【ビジョン】で<神助争奪競技>に導く【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン】で<神助争奪競技>に導く【神の愛=主イエス】!

2018-06-23 18:43

    【2018年6月23日に作成した<第700回>に加筆】
    ◇◇【ビジョン】で<神助争奪競技>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇
     
    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/watch?v=lKdFip1MhO0&feature=share&list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    皆さんご存知のように私も大好きなワールドカップサッカーが開催されています。
    優勝杯争奪に勝負を賭ける姿は、たとえ私でも【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    <人生の旗印>に掲げて勝負する<生き様・死に様>にも通じるものがあります。

    ●競技をするにしても、規定に従って競技をしなければ栄光は得られない
     (テモテ後書2-5)
    ●あなた方は知らないのか、競技場で走る者は、みな走りはするが、
     賞を得る者はひとりである。あなた方も賞を得るように走りなさい
     (コリント前書9‐24)
    ●競技をする人は皆、何事にも節制をする。
     彼らは朽ちる冠を得るためにそうするが、
     私たちは、朽ちない冠を得るために節制するのである(コリント前書9-25)

    いつの大会でも世間的評価や<人間業>を超えた奇跡的な<神業>がなくては
    優勝杯獲得は困難であり【ビジョン:理想・夢望・大志】を具現化することも
    自助努力だけでなく【神の愛=主イエス】の<神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】を
    呼び込む<神助競技>【神助努力】<神助勝負>が不可欠と実感します。

    ●<神助>(内村鑑三)
    ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じて全ての善き物をもって汝を恵まん。
     ⇔ ★天来の思想
       ★外来の友人
       ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
    ◆汝の事業を助けん。
    ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
    ◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし。
    ◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
     汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。
    ●ある者は車を頼み、ある者は馬を頼み、ある者は学問を頼み
     ある者は多数を頼む。しかれども我は我が主の神を頼まん(詩篇20‐7)
    ●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる
     (ロマ書8-28)

    そうです!まさに【ビジョン:理想・夢望・大志】を<人生の旗印>を高く掲げる
    <生き様・死に様>は【神愛方程式=神愛摂理】の規定に従う<神愛勝負>であり
    連戦連敗でも敗者復活を目指し続けて自助に負けて<神助:祝福・恩恵>で勝つ、
    【御心:聖意・聖旨】の<神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】争奪勝負です!

    ●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三)
    ●正義は負けて興り、不義は勝ちて滅ぶ(内村鑑三)
    ●負けて勝ち、踏みつけられて立ち、
     殺されて活くるのがキリスト信者の生涯である(内村鑑三)
    ●神に従う人は七たび倒れても、また起き上がる。(箴言24-16)
    ●主に従う人には災いが重なるが、主はそのすべてから救い出される
    (詩篇34-19)
    ●教会のキリスト教は成功において神の恩恵を認む
     これに反してキリストの福音は失敗において神の愛を示す(内村鑑三)
    ●失敗は方針を転ぜよとの神の命令である。
     我等は失敗を重ねて神の定め給いにし天職につくのである(内村鑑三)
    ●戦いに勝って勝つのではない、真理に従って勝つのである。
     戦いに負けて負けるのではない、真理に反して負けるのである(内村鑑三)
    ●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。
     世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です。
     だれが世に打ち勝つか。イエスが神の子であると信じる者ではありませんか
     (ヨハネ第1書5-4~5)
    ●一切の仕事が、神をはなれては困難であり、
     神とともにあれば一切が可能である(ヒルティ)
    ●我は我に力を与え強くして下さるキリストにありて、すべてを為し得る
     (ピリピ書4‐13)
    ●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
     許されていると考えるからである(トマス・ア・ケンピス)
    ●失敗する勇気のある人のみ大成功をおさめることができる(JFケネディ)
    ●失敗することは罪ではない。目的が低いことが罪である(内村鑑三)

    サッカー競技ではエース・ストライカーでも90分間の試合中で実際にボールを
    扱えるのは合計で数分しかなく絶好のチャンス到来に、どんな不十分な状況でも
    ゴール目指す<心を一つ思いを一つ>にして数秒間で託された自己任務を果たす
    <ONE for ALL,ALL for ONE>【チーム・ワーク&チーム・スピリット】による
    スリリングでエキサイティングな勝負姿勢は【神の愛=主イエス】に託された
    【ミッション:大義・使命・天職】<生き様・死に様>に共通します。

    ●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって
     私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
    ●キリストの名によって、あなた方勧める。
     みな語ることを一つにし、お互いの間に分争がないようにし、
     同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい(コリント第1書1-10)
    ●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
     天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
     2人、3人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる
     (マタイ伝18-19~20)
    ●<独立>(内村鑑三)
     独立とは必ずしも他の援助を絶つの謂(いい)にあらずして、
     自己の有するすべての実力を活用するの謂なり。
     人一人は小宇宙なり。彼の内にほとんど無限の力の貯蔵さるるあり。
     これをことごとく活用せんか、
     彼ひとりの希望(正当なる)を充たし得るのみならず、
     彼は進んで他を助け、もってなお余りあるべき者なり。

    私たち各自の<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・大志】もまた
    個人競技でなく【神の愛=主イエス】と協働の【神愛事業=隣人愛&奇蹟】であり
    できるだけ【隣人・社会】を巻き込んで時代を超え国境を超えた世界を舞台にした
    【チーム・ワーク&チーム・スピリット】<相愛互助・互助友愛>具現化する事が
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    託された【ミッション:大義・使命・天職】に突っ走る<生き様・死に様>であり
    【神愛方程式=神愛摂理】に従った<神助競技><神助努力>【神助勝負】です!

    ●他を進めて、また自身をも進めるの事業、
     神の事業とは実にかくのごときものなり(内村鑑三)
    ●人に少しも頼ることなくして、神にのみ頼ってなすことのできる事業のみが
     神の命じ給うた事業である。
     かかる事業に従事するを得て我等ははじめて独立の人となるのである
     (内村鑑三)
    ●意(オモイ)を事業に注いで事業は成らず、
     眼を神に注いで事業はおのずから成る。
     神は事業の神なれば、我らは神を信じて無為の生涯を送らんと欲するも得ず
     (内村鑑三)
    ●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越し、
     最も多く他を利して最も多く己を利する道を我に教えたり
     (内村鑑三) 
    ●汝は永遠の存在者とともに立てり、
     世はことごとく失するとも汝の事業は滅ばざるべし、
     ただ心を強くし勇み励め(内村鑑三)
    ●あえて大事業をしようとせず、
     大伝道を試みようとせず、
     大奇蹟を行なおうとせず、
     ただ神の命を重んじ、彼の言に従い、
     神を信じることこれが事業であると信じて、
     無為に類する生涯を送ることである(内村鑑三)

    皆さんの心に抱く<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・大志】を
    <人生の旗印>に高く掲げて【ミッション:大義・使命・天職】に突っ走るために
    人間業の自助努力では不可能な<神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】を呼び込める
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    連戦連敗で逆境の最悪のどん底状況に追い込まれても、敗者復活を目指し続ける
    <不屈の楽天楽観力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊能活気力】で
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】を与えられて
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワー・アップ&アップ・グレード>させ
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    <千年王国・メシア的王国・神愛王国>での<圧倒的大勝利!>を大確信して
    活躍されることを心より応援しています!

    ●神は、いかなる患難の中にいる時でも、私たちを慰めて下さり、
     また、私たち自身も、神に慰めていいただくその慰めをもって、
     あらゆる苦難の中にある人々を慰めることができるようにして下さるのである
     (コリント後書1-4)
    ●私は落胆しない.なぜなら,どんな失敗も前へ進むためのステップになるからだ
    (エジソン)     
    ●一体に計画を立てるということは、何の役にも立たないことが多いものだ。
     待つこと、そして神のさずけ給う機会に注意を怠らず
     与えられたその機会をすばやく、すすんで十分の心構えをもってつかむ事、
     これが成功をおさめる道である(ヒルティ)
    ●だが私(主)を頼りとし、私(主)を望みとする者は、祝福される
    (エレミヤ記17-7)
    ●今の私があるのは、ただひとえに、あふれるほどに注がれた神様の恵みと、
     あわれみとのおかげです。実際に働いたのは私ではありません。
     神が私の内部で働き、祝福してくださったのです(コリント前書15-10)
    ●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるがごとくに
     全ての事をなすを得るなり(ピリピ書4‐13)
    ●まちがいなく最も手近な義務だと認められることを常に行ない、
     それから先のことは静かに待っていること、そのような人に宿っている
     真理な霊は必要に応じて何でもその人に思い起こさせてくれる。
     だから、その人は前もっていろいろのことを熟考したり、
     心にとめておくことはいらない(ヒルティ)
    ●主は倒れようとする者をひとりひとり支え、
     うずくまっている者をみな起こされる。
     ものみながあなたに目を注いで待ち望むと、
     あなたは時にかなって食物を与えられる。
     あなたは御手を開き、
     すべて活ける命あるものの望み願いを満たされる(詩篇145-14~16)
     
    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主に感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!
     
    メイル歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    田中 聡(さとし)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。