【ビジョン:理想・夢望・念志】で<感動的神愛ドラマチック人生!><御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<感動的神愛ドラマチック人生!><御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2019-10-15 12:00


    【2012年5月27日に作成した<第592回>に加筆】
    ◇◇誰でも<ドラマチック人生>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    TVも演劇・映画も小説も愛と勇気と希望を与える「感動的ドラマ」は
    共通の特徴があります。それはジェットッコースターのように
    天国と地獄を味合わされることです。

    ドラマの前半で様々な患難辛苦に耐え忍び連戦連敗の逆風に立ち向かう姿を観て
    失望などしません。何故ならドラマの後半で大逆転の大勝利するハッピーエンドが
    待っていることを確信して安心して観ているからです。

    まさに此の世に生かされる私たち<万事・万物・万象>も【神の愛=主イエス】が
    目に入れても痛くない<最愛の存在>であるから「ハッピー・ベスト・エンド」の
    【★ダイナミック!★エキサイティング!★ワンダフル!】な<感動ドラマ>に
    出演でき全員分け隔てせず世間的に落ちこぼれの私でも主人公にしてくれます!

    ●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
     「Very Important Person in God's Eye」(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
    ●あなた方の髪の毛までも一本残らず番号をつけるように数えられている
     (ほど愛されている)。だから恐れるな!
     (マタイ伝10-30~31、ルカ伝12-7~8)
    ●主は助けを求める人の叫び求めることを聞き、
     苦難から常に彼らを助け出される。
     主は打ち砕かれた心に近くいまし、
     悔いる魂、くずおれた者を救われる。
     主に従う人には災いが重なるが、
     主はそのすべてから救い出される。
     骨の一本も損なわれることのないように、
     彼を守ってくださる(詩篇34-17~20)
    ●神は人を分け隔てはしない(ロマ書2-11)
    ●神はその独り子を賜うほどに、この世を愛して下さった。
     それは御子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである
     (ヨハネ伝3-16)

    創作演出で<いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】は不眠不休で見守っていて
    <最高!最善!最美!>の感動人生ドラマへと導いていることを体感しましょう!

    ●主御自身が家を建てるのでなければ、建てる者の労苦はむなしい。
     主御自身が町を守るのでなければ、守る者の見張りはむなしい。
     あなた方が朝早く起きるのも、夜おそく休むのも、辛苦の糧を食べるのも、
     それは、むなしい。主は主を愛する者には眠りを与えてくださり、
     眠っている間に、なくてならぬものを与えられる
     (詩篇127-1~2)
    ●イエスは言われた。「神の国は、ある人が地に種を蒔くようなものである。
     夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して成長するが、
     どうしてそうなるのか、その人は知らない。
     地は人手によらず、おのずから実を結ばせるのであり、
     初めに芽、次に穂、次に穂には豊かな実ができる(マルコ伝4-26~28)
    ●主はあなたの足をよろけさせず、あなたを見守る方は、まどろむこともない。
     見よ。イスラエルを見守る方は、まどろむこともなく、眠ることもない。
     主は、あなたを見守る方。主は、あなたを覆(オオ)う陰。あなたの右にいます方。
     昼も、太陽が、あなたを撃つことがなく、夜も、月が、あなたを撃つことはない。
     主は、すべての災いを遠ざけて、あなたを見守り、あなたの魂を見守られる。
     主は、あなたを、出で立つのも帰るのも、今よりとこしえまでも見守られる
     (詩篇121-3~8)
    ●キリストが私たちのために死なれたのは、目覚めていても眠っていても、
     私たちが主と共に生きるためである。
     だから、あなた方は、現にそうしているように、
     励まし合い、お互いの徳を高め合い、
     向上に心がけなさい(テサロニケ前書5-11)
    ●彼らの全ての悩みや苦難を、いつも主は御自分の悩み苦難とし、
     御前に仕える御使いによって彼らを救い、愛と憐れみをもって彼らを贖い
     昔からずっと、彼らを背負い、彼らを抱き携えて来られた(イザヤ書63-9)
    ●主は常にあなたを導き、
     焼けつく土地でもあなたの渇きをいやし、
     善き物をもってあなたの願いを満ち足らせ、
     あなたの骨を強くされる。
     あなたは潤った園のように、水の絶えない泉のようになる(イザヤ書58-11)

    ご存知の通り、ハリウッド映画はニューシネマは例外で
    大半は「ハッピーエンド」です。
    「人生や現実はそんな単純もんじゃない!」と思われる人もいるかも知れませんが、
    ハリウッド製作者の大半がユダヤ系であることを考えれば当然だと私は考えます。

    さらにブロードウエイ・ミュージカルもまたユダヤ人系がヒット作を
    連発し続けていて、たとえ「ラストシーン」が<どん底>状態に見える
    『屋根の上のヴァイオリン弾き』や『ウエスト・サイド・ストーリー』も
    <未来の神愛勝利>を高らかに歌い上げて終わります。

    ユダヤ人気質が<不屈の楽観・楽天能力>であるのは
    【聖書の価値観:世界観・歴史観・人生観】にあると実感できます。

    ●神は暗黒の深い底をあらわにし、闇の中から秘密をあらわし、
     死の闇を光に引き出される(ヨブ記12-22)
    ●我が魂よ、沈黙して、ただ神を待ち望め。我が望みは神から来るからである
     (詩篇62-6)
    ●今日の困難は、明日の栄光に、遠く及ばない(ロマ書8-18)

    たとえば世間的にあざけられ孤立した酒飲みのノア、どんな無茶苦茶な天命にも
    献身懸命に忠実に従ったアブラハム、兄弟に裏切られ奴隷にされて無実の身で
    投獄されるヨセフ、栄華な生活を殺人犯の身で追われ80歳まで<流浪の民>に
    成り果てたモーゼにしても、どんなに最悪な<どん底人生>にまで落ち込もうとも
    <自己不信・自己否定・自己嫌悪>せず<不屈の楽観・楽天能力>があれば、
    必ず<神助:祝福・恩恵>に導かれ【神の愛の事業=隣人愛&奇蹟】によって
    <最高!最善!最美!>に導かれる<真理>【神愛方程式=神愛摂理】が示されます!

    ●我等に臨む患難は多し、されど主は我らを皆その中より援(タス)け出し給う
     (詩篇34‐19)
    ●あなたが人生に絶望しても、人生はあなたに絶望しない(フランクル)

    そして聖地を奪われ祖国を失って、世界中に散らされて2000年の長き年月を
    <流浪の民>であったユダヤ民族が【聖書】の<預言>に示されるように、
    再びイスラエルに戻って来るなどユダヤ教のラビやキリスト教の
    神学者・聖職者も不可能と思っていたでしょう。

    しかもイスラエル国家再建に導いたのは白馬に乗った<正義の救世主>でなくて、
    人間の常識では邪悪な独裁者でしかないヒトラーによる「ホロコースト」でした。

    ●神はどんな悪も行われないようにするよりも、
     むしろ悪から善を生じさせるようにする方が善いと考えられたのである
     (アウグスティヌス)
    ●怨に酬ゆるに徳をもってし
     憎に対するに愛をもってし
     悪に対するに善をもってする (内村鑑三)
    ●悪に負けてはいけない。かえって善をもって悪に勝ちなさい

    人類史上で最悪な<大弾圧・大虐殺>に追い込まれたからこそ、強制収容所に
    <叡智>が結集できて、ようやくイスラエル国家再建に目覚めた事には感動します。

    ●その日が来れば、主は再び御手を下して御自分の民の残りの者を買い戻される。
     彼らはアッシリア、エジプト、上エジプト、クシュ、エラム、シンアル、ハマト、
     海沿いの国々などに残されていた者である。主は諸国の民に向かって
     旗印を掲げ、地の四方の果てからイスラエルの追放されていた者を引き寄せ、
     ユダの散らされていた者を集められる(イザヤ書11-11~12)
    ●暗闇の中に歩んでいた民は大いなる光を見た。
      死の陰の地に住んでいた人々の上に光が輝いた(イザヤ書9-2)

    そうです!現実的不可能な<預言>が<どん底の闇>から成就された体験こそ、
    いつでもどこでも最後には<光:【神の愛=主イエス】>の<圧倒的大勝利!>を
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】できるのですね。
    AMEN!HALLELUJAH!THANKS JESUS KINGDOM!

    ●暗闇と死の陰に座している者たちを光で照らし、我らの歩みを平和の道に導く
     (ルカ伝1-79)
    ●「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、私たちの心の内に働いて、
     イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光を悟る光を与えてくださる
     (コリント後書4-6)
    ●キリスト教は世をあきらめずして、世に勝たしむるものなり(内村鑑三)
    ●世に勝つ者は誰か、イエスを神の子と信じる者ではないか
    (ヨハネ第一書5-5) 

    私たち個人でも民族でも、一切を奪われるような<最悪なピンチ>にあってこそ、
    <本領:【ビジョン:理想・夢望・念志】&【ミッション:大義・使命・天職】>を
    見出して原点回帰できる<絶好の神愛チャンス>である事を【神の愛=主イエス】は
    私たちに教え示しています!

    ●一切を捨てよ、そうすれば一切を見出す(トマス・ア・ケンピス)
    ●私の敵よ、私のことで喜ぶな。たとえ倒れても、私は起き上がる。
     たとえ闇の中に座っていても、主こそ我が光なり(ミカ書7-8)
    ●神の恵みと助けとが示されているのは、とくに困難な時期に、
     いつも我々の暗い運命のどこかある一点が明るくされることによってである
     (ヒルティ)
    ●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
     途方にくれても、行き詰まらない
     迫害にあっても、見捨てられない
     倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
    ●人に知られていないようで、認められ
     死にかかっているようで、生きており
     こらしめられているようで、殺されず
     悲しんでいるようで、常に喜んでおり
     貧しいようであるが、多くの人を富ませ
     何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)
    ●汝ら立ち帰りて静かにせば救いを得、
     平穏(オダ)やかにして依り頼まば力を得べし(イザヤ書30‐15:ルター特愛の聖句)
    ●我が魂よ、沈黙して、ただ神に向かい、神を待ち望め。
     我が望みは神から来るからである(詩篇62-6)
    ●私たちが滅び失せなかったのは、主の恵みによる。
     主の慈しみは絶えることがなく、主のあわれみは尽きることがない。
     それは朝ごとに新しい。
     「あなたの真実は力強い。主こそ私の受ける分です。
      それゆえ、私は主を待ち望みます。」と我が魂は言う。
     主を待ち望む者、主を尋ね求める魂に向かって主は恵み深い。
     主の救いを静かに待ち望むことは善い。
     人が、若い時に、くびきを負うのは善い事だ(哀歌3-22~27)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    日々様々の<患難辛苦><邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・落とし穴>に
    連戦連敗で<どん底人生><闇・マイナス・ピンチ>に追い込められようとも
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <光・プラス・チャンス>【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】を見出す事で
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起して
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に挑み
    【神の愛=主イエス】の<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に凱旋入国できる
    「ハッピー・ベスト・エンド」<感動的ドラマチック人生!>に活躍されることを
    心より応援しています! 

    ●光は闇の中に輝いている。そして、闇はこれに勝たなかった(ヨハネ伝1‐5)
    ●ともかく、あなたは屈服してはならない
     忍び寄る恐怖の闇に
     闇の暗い顔の前で、ドアを閉めよ
     そして、あなたの心から追放するのだ
     私は、私の勇気を萎(な)えさせない
     そして、あなたの中、あなたの心の奥にある希望の灯を
     過ぎる風に吹き消させはしない
     あなたは、あなたが思っているよりも尊貴なのだ
     あなたが感じているよりも、はるかに勇敢なのだ
     あなたの中には、まだ発見されない力がある
     やがてそれは勢いよく、命の上に、ほとばしるに違いない
     (ガンジーの直弟子ラマチャンドラン博士)
    ●悲しめる心よ、落ちついて悔ゆるのをやめよ。雲の後ろには太陽が照っている
     (ロングフェロー)
    ●勇ましい兵士のように闘いなさい。そして特にひ弱さのため、くずおれかけても
     前よりもっと確固とした勇気を取り戻しなさい (トマス・ア・ケンピス)
    ●希望(ヒルティ)
     十字架は重いが、ふしぎなことに
     おまえがそれを担うやいなや。それがおまえを担ってくれる
     初めは闇夜だが、行く手は真昼の明るさ
     その道を進む者は「勇者」と呼ばれる
     おまえの力は小さくとも
     おまえが帰依した主の力は偉大だ
     おまえの星は暗い夜空に輝きわたり
     今日は死に、明日はいのちによみがえる
    ●「すべてを神に」(ヒルティ)
     ときおり勇気がくじけようとも
     かたく、かたく神に頼れ、わが心よ
     自分の勇気でなしとげたものは何一つない
     おのが勇気をたのむな
     そうすれば、おまえの一生の道は転じて
     みめぐみが注ぎはじめる
     そうすれば、主の力はいやまさり
     もはや古きおまえではない
     おまえの姿の中で、主がはたらかれ
     闇と光
     人間とキリストとが
     ぶっつかり合うことはない 
    ●主は人の一歩一歩を定め主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
     人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。全く打ち捨てられることもない。
     主がその手を助け支えられるからである。
     若い時にも老いた今も、私は見ていない。
     主に従う人が捨てられ、あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見た事がない。
     (詩篇37-23~25)
    ●すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。
     神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
     しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、
     すなわち全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり
     <すべてにおいて積極的人物となる!> (内村鑑三)
    ●私が、どんなことがあっても恥じることなく、
     かえって、試練の時も、いつものように、
     キリストのために、大胆に語ることによってキリストのすばらしさが現わされて,
     生きるにも死ぬにも、
     私の身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望している。
     私にとって、生きることは、キリストのために良い機会を得たことを意味し、
     死ぬことは、さらにすばらしいことを意味する(ピリピ書1-20~21)
    ●私は言う。「闇の中でも主は私を見ておられる。夜も光が私を照らし出す。」
     あなたには、闇も暗くなく、夜も昼も共に光を放ち、夜は昼のように明るく輝く。
     あなたには、闇も光も同じで異なることはない(詩篇139-11~12)
    ●万事をその最善をもって解せよ、最悪において解するなかれ(内村鑑三)
    ●【われかキリストか】(内村鑑三)
     われがなすのではない、キリストがわれにありてなし給うのである。
     ゆえにわが事業ではない、われは死んだ者である、
     キリストにありて生きかつ働き給うのである。
     これは信仰ではない、また理想でもない、事実である、
     何よりも確かなる事実である。
    2019/10/15 11:58
    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。