ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • ねんがんの サイキユニをてにいれたぞ!

    2014-11-16 20:515
    そう かんけいないね


    そんなわけで、どうも僕です。

    最近バイク動画ぜんぜん作ってないですね。
    なんていうか……その…下品なんですが…フフ…………
    免停……喰らっちゃいましてね…………

    まあ12月には何か動画作るんじゃないすかね(白目)


    そんなわけで、休日はPSO2というゲームをやりまくってるわけなんですが。
    そのゲームで「サイキユニット」というのがあるんです。
    2014/11/16(日)現在、いわゆる最強の防具ってやつです。
    昔のドラクエで例えたらロトシリーズみたいなもんですかね。たぶん違いますね。サーセン

    そのサイキユニット一式を手に入れた記念に書き残します。

    「白の領域探索」というクエストのグンネ・ギンナガム(ギグル・グンネガム)という
    変なボス(スーパーハード)からドロップするわけなんですが、まあこれが出ない出ない。
    基本ソロぼっちスタイルなんで、その「白の領域探索」を100周以上しましたが出ない。
    何だかんだで月日は過ぎ去り、何だかんだで先日手に入れました。

    さて、手に入れたはいいものの、そのままでは別に大したことありません。
    このユニットを強化しなければならないのです。

    最低でも基本的な強化を10段階。さらにその上を目指すならば「特殊能力」を追加
    しなければいけません。

    それには「メセタ」というゲーム内通貨を莫大に消費しなければいけません。
    そして成功率はお察しの通り。報酬期間というサービスデーも終了しているため、
    文字通り破産覚悟で強化をしなければいけないのです。

    僕は何だかんだで約50,000,000メセタを所持していました。
    特殊能力追加用のいわゆる素材もそれなりに持っていました。

    報酬期間外だというのに、一所懸命がんばりました。




    が・・・・駄目っ・・・・・!
    負けましたすりましたで済む金じゃねえっ・・・・!
    言い逃れだっ・・・・!卑劣っ・・・・!
    最悪に醜悪な男・・・・!ドゥドゥっ・・・!



    ↑5000万が46万になってしまった我がメセタ

    でも諦めない。やる気元気いわき!



    というわけで完成しました。




    あーいいっすねー



    使ったもの
    メセタ 約5000万
    強化成功+10% 5個
    強化成功+30% 2個
    リスク軽減-1  20個
    リスク軽減-2  10個
    リスク軽減完全 12個
    能力追加+10% 20個
    能力追加+20% 7個
    能力追加+30% 16個
    成功率90%を落とされた回数 複数回

    みなさんもがんばってください。




    おわり
  • 広告
  • はじめてのPSO2 プレイレポート

    2014-05-12 22:217
    毎日ヒマで仕方がない!
    最近はいろいろとめんどくさくて疲れた・・・

    そんなそこのアナタ!
    基本無料のオンラインゲームをやろう(提案)


    その名も「ファンタシースターオンライン2」(通称:PSO2)
    初代がドリキャスで発売されていたのは知っていましたが、やったことはないという。





    この手のモノは、何か敷居が高そうで今まで手を出さなかったのですが
    まあ何とかなるやろってなわけで始めてみました。
    糞スペックのPCでは動くか分かりませんが、まあ大丈夫でしょう。
    さあ!早くダウンロードする作業に戻るんだ!


    まず↓からダウンロード&インスコ。
    http://pso2.jp/players/download/

    大人気ゲームなので、まあ普通にググっても出てきます。
    wikiにも書いてありましたが、とにかくダウソ&インスコ時間が長い!!
    2時間~6時間くらいかかるそうです。僕の場合は2時間半くらいかかりました。
    いやあ、さすが人気ゲーム!寝る前にやるのがベターですね。
    待ってる間、セガのIDでも作りながらちんちんでもいじってましょう


    インスコが終わり、早速プレイ開始。





    こんな感じでオープニングムービーが始まります。
    それが終わるとキャラクターを作成する場面になります。
    船を選べとか言うので、ship7の鯖を選択。変えるのはお金が掛かるとかなんとか。






    次にキャラ作成。
    こんな感じで、めちゃめちゃ細かく設定できます。
    キャラに愛着を持たないパターンの人なら数分、拘る人なら30分くらいかかるかも。
    僕は約1時間半、あれこれ悩みました。


    さて、僕は今CBR1100XX SuperBlackBirdというバイクに乗っています。
    年齢的に1998年生まれのナウなヤングのJKです。





    そのブラックバードさんを具現化した結果・・・







    ぶらばちゃん、圧倒的美少女っ・・・!
    世界一かわいすぎる!ペロペロペロペロペロペロ






    ぶらばちゃんマジ天使!!!!
    ※チャットの部分は見知らぬ人々がいろいろ発言をしていたので消してみました。





    クエストはこんな感じのステージを進んで行き、








    こんな感じで敵をフルボッコします。
    圧倒的美少女のぶらばちゃんが奮闘しています。ペロペロペロペロ
    キーボードのほかに、コントローラにも対応。
    僕はぶっ壊れたPS2のコントローラをUSB接続しています。


    というわけで、かなり面白そうなこのPSO2。
    無課金でもかなり楽しめるとのことなので、しばらくは楽しめそうです。

    ヒマを持て余しているそこのあなた!早速冒険の旅に出ましょうぜ。



    おわり


  • 4月1日、超絶美少女の彼女が出来t

    2014-04-01 21:374
    天井を見上げて、俺は呟いた。
    「まだ火曜日か・・・」

    朝にも関わらず、脳内には『今宵の月のように』が流れていた

    ------------------------------------------------------------------------------------
    春の日差しも麗らかな快晴のある日、俺は駅に向かって歩いていた。

    はあ、今日も仕事がんばるかぁ~・・・と士気の感じられない雰囲気を出しながら歩く。
    あたりには、夢と希望に溢れた学生たちが和気藹々とはしゃいでいる。
    俺にもあんな時代があったんだなぁと感慨に耽っていると、ふと気がついた。

    俺の横に寄り添うように、黒髪ツーサイドアップにブレザー&ニーソックスという
    完璧な装備を着こなした美少女が居たのだ。
    どこかのボーカロイドのようなその子に目を奪われた俺は、チラチラと見ずには
    いられなかった。

    傍から見れば、怪しい兄ちゃんと超絶美少女という組み合わせに事案発生な状況なのだが。
    チラチラと見ていると、彼女と目が合った。
    ヤバイ!と思った俺はとっさに目をそらす。すると彼女から声をかけてきたのだ。

    「お兄さん、おちん○んさんですよね(///)」

    俺は驚いた。ここだけの話だが、俺は以前『おち○ちん』というマジキチな名前で
    活動していた。それ以前にもいろんなハンドルネームがあったのだが、あまりに黒歴史
    すぎてとてもじゃないけど発表なんてできない。

    「あたし、Z子って言います。女子校生です(///)」

    なんだ女子校生か。大丈夫だ、問題ない。

    TIPS--女子校生
    ・漢の免罪符。制服着てても女子高生じゃないからね。仕方ないね。



    俺は「フラグ立ったアアアアアアア!」と脳内で叫びながらも、いたって普通を装った。
    十代美少女とお話するとか、もはや縁が無いとも思っていた。

    「ちんちんさんの住所は東京都×××ですよね(///)」
    「ちんちんさんの電話番号は080-xxxx-xxxxですよね(///)」
    「ちんちんさんの本名はxxxxですよね(///)」
    「ちんちんさんの実家の犬の(ry」

    あれ?なんでこの子知ってるの?どういうことなの?
    あれ?もしかしてストーカーなの?

    だがちょっと待ってほしい。
    こんな美少女に好かれるなんて神がくれたチャンスである。
    そして、もてない俺にとってこんな娘は逆にありがたい存在である。
    俺は意を決した。

    「俺と付き合おうぜ」
    「わ、わたしでいいんですか?キャーキャー(///)」

    俺は会社に電話をして、急病で休むことを伝えた。
    そして超絶美少女のZ子とともに家に帰った。

    そして夜が明けた。

    俺はベッドの中からリモコンのスイッチを押す。
    ここまで全部ウソなのだが、グッド!モーニングの松尾アナの声が耳に響く。

    天井を見上げて、俺は呟いた。
    「まだ火曜日か・・・」

    朝にも関わらず、脳内には『今宵の月のように』が流れていた

    かつて日本を支えたサムライの子孫たちは、
    アメリカ型経済大国日本でもがき苦しんでいる・・・・・・



    おわり



















    Q「黒髪ツーサイドアップ&ブレザーニーソの美少女はどこなの?」
    A