【ビジョン:理想・夢望・念志】を<神助意識過剰>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<神助意識過剰>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2019-08-27 11:20

    【2017年6月1日に作成した<第680回>に加筆】
    ◇◇【ビジョン】で<神助意識過剰>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇
     
    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/watch?v=lKdFip1MhO0&feature=share&list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    私は自己中心で自意識過剰であり、自己本位を他人本位に変える事は困難です。
    しかし【ビジョン:理想・夢望・念志】を通じて【神の愛=主イエス&聖霊】への
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生なら
    自己本位の自意識過剰でありながら、他人本位の<神助意識過剰>になれます!

    ●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越して
     最も多く他を利して最も多く己を利するの道を教えたり(内村鑑三)
    ●人間を全て皆愛することは、キリストへの愛がなければできないのである
     (ヒルティ)
    ●心を尽くして神を愛せよ、それからあなたの欲することをなすがよい
     (ヒルティ)
    ●いわゆる人間愛は、すべて神に対する強い愛という根底がなければ
     単なる幻想である(ヒルティ)
    ●我等は悪を避けんとするよりも、むしろ神と共にあらんことを努むべし
    (内村鑑三)
    ●神への愛だけが我々を徹底的にエゴイズムから解放する事ができ
     またすべての本当の自己改革の始まりである(ヒルティ)
    ●神が喜ばれるのは、おそらく神へのひたすらな憧れと、
     神に向かって手をさしのべることだけであろう(ヒルティ)

    自己本位で自意識過剰の意識改革として、自己啓発セミナーや成功哲学系を学び、
    比叡山の阿闍梨やカリスマ指導者との交流など自己体験しましたが、最後の最後に
    キリスト教会とは無縁で、内村鑑三全集やヒルティ著作との<出遭い>のおかげで
    人智を越え天井高い【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な
    【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】の【神の愛=主イエス】に導かれる事により、
    エゴ丸出しで自己本位のまま自意識過剰のままの<生き様・死に様>で納得できる
    <神愛道:神の国・神の義>【神愛方程式=神愛摂理】を発見しました!

    ●私が毎日、もっとも愛読する書物、それは聖書です。
     私の辞書に”悲惨”という文字はありません。
     聖書はダイナミックなカであり、変わることのない理想を示すものです
     (ヘレン・ケラー)
    ●まず神の国と神の義とを求めなさい。
     そうすれば、これらのもの[生活必需]は、すべて添えて与えられるであろう
     (マタイ伝6-33)
    ●神の国は、飲食ではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びである。
     こうしてキリストに仕える者は、神に喜ばれ、かつ、
     人にも受け入れられるのである。こういうわけで、平和に役立つことや
     互いの徳を高め向上することを、追い求めようではないか
     (ロマ書14-117~19)
    ●知恵は正しい道に導き、神の国を彼に示し、聖なる事柄についての知識を授け、
     労苦を通して繁栄をもたらし、その働きに対して豊かに報いた
     (知恵の書10-10)
    ● わたしたちが不真実で誠実でなくても、
     キリストは常に真実であられる。
     キリストは御自身を否むことができないからである(テモテ後書2-13)

    そうです!<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】こそが
    【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】【神愛方程式=神愛摂理】で託された
    【ミッション:大義・使命・天職】に通じる<神愛道:神の国・神の義>であると
    体感できます!

    ●神のみこころを行おうと思う者であれば、
     だれでも、わたしの語っているこの教が神からのものか、
     それとも、わたし自身から出たものか、わかるであろう(ヨハネ伝7-17)
    ●我は福音をもって恥じとせず。この福音はユダヤ人を始めギリシャ人にも
     全て信じる者に救いを得さする神の力なればなり。
     神の義は、その福音のうちに顕れ、信仰より出でて信仰に進ましむ。
     記して『義人は信仰によりて生くべし(ハバクク書2-4)』とある如し
     (ロマ書1-16~17)
    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●心に植えつけられた御言葉を素直に受け入れなさい。
     御言葉にはあなた方の魂を救う力がある(ヤコブ書1‐21)

    どんなに自意識過剰でも、無意識や潜在意識など、自分ではコントロール不能な
    <内なる意識>が存在していて<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>意識である
    <邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>に占領支配されてしまう無防備な危険状態です。
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生なら
    私が眠っていても無防備でも、不眠不休で私の【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    死守して種から花を咲かせ実を結ぶまで土台基礎から大神殿へと育ててくれます!

    ●主はあなたの足をよろけさせず、
     あなたを見守る方は、まどろむこともない。
     見よ。イスラエルを見守る方は、
     まどろむこともなく、眠ることもない。
     主は、あなたを見守る方。
     主は、あなたを覆(オオ)う陰。
     あなたの右にいます方。
     昼も、太陽が、あなたを撃つことがなく、
     夜も、月が、あなたを撃つことはない。
     主は、すべての災いを遠ざけて、あなたを見守り、
     あなたの魂を見守られる。
     主は、あなたを、出で立つのも帰るのも、
     今よりとこしえまでも見守られる(詩篇121-3~8)
    ●キリストが私たちのために死なれたのは、
     目覚めていても眠っていても、
     私たちが主と共に生きるためである。
     だから、あなた方は、現にそうしているように、
     励まし合い、お互いの徳を高め合い、
     向上に心がけなさい(テサロニケ前書5-11)
    ●イエスは言われた。「神の国は、ある人が地に種を蒔くようなものである。
     夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して成長するが、
     どうしてそうなるのか、その人は知らない。
     地は人手によらず、おのずから実を結ばせるのであり、
     初めに芽、次に穂、次に穂には豊かな実ができる(マルコ伝4-26~28)
    ●主が家を建てるのでなければ、建つる者の働きはむなしい。
     主が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい
     あなた方が早く起きるのも、遅く休むのも、
     辛苦の糧を食べるのもそれはむなしい。
     主は、その愛する者には、眠っている間にも、
     なくてはならないものを与え備えて下さる(詩篇127‐1~2)
    ●主よ、進むべき、あなたの道を私に知らせ、
     あなたに従う歩むべき小道を教えてください。
     あなたの真理のうちに、私を導き、私を教えてください。
     あなたこそ、私の救いの神、一日中絶えることなく、あなたを待ち望みます
     (詩篇25-4~5)

    私が【ビジョン:理想・夢望・念志】重視の<神助意識過剰>になればなるほどに
    【神の愛=主イエス&聖霊】は私の無意識や潜在意識状態に働きかけ導いてくれて
    <人生の旗印>【ビジョン:理想・夢望・念志】とする<生き様・死に様>の為に
    連戦連敗でもノックアウトせず、何度でも再起・再出発のチャンスを与えてくれて
    自意識では予想外の【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な
    【神愛事業=隣人愛&奇蹟】を起こして<不屈の楽天・楽観力>の意識大革命で
    向上する【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】に満たされます!

    ●なおも神の御手に御心に逆らわず、勇気と希望をすこしも捨てぬ。
     私は静かに耐えまっすぐに前進する(ミルトン)
    ●<向上>(内村鑑三)
     上へ、上へ、上へと、昇るは救済(スクイ)なり、降るは滅亡(ホロビ)なり。
     われらは永久に昇りて永久に救われんのみ。道の難きを意とせず、
     われなんじを支えんと主いい給えばなり。
     手段を講じてしかるのにちに進まず、主の命を確かめて懼(オソ)れなく進むなり。
     より高き、より難き、より聖き業へと進むなり。
    ●上を見よ、下を見るなかれ
     前を見よ、後ろを見るなかれ
     外を見よ、内を見るなかれ
     しかして、人に手を貸すべし(エドワード・へール)
    ●前に進まんのみ、餓死を恐れず、単独を恐れず、失敗を恐れず、破滅を恐れず
     前に進まんのみ(内村鑑三:シ出エジプト記14‐15)
    ●罪を忘れ、疾病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と生命と成功と愛とに向かって進まんのみ(内村鑑三)
    ●苦しみがあったことは、私にとって幸せでした。
     私はそれであなたのおきてを学びました(詩篇119-71)
    ●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
     許されていると考えるからである(トマス・ア・ケンピス)
    ●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、
     力尽きて倒れる場合にも多くの事を成し遂げ功を奏させる
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
     人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
     愛は常に向上を欲していかなる、
     いと低い事物によっても引き停められることを望まない
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●負けて勝ち、踏みつけられて立ち、殺されて活くるのが
     キリスト信者の生涯である(内村鑑三)
    ●人の計画は成りて敗れ、神の計画は敗れて成る(内村鑑三)
    ●正義は負けて興り、不義は勝ちて滅ぶ(内村鑑三)
    ●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
     途方にくれても、行き詰まらない
     迫害にあっても、見捨てられない
     倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
    ●人に知られていないようで、認められ
     死にかかっているようで、生きており
     こらしめられているようで、殺されず
     悲しんでいるようで、常に喜んでおり
     貧しいようであるが、多くの人を富ませ
     何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)   

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんが混迷大波乱の大転換時代にあっても【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げ
    <神助意識過剰>【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】の
    意識大革命で<生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】を意識して、
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
     一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、私たちの参加すべき競争を
     耐え忍んで走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、
     また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか
     (ヘブル書12‐1~2)
    ●神のために大事を計画し、神より(与えられる)大事を望め
     (ウイリアム・ケリー)
    ●人生におけるミッション(使命)というものは作るものでなく発見するものである
     (スティーブン・ コヴィー) 
    ●人はその天職が終了(おわ)るまでは不滅なるがごとし(内村鑑三)
    ●我が事業の成るまでは我が死なざること、そのことは確実である(内村鑑三)
    ●死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし
     生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし(吉田松陰)
    ●人間の第一職分は、自家の天職を探求するのが第一で、
     其天職をどこまでも遂行するのが第二の本分であろう(徳富蘆花)
    ●自分が、今、何に熱中しているのか、常に注意を払いなさい。
     なぜなら、あなたがそれを、”あきらめ”さえしなければ、
     将来必ず、実現するからです(ポール・J・マイヤー)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり
    (内村鑑三)
    ●人間の使命は、自分の霊を守ることである。
     自分の霊を守るということは、それを育て、それを拡大せしめることである
     (トルストイ) 
    ●山家に住して漁業をうらやむなど最も愚なり。
     海には海の利あり、山には山の利あり。
     天命に安んじてその他を願うことなかれ(二宮尊徳)
    ●主の御民よ ふるいたて 御旗高く ひるがえせ
     おのが生命(いのち) かえりみず 地の果てまで 進み行け
     (讃美歌第二編63番)
    ●あなた方はこの世に妥協してはならない。
     むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、
     何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、
     かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
    ●自分の心に描く夢の実現に向かって努力する時、
     普段なら思いもよらぬ成功が得られる。
     空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。
     楼閣は空中に建てるものだ。
     さあ、その下に土台を建てよ(ソロー)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。