【ビジョン:理想・夢望・念志】で<神愛濃密体感>させ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<神愛濃密体感>させ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-04-18 20:05

    【2020年4月18日に作成した<第725回>に加筆】
    ◇◇【ビジョン】で<神愛濃密体感>に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/watch?v=lKdFip1MhO0&feature=share&list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    世界中が不可思議な異常事態に追い込まれて人的交流が禁止されて閉じ込められて
    メディア報道では分断対立が激化し始めている最悪な状況にあるように思えても、
    一方で閉鎖的だったキリスト教会の集会が中止されたためにネット配信が増加して
    【神の愛=主イエス】との<霊的出遭い>の世俗的チャンスは増大化しています!

    ●神はどんな悪も行われないようにするよりも、
     むしろ悪から善を生じさせるようにする方がよいと考えられたのである
     (アウグスティヌス)
    ●悪いことの中にも、なにほどかの善の魂がまじっている。
     人が注意ぶかくそれをさがし出すならば(シェークスピア)
    ●万事をその最善をもって解せよ、最悪において解するなかれ(内村鑑三)
    ●事物の光明的半面に着眼する者、これ信者なり。
     暗黒的半面に注目する者、これ不信者なり。
     信者は  常に健康を祝し、成功を讃え、 聖徳をよろこぶ
     不信者は 常に疾病を語り、失敗をなげき、悪徳・罪悪を憤る(内村鑑三)
    ●神の恵みと助けとが示されているのは、とくに困難な時期に、
    いつも我々の暗い運命のどこかある一点が明るくされることによってである
    (ヒルティ)
    ●神は善きを視るに敏くして、悪魔は悪を探るに巧みなり。
     神は奨励する者にして、悪魔は失望せしむる者なり(内村鑑三)
    ●神の神たるは人の善きを思うて悪しきを思わざるにありあるほど。
     悪魔たるは人の悪しきをのみ思いえて人の善きを思いえざるにあり(内村鑑三)
    ●悪を恐れよ、しかし、つねに悪に打ち勝つことのできる神に信頼せよ(ヒルティ)

    報道で<弱気:恐れ・不安・心配>で世間的孤立感や霊的閉塞感に追い込まれると
    【神愛力=隣人愛】に光輝く【ビジョン:理想・夢望・念志】を思い描き続ければ
    <いつも一緒!><全智・全能・全愛>【神の愛=主イエス】との霊的出遭いへと
    導かれる<神助:祝福・恩恵><神愛チャンス>となります!

    ●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
     人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
     人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
     人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
     神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)
    ●人に捨てらるるは神に拾わるるなりき、
     人に憎まるるは神に愛せらるるなりき、
     人に絶たるるは神に結ばるるなりき(内村鑑三)
    ●人に知られていないようで  認められ
     死にかかっているようで   生きており
     こらしめられているようで  殺されず
     悲しんでいるようで     常に喜んでおり
     貧しいようであるが     多くの人を富ませ
     何も持たざるようで     全てのものを持っている
     (コリント後書6‐9~10)
    ●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
     途方にくれても、行き詰まらない
     迫害にあっても、見捨てられない
     倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)

    <闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>の陰謀的工作<悪魔ウイルス>の蔓延化で
    <邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>感染から【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
    死守するには<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】が有効で
    <我が道:生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】に導き続けている
    <いつも一緒!>【神の愛=主イエス】との<濃密神愛体感>で神愛免疫力UPされ
    <不屈の楽観楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワーUP&UPグレード>してくれます!

    ●今日も、明日も、困難が待ち受けている。
     しかし、それでも、わたしには、夢がある(キング牧師)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的は何か。
    それが明らかならば、必ずや道は開かれる(ガンジー)
    ●この方は常に生きていて、人々のために執り成しておられるので、
     御自分を通して神に近づく人たちを、完全に救うことがおできになります
    (ヘブル書7-25)
    ●幸福とは神と共にあることである。
     それに到達する力は、魂の声なる勇気である(ヒルティ)

    以前の私は過去だけでなく未来永劫に<罪の赦免>が約束されるキリスト教信仰は
    加害極悪罪人の立場の私は非常に独善的で身勝手な自己都合主義だと感じました。
    しかし現在の私の理解では<罪:的はずれな生き方>からの霊的解放が保証されて
    託された<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を守るなら
    どんな<患難辛苦><人生の重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】も
    <神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>で助け導くことが
    【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】と
    体感できます。

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望(願い)を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●心に植えつけられた御言葉を素直に受け入れなさい。
     御言葉にはあなた方の魂を救う力がある(ヤコブ書1‐21)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。
     それは大抵、その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、
     したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
     つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
     (ヒルティ)
    ●主は人の一歩一歩を定め、
     主は御旨にかなう道を備え、その行く道を喜ばれる。
     人は倒れても、まっさかさまに倒されはしない。
     全く打ち捨てられることもない。 
     主がその手を助け支えられるからである。
     若いときにも老いた今も、わたしは見ていない。
     主に従う人が捨てられ、
     あるいはその子孫が食物を請い歩くのを見たことがない
     (詩篇37-23~25)
    ●まことに、御言葉は、あなたのごく身近くにあり、あなたの口にあり、
     あなたの心にあって、あなたはこれを行なう事ができる(申命記30‐14)
    ●人間はみななにほどかの純金を持って生まれている。
     聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない(吉田松陰)
    ●君自身であれ!そうすれば世界は豊かで美しい!(ヘッセ)

    皆さんの人生も【青春:幼な心・青年の心】の【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    【神の愛=主イエス】からの<ラブレター>【御心:聖意・聖旨】を濃密神愛体感し
    <闇の勢力:悪魔・反キリスト・悪霊>の<悪魔陰謀ウイルス>に感染されないように
    <不屈の楽観楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を<パワー・アップ&アップ・グレード>させて
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で充霊されて
    <神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に導かれ
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神助道:神助精神:神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    <我が道:生き様・死に様>【ミッション:大義・使命・天職】に挑戦し続ける為に
    <患難辛苦><四苦八苦>までも<神助:祝福・恩恵>へと神愛体感させてくれる
    <神愛特訓>【試練&召命:オーディション&リハーサル】への参加をお奨めします!

    ●患難は忍耐を生み、
    忍耐は練達(練られた品性)を生み出し、
    練達は希望を生み出す(ロマ書5-3)
    ●患難によりて壊(コボ)たれ、忍耐によりて支え練達(実行)によりて再築し、
     美わしき義の実を結ぶに至る。練達は希望を生ず。
     (内村鑑三)
    ●試練を耐え忍ぶ人は、さいわいである。
     それを忍びとおしたら神を愛する者たちに約束された命の冠を受けるであろう
     (ヤコブ書1‐12)
    ●「神は、神を愛する者たちと共に働いて、万事を益とするようにして下さる。
      (ロマ書8-28)」これこそ、正当なしかも長持ちする楽観主義である。
      このようなことを我々は生涯において
      それが単なる「偶然」とのみは思われないほど、
      たびたび経験するものである(ヒルティ)
    ●忍耐といえば、ふつうつらいことと思われている、
     我慢することと思われている。
     キリスト信者の忍耐とはそんなものではない。
     キリスト信者の忍耐とは、優(ゆう)に耐(た)えるということである。
     すなわち神によって、希望をもって、歓(よろこ)びつつ、
     何の苦をも感ずることなく、耐うるということである(内村鑑三)
    ●心が変われば態度が変わる
     態度が変われば行動が変わる
     行動が変われば習慣が変わる
     習慣が変われば人格が変わる
     人格が変われば運命が変わる
     運命が変われば人生が変わる
     (フレデリック・アミエル/ウイリアム・ジェームズ/ヒンズー教の教え)
    ●日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。
     才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。
     日本に欠けているのは「生きた確信」である。
     真理そのものを愛する「情熱」である。
     この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である(内村鑑三)
    ●あなた方はこの世に妥協してはならない。
     むしろ、心を新たにすることによって、造りかえられ、
     何が神の御旨であるか、何が善であって神に喜ばれ、
     かつ全きことであるか、わきまえなさい(ロマ書12‐2)
    ●すべてのことを、人々の言葉や評価によってではなく、
     あるがままに認める者はまことの賢者であって、
     人間よりむしろ神から教えを受けた者である(トインビー:イザヤ書54-13)
    ●あなたの力は人の数によるものではなく、
     あなたの主権は強者に頼るものでもありません。
     あなたは虐げられた者の神、
     小さき者の助け主、
     弱き者の支え、
     見捨てられた者の守り、
     希望を失った者の救い主(ユディト記9-11)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生する<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデン楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
    皆さんの心に抱く<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    <全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】を<神愛濃密体感>し
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の陰謀工作<悪魔ウイルス>に感染されない
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&正義<隣人愛>の結実】に
    活躍されることを心より応援しています!

    ●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、
     恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2)
    ●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
    ●人生における最優先事項は成し遂げたい目標を持って事にあたることだ
     (パブロ・カザルス)
    ●人間はただ生きるために生まれてくるのではなく、
     世のため、人のために、事を為すために生まれてくるのだ(坂本龍馬)
    ●いったん志を抱けば、この志にむかって事が進捗するような手段のみをとり、
     いやしくも弱気を発してはいけない。
     たとえその目的が成就できなくても、その目的への道中で死ぬべきだ
     (坂本竜馬)
    ●世の中には生きながら 心の死んでいる者がいる
     その身は滅んでも魂の存する者もいる(吉田松陰)
    ●死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし
     生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし(吉田松陰)
    ●こんな小さな人間でも、やろうという意志さえあれば、
     どんなことでもやれるという事を信じるのだ(ゴーリキー)
    ●なぜあなたは、自分が企てたことを実行するのを延期しようとするのか。
     立ちなさい。今すぐ始めなさい。そうしてこう宣言しなさい。
     今こそ実行の時、今こそ戦いの時、今こそ自分自身を改めるよき時、と。
     不幸と試練の日こそ、自己を際立たせる機会なのである
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
     人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
     愛は常に向上を欲していかなる、
     いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)
    ●全ての守るべき物よりもまさりて、汝の心を守れ、
     そは生命の流れこれより出づればなり。
     力の限り見張って、あなたの心を見守れ。
     命の泉はこれから沸くから(箴言4‐23)
    ●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、
     それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。
     イエスが神の子であると信じる者ではありませんか(ヨハネ第1書5-4~5)
    ●我等が神に向いて確信する所はこうである、
     即ち御意(みこころ)にかなう事を求めれば何でも神は必ず聞きいれて下さる。
     我等が願い求めることは何でも聞き入れて下さるとわかれば、
     神に願い求めた事は既にかなえられたことを知るのである
    (ヨハネ第一書5-14~15)
    ●聖徒たちよ、主よ誉めたたえよ
     その聖なる御名に感謝せよ
     まことに、み怒りはつかの間
     いのちは恩寵のうちにある
     夕暮れには涙が宿っても
     朝明けには喜びの叫びがある(詩篇30-4~5)
    ●はっきり言っておく。私を信じる者は、また私がしている業を行なうであろう。
     そればかりか、もっと大きな業を行なうようになる。
     私が父のもとに行くからである。
     私の名によって願うことは何でもかなえてあげよう。
     父が子によって栄光をお受けになるためである。
     何事でも私の名によって願うならば、私がそれをかなえてあげよう
     (ヨハネ伝14-12~14)
    ●私たちはこのように多くの証人に雲のように囲まれているのであるから、
     一切の重荷とからみつく罪とをかなぐり捨てて、
     私たちの参加すべき競争を耐え忍んで走りぬこうではないか。
     信仰の導き手であり、また、その完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、
     走ろうではないか(ヘブル書12‐1~2)
      
    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問などメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    過去記事再偏ブログ https://ch.nicovideo.jp/cforum
    田中 聡(さとし)



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。