動画解説 第28弾:【宣伝】VOCALOID生放送大賞2013/【ボカロ10人合唱】歓喜の歌
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

動画解説 第28弾:【宣伝】VOCALOID生放送大賞2013/【ボカロ10人合唱】歓喜の歌

2014-10-12 23:41


    前回紹介した動画をうpしたのが2012年12月22日……その次にうpした動画が、今回紹介する動画となります。
    なんと2013年12月22日投稿。前回からちょうど丸一年が過ぎています。
    しかも前回の動画が「VOCALOID生放送2012の番宣動画」だったのに対し、この動画は「VOCALOID生放送2013の番宣動画」だったりします。

    そして2013年の投稿作品は、実を言うとこれ1本だけでした\(^o^)/

    リアルの仕事の方とかいろいろありましてね……(遠い目)



    さて、VOCALOID生放送大賞については前回の記事でいろいろ語りましたので(実は星追フロンティアがちゃっかりVOCALOID生放送大賞2012本選準決勝まで進んでいたこととか語り忘れたりもしていましたが)、今回はこの動画自体についてのみの解説となります。

    前回「年末と言えばこの曲」という話をしましたが、そもそも日本の世間一般的な「年末と言えばこの曲」としては、むしろこちらの曲がメジャーなのではないでしょうか。
    というわけで今回はベートーヴェンの交響曲第9番の第4楽章より「歓喜の歌」をカバーさせて頂きました。

    BGMはフリー公開されているオーケストラ譜を打ち込んで作ったものですが、単に打ち込むだけに見えてこれが実に曲者でした。
    筆者は基本的にピアノ向けの(あるいは学校の音楽の授業で出てくる)五線譜にしか触れたことがなく、本格的なオーケストラ譜をまともに読むのは今回が初めてでした。

    そんな中、とりあえず上のパートから順に打ち込んで行ったのですが、ところどころに意味の分からない部分が出てきました。
    例を挙げると、
    • 「“Cor”って表記があるけどこれ何の楽器だろう?」→Goolge先生にお伺いを立てる→「ホルンのことかい(そんなん想像できるかい)!」
    • 「そのホルンの音程が何かずれてるように見える……」→Google先生にお伺いを立てる→「(D)って書いてあるから+2して読めばいいのか!」
    • 「“Vla”ってのは多分ヴィオラだと思うけど、このト音記号でもヘ音記号でもない謎の記号は……?」→Google先生にお伺いを立てる→「ハ音記号っていうのか!(しかもこの位置だとアルト記号とか何とか)」
    とかそういうレベルからいちいち調べないとわからなかったため、たかが楽譜の打ち込みといえど、えらい手間と時間がかかってしまいました。

    他にも
    • この部分って6/8拍子だったのか!(楽章全体ではコロコロ変わってるらしい)
    • ボカロの日本語DBって「ヴぁ/ヴぃ/ヴ/ヴぇ/ヴぉ」が発音できないんだってヴぁ!
    などという新たな発見(?)もありつつ、何とか完成にまでこぎつけることができました。



    今回の歌唱ボカロについてですが、この時点で所持している全ボカロキャラクターに登場してもらいました。
    ただしMEIKOについては、この時点ではV3を所持していなかった(V1は持っているけど新PCにインストールしていない)ため、急遽ダウンロードした体験版を使用しています(この記事を書いている時点ではV3も購入済みです)。
    • ソプラノ:初音ミク、鏡音リン、IA
    • アルト:巡音ルカ、GUMI、結月ゆかり
    • テナー:MEIKO、鏡音レン
    • バス:KAITO、神威がくぽ
    動画としては、(クラシックから連想して)エ○ァ風のフォント遣いをしてみた他は、前回と同様に過去の大賞放送アーカイブおよび過去のファイナリスト作品の紹介をメインとしています。
    「ヨンタクロース」のネタは、昔やっていた某クイズ番組の番宣で「サンタクロースはもう古い!これからはヨンタクロースだ!」みたいなことをやっていたのを思い出したので、ついやってしまいました。今は反省していますん。



    なお、2014年の番宣動画については今のところ作る予定はありません。
    というわけで、どなたか代わりに似たようなコンセプトのものを作ってみてはいかがでしょうか?
    もしかしたら企画主(arikuiさん)からお礼がもらえるかもしれませんよ!
    (なお、筆者はこの番宣動画を作ったことにより2013年最終予選の推薦権を1曲分頂いてします。その時推薦した動画は見事に最終予選を勝ち抜き本選出場を果たし、更に本選でも1回勝ち抜いてセミファイナリストに輝きました)

    今度こそ歌詞紹介は無しです。
    どうしても知りたい方はGoogle先生にお伺いを立ててみるといいんだってヴぁ!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。