• 【ビジョン:理想・夢望・念志】で<高き山><御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

    2019-11-18 12:0120時間前

    【2010年12月24日に作成した<第548回>に加筆】
    ◇◇<高き山>【ビジョン:理想・夢望・念志】に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ■<すべての山をのぼれ> [映画『サウンド・オブ・ミュージック』より]

     生涯のいつかどこかで必ず出遭う
     どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢望・念志】>でも
     頂上<ゴール>を目指して突き進もう
     (世間的に見て危険で頼りない)
     小道であろうと、脇道であろとも
     <我が道:使命・天職>に従って登って行こう

     どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢望・念志】>でも
     頂上<ゴール>を目指して登り続けよう
     現実に直面する<流れ:困難>は激しく絶えずとも、
     <現実の困難>に流されずに、乗り越えて突き進もう
     【ビジョン:理想・夢望・念志】が実現するまでは、
     <虹:見果てぬ夢>に無限の希望を抱いて前進し続けよう

     【ビジョン:理想・夢望・念志】は、
     <全生・全身・全霊>を捧げるほどの<最愛の対象>であり、
     生きる証し<存在意義・人生目的>であり、
     全生涯を捧げるほどの価値があるだろう
     だからこそ、
     どんな高き険しき<山:【ビジョン:理想・夢望・念志】>でも
     頂上<ゴール>を目指して登り続けよう!
     現実に直面する<流れ:困難>は激しく絶えずとも、
     <現実の困難>に流されずに、乗り越えて突き進もう!
     【ビジョン:理想・夢望・念志】が実現するまでは、
     <虹:見果てぬ夢>に無限の希望を抱いて前進し続けよう!

    ■CLIMB EV'RY MOUNTAIN

     Climb every mountain,  
     Search high and low.
     Follow every by-way,   
     Every path you know.

     Climb every mountain,
     Ford every streams.         
     Follow every rainbow, 
     Till you find your dream.     

     A dream that will need,  
     All the love you can give.     
     Everyday of your life, 
     For as long as you live.      

     Climb every mountain,
     Ford every streams.        
     Follow every rainbow,
     Till you find your dream !

    私たちに<最高!最善!最美!>の<存在意義・人生目的>を与えてくれるもので
    <熱き思い燃える心>の【青春:幼な心・青年の心】に思い描く
    【ビジョン:理想・夢望・念志】があると実感できます。

    ●夢を棄ててはいけない。夢がなくても、この世にとどまることはできる。
     しかし、そんな君はもう生きることをやめてしまったのだ
     (マーク・トゥエイン)
    ●われわれの人生とは、われわれの思考が作りあげるものに他ならない
    (アウレリウス)
    ●いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
     いやしくも弱気を発してはいけない。
     たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ
     (坂本竜馬)
    ●おまえの内部をさがせ、すると、おまえはすべてを見出すことができる
    (ゲーテ)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、
     それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう
     (ガンジー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えたことが
     壮年になってから実現されることである(A.d.ヴィニー)

    私たちの<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】には、
    【神の愛=主イエス】が愛され喜ばれる【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を満足させ
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に導く
    【神愛力=隣人愛&奇蹟】で光り輝ていることも体感できます。

    ●ただ偉大な理念の召使と考えるようになったら、
     その人はすでに確実な頂きに達したといえる。
     聖書は、これを「神のしもべ」と呼んでいる(ヒルティ)
    ●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
     人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
     愛は常に向上を欲していかなる、
     いと低い事物によっても引き停められることを望まない
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●あなたに備えられているものをすべて生かし抜きなさい。
     神はあなたの、その善き意志を助けてくださるだろう(トマス・ア・ケンピス)
    ●自らの意志の主人となり自らの良心の奴隷となれ(リーブ・ラズロー)
    ●あなたが今、夢中になっているものを大切にしなさい。
     それはあなたが真に求めているものだから(エマーソン)

    だからこそ【神の愛=主イエス】に信愛して【神の愛=聖霊】と共に、
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    高くそびえたつ崇高遠大な<山:【ビジョン:理想・夢望・念志】>の
    <頂上:ゴール>を目指して<我が道>【ミッション:大義・使命・天職】に従って、
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    勇進し続けましょう!

    ●目をまっすぐ前に注げ。あなたに対しているものに、まなざしを正しく向けよ。
     どう足を進めるかを計り、道筋に心を配るなら、
     あなたの道は常に確かなものとなろう。
     右にも左にも迷い出てはならない。あなたの足を悪から遠ざけよ
     (箴言4-25~27)
    ●進め。どこまでも進め。
     前途を疑惧せずして進め。倒るるも退(ヒ)くなかれ。
     明日は今日よりも完全なれ。
     明年は今年よりもさらに一層勇壮にして、快活にして、
     謙遜にして、独立なれ。
     進化の宇宙に存在して、退く者は死する者なり。
     安全は退きて求むべきものにあらずして、進みて達すべきものなり。
     歓喜(ヨロコビ)と満足とは前にありて、後ろにあらず。
     臆病者に平和あるなし。
     進め、どこまでも進め(内村鑑三)
    ●<進まんのみ>(内村鑑三)
     進まんのみ、進まんのみ。
     褒めらるるも褒められざるがごとくに進まんのみ。
     謗(そし)らるるも謗られざるがごとくに進まんのみ。
     ただ一筋に神を目的(めあて)に進まんのみ。
     人は無き者と思うて進まんのみ。
    ●前に進まんのみ、餓死を恐れず、単独を恐れず、失敗を恐れず、破滅を恐れず
     前に進まんのみ(内村鑑三:シ出エジプト記14‐15)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんの遠大崇高なる<高き山>【ビジョン:理想・夢望・念志】の頂上を目指す
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、
     神がキリスト・イエスによって上へ召してお与えになる賞を得るために、
     目標を目指してひたすら走ることである(ピリピ書3-13~14)
    ●上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい
     (コロサイ書3-2)
    ●上を見よ、下を見るなかれ
     前を見よ、後ろを見るなかれ
     外を見よ、内を見るなかれ
     しかして、人に手を貸すべし(エドワード・へール)
    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●<向上>(内村鑑三)
     上へ、上へ、上へと、昇るは救済(スクイ)なり、降るは滅亡(ホロビ)なり。
     われらは永久に昇りて永久に救われんのみ。道の難きを意とせず、
     われなんじを支えんと主いい給えばなり。
     手段を講じてしかるのにちに進まず、
     主の命を確かめて懼(オソ)れなく進むなり。
     より高き、より難き、より聖き業へと進むなり。
    ●小さな円を描いて満足するより、大きな円の、その一部分である弧になれ
     (ブラウニング)
    ●夢を実現できる秘訣を知っている人が、
     よじ登ることのできないような高みなんて、
     私にはどうしても信じ難い。
     この特別な秘訣は、4つのCに集約されるように思う。
     それらは、好奇心(curiosity)、確信(confidence)、
     勇気(courage)、継続性(constancy)で、
     なかでも最も重要なのは確信である。
     あることを信じるのなら、全面的に、絶対的に、疑いの余地なく信じなさい
     (ウオルト・ディズニー)
    ●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
     一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、
     私たちの参加すべき競争を耐え忍んで走りぬこうではないか。
     信仰の導き手であり、また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ
     走ろうではないか(ヘブル書12‐1~2)
    ●人はどんな高いところでも登ることができる。
     しかし、それには決意と自信がなけばならぬ(アンデルセン)
    ●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる
    (トマス・ア・ケンピス)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






  • 広告
  • 【ビジョン:理想・夢望・念志】を<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!<感謝のいけにえ>で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

    2019-11-17 11:42

    【2011年1月2日に作成した<第549回>に加筆】
    ◇◇<感謝のいけにえ>を喜ばれる【神の愛=主イエス】!◇◇

    ●感謝のいけにえを神にささげよ。あなたの誓いをいと高き方に果たせ
    (詩篇50-14)
    ●神よ。あなたへの誓いは、私の上にあります。
     私は、感謝のいけにえを、あなたにささげます(詩篇56-12)
    ●私は、進んでささげるささげ物をもって、あなたにいけにえをささげます。
     主よ。いつくしみ深いあなたの御名に、感謝します(詩篇54-6)
    ●ああ、主よ。私はまことにあなたのしもべです。
     私は、あなたのしもべ、あなたのはしための子です。
     あなたは私のかせを解かれました。
     私はあなたに感謝のいけにえをささげ、主の御名を呼び求めます(詩篇116-16~17)。
    ●主に感謝せよ。主は慈しみ深く、人の子らに驚くべき御業を成し遂げられる。
     感謝のいけにえをささげ、御業を語り伝え、喜び歌え(詩篇107-21~22)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    日本では恒例の紅白歌合戦で年末を締めくくります。2010年の話題になった楽曲である
    「ありがとう」と「トイレの神様」の歌詞に私は注目しました。

    二曲に共通するテーマは「感謝!感謝!感謝!」だと理解します。聞く人それぞれが
    「ありがとう!」と心から伝えたい<対象>を思い浮かべられるから感動を呼ぶのだと
    実感できます。

    私にとって「ありがとう!」に代表される<感謝の気持ち>を誰かから伝えられる事は、
    それだけで幸福感に満ち溢れ、疲れも悩みも一切が吹き飛んでしまうほどの魅力です。
    ですから、私もなるべく「感謝します!」「お世話になります」「お世話様」などを
    日々連発しています。感謝の気持ちを言葉で伝えるのであれば、プレゼントやお金や
    事前の準備が不要なので、私にはピッタリです。

    ●感謝の気持ちがなければ、大きな力を発揮することはできません。
     あなたと「力」を結びつけているのは、感謝の気持ちなのですから
    (ウォレス D.ワトルズ)
    ●時は刻々と過ぎていく。愛情とやる気と感謝をもって、一日一日に、一瞬一瞬に
     こだわって生きるべきだ。二度とチャンスはないかもしれないのだから
     (オグ・マンディーノ)

    ところで、何をさしおいても、私たちが先ず第一に<感謝の気持ち>を伝えるべきは
    【神の愛=主イエス】【三位一体:父・子・聖霊】であると私は実感しています!

    ●愛する人たち、このことだけは忘れてはならない。
     主のもとでは、一日は千年のようで、千年は一日のようである。
     ある人たちは、遅いと考えているようですが、
     主は約束の実現を遅らせておられるのではありません。
     そうではなく、一人も滅びないで皆が悔い改めるようにと、
     あなたがたのために忍耐しておられるのです(ペテロ後書3-8~9)
    ●我らのなお滅びざるは主の慈悲・仁愛(いつくしみ)による。
     その憐憫(あわれみ)の尽きざるによる。
     これは朝ごとに新しく、あなたの真実は大いなるかな
     (エレミヤ哀歌3-22~23)

    私のような落ちこぼれで<不義・不正・不実>の不潔で邪悪な存在でも、
    優秀で勇敢な人々と分け隔てなく、こよなく愛してくださって、
    肉親が見捨てても決して見捨てず、私が<最高!最善!最美!>に光輝くために、
    不眠不休でお世話し続けていて下さる【神の愛=主イエス】にこそ、
    先ず感謝するのは私にとっては当然なことです!

    ●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないようなことがあろうか。
     たとい彼等が忘れるようなことがあっても、私(主)はあなたを忘れることはない
     (イザヤ書49‐15)
    ●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
    「Very Important Person in God' Eye」(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
    ●これらの小さい者の一人が滅びることは、天に在ますあなた方の父の御心ではない
     (マタイ伝18‐14)
    ●主御自身が家を建てるのでなければ、建てる者の労苦はむなしい。
     主御自身が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
     あなた方が朝早く起きるのも、夜おそく休むのも、
     辛苦の糧を食べるのも、それは、むなしい。
     主は主を愛する者には眠りを与えてくださり、
     眠っている間に、なくてならぬものを与えられる(詩篇127-1~2)

    日本人にも「歌心」がありますが、まさに【聖書】の【御言葉】に示されているように
    感謝の気持ちを伝える<感謝のいけにえ>は、明るく元気な歌声によって伝えることを
    【神の愛=主イエス】は喜ばれるのだと理解できます。

    この世の暫定支配で暗躍している「堕天使サタン」も天上界では【神の愛=主イエス】に
    素晴らしい讃美を捧げる歌い手だったと聞きます。

    私でも誰でも「いつもありがとうございます!」「感謝・感激です!」と言われて
    喜ぶように、【神の愛=主イエス】【三位一体:父・子・聖霊】が一番喜ばれるのは
    <超歓喜!超感動!超感謝!の大讃美!大絶賛!大称賛!>の「讃美歌」だと思います。

    ●イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、
     絶えず神に献げましょう(ヘブル書13-15)
    ●兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。
     自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。
     これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です(ロマ書12-1)
    ●わたしは主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、
     いと高き者なる主の名をほめ歌うであろう(詩篇7-17)
    ●神が喜ばれるのは、おそらく神へのひたむきな憧れと、
     神に向かって手をさしのべることだけであろう(ヒルティ)
    ●私は絶えずあなたを待ち望み、いよいよ切に繰り返し、あなたを賛美しましょう。
     私の口は恵みの義の御業と、御救いを絶える事なく語りますが、
     その全体は計り知らず、決して語り尽くすことはできません。
     神なる主よ。私は、あなたの大能の業を携えて、
     力を奮い起こして進みいで、あなたの義を、ただあなただけを心に留め、
     ひたすら恵みの御業をほめたたえ唱えましょう(詩篇71-14~16)
    ●イエスを通して賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえる唇の実を、
     絶えず神に献げましょう(ヘブル書13-15)
    ●私は主にむかって、その義にふさわしい感謝をささげ、いと高き者なる主の名を
     ほめ歌うであろう(詩篇7-17)
    ●感謝の歌を声高くうたい、あなたの驚くべき奇すしき御業を
     余すことなくのべ伝えます(詩篇26-7)
    ●立琴をもって主を讃美して主に感謝せよ。
     十弦の立琴をもって、ほめ歌を歌え(詩篇33-2)

    ここで言う「歌」とは単なる音楽に限定されるのではなくて声に出して歌えなくても
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<感謝の気持ち>を告白したくて溢れ出てくる
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!の心意気からの
    <心の歌声><霊のいけにえ><告白のいけにえ>であると体感できます。

    ●主よ、私は自ら進んでいけにえをささげ、恵み深いあなたの御名に感謝します
    (詩篇54-8)
    ●告白を神へのいけにえとしてささげ、いと高き神に満願の献げ物をせよ
    (詩篇50-14)
    ●告白をいけにえとしてささげる人は、わたしを栄光に輝かすであろう。
     道を正す人に、わたしは神の救いを示そう(詩篇50-23)
    ●神の求めるいけにえは打ち砕かれた霊。打ち砕かれ悔いる心を神よ、
     あなたは侮られません(詩篇51-19)
    ●兄弟たち、神の憐れみによってあなた方に勧めます。
     自分の体を神に喜ばれる聖なる生ける供え物(いけにえ)として献げなさい。
     これこそ、あなた方のなすべき霊的な礼拝です(ロマ書12-1)
    ●恵み深い主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
     神の中の神に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
     主の中の主に感謝せよ。慈しみはとこしえに。
     ただひとり驚くべき大きな御業を行う方に感謝せよ。慈しみはとこしえに
     (詩篇136-1~4)
    ●あなた方も、それぞれ生ける石となって、
     霊の家に築き上げられ、聖なる祭司となって
     イエス・キリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえを、献げなさい
     (ペテロ前書2-5)

    年末も元旦にも様々な分野で著名な有識者が集まって「これからの日本」についての
    改善策を議論していましたが、信仰心や精神性について語られる事をありません。

    内外共に国難の危機に直面している大波乱・大転換期の時代に生きる私たち日本人が、
    現状を打破して、新たな価値観を打ち立て新時代を切り拓くために、先ず成すべきは
    【神の愛=主イエス】に<感謝のいけにえ>を捧げる事であると、私は提言します!

    ●感謝のいけにえをささげる人は、私をあがめよう。その道を正しくする人に、
     私は神の救いを見せよう(詩篇50-23)
    ●私たちは、あなたに感謝を捧げます。神よ、私たちは感謝します。
     御名は、近くにあり、人々は、あなたの驚くべき奇しき御業を語り告ぎます
     (詩篇75-1)
    ●さあ、感謝の歌をもって、御前に進み行き、賛美の歌をもって、主に喜び叫ぼう
     (詩篇95ー1~2)
    ●感謝しつつ、主の門に、賛美しつつ、その大庭に、はいれ。
     主に感謝し、御名をほめたたえよ(詩篇100-4)
    ●感謝の心は、昨日の意味を教え、
     今日に安心をもたらし、明日のビジョンを描いてくれる。
     (メロディ・ビーティ)
    ●人もし全世界を得るとも、その霊魂を失わば何の益あらんや。
     人生の目的は金銭を得るにあらず。品性を完成するにあり(内村鑑三)
    ●苦しみに出会ったら、まず感謝するがよい。
     それから、その苦しみが何のために役立つかをたずね給え(ヒルティ)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんが<アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!の心意気の
    <感謝のいけにえ=神愛ラブソング>を捧げることで【神の愛=主イエス】に喜ばれ
    <神愛の智恵:聖書観力・霊感力・直観力><神愛戦力:対戦・応戦・抗戦>が注がれ
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】の
    勝利の行進に参列して勇進される事を心より応援しています!

    ●わたし(主)が喜ぶのは愛であって、いけにえではなく、神を知ることであって、
     焼き尽くす献げ物ではない(ホセア書6-6)
    ●これは私たちの神の憐れみ深い御心による。また、そのあわれみによって、
     日の光が上から私たちに臨み、暗黒と死の陰とに住む者を照らし、
     私たちの足を平和の道へ導くであろう
    (ルカ伝1-78~79、詩篇107‐10、イザヤ書9‐2・59-8)
    ●神に感謝します。
     神は、私たちをいつもキリストの勝利の行進に連ならせ、
     私たちを通じて至るところに、
     キリストを知るという知識の香りを漂わせてくださいます。
     救いの道をたどる者にとっても、
     滅びの道をたどる者にとっても、
     私たちはキリストによって神に献げられる善い香りです
     (コリント後書2-14~15)
    ●あなた方は、主キリスト・イエスを受け入れたのですから、
     キリストに結ばれて歩みなさい。
     キリストに根を下ろして造り上げられ、
     教えられたとおりの信仰をしっかり守って、
     あふれるばかりに感謝しなさい(コロサイ書2-6~7)
    ●私に力を与え強くして下さる私たちの主キリスト・イエスに感謝を捧げています。
     この方が、私をこの務めに任命して、私を忠実な者と認めてくださったからです
    (テモテ前書1-12)
    ●私の父祖の神よ、感謝と賛美をささげます。知恵と力をわたしに授け
     今、あなたに請い求めたものを私に示し、願いをかなえてくれました
    (ダニエル書2-23)
    ●<単独の歓喜>(内村鑑三)
     ひとり足りてひとり喜び、ひとり喜びて到るところに歓喜の香を放つ、
     星のごとく、花のごとく、識認を要せず、奨励を要せず、
     ひとり輝いてひとり香(カグ)わし。
     詩人ホイットマンいわく、
      われはわがあるままに存在す、それにて足る、
      もし世に何人のわれを認むるなきもわれは満足してひとり座す、
      もし衆人と各人とがわれを認むるともわれは満足してひとり座す
     と。しかしてキリストにありてわれもまたかくありうるを感謝す。
    ●進まんのみ、進まんのみ。
     褒(ホ)めらるるも褒められざるがごとくに進まんのみ。
     謗(ソシ)らるるも謗られざるがごとく進まんのみ。
     ただ一筋に神を目的(メアテ)に進まんのみ。
     人は無き者と思うて進まんのみ(内村鑑三)
    ●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、
     永遠にわたって神を喜ぶことである(クロムウエル時代の簡略教理問答集より)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






  • 【ビジョン:理想・夢望・念志】を<摩訶不思議><神助:祝福・恩恵>で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

    2019-11-16 12:52

    【2011年1月8日に作成した<第550回>に加筆】
    ◇◇<摩訶不思議>な<神助:祝福・恩恵>で導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    【神の愛=主イエス】は【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】です。
    【御心:聖意・聖旨】もまた私の知的レベルでは計り知れない驚きに満ち溢れています。
    ですから、私の【礼拝:★讃美★祈求★感謝】に応答してくれる【神の愛=主イエス】の
    【神愛力=隣人愛&奇蹟】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】の<神助:祝福・恩恵>も
    不可解で不思議一杯です。

    ●私(神)の思いはあなた方の思いと異なり、
     私の道はあなた方の道と異なる。
     天の地よりも高いように、
     私の道はあなた方の道より高く、
     私の思いはあなた方の思いよりも高い(イザヤ書55-8~9)
    ●我(主)が為すことを汝今は知らず、後に悟るべし(ヨハネ伝13-7)
    ●キリスト教は信を先にして、行いを後にするものなり。
     天の地よりも高きがごとく、神の意は人の意より高し(内村鑑三)
    ●お前の意図に反しても、それは全くもう駄目という訳ではない。目前の感じによって
      物事を判断するのは間違いである(トマス・ア・ケンピス)
    ●善を信じなければならない。善なるものがこの世には存在すること、
     そして、それは悪に対して勝利をおさめる力をもつことを信じなければならない
     (ヒルティ)

    私の性分が世間が評価するものは何でも意地悪く疑う懐疑的批判精神に満ち溢れていて
    以前の私は、自分のねたみ深さや嫉妬深い性分に対して自己嫌悪に陥ることもありました。
    しかし、この強大な<闇:懐疑的批判精神>のおかげで、<最高!最善!最美!>である
    <光:【神の愛=主イエス】>を体感して心から信愛できるようになれたのであって、
    今は<闇:懐疑的批判精神>は私の誇りであり【神の愛=主イエス】に感謝しています!

    ●<懐疑と破壊>(内村鑑三)
     信ずるは疑うよりも善し、しかれども疑わずして深く信ずることはできない。
     懐疑は信仰のために必要なり。
     建てるは壊すよりも善し、しかれども壊さずして堅く建てることはできない。
     破壊は建設のために必要なり。
     さらば、恐れずして疑わんかな、大胆に壊さんかな、しかして深遠に信じ、
     永久に築かんかな。

    私の願いである【ビジョン:理想・夢望・念志】を実現に向け一歩でも前進させるために
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!の心意気からの
    【神の愛=主イエス】への【礼拝:★讃美★祈求★感謝】に応答し日ごとに増し加えて
    驚きと奇妙な【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】に満ち溢れた
    【神愛力=隣人愛&奇蹟】に輝く<光><神助:祝福・恩恵>を起こしてくれます。

    一方で私を<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】に追い込み、
    やる気を失わせるような困難な<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の出来事も
    激増しています。

    まさに【旧約聖書:ヨブ記】のように私の内も外も光と闇の霊的決戦場となっています。
    興味深い事は<闇=マイナス>が強く深いほど<光=プラス>も増し加えられる事です。
    この世界が闇から始まったように私たちが思い描く【ビジョン:理想・夢望・念志】も
    混沌の困難を突き抜け産みの苦しみの体験が<真理>【神愛方程式=神愛摂理】ですね。

    ●【物の前後<The Divine Order(ホレ―シャス・ボナー)>】(内村鑑三)
     ◆真(マコト)なることは先にして美なる事は後なり。
      美なることが先にして、真なることが後なるにあらず。
      先ずありのままの森と岩と沢とありて、しかる後に香しき美しき園はあるなり。
     ◆善なることは先にして美なることは後なり。
      美なることは先にして善なることは後なるにあらず。
      先ず荒き野に固き種を下して、しかる後に花は開き枝は茂るなり。
     ◆喜ばしきは先にして悲しき事は後なるにあらず、
      悲しき事は先にして喜ばしき事は後に来るなり。
      一度は涙にむせびて(泣かざる者とては世になければ)、
      しかる後に憂いを忘れて踊り喜ぶなり。
     ◆光は先にして暗闇は後に来るべきものにあらず、
      先ず暗黒を経過して、しかる後に光明は臨むなり。
      先ず黒雲天を覆うて、しかる後に虹顕れる。
      先ず一度墓に降りて、しかる後に天に昇るなり。

    私たちは【神の愛=主イエス】に【信仰:信愛・信頼・信従】で近づけば近づくほどに
    <闇>より<光>【神愛力=隣人愛&奇蹟】の出来事の方が摩訶不思議に感じます。
    【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】<邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>に導く
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の出来事は不安や心配や思いつく事ばかりで
    【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】の
    <神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>による出来事は
    <アメージング・グレース:驚くばかりの恵み>であり<歓喜!感動!感謝!>です!

    ●あわれみ豊かな神は、私たちを愛してくださったその大きな愛のゆえに、
     罪過の中に死んでいたこの私たちをキリストとともに生かし、
     ――あなたがたが救われたのは、ただ恵みによるのです。――
     キリスト・イエスにおいて、ともによみがえらせ、
     ともに天の王座につかせてくださいました(エペソ書2-4~6)
    ●神は私たちの内に住まわせた霊をねたむほどに深く愛しておられる。
     さらに、大いなる恵みを下さる(ヤコブ書4‐5~6)
    ●神は驚くべき御声をとどろかせ、私たちの知りえない大きな業を成し遂げられる
    (ヨブ記37-5)
    ●これは神の導きによって巡り回り、命じられるままに、
     ことごとく世界の地の表で事を行う。
     神がこれを起こさせるのは、懲らしめのためにも、大地のためにも、
     そして恵みを施し与えるためである(ヨブ記37-13)
    ●「彼は惜しみなく分け与え、貧しい人に施した。彼の慈しみは永遠に続く
      (詩篇112-9)」
     と書いてあるとおりです(コリント後書9-9)
    ●彼は貧しい人々に惜しみなく分け与え、彼の義(善い業)は永遠に堅く立つ。
     彼の角は高く上げられて、栄光に輝く(詩篇112-9)
    ●私たちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、
     恵みの上に、更に恵みを受けた(ヨハネ伝1-16)
    ●神は、あなた方を常にすべての点で、全てのものに十分に満ち足らせ、
     あらゆる善い業に富ませ満ちあふれるように,
     あらゆる恵みをあなた方に満ちあふれるばかりに与えることができる方である
     (コリント後書9-8)
    ●私たちの主の恵みが、キリスト・イエスによる信仰と愛と共に、
     あふれるほど与えられました(テモテ前書1-14)
    ●あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなた方を
     永遠の栄光へ招き入れて下さったあふるる恵みの神御自身が、
     しばらくの苦しみの後、あなたがたを癒し、完全な者とし、強め、力づけ、
     堅く立たせ、揺らぐことがない不動の者にしてくださる(ペテロ前書5-10)

    【神の愛=主イエス】の<光>【神愛力=隣人愛&奇蹟】<神助:祝福・恩恵>は
    <メイン・イベント>として大いに盛り上げ感動に導くために先ずは<前座>として
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の<邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>を登場させ
    【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】を開催することで
    私たちの【神の愛=主イエス】への【信仰:信愛・信頼・信従】が鍛錬を体感し続けて
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>には真っ向勝負せず恐れずに迎え撃ちましょう!

    ●悪の力のもとは私たちの恐怖心である。
     私たちがそれを恐れなくなれば悪はたちまち力が弱くなってしまう(ヒルティ)
    ●恐れるな、ただ信ぜよ(マルコ5-36)
    ●恐れてはならない、私はあなたと共にいる
     驚いてはならない、私はあなたの神である
     私はあなたを強くし、あなたを助け
     我が勝利の右の手をもって、あなたを支える(イザヤ書41‐10~14)
    ●あなた方の髪の毛までも一本残らず番号をつけるように数えるほど愛されている。
     だから恐れるな!(マタイ伝10-30~31、ルカ伝12-7~8)

    そうです!私たちが一意専心で真剣勝負で一生懸命に無我夢中になるべき対象とは、
    <闇:患難>ではなくて、その後必ず起こる摩訶不思議な<メイン・イベント>である
    <光>【神の愛の力=隣人愛&奇蹟】に輝く<神助:祝福・恩恵>の出来事だからです!

    ●<手段と目的>(内村鑑三)
     患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり。
     患難は手段にして恩恵は目的なり
     患難をもって始まり恩恵をもって終わるなり。
     一の患難は百の恩恵を招き、
     短きこの患難の世は永遠無窮の恩恵の世に終わる。
     ゆえにわれらは恩恵について思うこと常にして
     患難について考うること稀ならざるべからず、
     そは神の造化においては患難はその最小部分にすぎざればなり
    ●患難のための恩恵にあらず、恩恵のための患難なり
     患難は手段にして恩恵は目的なり(内村鑑三)
    ●主は待っていて、あなた方に恩恵を施される(イザヤ書30‐18)
    ●患難は恩恵と離れて考えるべきでない。
     それは、患難は恩恵の一部なればなり。
     塩味を和せずして甘味は甘味ならず、
     患難なくして恩恵は恩恵ならず、
     食に薬味の必要なるがごとくに人生に患難は必要なり。
     患難ありて始めて人生に香味は生ずるなり(内村鑑三)
    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●<恩恵としての患難>(内村鑑三)
     神は無益に患難を下し給わず、
     これを自己かまたは他人を救うために下し給う。
     患難はたしかに神の恩恵なり、
     これなくしてわれも人も罪悪を去りて正義の神に帰るあたわず。

    <闇:患難辛苦>に心奪われて、<光><神助:祝福・恩恵>の
    【御心:聖意・聖旨】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】を見逃さないためには、
    私たちの心に【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に高く掲げることで
    <全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】とつながっていられます!

    ●ただ偉大な理念の召使と考えるようになったら、
     その人はすでに確実な頂きに達したといえる。
     聖書は、これを「神のしもべ」と呼んでいる(ヒルティ)
    ●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは
     我々を普通の卑近な意味で幸福にすることではない。
     むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんでしようとする人、
     一言でいえば、英雄的な人にするためである(ヒルティ)
    ●<最大の能力>(内村鑑三)
     確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
     これが世界を動かした力である。
     先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、
     かくて自己は死して神、我にありて生きるに及んで、
     我は真個の勇者となる。
    ●偉人の生涯は我々に教える
     我々もまた高貴に生き得ることを
     そして彼亡きあとには 時の砂上に足跡を残すことを。
     別の弱い、よるべなき兄弟は人生の荒海を渡りつつ
     おそらく、それを目に留めて新たに勇気と奮い起こすであろう足跡を
     (ヒルティ)
    ●涙とともに蒔く者は歓喜とともに刈取らん。
     その人は種をたづさえ涙を流して出で行けど
     束をたづさえ喜びて帰り来たらん(詩篇126‐5~6)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的とするものは何か、
     それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう
      (ガンジー)
    ●人間を偉大にしたり卑小にしたりするのはその人の志である(シラー)
    ●ビジョンを持つことだ
     理想を描くことだ
     あなたの心をこよなく鼓舞するもの
     あなたの心に美しく響くもの
     あなたが純粋な心で愛することのできるものを
     しっかりと胸に抱くことだ(ジェームズアレン)
    ●夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、
     計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
     故に、夢なき者に成功なし(吉田松陰)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんが摩訶不思議な【御心:聖意・聖旨】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】に溢れた
    <神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>に日々導かれながら
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に志願して
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    世界を舞台に勇進されることを心より応援しています!

    ●君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、
     それは手の届く所にある(ヘッセ)
    ●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
     あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である
     (ジェームズ・アレン)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●誰かに「ダメだ」と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎない。
     習得しなければならないのは、その「ダメだ」と言うことばに打ち勝つことだ
     (ジェームズ・クック)
    ●どんな偉大な事業も、はじめは、すべて「夢」にすぎなかったのです
     (キッシンジャー)
    ●<進歩と退歩>(内村鑑三)
     霊のためにするは進歩なり。肉のためにするは退歩なり。
     人のためにするは進歩なり。おのれのためにするは退歩なり。
     未来のためにするは進歩なり。現在のためにするは退歩なり。
     進歩は心霊的にして、精神的にして、博愛的にして、また遠望的なり。
    ●神のために大事を計画し、神より(与えられる)大事を望め
     (ウイリアム・ケリー)
    ●ただ最も力強い主人にだけ仕えようと思った巨人クリストフォルスの古い伝説は、
     高い理想を求める多くの人々にとって、今日もなお偉大な内的真理を含んでいる
    (ヒルティ)
    ●私たちは浜辺で、より美しい貝殻や、より滑らかな小石を
     あちこちさがし求めている小児のようなものである。
     未知の真理の大海は眼前にはてしなくひろがっている(ニュートン)
    ●<神助>(内村鑑三)
    ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん。
     ⇔ ★天来の思想
       ★外来の友人
       ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
    ◆汝の事業を助けん。
    ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
    ◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし。
    ◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
     汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)