誰でも【ビジョン:理想・夢望・念志】で「はやぶさ」的<神愛ヒーロー>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

誰でも【ビジョン:理想・夢望・念志】で「はやぶさ」的<神愛ヒーロー>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2019-10-21 11:40

    【2012年2月16日に作成した<第588回>に加筆】
    ◇◇誰でも「はやぶさ」的活躍に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ご存知のように日本で惑星探査機「はやぶさ」が人格的ヒーローになっています。
    メジャー映画で三作品に描かれるほどの人気者です。

    これほど多くの人が感情移入できるのは、「はやぶさ」の<生き様・死に様>と
    産みの親たちとの信頼関係の【チーム・ワーク&チーム・スピリット】の成果に
    感動するからだと思います。

    私自身もそうですが日本人気質の特徴として、堅固な<忠義・忠信・忠誠>で
    結ばれた主従・師弟関係は、武士道にも体現された美徳であり、かっこ良さや
    尊敬心や憧れがあるのだと思います。

    弁慶、忠臣蔵、忠犬ハチ公、森の石松など時代を超えても光り輝くヒーローの
    中に、「はやぶさ」も加えられたのかもしれません。

    <忠義・忠信・忠誠>のヒーローたちには<全生・全身・全霊>を捧げられる
    価値のある主人・師匠・親分があってこそであり、<相思相愛の主従関係>の
    【チーム・ワーク&チーム・スピリット】が不可欠だといえます。

    この感動的関係は私たち万物と【三位一体:父・子・聖霊】の関係に共通します。

    「はやぶさ」と同じ様に、こんな私でも誕生する前から【神の愛=主イエス】の
    【御心:聖意・聖旨】が託された特別な【ミッション:大義・使命・天職】を
    完遂できるように【タレント:個性・才能・可能性】が設計され組込まれていて
    私たち<万事・万物・万象>は<最高!最善!最美!>の<新内の器・神愛道具>です!

    ●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし
     善き業に歩むべくキリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
    ●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。
     その測り知れない力は神のものであって、
     私たちから出たものでない事が、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
    ●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。
     何故なら、全ての永続的な真実の力は神のものであって、
     人間のものではないからである(ヒルティ)
    ●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中で
     自ら全てのことを行ない、彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)
    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、
     すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、
     また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを
     悟った日のことである(ヒルティ)

    そして【三位一体:父・子・聖霊】との関係は主従・師弟の上下関係だけでなく
    「走れメロス」のように特別な友情関係・【同労者・同志】関係でもあります!

    ●【三位一体】(内村鑑三)⇔【三方面よりの愛】
     【父】  ⇔父の厳格 ~ 上より
     【聖霊】 ⇔母の慈悲 ~ 下より
     【子】  ⇔兄の同情 ~ 側より

    【神の愛=主イエス&聖霊】は絶対に裏切らず見捨てず信愛し続けてくれる
    <いつも一緒!>の<真の友>として永遠の友情関係を結んでくれることは
    <歓喜!感動!感謝!>です!

    ●<友人としての神>(内村鑑三)
     神は善き友人である。第一等の友人である。彼に祈祷を聞くの耳がある。
     恩恵を施すの手がある。神は名ではなく実である。道理ではなく性格である。
     帝王ではない友人である(内村鑑三)
    ●世には友の振りをする、みせかけの友もある。
     しかし、兄弟よりも愛し、頼もしく親密なる友もある(箴言18-24)
    ●真の友はどんな時も愛し続けるものであり、
     苦難の時のために生まれた兄弟である(箴言17-17)
    ●私の命じることを行うならば、あなた方は私の友である(ヨハネ伝15-14)
    ●もはや私はあなた方を僕とは呼ばない。
     僕は主人が何をしているか知らないからである。
     私はあなた方を友と呼ぶ。父から聞いたことをすべて、
     あなた方に知らせたからである(ヨハネ伝15-15)
    ●<幸福の途>(内村鑑三)
     人として生まれし最大名誉、最大幸福は、イエスを知り、彼に知られて、
     彼の友人となることである。
    ●神と完全に友となった人にとっては、それ以降の人生において、
     もはや幸福な出来事しか起こらない(ヒルティ)
    ●神様という友人に対して、子供のように信頼することは、
     ありとあらゆる処からやってくる、問題を解決してくれる(ヘレン・ケラー)

    「はやぶさ」のように<大義><我が道><人生目的・存在意義>を目指して、
    夢と希望を抱き出発したものの、挑戦の途中で想定外の<患難辛苦>が起きて、
    本来の【ビジョン:理想・夢望・念志】【ミッション:大義・使命・天職】を
    見失ってしまい真っ暗闇の孤立無援な状況に追い込まれることがあるでしょう。

    世間から見捨てられ、家族からも見放され、万策尽きて打つ手なしに思えても、
    たとえ背信・忘恩で<迷える子羊>や<放蕩息子>のように<軌道>を外れても
    【神の愛=主イエス】だけは人生どん底にあろうと、地獄の底の闇にいようとも
    <いつも一緒!><全智・全能・全愛>の<神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>を
    差し伸べて<神助:祝福・恩恵>を与えて【ミッション:大義・使命・天職】に
    再起・再出発できるように闇から奪還して光へと軌道修正してくれます!

    ●私に聞け、ヤコブの家よ。イスラエルの家の残りの者よ。
     あなた方は生まれる前(腹)の時から私に負われ
     胎を出た時から担われてきた。
     同じように、私はあなた方の老いる日まで白髪になるまで、
     背負って行こう。私はあなた方を造った。
     私が担い、背負い、救い出す(イザヤ書46-3~4)
    ●彼らの全ての悩みや苦難を、いつも主は御自分の悩み苦難とし、
     御前に仕える御使いによって彼らを救い、愛と憐れみをもって彼らを贖い
     昔からずっと、彼らを背負い、彼らを抱き携えて来られた(イザヤ書63-9)
    ●我は逃れんと欲して、我が神の恩恵の手より逃れることはできない。
     神は奈落の底にまで、神の手を拡げて我を支え我を救い給う
     (内村鑑三:詩篇139‐7~8)
    ●私はあなた(主)の御霊から離れてどこへ行けましょう。
     私はあなたの御霊を離れてどこへ逃れましょう
     たとい、私が天に昇っても、そこにあなたはおられ
     私が黄泉(ヨミ)に床を設けても、そこにあなたはおられます(詩篇139‐7~8)
    ●私が暁(アカツキ)の翼をかって、海の果てに住んでも、
     そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます
    (詩篇139-9~10)

    そうです!完全に見失われたと思えた「はやぶさ」が生まれつきの<大義>に
    立ち帰り【ミッション:大義・使命・天職】を果たす奇跡的帰還をしたように
    私たちも自力や世間的常識に頼り連戦連敗して真暗闇の人生どん底に落ち込んでも
    断念・妥協する事なく【神の愛=主イエス】だけは見捨てず見守っている事を体感し
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    勇進しましょう!

    ●我等に臨む患難は多し、されど主は我等をみな、その中より助け出し給う
    (詩篇34‐19)
    ●私は失われたものを捜し、迷い出た者を連れ出し、傷ついた者を包み、
     病気の者を力づける。私は肥えたと強い者を滅ぼす。
     私は正しい裁きを持って彼等を養う(エゼキエル書34‐16)
    ●女がその乳飲み子を忘れて、その腹の子を憐れまないような事があろうか。
     たとい彼等が忘れるような事があっても、
     私(主)はあなたを忘れる事はない(イザヤ書49‐15)
    ●私の目にはあなたは高価で尊い。私はあなたを愛している
     <Very Important Person in God's Eye>(イザヤ書43‐4:V.I.P.の語源)
    ●これらの小さい者の一人が滅びる事は天に在ますあなた方の父の御心ではない
     (マタイ伝18‐14)
    ●あなた方の髪の毛までも一本残らず番号をつけるように数えられている
     (ほど愛されている)だから恐れるな!(マタイ伝10-30~31、ルカ伝12-7~8)
    ●主は助けを求める人の叫び求める事を聞き、苦難から常に彼らを助け出される。
     主は打ち砕かれた心に近くいまし、悔いる魂、くずおれた者を救われる。
     主に従う人には災いが重なるが、主はそのすべてから救い出される。
     骨の一本も損なわれることのないように、彼を守ってくださる
    (詩篇34-17~20)
    ●人に捨てらるるは神に拾わるるなりき、
     人に憎まるるは神に愛せらるるなりき、
     人に絶たるるは神に結ばるるなりき(内村鑑三)

    私たちも「はやぶさ」と同じように危険が一杯の孤独な宇宙旅行をしていて、
    一日一日生き延びているのは自力や世間だけの力量ではなく、何と言っても
    天界管制室にいる司令官【神の愛=主イエス】と多くの御使いが見守り導いて
    生かされている事を体感できれば、まず司令官である【神の愛=主イエス】に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!><GLORY JESUS KINGDOM!>心意気の
    【礼拝:★讃美★祈求★感謝】する事が<万全!最善!超然!>の人生大勝利を
    勝ち取る秘訣となります。

    ●キリスト・イエスの立派な善い兵卒として私と苦しみを共にして欲しい。
     兵卒に服している者は日常生活の事や生計を立てるための仕事に
     煩わされてはいけない。ただ、兵をを召集した司令官を喜ばせようとする
     (テモテ後書2-3~4)
    ●賢さで人生を乗り切るのは困難だが、導きによって生きるのは容易である
    (ヒルティ)
    ●孤立には二種あり。人を離れて独り立つ孤立と人を離れて神と共に立つ孤立。
     ひとり立つ孤立は傲慢の孤立なり。 神と共に立つ孤立は謙遜の孤立なり
    (内村鑑三)
    ●主よ、我は知る、人の途(ミチ)は自己に因(ヨ)らず、かつ歩む人は自ら、
     その歩履(アユミ)を定むること能(アタ)はざるなり(エレミヤ記10-23)
    ●強くあれ、雄々しくあれ。
     彼らを恐れてはならない。うろたえるな
     あなたの神、主ご自身が、あなたと共に進まれるからだ
     主はあなたを見放さず、あなたを見捨てない
     (申命記31-6、へブル書13-5)
    ●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
     主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え
     新しくされる。主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う
    (ゼパニヤ書3-17)

    私自身は<不義・不正・不実>不純・不潔ですが、生来の私に託されている
    【ビジョン:理想・夢望・念志】だけは<最愛の我が子・我が分身>として
    【神の愛=主イエス】と<相思相愛の主従関係>の<忠義・忠信・忠誠>で
    <熱き思い燃える心>の【チーム・ワーク&チーム・スピリット】を発揮して
    真っ暗闇である一切の<重荷:自己不信・自己否定・自己嫌悪>にとらわれず
    <大確信:必勝・必決・必現>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】のみを抱いて
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    「はやぶさ」のように【ミッション:大義・使命・天職】に活躍できます!

    ●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
     一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、私たちの参加すべき競争を
     耐え忍んで走りぬこうではないか。信仰の導き手であり、
     また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか
     (ヘブル書12‐1~2)
    ●我は日々に自己を省みず、我は日々に我が主を仰ぎ奉る。
     我は我が内に何の善きことを発見するあたわず。
     我が善はすべて「キリストとともに神の中に蔵(かく)れあるなり」
    (内村鑑三)
    ●望み得ないことを、なおも望み信じ続ける!(ロマ書4‐16~18)
    ●キリスト教は理想ではない、事実である。
     理想が事実となって顕れたるものである。すなわち真個の理想である。
    「なすべき」はキリスト教ではない、「なしうる」がキリスト教である
     (内村鑑三)
    ●我が口より出づる言葉はむなしく我に帰らず、我が喜ぶところを成し、
     我が命じ遺(おく)りしことを果たさんと主は言い給う(内村鑑三)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんが<いつも一緒!>【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】による
    <忠義・忠信・忠誠>【神愛力=隣人愛】【チーム・ワーク&チーム・スピリット】で
    「はやぶさ」のように【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に高く掲げ
    たとえ世間的に連戦連敗で孤独な真っ暗闇のどん底人生でも勇進し突進し続ける
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】の
    【ミッション:大義・使命・天職】に活躍される事を心より応援しています!

    ●世を遁(のが)れんとするなかれ、世に勝つべし。
     境遇の改まらんことを祈るなかれ、心の改まらんことを祈るべし。
     苦痛の去らんことを願うなかれ、恩恵を増さんことを願うべし
    (内村鑑三)
    ●汝のパンを水の上を投げよ、多くの日ののちに汝再びこれを得ん
    (伝道の書11-1)
    ●汝の真理を社会の中に投げよ、年を経て汝はその偉大なる結果を見るを得ん
    (内村鑑三)
    ●後のものを忘れ、前のものに向かって体を伸ばしつつ、
     目標を目指して走りキリスト・イエスにおいて上に召して下さる
     神の賞与(栄光)を得ようと努めている(ピリピ書3-13~14)
    ●負けて勝ち、踏みつけられて立ち、殺されて活くるのが
     キリスト信者の生涯である(内村鑑三)
    ●人の歩みは主によりて定められる。その行く道を主は喜び給えり、
     たとえその人倒るることありとも、全く打ち伏せられることなし、
     主が彼の手を助け支え給えばなり(詩篇37‐23~24)
    ●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは我々を
     普通の卑近な意味で幸福にすることではない。むしろ、恐れを知らず、
     あらゆる良き行いを進んでしようとする人、一言でいえば、
     英雄的な人にするためである(ヒルティ)
    ●主は常にあなたを導き、
     焼けつく土地でもあなたの渇きをいやし、
     善き物をもってあなたの願いを満ち足らせ、
     あなたの骨を強くされる。
     あなたは潤った園のように、
     水の絶えない泉のようになる(イザヤ書58-11)
    ●すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、
     また彼の中にアーメンとなる。
     神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
     しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、
     すなわち全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり
     <すべてにおいて積極的人物となる!> (内村鑑三)
    ●雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。
     それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ、種蒔く人には種を与え、
     食べる人には糧を与える。そのように私の口から出る私の言葉も
     むなしくは私のもとに戻らない。それは私の望むことを成し遂げ、
     私が与えた使命を必ず果たす(イザヤ書55-10~11)
    ●情熱をもって君たちの使命を愛せよ。これより美しい事はない(ロダン)
    ●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
     我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
     人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
     それであるから語るのである(内村鑑三)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。