POG経過報告~ダービー目前編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

POG経過報告~ダービー目前編~

2014-05-26 22:20
    泣いても笑ってもダービーで2013-14POGは終了。
    いよいよ今週末に迫ってまいりました。

    チームざりこのメンバーは10頭はこんな感じ。
    (ドラフトなどで多少の出し入れが生じる)

    主力4騎 ラングレー、ベルキャニオン、サトノルパン、キュリオスティー
    中堅3騎 ボージェスト、トーセンスターダム、サトノアラジン
    ロマン枠 ディルガ、ポップレーベル、ナムラアース


    ラングレー(牡) 2-0-0-4 2720P

    毎日杯→青葉賞→ダービー、というのが青写真だったはずが
    4着→11着でダービー出走はならず。毎日杯が案外の内容で・・・。
    重賞で勝ち負けするにはワンパンチ足りなかった印象。
    堅実に賞金持ってきてくれたのはありがたいが。


    ベルキャニオン(牡) 2-3-0-2 4780P

    スプリングS、皐月賞が完全に余計だったが、プリンシパルS1着でなんとか権利獲得。
    こちらも重賞を勝ちきるまでは力が抜けていないけど、紛れれば掲示板には・・・。
    とはいえ、ダービーに出てくれるだけでも嬉しいもんです。
    それにしても、本馬もPOG期間2勝を上げたし、本当に優秀な一族だなぁと。


    サトノルパン(牡) 2-2-1-2 3100P

    ファルコンS2着→NHKマイルC9着からのダービー参戦は割と想定内。
    予想通り1400~1600で活躍してくれました。
    折り合いに難があるので2400は厳しいと思うが・・・
    いずれはオープンクラスに定着する存在でしょう。


    キュリオスティー(牝) 0-0-0-4 0P

    ブレイクランアウト、エネアドの下。
    レースにいって全くいいところなく・・・こうなると牝馬は難しい。
    この血統は牡馬でこそ、って感じなんでしょうかねぇ。


    ボージェスト(牝) 0-0-0-1 0P

    11月のデビュー戦以降、放牧が続いています。
    やっぱ体質が弱いのかなぁ。


    トーセンスターダム(牡) 3-0-0-1 5900P

    ダービーはこの馬の真価が問われるレースになります。
    とはいえ、やっぱり、やーっぱり半信半疑なのは自分だけでしょうか?w
    たしかにダービーに相性の良いきさらぎ賞を勝ってはいるけども・・・。
    かねてからダービーが大目標と言っていたからには、結果を出してほしいなと。


    サトノアラジン(牡) 1-1-2-1 3140P

    ゆきやなぎ賞での衝撃的な敗北(言い過ぎ)から放牧へ。
    前の経過報告でも言ったけど、マイルでいいじゃん。


    ディルガ(牝) 2-3-1-3 3210P

    隠し玉がチーム3位の3210Pを獲得。
    堅実にポイントを稼ぎ、オークスにも出走というのは予想以上の健闘です。
    芝で2勝できれば御の字。次は関東オークスみたい。


    ポップレーベル(牡) 3-0-1-2 677.5P(参考)

    門別所属のサンデーR馬。父カンパニーで親戚にポップロックの血統。
    骨折からシーズン中は復帰できずの現状です。
    ハッピースプリントとはえらい差がついたなぁ・・・(遠い目)


    ナムラアース(牡) 0-0-0-3 0P

    ナムラマースの下ですが、パドックでの放馬&スライディング事件
    しかコメントするところがありませんです。


    ということで、今年は今のところ計11勝前後でダービーに3頭出し。
    結局のところディープディープディープですが。
    ポイント的に傑出はしていませんが、健闘したと思います。

    この中で言うと嬉しい誤算はディルガで
    完全な誤算はキュリオスティーとサトノアラジンですかねぇ。


    1着でくるか、3頭の内2頭が2・3着でくると優勝できる、かもしれない。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。