動画解説 第17弾:【初音ミク・巡音ルカ】明日に至る伝承歌【オリジナル曲】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

動画解説 第17弾:【初音ミク・巡音ルカ】明日に至る伝承歌【オリジナル曲】

2013-04-30 22:25


    というわけで今回はこちらの紹介です。

    この曲のコンセプトは!
    「民族調+機動歌姫ヴォーカリオン」
    という異色の組み合わせです!!!!!1!

    いえ、実を言うと最初は「ド民族調」の曲を作ろうとしていたはずなのですが。
    一体何がどうしてこうなった。
    まあせっかくなので、開き直ってそういう曲ということにしてしまいました。



    今回はミクさんとルカさんのデュエットで歌っていただきました。
    どちらも個人的に非常になじみ深いボカロなのですが、なんだかんだでこの2人きりでのデュエットというのはこの曲が初めてだったようです。

    MMDモデルはキオ式ミクさんとルカさんにご登場いただいています。
    ところで、某動画紹介系生放送でこの曲を流していただいた際、動画に対する視聴者の方のコメントで「格差社会」というものがありましたが――元々そういう意図は全く無かったのですが、しかし実際差胸、おっと間違えた、サムネのシーンとか言われてみれば確かに……おや誰でしょうこんな時間nくぁwせdrftgyふじこlp;



    実はこの曲の歌詞にも、例によっていわゆるちょっとした裏テーマのようなものを仕込んであったりします。
    昔からボカロを追いかけている方などには、もしかしたら何かしら通じるものがあるかもしれません??

    そんなわけで以下、歌詞紹介です。

    【明日に至る伝承歌 歌詞】

    静寂追い求めて 未開の地に根降ろす
    夜明けの風と共に 訪れる

    果てを目指す旅人らの 記した地図に導かれ
    やがて夢追い人たちが 移り住み街となる
    ああ始まりを 告げる鐘の音が
    黎明の空に 鳴り渡る時

    人は集い 実りを求め
    森を野を拓いて 恵み受け分かち合う
    後の世にも 語り継がれる
    伝承の物語 幕開け夢誘う

    幾多の嵐乗り越えて 築かれた楽園の地にも
    いずれ来る黄昏を怖れて 焦り戸惑いながら
    溢れるほどの 豊かさの中で
    無くしかけ 思い出す 想いの欠片

    人が願い 望むがまま
    大地の歌声は 鳴り止むことを知らず
    先の世から 語り継がれる
    伝承は今でも 紡がれ続けてゆく

    街の光見上げて 歴史に思い馳せる
    夜更け鮮やかなまま 明日は来る

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。