【ビジョン:理想・夢望・念志】を【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】で神愛鍛錬させ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】で神愛鍛錬させ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-04-08 12:03

    ◇◇【神の愛=主イエス】の【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】に
      挑戦しよう! ◇◇
    【2007年7月13日に作成した<第436回>に加筆】

    ●あなたは我が内臓を造り、我が母の胎内で私を組み立てられた。
     私はあなたをほめたたえ感謝します。
     私はあなたの恐ろしい力によって、驚くべきものに造り上げられている。
     御業がどんなに驚くべきものか、私の魂はよく知っている
     (詩篇139-13~14)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    ご存知のように、ハリウッド映画や米国TVのシリーズ・ドラマでは、
    スパイ映画や政治モノがよく見られます。
    興味深いのは、特別な任務(ミッション)遂行のためには、
    時には服役中の囚人や凶悪犯罪の前科者でも、召集することです。
    たびたび見られるので、実際にそのような起用もあるのだと思います。

    なるほどと思わせることが最近TVで紹介されていました。
    それは、ブロードウエーのオーディションのことです。
    日本のオーディションの場合は、面接の前に、書類審査があるそうです。
    性別、年齢、体格など、詳細な前提条件が示されていて、
    履歴や過去の実績などの書類審査で、ほとんどの応募者は落とされます。

    一方で、米国は異なるようです。たとえば、年齢指定については、
    「~歳に見える人」となっているそうです。
    書類審査は一番最後であって、先ずヤル気さえあれば
    「とりあえず、面接に来てください」といわれるそうです。

    役柄(任務)に<最適な人物(ライト・スタッフ)>を見つけるためには、
    過去の実績や肩書き履歴などの「紙きれ(書類審査)」で判断するのではなく、
    実際に「本人(人物)」と面接することで、本人すらも、まだ気づいていない、
    隠れた素晴らしい【タレント:個性・才能・可能性】を見つけ出そうとする意欲を
    感じるではありませんか!

    米国大リーグのスカウトマンの行動もTVで紹介されていましたが、
    日本の優秀な野球選手発掘のために、野球の名門学校を訪問するだけでなく、
    街中のバッティング・センターなどでも捜したりするようです。

    既に出来上がった選手でなく、専門家に知られず、まだ荒削りでも、
    磨けば光る<逸材>を探し出すのです。
    選考の第一条件は、技能や実績ではなくて、何よりも「野球が大好き!」という
    <神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心>だといえるでしょう。
    あるアメリカ人の監督の発言を思い出します。

     「野球選手とは<プレイヤー(楽しく遊べる人)>であり、
      <ワーカー(仕事人)>ではない!」

    このような<オーディション・選考方法>は、
    【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】にも通じます。
    【神の愛=主イエス】は人智よりもエキサイティングで、ビッグ・サプライズであり、
    ワンダフル(不思議一杯)でありながら最後の最後には<真・善・美>に満ち溢れた
    最善最強の【神愛ライト・スタッフ(神愛適任者)】となっているから、
    素晴らしい感動と勇気と励みと希望が与えられます。

    旧約の時代に【神の義】に選ばれた「酒飲みのノア」や「嘘つきのアブラハム」や
    多くの預言者たち、モーゼも、ダビデも、【神の愛=主イエス】が選んだ最初の
    十二弟子(使徒)たちも、彼等が生きた【この世の勢力:富・権威・名声】とは
    無縁な無芸無学の在野の人が中心でした。

    【この世の勢力:富・権威・名声】からすれば<書類審査>で落とされる立場でも
    【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】では、
    ヤル気さえあれば、【ビジョン:理想・夢望・念志】さえあれば、
    それだけでも見事に合格できる<神愛ビッグ・チャンス>です。
    【神の愛=主イエス】は先ず<心の中>や<神愛心意気>を見るからです!

    ●人は表面のことを見るが、神は心中を見られる。
     人は行ないを考察するが、神は意図をおもんばかられる(トマス・ア・ケンピス)
    ●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
     人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
     人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
     人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
     神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)

    被造物である人間のスカウトマンでも隠れた【タレント:個性・才能・可能性】を
    見抜くことができるのですから、まして【造り主】の【神の愛=主イエス】なら、
    人間の洞察力よりも遥かに精密に【タレント:個性・才能・可能性】を見極めて
    <神愛任務>【ミッション:大義・使命・天職】<生き様・死に様>に導く事に
    私は感謝して喜んで従います!

    ●神は神を愛される者と共に働いて万事を益となるようにして下さる(ロマ書8-28)
    ●私が来たのは、いのちを、あふれるほど豊かに与えるためです
    (ヨハネ伝10-10)

    日本で人気あるオードリー・ヘップバーンは、幼少時の戦争体験が
    「心の傷」となったそうです。彼女は傷を癒し修復させるために
    「幸福な家庭」を目指します。

    映画女優としては大成功するものの、私生活では結婚と離婚を繰り返し、
    映画出演のチャンスを捨ててまでして10年間も子育てに専念しますが、
    彼女の「心の傷」が癒されたのは、60歳を過ぎた亡くなる直前だったのです。

    ご存知のように、晩年のオードリーは、ユネスコ親善大使として、
    アフリカやインドなどの貧しい子供たちを助け励ますことに献身的に活動しました。

    戦争難民や貧困飢餓など様々な【苦難】に直面する子供たちと
    <心を一つ思いを一つ>にして「心の傷」から、ようやく自由解放されたそうです!
    自分の幼少体験と様々な人生経験が今日のために用意されていたと確信できたのです。

    そうです!【神の愛=主イエス】はオードリーの心からの望み通りに、
    【神の愛=隣人愛】と【神愛自立:神愛自由・神愛独立】に飢えた
    世界の子供たちと交流することで彼女が気づかなかった「幸福な家族」を、
    時にかなって与えてくれたのだと信じます!
    ハレルヤ!栄光を主に帰します!

    オードリーはTV番組で嬉しそうに微笑みながら語ってくれました。 

    「私にとって、辛かった幼少時代も、女優としての成功も、私生活も、
     人生60年間は、今日のためのリハーサルでした!」

    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、
     すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、
     また、これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを
     悟った日のことである(ヒルティ)
    ●神の御心にかなうことを求め行なう以上に
     快い気分を覚えさせ喜びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり
    (内村鑑三)

    オードリーが献身的に働き、支援を求めるから、世界中の人々が、
    苦難にある子供たちに注目するようになりました。
    まさに、苦難と成功を経験したオードリーだからこそできる!替わりの無い、
    素晴らしい【ミッション:大義・使命・天職】ですね。
    【神の愛=主イエス】は60年間という長い時間をかけて、
    【神愛特訓】【試練&召命:オーディション&リハーサル】をしてくれたのです!

    ●あなた方は、力を尽くして信仰には徳を、徳には知識を、知識には自制を、
     自制には忍耐を、忍耐には信心を、信心には兄弟愛を、兄弟愛には愛を加えなさい。
     これらのものが備わり、ますます豊かになるならば、
     あなた方は怠惰で実を結ばない者とはならず、
     私たちの主イエス・キリストを知るようになるでしょう。
     これらを備えていない者は、視力を失っています。
     近くのものしか見えず、以前の罪が清められたことを忘れています。
     だから兄弟たち、召されていること、選ばれていることを確かなものとするように、
     いっそう努めなさい。これらのことを実践すれば、決して罪に陥りません
    (ペテロ後書1-5~10)

    盲目のソプラノ歌手の塩谷靖子さんをご存知ですか?
    今日のTV番組で初めて知り、大いに感動させられました。
    塩谷さんのTV番組のインタビュー内容と
    彼女のホームページに記されている生い立ちを見て、
    【神の愛=主イエス】が【試練&召命:オーディション&リハーサル】に
    40数年間もじっくりかけて私たちの為に【ミッション:大義・使命・天職】に
    導いた事がはっきりと解ります!ハレルヤ!栄光を主に帰します!

    東京で生まれて、1歳4ヶ月の時に1945年3月の東京大空襲で、家を焼け出され、
    親の故郷の鳥取県に移ります。
    靖子さんは生まれつき視力が弱かったので、両親は視力があるうちにと、
    美しい風景や想い出をたくさん創りました。
    そして、8歳の時に完全に失明します。家族は生活苦で大変だったようですが、
    両親のおかげで、【美】を【愛する心】と【審美眼】は失うことなく、
    その後の人生を決定付けることになりました。

    靖子さんはラジオから流れる「クラシック音楽」に触れて【美しさ】を感じて、
    音楽の世界に憧れるようになりましたが、目が不自由で、家庭には余裕もなく、
    大好きなピアノも得られず、音楽の専門的教育を受けるチャンスはありません。
    しかし、【神の愛=主イエス】だけは彼女の<ヤル気>と
    【タレント:個性・才能・可能性】を見極めていたのです!

    彼女は42歳になってようやく、音楽の専門的教育を受けることができ、
    幼少から英才教育を受けてきた人々に勝る【逸材】として、
    63歳の現在でもプロのソプラノ歌手として、
    見事に開花してCDにコンサートに大活躍しています。
    (詳細はhttp://www.nobuko-soprano.jp/を参照下さい。)

    ●青春とは人生のある期間ではなく、心の持ちかたを言う。
     青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する。
     ときには、二十歳の青春よりも六十歳の人に青春がある(サムエル・ウルマン)

    靖子さんの40数年間の【患難辛苦】は、【神の愛=主イエス】から見れば
    <神助:祝福・恩恵>であり全てが現在の【ミッション:大義・使命・天職】の為に
    必要不可欠な【試練&召命:オーディション&リハーサル】であったと実感できます。

    どんな境遇にも靖子さんが大好きな音楽への高き【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    大切に守り育て続けたからこそ【神の愛=主イエス】は喜ばれ愛する靖子さんの描く
    【ビジョン:理想・夢望・念志】実現に【最善の道】に導いてくれたと実感できます。
    私たちも見習って<ヤル気>と【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱く心だけは
    守り抜きましょう!

    ●全ての守るべき物よりもまさりて、汝の心を守れ、
     そは生命の流れこれより出づればなり。
     力の限り見張って、あなたの心を見守れ。
     命の泉はこれから沸くから(箴言4‐23)
    ●私の理性と才能が、心よりも高く評価されている。
     しかし心こそ、私の唯一の誇りである。
     これだけが私にとって、あらゆるもの、あらゆる力、
     あらゆる幸福、あらゆる禍(わざわ)いの源泉だ。
     私の知っていることは、誰だって知ることができる。
     しかしこの心だけは、私だけしかもつことができない(ゲーテ)
    ●心というものは、それ自身一つの独自の世界なのだ、
     ―地獄を天国に変え、天国を地獄に変えうるものなのだ(ミルトン)

    モーゼは80年間をかけ、オードリーでさえ60年間なのですから、
    私なら100年かかっても不思議ではありませんね。
    実際にキング牧師のように多くの場合は、本人の生涯だけでは実現できないような
    【ビジョン:理想・夢望・念志】や【ミッション:大義・使命・天職】となることも
    覚悟しなくてはなりません。

    民族や時代を超えて【ビジョン:理想・夢望・念志】に<相愛互助・互助友愛>で
    <心を一つ思いを一つ>に結集する【チーム・スピリット&チーム・ワーク】で
    実現させることの方が、【神の愛=主イエス】は喜びであり大好きだからです!

    ●キリストの名によって、あなた方勧める。みな語ることを一つにし、
     お互いの間に分争がないようにし、
      同じ心、同じ思いになって、堅く結び合って欲しい  
     (コリント第1書1-10)
    ●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、
     一つの思いになって私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
    ●兄弟たちよ、互いに励まし合いなさい。思いを一つにしなさい。
     平和に過ごしなさい。
     そうすれば、愛と平和の神があなたと共にいて下さるであろう
     (コリント後書13‐11)
    ●神の国はあなた方の内(間)にある(ルカ伝17‐21)
     ⇔天国とはどこのことでもない、人が人を愛するところである(内村鑑三)
    ●これまでに書かれた事がらは、すべて私たちを教え導くためのものである。
     それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みを抱かせるためである。
     どうか、忍耐と励ましと慰めの源である神が、
     あなた方に、キリスト・イエスにならって互いに同じ思いを抱かせ、
     心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神を
     ほめたたえあがめさせて下さるように(ロマ書15-4~6)

    私たちの都合や計画ではなく【神の愛=主イエス】の【御心:意思と計画】により
    時にかなって実現することに任せて安心して先ずは【最愛の我が子・我が分身】の
    【ビジョン:理想・夢望・念志】を見殺しにせず、しっかりと守り育てましょう!

    ●さらば、われら、奮起して励もう いかなる運命にも勇気をもって。
     絶えず成し遂げ、絶えず追い求め、刻苦してあとは待つことを学ぼう
     (ロングフェロー)
    ●私は、神が人の子らにお与えになった務めを見極めた。
     神はすべてを時にかなって美しいように造り、
     また、永遠を思う心を人に与えられる(伝道の書3-10~11)
    ●我々は何をなすべきか、またそれをいかに為すかについて
     決して無頓着であってはならない。
     いやむしろ我々は全ての勤勉と才能を真剣に活用しなくてはならない。
     ただし、野心や所有欲からではなくて義務感と神への愛から、
     それをしなければならない。そして、事の成否は神に委ねるべきである
     (ヒルティ)
    ●もしこの世の中で不可能な事を目指して粘り強くアタックしないようでは、
     およそ可能なことの達成も覚束(おぼつか)ないというのは、まったく正しく、
     あらゆる歴史上の経験がこれを証明している(マックス・ウェーバー)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
    皆さんが<ヤル気>と心から愛する【ビジョン:理想・夢望・念志】を守り育てて
    【神の愛=主イエス】の【試練&召命:オーディション&リハーサル】に挑戦して
    託された【ミッション:大義・使命・天職】への<最善の神愛道>に導かれて
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●神に従う者のためには光を、心の直ぐな者のためには喜びを、種まいてくださる。
     神に従う人よ、主にあって喜び祝え。聖なる御名に感謝をささげよ
    (詩篇97ー11~12)
    ●人間は、一念を定めさえすれば、天国からの風にも、地獄からの風にも、
     不動の姿勢で立ち向かえるのです。そして人間は、運命そのものを左右し、
     転換することができるのです。(ネルー首相)
    ●秘められたところで私は造られ、地の深いところで織りなされた時、
     私の骨組みはあなたに隠されてはいませんでした。
     あなたの目は、まだできあがらない胎児であった私を見られ、
     私の日々はあなたの書にすべて記されている。
     私のために造られた日々が、まだその一日もないうちから。
     神よ、あなたの、もろもろの御計らいを知るのは何とむずかしいことでしょう。
     私にとって御思はいかに貴いことか。神よ、いかにそれは数多いことか。
     数えようとしても、それは砂の粒より多く、その全体は何と広大なことでしょう。
     その果てを極めたと思っても、私はなお、あなたの中にいる
     (詩篇139-15~18)
    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●肉親の父は、しばらくの間、自分の考えに従って訓練を与えるが
     魂の父は、私たちの益のために、そのきよさに預からせるために
     そうされるのである (ヘブル書12‐10)
    ●全ての訓練は、当座は喜ばしいものとは思われず、むしろ悲しいものと
     思われる。しかし、後になれば、それによって鍛えられる者に平安な義の
     実を結ばせるようになる(ヘブル書12‐11)
    ●「我が子よ、主の鍛錬を軽んじてはいけない。
     主から責められ懲らしめられても、
     弱り果て力を落としてはいけない。
     なぜなら、主は愛する者を鍛え、
     子として受け入れる者を皆、
     鞭打たれるからである。」
     あなた方は、これを鍛錬(訓練)として忍耐しなさい。
     神は、あなた方を子として取り扱っておられるのである(ヘブル書12-5~7)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。