2013年オークス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013年オークス

2013-05-18 21:15
    自分のためのメモ書き。

    オークスの出走馬
    1.阪神JFや桜花賞など、いわゆるクラシック路線に乗ってきた馬
    2.トライアルレースから台頭してきた馬
    3.とりあえず出てみる馬


    基本的には1のグループが買い。
    阪神JF、桜花賞で1番強い競馬をした馬から買えばいい。
    ここ10年で前走桜花賞組は8勝。
    他はフローラS組1勝、スイートピーS組1勝、忘れな草賞組1勝
    (※同着があるため11頭分の集計)


    阪神JF・桜花賞上位馬であっても、オークスで怪しいパターン
    ・3歳重賞で結果を残せていない
     ex)ショウナンパントル、テイエムプリキュア
    ・1600m以上で勝ち鞍なし
     ex)ライステラス、アイムユアーズ


    2グループの馬は、基本的には1グループからの出走馬が少ない時に割り込む程度。

    05年
    阪神JF1~3着馬、桜花賞1~4着馬のうちでオークスに出走したのは3頭。
    それも、桜花賞2着のシーザリオと4着のエアメサイアのワンツー。
    3着に入ったディアデラノビアはフローラS組だが
    フィリーズレビューで桜花賞上位馬と接戦。

    07年
    前述条件でオークスに出走したのは2頭。
    桜花賞4着のローブデコルテが1着。2着ベッラレイアはフローラS組。
    3着ラブカーナはスイートピーS2着
    ここまで極端に阪神JF・桜花賞の上位馬がいないと別路線組の波乱の目も。

    フローラS組は、フローラS以外でも能力に裏づけがほしい
    05年ディアデラノビア:フィリーズレビューで桜花賞上位組と接戦
    07年ベッラレイア  :牡馬相手に好走アリ。勝ちっぷりも良かった。
    10年サンテミリオン :フラワーCで前残りの展開を差して3着。
    10年アグネスワルツ :桜花賞0.5差10着ワイルドラズベリーを完封。骨折休み明け好走。
    ※こうやって単純に考えるとピュアブリーゼ、アイスフォーリスあたりが拾えない


    13年
    阪神JF1着 ローブティサージュ ←3歳重賞で結果残せてない
        2着 クロフネサプライズ
    桜花賞 1着 アユサン
        2着 レッドオーヴァル  ←1600m以上に勝ち鞍なし
        3着 プリンセスジャック ←1600m以上に勝ち鞍なし
        4着 クロフネサプライズ

    フローラS組
    1着デニムアンドルビー:未勝利→フローラSと連勝
    2着エバーブロッサム :前残りのフラワーカップ差してハナ差2着
    3着プリュネット   :未勝利1着→フローラS3着
    6着スイートサルサ  :フェアリーS5着、クイーンC2着も桜花賞組とは対戦ない
    16着ブリリアントアスク:フラワーCでエバーより後ろから差して0.3差6着
    ※フローラS自体が、どスロー→ラスト3Fの上がり勝負なので、過信禁物


    【軽視で良さそうなレース】
    フラワーC
    1000m62.0でラスト4F12.5-12.2-11.5-11.8
    前残りの流れ。評価するのは差し馬。

    フローラS
    中盤に13秒台3つ→ラスト3F11.6-11.2-11.4
    レースの質が軽すぎるような。
    あんまり上がり偏重だとオークスの直線に合わないような・・・。

    スイートピーS
    毎年おなじみの中だるみ→上がり勝負の流れ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。