ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

在特会について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

在特会について

2014-10-25 20:07
  • 2
橋下との会談で注目を浴びている在特会ですが、世間での評価や保守界隈での
評価でも首を傾げたくなるものが多い。

普段TVや新聞等からしか情報を得ていない、受身の情報しか取り入れていない世間がマスコミの報道のみを受け入れまともな評価ができないのはまだわかる。
しかし、保守界隈をはじめ知識人達が表面的にしか評価していないのはどうだろうか。

先程、某チャンネル桜の動画を見ていたら先日の橋下との会談について話をしていた。
桜井会長の言うことはもっともで橋下はまともに答えようとしていなかった。
ここまではまぁいい。
しかし、その後で必ずこう言うのである。

「折角いい事をいっているのに下品な言葉使いや感情的な言動はいかがなものか。」と。
もういい加減聞き飽きた。

そんな学級委員会で優等生の小学生がいいそうなことを聞きたいのではない。
もっと深く洞察した意見が聞きたいのだ。
ご高説を垂れてる有識者は今まで在日がのさばってきたのに何もできなかったじゃないか。
それは保守界隈がいくら良い事言っても世間にまったく届いてないからである。
悲しいかな一般世間は内容の良し悪しではなく目立つこと変わったことじゃないと興味を示さない。
だから在特会は派手に過剰に声をあげているのだ。
確かに日本人的感覚からいくと眉を顰めるだろう。
眉を顰められても在日問題に世間が目を留めることが在特会の第一の目的なのじゃないだろうか。
世間は在特会をチンピラの様に思うかもしれない。
しかしそれはあなたたち世間がそうでもしないと気にも留めないからじゃないか
何をか言わんや、である。

アンチのマスコミやサヨク側は在特会をこれからも叩くだろう。
それでも世間一般の目にとまり在日問題が世間一般人の頭の中に留まって日常の話題に上るようになれば在特会の成果である。

自分は在特会のようなことはできない。
そういうキャラクターでもないし勇気も行動力もない。大部分の日本人がそうでしょう。
だからせめて微力ながらも応援をしていきたい。

在特会は我々日本人の為に捨石になってくれているのだ。

そんな人達を私は足蹴にする様な事はできない。
在特会よ、これからも目立ってくれ。




広告
×
素晴らしいコメント。
最近の報道や愛国保守への疑問、心のわだかまりを表現されていてとても共感いたしました。
桜の評論家でも今回のことでTwitterなどでも批判めいたことたくさん見ました。
その批判が間違いとは言いませんがじゃああなたは代わりに何をやっているの?と言いたいくらい影響力のない書籍、主張しかないようです。しばき隊や安田などと戦うどころか招き入れて話を聞くなどデタラメも甚だしい。在特会の主張は日本を取り戻すのに避けては通れない道であると信じます。
綺麗ごとでは日本の闇は明けません。これは事実であります。

83ヶ月前
×
>>1
アナスイさん、コメントありがとうございます。
日本の為に戦っている人達を正しく評価しない世間に、つい苛立って書いちゃいました。
きっと同じ思いの人はいると思います。
83ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。