• このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

海燕(かいえん)はニコニコチャンネルを中心に活動するブロガーです。はてなダイアリー〈Something Orange〉は1000万アクセスを記録。現在はアラフォーオタクハゲを名乗り、陰キャながらに活動ちうです。

2012/08/21 開設 16動画

チャンネルの説明

 「アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!」は海燕のブロマガ&動画チャンネルです。

 毎週土曜日午後9時からSF小説からアニメまで広く語る「オタク講義」配信を行っています。録画はチャンネル会員限定で公開されます。

 また、月・水・金の週3回、やはり午後9時からゲーム実況を配信しています。

 ブロマガは不定期更新で、一回の分量は2000文字~10000文字程度。かなりのボリュームがあります。

 月額330円と安価ですので、ぜひご入会ください!

ニコニコ生放送スケジュール

次回放送予定をお待ちください。

過去の動画

9:28

再生6,076 コメ0 マイ0

2020/12/17 21:48 投稿

淫靡! 頽廃! ダークファンタジーの傑作、グラフィックノベル版『エルリック・サーガ』を解説するよ。

ヒロイック・ファンタジーの永遠の名作『エルリック・サーガ』、そのグラフィックノベル版の解説です。いやー、昏くてエロく...

8:06

再生3,539 コメ0 マイ2

2020/12/17 00:56 投稿

日本にも上陸! 5G×コロナ陰謀論はなぜ流行るのか?

「5G」と「新型コロナウィルス」を結びつける陰謀論の本を見つけたので、紹介します。この種の陰謀論が世界各地で猛威を振る...

4:26

再生3,369 コメ21 マイ1

2020/05/12 13:51 投稿

その昔、エロゲの黄金時代があった。新海誠『天気の子』のPVを見て往年の傑作を思いだす。

▼この動画の内容は?▼YouTubeからの転載動画です。大ヒット作『君の名は。』を経て、いまや日本を代表するアニメーション監督...

あったなあ wow え !? オオオオオオオオオオ オオオオオオオオオオ

10:04

再生2,792 コメ1 マイ0

2020/12/16 03:09 投稿

『サイバーパンク2077』を遊ぶまえにサイバーパンクSFの歴史を振り返ろう。

 最新オープンワールドRPGの傑作『サイバーパンク2077』にかこつけて、サイバーパンクSFの歴史について解説してみました。 ...

うぽつ

7:18

再生1,370 コメ3 マイ2

2020/05/12 13:35 投稿

永野護暴言録! 大塚ギチに対する発言だけじゃない、天才ナガノの華麗なる「暴言」の数々を掘り起こしてみた。

▼この動画の内容は?▼YouTubeからの転載動画です。月刊『ニュータイプ』誌で『ファイブスター物語』を連載中の作家・永野護。...

永野が描いた最高度に 仲良しやん 誰っ

 

Twitter

最新記事

  • いまこそ「宗教2.0」。オタク新興宗教を始めよう!

     突然ですが、うさん臭い新興宗教を始めたいのです。  これ、しばらくまえから考えていたことで、ぼくがずっと考えていることの先にあるものは、やっぱり「宗教」なのではないかと。  ただ、ぼくにはどうにもカリスマ性が欠けているので、教祖になるのはどう考えても無理なんですよね。だれか教祖を担当してくれる人がいたら良いのかもしれないけれど、そうなるとその人がすべての権力を掌握してしまいそうなので、やはり無理があるかもしれないなあ。  と、このように書いていくと、また何をいいだしたかと思われるかもしれませんが、まあ、いままでも考えてきたことなんですよ。  いろいろと思考が絡まりあっていて、どこから話し始めたら良いのか迷うのですが、ようするに非常に豊かになった一方であきらかな行き詰まりを見せている現代社会で何らかの活路を見いだすにはどうすればよいか? そのためのひとつの道が「宗教」なのではないか? そういうことなんですね。  このように書くと、すぐさま反論が返ってきそうです。そう、先進国では世界的に「宗教離れ」が進んでいて、コロナ・ショックはそれに決定打を加えたといわれています。 h...

    2021-09-02

    • 1 コメント
  • 百合作品で描かれる女性同士の関係の多彩性が素晴らしい。

     ゆざきさかおみのマンガ『作りたい女と食べたい女』第一巻が素晴らしかった。  たくさんの料理を作りたくてたまらないが小食なので作れずにいる「作りたい女」が、偶然に近くに住んでいる「食べたい女」のことを知り、彼女といっしょに食事をするようになるというお話。  広い意味でのシスターフッドの物語であり、百合ということもできるだろうが、その点はとくだん意識しなくても読める。  ささやかな出来事から知り合ったふたりのタイプの違う女性が、少しずつ親しくなっていくプロセスが読ませる。読み終えてすぐ続きを読みたくなるような爽やかな作品だ。  大きなオムライスや特大プリンなど、べつだん特別なものではないが、それでいてやはり美味しそうな料理の数々も楽しいが、やはり魅力的なのは主人公の女性ふたりの飾らない関係性だろう。  女性同士ならではの助け合いの様子はフェミニズム的といって良いように思われる。  すでによしながふみ『きのう何食べた?』の女性版という評価も出てきているようだが、『きのう何食べた?』にせよこの作品にせよ、女性が作って男性が食べるという決まりきったスタイルからの脱却を描く作品で...

    2021-07-14

    • 0 コメント
  • 「SF小説」と「セカイ系」はどこがどう違っているのか?

    「セカイ系」は「SF」の一種なのか?  どうにも検索しても出典が見あたらないのだが、東浩紀から「セカイ系」の定義、「主人公(ぼく)とヒロイン(きみ)を中心とした小さな関係性(「きみとぼく」)の問題が、具体的な中間項を挟むことなく、「世界の危機」「この世の終わり」などといった抽象的な大問題に直結する作品群のこと」を聞いた大森望が、「それならSFはみんなあてはまるじゃん!」みたいなことを話した、という記述をどこかで読んだことがある。  一読してなるほど、と苦笑してしまうような話である。たしかにそうかもしれない。  SF小説の名作とされるものは、むろん例外はいくらでもあるにせよ、『2001年宇宙の旅』であれ、『ディアスポラ』であれ、『果しなき流れの果に』であれ、『グラン・ヴァカンス』であれ、ここでいう「具体的な中間項」の描写にページを割かない。一気に宇宙の果てまで跳躍する。その良し悪しはともかく、SFにはたしかにそういうところがある。  ちなみに、Wikipediaによると、「具体的な中間項」とは、「国家や国際機関、社会やそれに関わる人々」を指している。つまり、東の定義によれば、セカイ系とは「小さく...

    2021-07-02

    • 0 コメント
  • 『Landreaall』最新刊のネタバレ感想!「おまえって奴は」。

    『Landreaall』、一年に一、二回の最新刊です。  どんどんぱふぱふぱふー。本日、おがきちかの人気シリーズ『Landreaall』最新の第37巻が発売されました。  さっそく電子書籍で入手して読み終えたわけですが、いやー、面白い!  このシリーズ、一応、少女漫画のほうのカテゴリに属しているとは思うのですが、膨大な登場人物が絡み合う群像劇を平然と展開していて、少女漫画にバイアスを抱えている向きにも読んでほしい作品だといえます。  高度な戦術や戦略や権謀術数が絡み合う一部の展開は、むしろ男性読者のほうが楽しめたりするのではないかとも思ってしまうのですが、それはジェンダーにもとづく偏見でしょうか?  とにかくめちゃくちゃ面白いマンガには違いないので、ぜひ、いますぐ読んでほしい。  既刊37巻というといまさら入りづらいという方も多くいらっっしゃるかとは思うものの、大丈夫、そこは何しろ少女マンガなので、わりとキラキラしたキャラクターも多数。情報量は凄まじいものの、気楽に読むことができる作品です。  マンガとして読みやすいかというとそうでもないかもしれないけれど、とにかくぼくとしてはイチ...

    2021-06-24

    • 0 コメント
  • 『進撃の巨人』の「愚か者たちのデモクラシー」は本当に成り立つか?

    杉田俊介氏が語る『進撃の巨人』論への強烈な「違和」。  杉田俊介氏の『進撃の巨人』論「 『進撃の巨人』は「時代の空気」をどう描いてきたか? その圧倒的な“現代性”の正体 」を読んだ。  べつだん、いま読み終えたわけではなく、『進撃の巨人』全巻を読み返し終えたあとに反応しようと考えて放置していたのだが、それではいつまでも書けないのでいま書くことにした。つまり、本文はこの記事への批判的応答である。  ぼくは『宮崎駿論』や『ジョジョ論』を初め、杉田氏が公に書いた文章はその大半を読んでいる。その意味では、杉田氏の愛読者といって良いのだが、同時にこの人が書くものにはつねにつよい違和感を感じる。  それは、ぼくの目から見て、あまりにかれの書くものが傲慢に思えてならないことが頻繁にあるからである。  杉田氏の批評は、いずれもきわめて精緻に、論理的に考え抜かれていることが一読してあきらかだ。そして、それにもかかわらず、ぼくはその結論に納得できないことがしばしばなのである。  『天気の子』のときもそうだった。そして、『進撃の巨人』でもやはりそうであるようだ。なぜそういうことになるのだろう? ...

    2021-06-21

    • 0 コメント
  • 『氷と炎の歌』、『ダークソウル』、ダークファンタジーの伝統とは。

     ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』、ゲーム『ダークソウル』など、さまざまなメディアで世界的に流行を続けるダークファンタジー。そのジャンルはどのような歴史と特徴を持っているのか、ひと通りのことを解説しました。 『ENDER LILIES』が面白そうだ。  明後日の6月22日、『ENDER LILIES: Quietus of the Knights』が発売される。「死の雨」によって壊滅した王国を舞台に、少女と騎士の昏い冒険が描かれる、とか。  「2Dグラフィックのマップ探索型アクションゲーム」を意味する「メトロイドヴァニア」と呼ばれるジャンルの作品で、バリバリのダークファンタジーだ。  「メトロイドヴァニア」という言葉は『メトロイド』+『キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)』から来ているのだが、まあ、ようするにそういうゲームであるらしい。  すでに先行版が発売されていて大好評だし、何よりぼくはこの手のダークファンタジーが大好物なので、ぜひプレイしたいと思う。  いま、ゲームの世界に留まらず、映画でもマンガでもダークファンタジーは大流行だ。否、もはや流行というよりメジャーな一ジャンルとして印象した印象すらある。  世界的...

    2021-06-20

    • 0 コメント
  • 「ディオのオンラインサロン」か? 「涼宮ハルヒのパラドックス」か?

    鍵アカに閉じこもるイケダハヤト。  イケダハヤト氏がTwitterを閉じた。  ひと口に「閉じる」といっても色々あるわけだが、この場合は「自分のアカウントに鍵をかけ、外からは見れない状態にする」ことを意味している。  一時期は日本でも指折りに著名なブロガー、あるいは「インフルエンサー」として一世を風靡し、ブログで何千万円儲けただのといった景気の良い話をしてきたわけだが、巨額の仮想通貨がわずかな期間で無価値に落ちる暴落事件によって、事実上、命脈を絶たれた模様である。  いままでどれほどの非難と嘲笑を浴びせられようとも平気で通しているように見えた人物だけに、その零落はきわめて印象的だ。  が、この記事はべつだんイケダ氏を批判する性質のものではない。そうではなく、かれのようなインフルエンサービジネスがなぜ成立するのかというところから話を始めたいのだ。  この場合、「インフルエンサー」とはネットで巨大な影響力を持つ人材一般を指す。多くの場合、かれらはネットで活動する有象無象たちのあこがれと尊敬と嫉妬と敵意の対象であり、じっさいにそのひと言で人生を変えられてしまう人もいる。  ...

    2021-06-19

    • 0 コメント
  • 映画『映画大好きポンポさん』を庵野秀明や宮崎駿と比較し語る。

    映画版『映画大好きポンポさん』が腑に落ちない。  先日、すでに各地で好評を集める『映画大好きポンポさん』を観て来たのですが、いまひとつ自分のなかでどう評価するべきなのか納得が行っていないところがあって、考え込んでしまいました。  特にクライマックスのあたりをどう解釈するべきなのか、正直、良くわからなかったんですね。  通常、映画作りテーマの作品でも光があたることが少ない「編集」という作業にスポットライトをあてていることはわかるのだけれど、それが何を意味しているのか、主人公のジーンくんが何を選び、何を捨てているのか、明確には理解できなかった。  そのあたりのとまどいは哲学さんと放送したYouTubeを聴いていただければわかるかと思います。 https://youtu.be/Ivcr1xm0XGs  思いっきり腑に落ちない感じで話している。  そのことについて語るまえにまずは物語のあらすじから話をしますと、この映画の主人公は映画の都ニャリウッドへやって来て天才プロデューサー・ポンポさんのアシスタントをしている青年ジーン・フィニ。  「えっ、ポンポさんが主役じゃないの!?」と思われるかもしれません...

    2021-06-17

    • 0 コメント