POG~キニナル馬セレクション~ その1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

POG~キニナル馬セレクション~ その1

2013-05-30 22:05
    一通りのPOGに参加を済ませたので
    指名した馬を中心にエントリを書いていこうかななんて。


    ラングレー(牡・矢作)
    父:ディープインパクト
    母:ラヴズオンリーミー
    http://db.netkeiba.com/horse/2011104097/

    今年はこの馬を1位指名に決めました。
    ここ数年、POG本は競馬王を買ってます。誌上でロングインタビューがあるのが矢作師。
    2年前に一推ししていたディープブリランテを指名して
    ダービー制覇&POG優勝をゲットした、なんて縁もあります。

    矢作師が今年の「エース級」に推すのがこのラングレー
    師も言うように血統が良いですよねぇ。主要な大種牡馬がてんこ盛り。
    去年1位指名のラウンドワールドは順調にいきませんでしたが
    今年はこの馬でクラシック戦線に乗れればと思います。


    ポップレーベル(牡・廣森)
    父:カンパニー
    母:ポップチャート
    http://db.netkeiba.com/horse/2011104057/

    こちらは所謂ロマン枠というかなんというか・・・w
    門別に入厩した馬です。能検で800mを50.0、余裕のある動きを見せました。

    サンデーレーシングはこの廣森厩舎と縁が深い。
    代表的なのがジェネラルグラント、アウトジェネラル、クラーベセクレタで
    この3頭はいずれも地方重賞で結果を出した馬。
    サンデーレーシング期待の地方2歳馬が入厩するのが廣森厩舎かもしれません。

    母ポップチャートはアフリート×ポップスの産駒です。
    つまり、母系に活躍馬が多い血統。
    父カンパニーは年明けデビューながら4月の時点で3勝。
    ラジオたんぱ賞2着以降の活躍はご存知のとおり。

    何よりカンパニーは血統が良いわけです。
    先ほどのラングレーのように主要な大種牡馬が詰まっています。
    あまり人気は無いですが母系次第では活躍馬を生み出すのでは? と考えています。
    その活躍馬が当馬であることを期待したいところ。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。