ダービーを外しました。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ダービーを外しました。

2014-06-01 23:00
    3連単1033.0倍を逃しました。
    正確に言えば、午前中までは当たっていました。


    このレース、1着候補はスンナリ決まりました。
    内目を引いた2頭の人気馬、ワンアンドオンリーとトゥザワールドです。
    馬場的に見てポジション取りに何の不安もないトゥザワールドを本命にし
    ワンアンドオンリーを対抗としました。

    2着欄は重賞勝ち馬で埋めるつもりでした。実は毎年これで正解なのです。
    上記2頭以外の候補馬はマイネルフロスト、ショウナンラグーン、ハギノハイブリッド、イスラボニータ、トーセンスターダムです。

    タガノグランパはさすがに距離が長いだろうと思って消し。
    レッドリヴェールはあの体重では買う気がありませんでした。
    (当日-8kgを見てなおさら買う気がなかった)

    3着欄は上記に加えてやや手を広げようと思ってました。
    候補としてアドマイヤデウス、ベルキャニオン、ワールドインパクトを挙げました。


    この時点で挙げたまんまフォーメーションを組むと96点でさすがに多すぎます。
    そこで相手を少々絞ることにしました。

    まず、レベルが高いレースで上位争いできていなかったベルキャニオンを消しました。
    新馬からチェックしていたアドマイヤデウスですが、エンジンのかかりが遅く
    どちらかというと秋で期待できそうな馬だったので消しました。ここまでで72点。
    2着欄も整理を始めました。


    前哨戦を精査した結果、青葉賞組はダービーで勝ち負けするほどのレベルにないと見ました。
    ショウナンラグーンは母父マンハッタンカフェのほうが強く出てると思って
    ダービーでは要らんと思いました。ワールドインパクトもここではインパクトに欠けると思いました。
    ハギノハイブリッドは調教が抜群で血統もダービー向きに思いました。
    ただ、タニノギムレット×トニービンはちょっと重すぎるかもといった印象。
    速い上がりのレースでは怪しいと思って切りました。これで24点です。

    1着 トゥザワールド、ワンアンドオンリー
    2着 トゥザワールド、ワンアンドオンリー、マイネルフロスト、イスラボニータ、トーセンスターダム
    3着 トゥザワールド、ワンアンドオンリー、マイネルフロスト、イスラボニータ、トーセンスターダム

    なぜマイネルフロストが残っているのかというと、単にチェック漏れでした。
    お昼ご飯で一息入れるまでのお話です。


    このままにしておけばよかった


    さて、しーざりこくんはここでマイネルフロストの存在に気づきます。
    青葉賞は先行した中で最先着の6着です。毎日杯を勝っています。
    ただこの馬が軽い芝で好走するイメージがありません。

    実のところ、軽い芝でも速い上がりで好走しているのですが・・・。
    これ毎日杯の時も同じイメージを持って軽視して無印だったんですよね。

    で、結局、この馬を切りました。

    切りました。

    ・・・。


    これで12点まで絞れたので重ね買いをすることにしました。
    そしてなぜかここでしーざりこくんは血迷います。

    一度は切ったベルキャニオンとワールドインパクトを3着欄に加えました。
    理由:父ディープインパクトだから
    これで結果的にディープ産駒の最先着がベルキャニオンの8着だからお笑いです。


    まぁ青葉賞を軽視すると当然マイネルフロストも軽視する結果になるんですが。
    内枠・先行できる・速い上がりも使える・重賞勝ってる
    押さえておくべき馬だったなぁと思います。終わってみればね。


    こうしても今年も新潟東京京都開催で大幅にヤられ
    年間収支がマイナスへと転落したのでした。



    POGのお話はまた後日。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。