<我意・人間技>を<神意・神技>に導く【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<我意・人間技>を<神意・神技>に導く【神の愛=主イエス】!

2017-05-26 13:12

    【2014年7月2日に作成した<第632回>に加筆】
    ◇◇<我意・人間技>を<神意・神技>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/watch?v=lKdFip1MhO0&feature=share&list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ワールドカップ・サッカーでは人間技を超えた<神技>が勝負の鍵と実感できます。
    日本代表選手の多くが「自分たちのサッカー」にこだわり敗戦後のインタビューで、
    「自分たちのサッカーができなかった」と発言していました。

    「自分たちのサッカー」とは、言い換えれば「<理想>とするサッカー」であり、
    【チーム・ワーク&チーム・スピリット】で【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    具現化するには<人間技>だけでは困難であることを証明していると思います。

    一方で強豪チームのスター・プレイヤーの多くが素晴らしいゴールを決めた時は、
    十字を切り天を仰ぐ【礼拝:★讃美★祈求★感謝】ポーズを示す光景が観られます。
    つまり、自分が日々鍛錬して体得した個人の実力<人間技>がどれだけ完璧でも
    <我意>に反する最悪の試合状況で、自分の【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    瞬時の判断と決行で自由自在に具現化させるには自己実力<人間技>だけでは
    成功はあり得ず、<神技・神意>が働いた事を<信仰告白>している証明です!

    ●主によりて歓喜をなせ、主は汝の心の願いを汝に与え給わん(詩篇37-4)
    ●神の無限の力に頼りて、我等は我等の信じるがごとくに
     すべての事をなすをうるなり(ピリピ書4‐13)
     ⇔私を強くして下さる方によって何事もすることができる
    ●汝等の信じるごとく汝に成るべし(マタイ伝9-29)

    そうです!サッカー競技場と同様に私たち各自が主役の人生劇場<競技場>でも、
    自分のオリジナリティを示す【ビジョン:理想・夢望・大志】を具現化するには
    自助努力や自己実力や【この世の勢力:富・権威・名声】<人間技>に頼る以上に
    【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】<神技>に一切お任せが
    <邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・仕掛け罠>への圧倒的大勝利の秘訣です!

    ●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない
     (テモテ後書2-5)
    ●あなた方は知らないのか、競技場で走る者は、みな走りはするが、
     賞を得る者はひとりである。あなた方も賞を得るように走りなさい
     (コリント前書9‐24)
    ●すべて神から生れた者は、世に打ち勝つ。そして、私たちの信仰こそ、
     世に打ち勝つ勝利の力である(ヨハネ第1書5-4)
    ●キリスト教は理想ではない、事実である。
     理想が事実となって顕れたるものである。
     すなわち真個の理想である。「なすべき」はキリスト教ではない、
     「なしうる」がキリスト教である(内村鑑三)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●真の祈りは、ただの祈りではない、一種の預言である。
     即ち必ず成就すべきことを前もって語に表することである(内村鑑三)
    ●あなた方には この世で患難辛苦がある。しかし、勇気を出しなさい。
     私は既に世に勝っている(ヨハネ伝16-33)
    ●だれが、キリストの愛から私たちを引き離すことができるというのか。
     患難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危難か。剣か。
     私たちは、これら全ての事において、
     私たちを愛して下さる方によって輝かしい圧倒的勝利者となる
     (ロマ書8-35~37)

    【神の愛=主イエス】を受け入れるまでの私の信仰解釈では、<我意・我欲>と
    <神意・【御心:聖意・聖旨】>とは一致せず、自己実現は否定的価値観でした。
    しかし、本来の【神の愛=主イエス】とは<十戒>に代表されるような戒律遵守や
    独裁的専制・強制的命令への抑制的・禁欲的・道義的従順だけを期待しておらず、
    私たちの自発的・積極的で【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】の態度を求めます。

    ●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、
     恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい
     (ペテロ第1書5-2)
    ●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
    ●<神意と人意>(内村鑑三)
     人は止まらんとし、神は動かんとし給う
     人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
     人は制定せんとし、神は産出せんとし給う
    ●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
     いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
     これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
     (テサロニケ前書5‐16~18)

    <神技・【御心:聖意・聖旨】>というのは<人間技・此の世の法則>と異なり、
    <【神の愛の力=隣人愛】実現>と<我意・自己都合><自己実現>とを同時に
    最善発揮できる【神の愛の奇蹟】であることを私は体感するようになりました!

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●主に自らをゆだね、おのれの喜びとなせ。
     主はあなたの心の願いをかなえられる(詩篇37-4)
    ●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越し、
     最も多く他を利して最も多く己を利する道を我に教えたり(内村鑑三)
    ●「エゴ」を生かして、人に尽くせ(曽野綾子)

    私がスーパースターのサッカー選手に見習う事は自己の<本分・本領>である
    ピッチ<競技場>に入る時に、【礼拝:★讃美★祈求★感謝】の態度を示して
    【ビジョン:理想・夢望・大志】具現化と【ミッション:大義・使命・天職】に
    成功・勝利を得れば、手柄を【神の愛=主イエス】に捧げ、失敗しても天を仰ぎ
    <いつも一緒!>の【神の愛=主イエス&聖霊】と共に戦っている姿勢です。

    ●見よ、私は世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる 
     <Always,with you> (マタイ伝28‐20)
    ●インヌマエル:神われらと共にいます (マタイ伝1‐23、イザヤ7‐14、8‐8)
    ●強く、雄々しくあれ。あなたは、私が先祖たちに与えると誓った土地を、
     この民に継がせる者である。
     ただ、強く、大いに雄々しくあって、
     わたしの僕モーセが命じた律法をすべて忠実に守り、
     右にも左にもそれてはならない。
     そうすれば、あなたはどこに行っても勝利し成功する。
     この律法の書をあなたの口から離すことなく、昼も夜も口ずさみ、
     そこに書かれていることをすべて忠実に守りなさい。
     そうすれば、あなたの道は、その行く先々で栄繁し(栄え)、勝利し成功する。
     私は、強く雄々しくあれと命じたではないか。
     雄々しくあれ。恐れてはならない。おののいてはならない。
     あなたの神、主が、あなたの行く所どこにでも、
     あなたと共にあるからである(ヨシュア記1-9)
    ●たとい軍勢が私に対して陣を敷いても、私の心は恐れない。
     たとい私に向かって戦いを挑んで来ても、私には動じない確信がある。
     一つの事を主に願い、それだけを求めよう。
     命のある限り、主の家に宿り、
     主の麗しさを仰ぎ望んで喜びを得、その宮で思いにふけり、朝を迎える事を
    (詩篇27-3~4)
    ●エリシャは言った「恐れてはならない。私たちと共にいる者の方が、
     彼らと共にいる者より多いのだから」(列王紀略下6-16)
    ●私はあなた方に言った。「うろたえてはならない。彼らを恐れてはならない。
     あなた方に先立って進まれる神、主御自身がエジプトで、あなた方の目の前で
     なさったと同じように、あなた方のために戦われる(申命記1-29~30)
    ●主があなた方のために戦われる。あなた方は静かに黙していればよい
    (出エジプト記14-14)

    たかがスポーツとか、こんな私の<我意・自己都合>など相手にされないなどと
    決めつけないで、日本選手のように自助努力で下を向かずに、先ずは天を仰いで
    自分の【ビジョン:理想・夢望・大志】にも<神意・【御心:聖意・聖旨】>を
    体感して、私の【ミッション:大義・使命・天職】は<聖戦>であると確信して
    <最強の敵対勢力>【罪意識:自己不信・自己否定・自己嫌悪】に打ち勝つ為に
    【神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】でお任せしましょう!

    ●よく聞け。主はあなた方にこう言われる。
     『この大軍を前にしても恐れるな。
      おじけるな。これはあなた方の戦いではなく、神の戦いである』
    (歴代志略下20-15)
    ●万軍の主は我らと共におられる。ヤコブの神は我らの避けどころ、砦の塔。
     来て、主の成し遂げられる御業を仰ぎ見よ。主は驚くべきことを行い、
     この地を圧倒される(詩篇46-7~8)
    ●私が神に呼ばわると、主は私を救ってくださる。
     夕べも朝も、そして昼も、私は悩み嘆きうめく。
     すると主は私の声を聞いてくださる。
     たとい私を攻める者が多くとも、
     主は、私の魂を、敵の挑戦から平和のうちに
     救い出してくださる(詩篇55-16~18)
    ●もし神が我らの味方であるならば、誰が我らに敵対できようか
    (ロマ書8-31)
    ●モーセは民に答えた。
    「恐れてはならない。落ち着いて、今日、あなたたちのために
     行われる主の救いを見なさい。あなた達は今日、エジプト人を見ているが、
     もう二度と、永久に彼らを見ることはない(出エジプト記14-13)
    ●いかに多くの民に包囲されても決して恐れません(詩篇6-7)
    ●彼らは幾重にも包囲するが、主の御名によって私は必ず彼らを断ち切り滅ぼそう
    (詩篇118-11)
    ●強く雄々しくあれ。アッシリアの王とその全軍団を見ても、恐れてはならない。
     おじけてはならない。我々と共においでになる方は、敵と共にいる者より力強い。
     敵には肉の腕である人の力しかないが、我々には我々の神、主がいて助けとなり、
     我々のために戦ってくださる(歴代志略下32-7~8)

    超一流サッカー選手が<我意・自己都合>の【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    <神技>で<自己実現>して【ミッション:大義・使命・天職】を完遂する為に
    <神意・【御心:聖意・聖旨】>に一致させる【礼拝:★讃美★祈求★感謝】を
    堂々と喜び捧げるように、皆さん各自が主役の人生劇場<競技場>においても
    どんな<我意・自己都合>も遠慮せず【礼拝:★讃美★祈求★感謝】することで
    【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】で【ビジョン:理想・夢望・大志】に
    挑戦し続ける為に私のように特定の宗派教会に帰属もせず、洗礼も受けていない
    <無一物>でも、<最高!最善!最美!>の<勝利の秘訣>を体得できました!
    それは一日中いつどこでも最悪のどん底状態であろうとも自分好みの【讃美歌】を
    口ずさみ歌うことです!

    ●あなた方は、食べるにも、飲むにも、何をするにも、
     ただ神の栄光を現わすためにしなさい(コリント前書10-31)
    ●どのようなときも、わたしは主をたたえ
     わたしの口は絶えることなく賛美を歌う(詩篇34ー2)
    ●私は生まれる時から、あなたに依り頼み、あなたにいだかれています。
    あなたは私を母の胎から取り上げた方。
     私はいつもあなたを賛美しています(詩篇71-6)
    ●ひたすら神のみむねに従い。 
     いかなる時にも神に望みをかくる者、
     もろもろのなやみと悲しみにとざさるるとも
     神はその人を不思議にも守り給わん。
     いと高きものなる神に依り頼む人は
     砂の上にその家を建てしにあらず(同胞教会讃美歌第172番)
    ●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、
     永遠にわたって神をよろこぶことである(クロムウエル時代の簡略教理問答書)

    【讃美歌】は【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】や不安・恐れを吹飛ばし
    <いつも一緒!>【神の愛=主イエス&聖霊】は、私にでも即座に応答してくれて
    <不屈の楽天・楽観力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊能活気力】で
    <無制限・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>の【バイタリティ:生活力=生命力+活力】によって
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワー・アップ&アップ・グレード>に
    導いてくれます!

    ●私は切なる思いで耐え忍び主を待ち望んだ
     主は耳を傾け、身を傾けて私の叫びを聞かれた
     主は私を滅びの穴から、泥沼から引き上げてくださった
     そして、私の足を岩の上に置き、私の歩みを確かにされた
     主は私の口に新しい歌、我らの神への讃美を授けられた
     多くの者はこれを見て、そして恐れ、主に信頼するであろう(詩篇40‐1~3)
    ●主の栄光がとこしえに続くようにありますように
     主が御自分の御業を喜び祝われるように
     命ある限り、私は主に向かって歌い
     永らえる限り、私の神にほめ歌を歌おう
     どうか、私の心の思いの歌が御心にかないますように
     私は主によって喜び祝う(詩篇104‐31・33~34)
    ●主に向かって声をあげれば、聖なる山から答えてくださる。
     私は横になって眠ります。私は必ず目をさませるでしょう。
     主が支えていてくださるからです。
     いかに勢ぞろいした幾万の民に包囲されても、決して恐れません
    (詩篇3-5~7
    ●主はあなたの罪・不義をことごとく赦し、病をすべて癒し
     あなたの命を墓穴から贖い出してくださる。
     あなたに慈しみと憐れみの冠を授け
     あなたが生きながらえる限り一生を、善いものに満ち足らせる。
     こうしてあなたは若返って、鷲のように新たになる(詩篇103-3~5)

    皆さんが挑戦する人生劇場<競技場>において<我意・我欲>を抑えるのでなく、
    先ずは【神の愛=主イエス&聖霊】を仰いで【ビジョン:理想・夢望・大志】と
    <神意・【御心:聖意・聖旨】とを一致させる【礼拝:★讃美★祈求★感謝】を
    【讃美歌】で捧げることで、【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】の姿勢で
    <人間技>を超えた<神技>【神の愛の奇蹟】を【隣人・社会】に巻き起こして、
    <不屈の楽天・楽観力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊能活気力】で
    【神の愛=主イエス&聖霊】と共に【ミッション:大義・使命・天職】に勝利して
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●<聖 望>(内村鑑三) 
     われは神によりて、われと同時に消えざるの事業をなさん。
     われは今日の人に聞かれざるも後世の人に聞かるるの言を述べん。
     われはわが事業を永遠の上に築いて、
     短きわれのこの一生をして万世を益するものとならしめん。
     キリスト信者たる栄誉の一は、
     荏弱(じんじゃく)取るに足らざるこの身をもってして、
     なお大望をいだいてその一部分を遂行し得るにあり。
    ●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
     一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、
     私たちの参加すべき競争を耐え忍んで
     走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、
     また、その完成者であるイエスを
     仰ぎ見つつ、走ろうではないか(ヘブル書12‐1~2)
    ●後のものを忘れ、前のものに向かって体を伸ばしつつ、目標を目指して走り
     キリスト・イエスにおいて上に召して下さる神の賞与(栄光)を得ようと努めて
     いる(ピリピ書3-13~14)
    ●恐れるな、私はあなたと共にいる神。
     たじろぐな、私はあなたの神。勢いを与えて、
     あなたを強め、あなたを助け、私の勝利の義の右の手であなたを支える
    (イザヤ書41-10)
    ●ダビデは言った。「主よ、私の力よ、私はあなたを慕い愛します
     主は我が巌(いわお)、砦、逃れ場、我が救い主、我が神、大岩、避けどころ、
     我が盾、救いの角、砦の塔。ほめたたえられる方、この主を呼び求めると、
     私は敵から救われる(詩篇18-1~3)
    ●主がすべての災いを遠ざけて、あなたを見守り、あなたの魂を守る。
     主は、あなたが行くにも帰るにも、今からとこしえに至るまで守られる
    (詩篇121-7~8)
    ●人生でもっとも輝かしい時はいわゆる栄光の時でなく、
     落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来への完遂の展望が
     わき上がるのを感じたときだ(フローベル)
    ●君が何かを全身全霊で欲した時、
     君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
     それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)
    ●ビジョンを持つことだ
     理想を描くことだ
     あなたの心をこよなく鼓舞するもの
     あなたの心に美しく響くもの
     あなたが純粋な心で愛することのできるものを
     しっかりと胸に抱くことだ(ジェームズアレン)
    ●<最大の能力>(内村鑑三)
     確信と称する活動力ではない、
     信仰と称する一種の依頼心である。
     これが世界を動かした力である。
     先ず我の無能を覚って、
     しかる後に神の大能に頼る、
     かくて自己は死して
     神、我にありて生きるに及んで、
     我は真個の勇者となる。
     
    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!
     
    メイル歓迎します。
    cforum@tanaka.name
    田中 聡(さとし)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。