動画解説 第26弾:【神威がくぽ】Regretful journey -神威式-【オリジナル曲】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

動画解説 第26弾:【神威がくぽ】Regretful journey -神威式-【オリジナル曲】

2014-09-30 23:13


    こちらの作品、実は原曲自体は非常に古い作品で、元々は人間ボーカル♂向けの作品として2006年に制作・発表されたものです。
    (Rareness♯の1stシングル「Oath of lamentation」のc/w曲「Regretful journey」)

    それを6年ぶりに、がくぽ向けにリメイクしたものを(例によってMMDで)動画化したものがこちらの作品となります。



    動画説明でも多少触れていますが、この曲のベースとなっているストーリーは
    「異教徒狩りによって伝説と化した聖戦士が、ある日自分のしてきたことの意味に気付き苦悩する物語」
    といったものです。
    正義と信じて行った取り返しのつかない行為、そういった重く深刻なストーリーを絶妙なバランス感覚で演じてもらうため、あの有名な「タワシ式CHANxCO風モデル」のがくぽ君にご登場いただきました。
    主人公が考えを改めるきっかけとなった異教徒姉妹の役として、同シリーズのいろはさん&ユキちゃんも出演しております。まさかインタネ教とAHS教の対立とかそんなことは無いですよ?

    なお、コメントでも散々突っ込まれている馬の乗り方についてですが、一言で言うと
    「このがくぽモデル×馬モデルの組み合わせを見た瞬間、この乗り方しか思い浮かばなかった」
    というのが正直なところです。
    (普通にまたがる、という選択肢が思い浮かんだのは大分後になってからのことです)


    というわけで最後に恒例の歌詞コーナーです。

    【Regretful journey 歌詞

    静かな海沿いの闇深き道を
    一人馬に揺られ僕はただ進む
    見上げれば丸い月が空を照らし
    淡い光は足元には届かず

    水面には丸い光の映し身
    波揺れて 幻に 呑まれ消え行く

    穢れし罪人の歩み止めること
    聖なる行いと信じたあの頃
    気付けば誰よりも穢れた自分の
    魂救う道などありはしない

    数多の命奪いしこの両手
    消えることなく浮かぶ紅い幻

    あの日初めて僕は気付いた
    守るべきもの持つ眼差しに
    暗闇に 心囚われたはずの
    彼らが胸に抱く光に

    かつての敵と味方とに追われながら
    成すべきことはまだ残されているはず
    二度と取り戻すこと叶わないけれど
    同じ過ちを繰り返させはしない
    ただ一つの願いを託して
    一度だけ立ち止まり遠く夜空見上げる

    白む夜空見上げる



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。