマラナイ。

    この作品を買ってもらった当時、時は既に90年代前半ファミコン開発は円熟期に入っており
    自分の中で飛行物体を動かし弾を撃つゲームといえばシューティングで、
    「グラディウス」や「ツインビー」の様な派手な操作体系の作品をイメージしてたのですが、
    いかんせんそこは85年作品のチョップリフター。

    元が洋ゲーの異色作という出自も手伝い、
    フリースクロールで画面を右往左往し兵士を助けるという、
    当時の和製ゲームにはあまり見られないゲーム目的の意味自体理解出来なかったんでしょう。
    結局説明書を読まずゲームをする性分の自分は、20~30分画面内をうろうろした後、
    機体を撃ち落とされたのを機にチョップリフターを封印しました。



    所で、この当時、家庭用ゲーム機においてファミコンは、唯一無二の絶対王者と言える存在で、僕を含む同級生のゲームキッズ間では定期的にファミコンカセットの貸し借りをする事で、現在で言う体験版やDLC等に変わる情報源とする習慣がありました。

    これがまた面白いもので、人によってはどんなクソゲーでも好んでプレイしてくれる人が居て、その逆もまた然り。隣の芝生は青く見えるの理論の通り、人のクソゲーでも自分でやってみると素晴らしい良昨だったりする訳です。

    まあ、相手によっては貸しパクされたゲームカセットが、
    隣町のゲームショップに逃避行したまま戻ってこなかったりするのでリスクもあるのですが、
    それを補ってあまりある魅力的なイベントでした。

    その頃の自分の同級生間では、週に5~6本のファミコンソフトの貸し借りが行われていて、
    このチョップリフターもそのゲーム貸し借りに出してみては?
    と、自分なりにチョップリフターの有効利用を考えた事もあったのですが、
    祖母がわざわざデパートに出向き自分の為に選んで買ってきてくれたゲームだし、
    自分に合わないとはいえ、人に貸すのは忍びない、けれども遊べない。

    という、微妙なポジションのまま箱に保管され、
    その後、チョップリフターは、俺が成人してファミコンカセットを一斉処分するまでの約15~16年間に亘り、さながら冷凍保存された原始時代のマンモスの如く、中古の癖にやたらと状態の良いカセットとして、綺麗な姿のまま天寿を全うしていきました。





    何故、急にこんな事思い出したかというと、
    この前自宅近くのゲームショップのワゴンセールで100円のチョップリフターを発見し、
    懐かしさから再購入してしまいまして。何気なくプレイしてみるとこれが中々面白い。

    今調べてみると、あのバンゲリングベイ三部作
    「スペランカー」「バンゲリングベイ」「チョップリフター」
    シリーズの作品の様で、慣れてくると独特な微調整操作が楽しく、
    面数は4面と短いながらも十二分に楽しみながらクリアまでプレイ出来ました。

    こういう事もあり、幼少時の自分がこのゲームをつまらないと思ったのは、
    単にこのゲームをプレイする技量が自分に足りなかっただけで、
    祖母のゲーム選択眼は結構良かったのかなーと思い直しました。

    そんな祖母も今年で81歳、
    まだ、元気な内に「昔、ファミコンソフト買ってくれてありがとう」と、
    一言礼でも言ってみたくなるゲーム「チョップリフター」のHDリメイクが
    何と2012年にXBOX360向けにDLCとして配信されてるではありませんか
    http://choplifterhd.com/

    少し前にXBOX360を手放してしまい今手元にXBOX360は無いのですが、
    近い内に買い戻す予定があるので、そうしたら是非ともやってみたい一作となりました。

    皆もお婆ちゃんとゲームソフトは大切にしましょう。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。