• このエントリーをはてなブックマークに追加
児童ポルノ所持で書類送検の『るろうに剣心』作者に人間の複雑な深淵を見る。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

児童ポルノ所持で書類送検の『るろうに剣心』作者に人間の複雑な深淵を見る。

2017-11-22 12:41
  • 2
 映画化もされた(そしてヒットした)『るろうに剣心』で有名な和月先生が児童ポルノの所持で書類送検されたという話がいま話題になっています。

 ちょっとこれはかばいようがないというか、法的にも倫理的にもアウトっぽいので、べつに弁護するつもりはありませんが、『るろ剣』の北海道編が始まったばかりというタイミングは最悪で、関係者には同情せざるを得ません。

 図らずして自分の性癖がアウティングされてしまった和月さん自身も(自業自得といえばそうかもしれないとはいえ)、ちょっと可哀想。

 まあ、被害者の児童ポルノに出演させられた女の子たちがいちばん可哀想といえばもちろんそうなのですが。こういうものを買ったりするとやっぱり捕まるんだなあ、といまさらながらに思いますね。

 ぼくは一時期、美少女偏愛映画に凝っていたことがあって(いろいろなものに凝る人なのだ)、ルイ・マル監督の『プリティ・ベビー』を観たりしていま
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント コメントを書く

 和月先生はせっかく可愛い女の子が描けるんだから、「自給自足」はできないのでしょうか。・・・ムリなのかな・・・。

No.1 54ヶ月前

気になることがあるんですが、作品から児童性愛って匂いますかね。だったら地獄先生ぬーべーなんてやばいですよ。ただ少年誌だとたいてい女子児童は出るので、別にぬーべーの作者がやばいとは思いません。むしろこの事件で意外と少女が出ない作者のほうが怪しいかもしれないと思いました。

No.2 43ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。