【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げる<神愛の器・神愛の道具>として<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げる<神愛の器・神愛の道具>として<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-01-17 12:10

    ◇◇<神愛の器・神愛の道具>として活躍しよう! ◇◇
    【2003年1月16日に作成した<第287回>より】 
    2003年1月11日(土)深夜2:00「ビジネス塾」を観て

    ●我等は神に造られたる者にして、
     神のあらかじめ備え給いし善き業に歩むべく
     キリスト・イエスの中に造られたるなり(エペソ書2‐10)
    ●私たちはこの宝を土の器の中に持っている。
     その測り知れない力は神のものであって、
     私たちから出たものでないことが、あらわれるためである(コリント後書4‐7)
    ●人間の力の秘密は、神の道具であるという性質にある。
     何故なら全ての永続的な真実の力は神のものであって、
     人間のものではないからである(ヒルティ)
    ●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中で
     みずから全てのことを行ない、彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    混迷波乱の現代は社会的に<最大の危機>ですが個人的には<絶好のチャンス>です!
    従来の世間的常識と既得権益に活躍する人々では解決困難と思われる様々な社会問題でも、
    【神愛力=隣人愛】に光輝く<無名の個人>によって解決されて行く【個人の時代】が
    到来しています!

    新時代の【コーナー・ストーン<精神的土台>】を築くのは<有名無力・無名有力>で
    世間的<無名の存在>の活躍と【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】が預言しています。

    ●家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。これは主のなされた
     ことで、私たちの目には不思議に見える 
     (詩篇118‐22、マタイ伝21‐42、マルコ伝12‐10、ルカ伝20‐17、使徒行伝4‐11、
      エペソ書2‐20、ペテロ第1書2‐7)

    現代の混迷波乱の社会は人間の意図と都合で造られた<社会基盤>が崩壊しているだけで
    【神の愛=主イエス】の【御心:意志と計画】による再建・復興が着実に進んでいます!

    新時代を築くために活躍する人々は【神愛力=隣人愛】に光輝く<新思想>を持ち込み、
    分裂対立する社会を和解・団結に導く<新しい人>【神愛の器・神愛の道具】です!

    ●新思想とは;
      ★新鮮なる思想
      ★人に新希望を供する思想
      ★人に新生命を供する思想
      ★人に新計画を供する思想
      ★羽翼を張りて中天に翔(アガ}らんとする意欲を興す思想(内村鑑三)
    ●キリストは私たちの平和であって2つのものを一つにして
     敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって
     数々の規定から成立する規律と戒律ずくめの律法を廃棄したのである。
     それは、彼にあって二つのものを一人の新しい人に造りかえて平和を来らせ、
     十字架によって二つのものを一つの体として神と和解させ、
     敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである
     (エペソ書2-14~16)
    ●主は人の行ないを喜ぶ時、その人の敵をもその人と和らがせる。
     正義によって得たるわずかのものは不義によって得た多くの収穫にまさる
     (箴言16-7~8)

    【神の愛=主イエス】を信愛する私たちが世界で【オンリー・ワン】であるという
    証明とは【神の愛=主イエス】から預けられた【タレント:個性・才能・可能性】に
    実感できます。

    この貴重な【タレント:個性・才能・可能性】は各自が【神愛の器・神愛の道具】で
    【神愛力=隣人愛】が働いて活躍するために必要十分な<神助:祝福・恩恵>であり
    【賜物・無償ギフト・神恵】です!

    ●神の力強い活動によって働く力が、私たち信じる者にとって、
     いかに絶大なるものであるかを、あなた方が知るに至るようにと祈っている
     (エペソ書1-19)
    ●【神の力】(内村鑑三)
     神はただ愛と生命と精力とあるのみ。
     「これゆえに、我ら臆せず、我らが外なる人は壊(こぼ)たるとも、内なる人は
      日々に新たなり(コリント後書4‐16)」
     神にありて我が失敗は失敗にあらず、我が弱きは弱きならず!
     「(弱った者には力を与え、勢いのない者には強きを増し加えられる。
      年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れ果てて倒れる。しかし、)
      我が神にありて新たなる力を獲、ワシの如く翼を張りて昇り、走れども疲れず、
      歩めども倦まざるなり(内村鑑三:イザヤ40‐31)」

    私たちが【タレント:個性・才能・可能性】を最善発揮できる【神愛の器・神愛の道具】で
    活躍するために【神の愛=主イエス】は各自の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
    満足させる【神愛力=隣人愛】に光輝く【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    【青春:幼な心・青年の心】に抱かせてくれます!

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。
     それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、
     したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
     つまり、人の使命も、最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
     (ヒルティ)
    ●少年の頃の理想主義の中に、人間にとっての真理が潜んでいる。
     そして少年の頃の理想主義は何ものにも変えることが出来ない人間の財産である
     (シュバイツァー)
    ●青春の夢に忠実であれ(シラー)
    ●素晴らしい人生、それは青年時代に考えた事が
     壮年になってから実現される事である(A.d.ヴィニー)

    技術大国日本において専門家でも専門職種でもないのに独りの<決意>から始まって
    時代の先駆者として活躍している人々がテレビで紹介されていました。

    例えばケーキ職人としてケーキ店を経営していた個人が阪神大震災に遭遇します。
    当時の彼は消防団員でしたが、消火栓不備のために消火活動は行なえずに、
    目の前で多くの犠牲者を目撃することになったそうです。

    彼は恐ろしき光景に絶望感と無力感と罪責感に打ちのめされたに違いありません。
    しかし、彼はそのままでは終わりませんでした。彼にとって絶望的な出来事こそが
    【神愛の器・神愛の道具】の【タレント:個性・才能・可能性】を最善発揮できる
    【ビジョン:理想・夢望・念志】に【ミッション:大義・使命・天職】を発見するには
    最善の【試練】【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】だったと実感できます。

    それまでケーキ職人であった彼は「二度と悲惨な出来事を起こしてはならない!」
    と【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱き誰からも頼まれることなく<自由意志>に
    よって決断したそうです。

    「よし、河川の水でも消火用に使えるようにするために自動吸引器を造ろう!」

    どこの企業も専門家も着手していないのに、浅い汚れた川の水であっても利用可能な
    自動吸引器を自費と自力で見事に開発製造したのです。

    彼の発明した吸引機は実際に消防署で採用されて立派に活用されているそうです。

    その後さらに進歩し続けています。今では自動給水&排水機能も装備されたのです。
    おかげで、消防車が到着するまでの貴重な時間に消防士の替わりになって独りでも
    消火活動が可能となり、消防車が入れないような狭い道なら自らの手で消火できる
    自主防衛にも役立つ先進的な消火器具にまで発展しています。

    【神愛の器】が【神愛力=隣人愛】で一杯に満たされ実現した【神愛奇蹟】です!

    ●人にできないことでも、神にはできる(マタイ伝19‐26、創世記18‐24、ヨブ記42‐2)
    ●神には何もできないことはない(ルカ伝1‐37)
    ●理想の実現は(不可能と見えるのは)人間の力や制度によるのではない!
     「万軍の主の熱心これ成し給うべし(イザヤ書9-7)」(内村鑑三)
    ●一切の仕事が、神を離れては困難であり、神と共にあれば一切が可能である
    (ヒルティ)

    経験も実績もなく世間から認められていなかった無名の彼が最後まであきらめずに
    実現を目指す勇気と希望を与えてくれた最大のパワーは【隣人愛=神愛力】以外の
    何物でもないはずです。

    「金儲けをしたい!有名になりたい!」という単なる欲望や野心からではなくて
    「二度と起こさせない!命を助けたい!」という【神愛力=隣人愛】からの衝動が
    【使命感】を生み出す<原動力>となって前進し続けられる事に感動し励まされます。

    ●もし、人が何か役に立つことを知り、かつ学びたいと願うならば、
     他の人から知られずにおり、人から何ものでもないと思われることを
     愛さなければならない(トマス・ア・ケンピス)
    ●もし、あなたが何事かの知識や学問を役立つように修得したいと欲するならば
     自分が世に知られず、つまらぬ者と評されるのを喜びなさい
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●あなたに委ねられていることを守りなさい。
     そして、俗悪な無駄話と偽りの「知識」による反対論を避けなさい
     (テモテ前書6‐20)
    ●あらゆる存在は、その特性に従って自己を発展させ、
     自己を実現する生まれつきの衝動を自分の内に持っている(ヒルティ)

    他分野の勇気ある挑戦者も紹介されていました。彼は飲食店コンサルタントでしたが
    ある時、荷物を台車に載せて運んでいる引越し業者が階段で荷物を持ち上げるのに
    大変苦労している光景に遭遇したそうです。

    彼は苦労している引越し業者に同情して思ったそうです。

    「どんな階段でも簡単に荷物を持ち運べる台車があれば善いのに…」

    苦労を共感して彼等を喜ばせたいと思ったそうです。
    まさに【神愛力=隣人愛】からの衝動といえるでしょう。

    ●喜ぶの者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい(ロマ書12‐15)
    ●完全なる職業とは他を喜ばして、我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三)

    彼の素晴らしい事は単に同情しただけではなく解決しようと行動をしたことです。
    そこで業界の実情を調べてみると、そのような便利で画期的な台車は存在しません。

    「よし!どんな階段でも利用可能な便利で役立つ台車を造ろう!」

    彼もまた誰から頼まれると言うわけでもなく【自由意志】で10年間を費やして
    見事に完成させたのです。

    初めは図面すらも書けない全くの専門外の素人であった彼は、
    カーテン・レールの構造をヒントにして実現させた事は感動的です。

    彼は人を愛し仕事をも愛する<神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心>があったから、
    <真理>【神愛方程式=神愛摂理】と<神助:祝福・恩恵>を最善発揮させる
    【神愛の器・神愛の道具】として活躍できた成功者ですね。

    ●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
     本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです。
    (アインシュタイン)
    ●人間のうちに善をのばしてやり、
     彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが必要である(ヒルティ)
    ●【神助】(内村鑑三)
    ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって汝を恵まん。
    ⇔ ★天来の思想
      ★外来の友人
      ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
    ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
    ◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。
    ◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
     汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。

    これまでメルマガでも紹介してきた多くの人々も【神愛の器・神愛の道具】となって
    自分を最善発揮できる【ミッション:大義・使命・天職】を生きている人々だと思います。

    彼等に共通している事は出し惜しみせず失敗をも覚悟しながらも、自発的で
    <自由意志>の【人生の大転換】をして時には世間的に無謀な選択をしている事です。

    ●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んでなし、
     恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをしなさい(ペテロ前書5-2)
    ●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)

    彼等の勇気ある決断と実行には【神愛力=隣人愛】による<衝動>が働いていたので、
    世間的には無謀で愚かな行為にみえても<いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】は
    彼らと共にいて<最善・最強の味方>となって【神愛事業】を実現させてくれたと
    実感できます。

    ●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給うのであって、
     ただそれを所有して楽しむためには与えられない(ヒルティ)
    ●神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて
     万事を益となるようにして下さることを、私たちは知っている(ロマ書8‐28)
    ●驚くべき導きの、神の側からみた目的と直接の狙いは
     我々を普通の卑近な意味で幸福にすることではない。
     むしろ、恐れを知らず、あらゆる良き行いをすすんでしようとする人、
     一言でいえば、英雄的な人にするためである(ヒルティ)
    ●人に少しも頼ることなくして、
     神にのみ頼ってなすことのできる事業のみが神の命じ給うた事業である。
     かかる事業に従事するを得て我等ははじめて独立の人となるのである
     (内村鑑三)
    ●意(オモイ)を事業に注いで事業は成らず、
     眼を神に注いで事業はおのずから成る。
     神は事業の神なれば、
     我らは神を信じて無為の生涯を送らんと欲するも得ず(内村鑑三)

    私たちも【神の愛=主イエス】に信愛して心より願い求めるならば彼らのように
    【神愛の器・神愛の道具】として思いきり自分を発揮させて活躍できることを
    私たちは【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】を通じて知っています。

    ●神は人を分け隔てはしない(ロマ書2-11)
    ●誰でも求める者は得て、捜す者は見出し、門をたたく者には開かれる
    (マタイ伝7-8、ルカ伝11-10

    たとえ今日現在、何を願い求めるか、何を目指すべき知らずとも、心配御無用です。
    多くの人がそうであったように、【神の愛=主イエス】の時と場所が満ちれば、
    必ず【神愛サイン】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】が明確に示されるからです。

    安心して急がず、あわてず、同時に<ビッグ・チャンス:神愛出番>を見逃さないように
    いつも【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱く【青春:幼な心・青年の心】を守り育てて
    【神愛サイン】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】である<神愛召命>を楽しみに
    待ち望み準備しておきましょう。

    ●私は自分が何を欲しいないかを知っている。
     しかし、何を欲するかはまだ知らない。
     それは必要になった時に初めて分かるだろう(クロムウエル)
    ●急がず休まず静かに天命を待て(ゲーテ)
    ●我々は神の命じ給う道を歩いていれば
     日々その務めと力とがおのずから与えられる。
     特にそれを得ようと思いわずらうことはいらない。
     ただそれを受け入れて実行すればよい(ヒルティ)
    ●神の側に立とうと決心するがよい。次にはあなたの力と個性に合わせて
     あなたに個人的に下される神の命令に従え(ヒルティ)
    ●一体に計画を立てるという事は、何の役にも立たない事が多いものだ。
     待つ事、そして神のさずけ給う機会に注意を怠らず、
     与えられたその機会をすばやく、すすんで十分の心構えをもってつかむ事、
     これが成功をおさめる道である(ヒルティ)

    【神愛サイン】の<神愛召命>を見逃すことなく日々<スタンバイOK>であるには
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    <いつも一緒!><全智・全能・全愛>【神の愛=主イエス】に向け、いつどこでも
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!の先取神愛感謝の
    【礼拝:★讃美★祈り★感謝】する事が最善最強の<心意気・心構え>だと
    実感できるはずです!

    ●【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】
     いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
     これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
     (テサロニケ前書5‐16~18)
    ●望みて喜び、患難に耐え、常に祈れ(ロマ書12-12)
    ●熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、患難に耐え、
     常に祈りなさい(ロマ書12‐11~12)
    ●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、
     永遠にわたって神を喜ぶ事である
                (クロムウエル時代の簡略教理問答集より)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!の先取神愛感謝で
    【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を事ある毎に捧げ【神の愛=主イエス&聖霊】から
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に充霊されて
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<パワー・アップ&アップ・グレード>されて
    【ビジョン:理想・夢望・念志】に【ミッション:大義・使命・天職】を自覚できた時に
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】の
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に導かれ
    【青春:幼な心・青年の心】で前進し続けることができます!

    ●神が私たちに下さったのは臆する霊ではなく、力と愛と慎みとの霊なのである
     (テモテ後書1‐6)
    ●我等に臨む患難は多し、されど主は我らを皆その中より援(タス)け出し給う
     (詩篇34‐19)
    ●神の無限の力に頼りて、我らは我等の信ずるがごとくに全ての事をなすを得るなり
     (ピリピ書4‐13)
    ●信仰とは神に対する従順を本体とする、理想的生活への勇気である(内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    混迷波乱時代に皆さんが【神愛力=隣人愛】で光輝く【神愛の器・神愛の道具】として
    活き活きとした【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に躍進し続ける
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●神が私たちに求め給うのは、私たちと共にいますこと、
     神に心を寄せる者を見出して、その心を神みずからの霊によってさらに育て、
     かつ、生き生きとさせること、これ以外の何ものでもない(ヒルティ)
    ●あなた方も、それぞれ生ける石となって霊の家に築き上げられ、
     聖なる祭司となってイエス・キリストにより、
     神に喜ばれる霊のいけにえを、献げなさい(ペテロ前書2-5)
    ●誰かに向かって「それは不可能だ」などと言ってはいけない。
     神はその不可能な事をやってしまうほど無知な者を
     ずっと待ち続けているのかもしれないのだから
     (ジョン・アンドリュー・ホームズ)
    ●人間にとって大切なのは、この世に何年生きているかということではない。
     この世でどれだけの価値のあることをするかである(O.ヘンリー)
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえどもはなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、
     なおも大望を抱いて、その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三)
    ●われらの意志は、そを汝(神)にささげんがために、われらに与えられしものなり
     (テニソン)
    ●人間を偉大にしたり卑小にしたりするのは、その人の志である(シラー)
    ●人生において、諸君には二つの道が拓かれている。
     一つは理想へ、もう一つは死へと通じている(シラー)  
    ●私はあなたを選んで、捨てなかった。
     恐れるな。私はあなたとともにいる。たじろぐな。
     私があなたの神だから。私はあなたを強め、あなたを助け、
     私の義の右の手で、あなたを守る(イザヤ書41-9~10)
    ●君が何かを全身全霊で欲した時、
     君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
     それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。