【ビジョン:理想・夢望・念志】を【聖書・真理の御言葉】と<一体化・連帯化・協働化>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を【聖書・真理の御言葉】と<一体化・連帯化・協働化>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2019-11-08 11:22

    【2011年9月11日に作成した<第572回>に加筆】
    ◇◇【ビジョン:理想・夢望・念志】を【御言葉】で守る【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    私たちが【青春:幼な心・青年の心】に思い描く【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    多くが現実生活に追われ、後回し先送りにされて、やがて断念放棄される<危険>に
    満ち溢れているのが「この世」だと実感できます。まさに<天然の摂理>にも通じる
    <真理>【神愛方程式=神愛摂理】<狭き門>といえます。

    ●咲く花は多し、実となるは少なし。
     実となるは多し、熟するは少なし。
     天然の法則は神の聖旨なり(内村鑑三)
    ●狭き門より入れ!滅びに至る門は大きく、その道は広い。
     そして、そこから入って行く者は多い。命に至る門は狭く、その道は狭い。
     そして、それを見出す者は少ない(マタイ伝7-13~14、ルカ伝13-24)

    【神の愛=主イエス】にとって私たちの心に抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    【御心:聖意・聖旨】で私たち各自に託された【ミッション:大義・使命・天職】が
    示されていることを【聖書・真理の御言葉】は明確に教えてくれます。

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●我等は神に造られたる者にして、神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべく
     キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
    ●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。その測り知れぬ力は神のものであって、
     私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
    ●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。何故なら、全ての永続的な
     真実の力は神のものであって、人間のものではないからである(ヒルティ)
    ●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中で自ら全ての事を
     行ない、彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に
     応じたものであり、したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
     つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
     (ヒルティ)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
     そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である
    (シュバイツァー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)

    そこで、【神の愛=主イエス】は私たちの心に抱く<最愛の我が子・我が分身>の
    【ビジョン:理想・夢望・念志】が「この世」で見捨てられたり、見殺しにされず、
    意気地なしの無一物の私でも、大切に守り育てられるように【聖書・真理の御言葉】を
    【ビジョン:理想・夢望・念志】の<実現保証>の【福音】<神助:祝福・恩恵>として
    私たちに無償でプレゼントしてくれました!

    ●主は御言葉を遣わして彼らを癒し、破滅から彼らを救い出された(詩篇107-20)
    ●どのようにして、若者は歩む道を清めるべきでしょうか。
     あなたの御言葉どおりに道を保つことです(詩篇119-9)
    ●あなた方が私につながっており、私の言葉があなた方の内にいつもあるならば、
     望むものを何でも願い求めなさい。そうすれば、それがかなえられ、
     あなた方のために与えられる(ヨハネ伝15-7)
    ●私たちの福音があなた方に伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、
     力と、聖霊と、強い確信とによったからです。私たちがあなた方のところで、
     どのようにあなた方のために働いたかは、御承知のとおりです
    (テサロニケ前書1-5)
    ●一切の仕事が、神をはなれては困難であり、神とともにあれば一切が可能である
     (ヒルティ)

    そうです!私の個人的<野心・野望>に見える【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    【聖書・真理の御言葉】精神である【聖欲】【神愛力=隣人愛】にまで昇華させて
    私の【ビジョン:理想・夢望・念志】にも【御心:聖意・聖旨】を体感できる事で、
    私の心は【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に輝く<大確信:必勝・必決・必現>に
    満ち溢れます!

    ●我が口より出づる言葉はむなしく我に帰らず、我が喜ぶところを成し、
     我が命じ遺(おく)りしことを果たさんと主は言い給う(内村鑑三)
    ●雨も雪も、ひとたび天から降れば、むなしく天に戻ることはない。
     それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ、種蒔く人には種を与え、
     食べる人には糧を与える。そのように、私の口から出る私の言葉もむなしくは、
     私のもとに戻らない。それは私の望むことを成し遂げ、
     私が与えた使命を必ず果たす(イザヤ書55-10~11)
    ●まことに、御言葉は、あなたのごく身近くにあり、あなたの口にあり、
     あなたの心にあって、あなたはこれを行なう事ができる(申命記30‐14)

    日本人なら誰も知っている【先人・偉人の教え:名言・格言】としてクラーク博士の
    「青年よ大志を抱け!」がありますが、本来のメッセージは多少異なるようです。
    「Boys, be ambitious in Christ」であり「in Christ:キリスト(神)において」が
    前提にあるそうです。まさに世俗的【ビジョン:理想・夢望・念志】を磨き上げて
    【神の愛=主イエス】の<大理想の星>【御心:聖意・聖旨】にまで到達させる事を
    表現しているのだと思います。

    ●青年よ大志を抱け!【御心:聖意・聖旨】のままに(クラーク)
    ●汝の車を星につなげ!(エマーソン)
    ●失敗は罪ではない、目的が低いことが罪である(内村鑑三)
    ●空高く飛ぼうとしない精神は、やがて地に堕ちる(スマイルズ)

    たとえば、私の個人的事業は、世俗的には「カウンセラー」と定義できますが、
    私は【聖書・真理の御言葉】につながる【福音伝道カウンセラー】と命名しています。
    <人生の旗印>のネーミングにも【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】に
    高めると【ミッション:大義・使命・天職】を体感できて<公言・信仰告白>する事で
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊魂活気力】で
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に燃えます!

    ●最も大切なことは、自分の使命、すなわち主イエスが私にお与えになった働きを
     全うすることです(使徒行伝20-24)
    ◆【万人祭司・万人伝道者】
    ●あなた方も、それぞれ生ける石となって、霊の家に築き上げられ、
     聖なる祭司となってイエス・キリストにより、神に喜ばれる霊のいけにえを、
     献げなさい(ペテロ前書2-5)
    ●あなた方は選ばれた種族、祭司の国、聖なる国民、神につける民である。
     それによって暗闇から驚くべき御光へと招き入れてくださった方の力ある御業を、
     あなた方が広く語り伝えるためである(ペテロ前書2-9)
    ●恐れるな、語りつづけよ、黙っているな。
     あなたには私が共にいるからだ。
     誰もあなたを襲って危害を加えるようなことはない。
     この町には私の民が大勢いるからだ(使徒行伝18-9~10)
    ●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
     我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
     人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
     それであるから語るのである(内村鑑三)
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    皆さんの<最愛の我が子・我が分身>である【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    【聖書・真理の御言葉】につなげて【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】に
    昇華させて<人生の旗印>に高く掲げて【ミッション:大義・使命・天職】完遂に
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に燃えて
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍される事を心より応援しています!

    ●あなた方はこの世では悩みがある。しかし、勇気を出しなさい。
     私(主イエス)はすでに世に勝っている(ヨハネ伝16-33)
    ●キリスト教は不断の幸福を約束しない。しかし、世に勝つ平和を約束している
    (ヒルティ)
    ●私たちは真理にさからっては何をする力もなく、真理に従えば力がある
     (コリント後書13-8)
    ●各自は惜しむ心からでなく、
     また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
    ●自由人にふさわしく行動しなさい。ただし、自由をば悪を行う口実として用いず
     神の僕にふさわしく行動しなさい(ペテロ第1書2‐16)
    ●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んで為し、恥ずべき利得の為でなく
     本心からそれをしなさい(ペテロ第1書5‐2)
    ●今自分がどこにいるかは大したことではない。
     どの方向に向かって歩いているかが大切なのだ(コリン・ターナー)
    ●神に感謝します。我れ義務を果たせり(ネルソン提督「最後の言葉」)
    ●聖なる好奇心をもちたまえ。人生を生きる価値のあるものにするために
     (アインシュタイン)
    ●宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令とみなすことである(カント)
    ●神よ!私がいつも、創造できる以上のことを望むことを、許したまえ!
     (ミケランジェロ)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための努力を重ねる生き方なのである
    (ヘレン・ケラー)
    ●汝のパンを水の上を投げよ、多くの日ののちに汝再びこれを得ん
     (伝道の書11-1)
    ●汝の真理を社会の中に投げよ、年を経て汝はその偉大なる結果を見るを得ん
     (内村鑑三)
    ●他人の嘲りを心にとめず、敗北にも挫けず、勇気をもってまた起ちあがれ、 
     いっさいの正義にはやがて勝利がおとずれるのだ(エマーソン)
    ●もし汝が世俗の方法を採らざるの汝をもって世の迫害する所となるも、
     汝の心を悩ますなかれ。ただ汝が執る道の正義の道なることを確かめよ
     (トマス・デビッドソン)
    ●御言葉を宣べ伝えなさい。折が良くても悪くても励みなさい。
     とがめ、戒め、励ましなさい。忍耐強く、十分に教えるのです(テモテ後書4-2) 

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。