【ビジョン:理想・夢望・念志】で<暗き世>に<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<暗き世>に<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-04-30 11:41

    ◇◇暗いと不平を言うよりもすすんであかりをつけましょう!
      (心のともしび・カトリック・アワー)◇◇
    【2005年5月7日に作成した<第373回>に加筆】 

    ●希望は時々刻々この世に臨みつつあり、腐敗の累積はあえて恐れるに足らず
     (内村鑑三)
    ●主によりて歓喜をなせ、主は汝の心の願いを汝に与え給わん 
     汝の道を主にゆだねよ、主に信頼すれば主がこれを成し遂げ
     光のごとく汝の義を明らかにし、真昼のごとく汝の訴えを明らかにし給わん
    (詩篇37‐3~6)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    JR西日本の鉄道事故についての不祥事を伝える毎日のTV報道には
    考えさせられることがたくさんあります。
    この事件は日本社会の現状を象徴する出来事であり、
    【神の愛=主イエス】からの【神愛メッセージ・神愛啓示】と思えます。

    出来て当たり前と思うプロ・専門職に「使命感・当事者意識」が
    乏しいと驚いたり怒ったり嘆くことはありません。

    【愛好精神:dilettante】に満ちた【レイ・エキスパート(Lay Expert)】である
    <神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心>の【非専門家の熟練者】が活躍する
    【有名無力・無名有力】の時代であることを改めて知ることになったからです!

    ●知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子のような者にあらわした
    (マタイ伝11-25、ルカ伝10-21)
    ●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
     本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです
    (アインシュタイン)
    ●人間のうちに善をのばしてやり、
     彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込むことが必要である(ヒルティ)
    ●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、
     恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2)
    ●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである
    (コリント後書9-7)

    幕末の混乱期の吉田松蔭が提唱した【草莽崛起(ソウモウクッキ)】にも通じる
    無位無冠の在野の志ある個人が様々な分野で活躍できる【個人の時代】です。

    ●<吉田松陰が亡くなる一年前に弟子に送った漢詩>
     「志を立てるためには人と異なることを畏れてはならない
      世俗の意見に惑わされてもいけない
      死んだ後の業苦を思いわずらうな
      また目前の安楽は一時しのぎと知れ
      百年の時は一瞬にすぎない
      君たちはどうかいたずらに時を過ごすことのないように」
      (NHK「その時歴史が動いた」より)

    混迷波乱の現代においては、社会的基盤や規範が崩壊し、
    社会正義も道徳倫理も堕落腐敗が目立ちます。
    こんな時代は外に正義を求めるのでなく、
    【神の愛=主イエス】からの<内なる神愛の声>である
    自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従って行動し、
    最善発揮できる【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱きましょう!

    ●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、
     善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、悪を戒める神よりの心の声である。
     人間は心の中に刻まれた法を持っており、それに従うことが人間の尊厳であり、
     また、人間はそれによってさばかれる。
     【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、
     そこでは、人間はただひとり神と共にあり、神の声が人間の深奥で響く
    (カトリック要理:ロマ書2-15~16)

    世間的常識でなく、自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に忠実であることは
    【神愛自立:神愛自由・神愛独立】精神であり【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    【ミッション:大義・使命・天職】<生き様・死に様>に導く<人生の旗印>と
    実感できるはずです。

    ●われわれの時代は、力強い精神の持主たちを必要としている。
     力強い精神の持主は、こざかしく、狡猾(こうかつ)で
     卑劣(ひれつ)な、こうした悪党どもを、
     人間の魂によって弾劾(だんがい)するのだ(ベートーヴェン)
    ●私は30歳。四季はすでに備われており、花を咲かせ、実をつけているはずである。
     それが単なるもみ殻なのか、成熟した粟の実であるのかは、私の知るところではない。
     もし同志の諸君の中に私のささやかな真心を憐れみ
     受け継いでやろうという人がいるなら、
     それはまかれた種が絶えずに、穀物が年々実っていくのと同じである
     (吉田松陰)
    ●見えるものは一時的であって、見えないものは永遠に続く(コリント後書4‐18)

    以前も紹介したように、米国の各州にはそれぞれ名称は異なるものの
    【善きサマリヤ人法】という法律があるそうです。
    【善きサマリヤ人法】は緊急事態にある人を専門家でもないボランティアが
    救済し手当てした時に、たとえその手当てで悪化した時でも、
    民事責任が免除されるという法律です。

    これはご存知の【聖書】の有名な「イエスのたとえ話(ルカ伝10‐25~37)」であり
    私たちの【隣人】とは誰か、【神の愛=隣人愛】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】とは
    何かを具体的に教えてくれています。

    【概略】
    あるユダヤ人が強盗にあって道に半殺しにされ倒れていました。
    そこをたまたま「ユダヤの祭司」が通りかかるが、
    よけて道の反対側を通り過ぎていってしまいます。
    同じようにユダヤ人12部族の中で唯一、
    祭司が選ばれる特権階級部族のレビ人も通りかかりますが、
    見ても見ぬふりをして道の端を同じようによけて通りすぎて行きました。

    しかし、当時ユダヤ人から軽蔑され差別されていた「サマリヤ人の旅人」だけは
    哀れに思い彼に近づいて傷の手当てをして、宿屋まで自分で運び込みます。
    そして翌日まで看病して、宿屋には介抱のための金銭を渡してでかけます。
    もし、それ以上費用がかかったなら
    帰りがけに追加分は支払うと約束までして行きます。

    【善きサマリヤ人】の先駆者・代表者は【主イエス】自身でありますが、
    今回の鉄道事故でも現場周辺の工場や事務所の人々も【善きサマリヤ人】となって
    活躍したことを私たちは知っています。

    何の専門的な救急医療の準備も設備も完備していない事務所や工場内に
    けが人や重態者を受け入れて、タオルや氷を用意して応急処置をして
    【神の愛=隣人愛】を示してくれたことを見て、感動したことと同時に、
    私にはとても出来ないことだと痛感しました。

    皆さんの中に救急救命医療に関心があるならば、救命士が来る前に、
    私たちができることが丁寧に紹介されている以下のサイトをお奨めします。

    ★★「円山啓司のプレホスピタルケア」について★★
    http://www7a.biglobe.ne.jp/~qqems/index.htm

    しかし、けが人を受け入れたり、手当てをできないからといって、
    私は失望しません。私にもできることがあるからです!
    私にとっては皆さんが【隣人】であり、皆さんと交流している私の【福音伝道】は
    専門家でも聖職者でもない私だからこそ実践できる【神の愛=隣人愛】の実践であり、
    私でも自発的に喜んでできることなのです!
    お付き合いくださっている皆さんに感謝しています!

    ●すべて自分がされたいと欲する事を、神が為されるように、
     汝の隣に施せ(黄金律:ルカ6-31、マタイ7-12)
    ●どんな善き衝動にもただちに従うという習慣は楽園に至る一番の近道である
    (ヒルティ)
    ●ある程度は、他人のために心配したり、はたらいたりしなければ、
     どんな人も精神的に健康を保つことはできない(ヒルティ)
    ●私たちは、真理に逆らっては何をする力もなく、真理に従えば力がある
    (コリント後書13-8)

    私が自信と誇りをもって実践できる【神の愛=隣人愛】は、このメルマガであり、
    事務所運営による個人的【福音伝道】です!
    世間的には無に等しくとも、何度も破綻し挫折し何度も失敗しようと、
    今日現在の【福音伝道】ができているのは私の知恵と能力と意欲ではなく、
    <神助:祝福・恩恵>【神愛奇蹟】であると感謝します!
    ハレルヤ!栄光を主に帰します!

    ●【神助】(内村鑑三)
     ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって汝を恵まん。
      ⇔ ★天来の思想
        ★外来の友人
       ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
     ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
      汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。
     ◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすを得べし。
     ◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
      汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。
    ●神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、
     それはわたしたちの信仰です。だれが世に打ち勝つか。
     イエスが神の子であると信じる者ではありませんか(ヨハネ第1書5-4~5) 
    ●神は、キリスト・イエスにおいて私たちが賜わった慈愛による、
     限りなく優れた豊かな、神の御恵みの絶大なる富を、来るべき世々に現そうとされた。
     事実、あなた方は、恵みにより、信仰によって救われた。
     このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物である(エペソ書2-7~8)
    ●あらゆる恵みの源である神、すなわち、キリスト・イエスを通してあなた方を
     永遠の栄光へ招き入れて下さったあふるる恵みの神御自身が、
     しばらくの苦しみの後、あなたがたを癒し、完全な者とし、
     強め、力づけ、堅く立たせ、
     揺らぐことがない不動の者にしてくださる(ペテロ前書5-10)
    ●彼らは、自分の剣によって国・地を得たのでもなく、
     自分の腕が勝利を得たのでも彼らを救ったのでもありません。
     ただあなたの右の手、あなたの腕、あなたの御顔の光が、そうしたのです。
     あなたが彼らを恵まれ愛されたからです(詩篇44-3)

    私の【個人的事業】は連戦連敗で、非生産的で非常識でも【神愛事業=天職】として
    【神の愛=主イエス】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】の神愛大勝利です!

    ●人に少しも頼ることなくして、神にのみ頼ってなすことのできる事業のみが
     神の命じ給うた事業である。かかる事業に従事するを得て我等は
     はじめて独立の人となるのである(内村鑑三)
    ●事業の困難を思うべからず、また我の弱きを思うべからず。
     神の全能なるを思うべし、その恩恵の無限なるを念ずべし。
     さらば、事業の困難は失せて我等は強き者とならん(内村鑑三)
    ●意(オモイ)を事業に注いで事業は成らず、眼を神に注いで事業はおのずから成る。
     神は事業の神なれば、我らは神を信じて無為の生涯を送らんと欲するも得ず(内村鑑三)
    ●人の最大発見物は天職なり。これを知らずして彼の人生は無意味なり(内村鑑三)
    ●強いられてするのでなく、神に従って自ら進んで為し、
     恥ずべき利得の為でなく本心からそれをしなさい(ペテロ第1書5‐2)
    ●おまえの不幸に打ち負かされるな。神に頼れ、そうすれば勝つだろう。
     洪水が襲ってきても、おまえは上にあって、溺れないだろう。
     苦し過ぎる重荷を負わされたならば、
     主なる神が既にお前の願いを聞き給うたのだ(パウル・ゲルハルト)
    ●あなた方はこの世では悩みがある。しかし、勇気を出しなさい。
     私(主イエス)はすでに世に勝っている(ヨハネ伝16-33)
    ●キリスト教は世をあきらめずして、世に勝たしむるものなり(内村鑑三)
    ●キリスト教は不断の幸福を約束しない。しかし、世に勝つ平和を約束している
    (ヒルティ)
    ●衣食は天職の遂行のために伴う必然の附随物である(内村鑑三)
    ●人はその職を終了(オワ)るまでは不滅なるがごとし(内村鑑三)
    ●我が事業の成るまでは我が死なざること、そのことは確実である(内村鑑三)
    ●一切の仕事が、神をはなれては困難であり、神とともにあれば一切が可能である
     (ヒルティ)
    ●戦いに勝って勝つのではない、真理に従って勝つのである。
     戦いに負けて負けるのではない。真理に反して負けるのである(内村鑑三)

    世間的に成功して、地位や名誉や富ある者にはできないことは、
    【神の愛=主イエス】と共に【神愛事業=天職】を実現させることだと
    私は実感しています。
    世間的には無名で無位無冠だからこそ、守るものも失うものも無く、
    身軽であり【神愛自立:神愛自由・神愛独立】であるからこそ
    【この世の勢力:富権・威・名声】から離れていればいるほどに
    【神の愛=主イエス】と共に生きるには【絶好の神愛チャンス】です!

    ●善の勝利への絶望は常に個人的勇気の欠乏である(ヒルティ)
    ●あなた方はこの世に妥協してはならない。
     むしろ、心を新たにすることによって造りかえられ何が神の御旨であるか、
     何が善であって神に喜ばれ、かつ全きことであるか、わきまえ知るべきである
     (ロマ書12‐2)
    ●この世において、真実の善良な生活をしようという勇気
     を彼等に取り戻してやらねばならない(ヒルティ)
    ●キリストが心にかけた事は民衆自身の事と一致する(クロムウエル)
    ●善良で温厚な人物は、すべてを善に転じさせる(トマス・ア・ケンピス)

    【神の愛=主イエス】から私たち各自に託された<天命召命観>【神愛事業】の
    【ミッション:大義・使命・天職】は発見されるのを待ち望んでいます。
    【ミッション:大義・使命・天職】は自己の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を
    最善発揮させるように【神の愛=聖霊】が働いて私たちの熱き【青年の心】に抱く
    【ビジョン:理想・夢望・念志】に示されています!

    ●あなた方の内に働きかけて、御心のままに志望を起こさせ、
     かつ実現に至らせるのは神であって、
     それは神が善しとされるところだからである。
     何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)
    ●青年の夢を軽んじてはならない。それは大抵、
     その人のまだ自覚しない素質に応じたものであり、
     したがって、またその人の使命とも一致することが多い。
     つまり、人の使命も最初はただ空想的な未来像として現われてくるものである
     (ヒルティ)
    ●理想を語るは夢を語るにあらず、未来の事実を語るなり(内村鑑三)
    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、
     すなわち神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、
     また、これまで彼が導かれてきたすべての道が
     そこに通じているのを悟った日のことである(ヒルティ)
    ●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、
     それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
    ●クリスチャンは思想の人ではない。さらばとて、また実行の人でない。
     クリスチャンは聖霊の人である。
     聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三)

    皆さんの【ビジョン:理想・夢望・念志】には世間的には非常識で無謀で
    荒唐無稽なものもあれば、大いなる崇高なるものもあるはずです。
    現状の自分では実現不可能と思えるような【ビジョン:理想・夢望・念志】ほどに、
    【神の愛=主イエス】からの素敵な【賜物・無償ギフト・神恵】であると感謝して
    <最愛の我が子・分身>として大切にして守り育てましょう!

    ●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、
     なおも大望を抱いて、その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三)
    ●神は我をして我以上の思想を語らしめ、我以上の事をなさしめ給う。
     神に頼る我は小なりといえどもはなはだ大なる者なり(内村鑑三)
    ●イエスと共にある者は;
      ◆青春の詩的理想を持続することができる
      ◆単純にして一貫せる生涯を完全に遂行できる
      ★平民の友★自由の主張者★理想の追求者 
       にしてその
      ★実行者★大革命家★大詩人★大預言者
    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝で
    皆さんが自己の【神の愛=隣人愛】に輝く【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従って
    <最愛の我が子・分身>の【ビジョン:理想・夢望・念志】を【神の愛=聖霊】と共に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&正義<隣人愛>の結実】にに
    どんなに暗き世にあっても、【神の愛=隣人愛】に光り輝いて活躍されることを
    心より応援しています!

    ●我に糧あり、聖書なり。我に力あり、祈祷に存在す。
     我は単独にして世界を相手に戦いを得るなり(内村鑑三)
    ●もし、私の名を呼び求めている私の民がみずからへりくだり、祈りささげ、
     私の顔を慕い求め、悪の道を捨てて立ち帰るなら、 私は天から耳を傾け、
     罪を赦し、彼らの大地をいやす(歴代史略下7-14)
    ●あなた方は偽りを捨てて、おのおの隣人に対して真実を語りなさい。
     わたしたちは、互いに肢体(体の一部)なのであるから(エペソ書4-25)
    ●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
     主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、その愛によって安らぎを与え新しくされる。
     主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)
    ●ただただ神へ『心を向けよ』、
     昔の最大の預言者もこのようにただ心を向ける事だけを求めた(ヒルティ)
    ●常に神に向かって恵みを求める勇気を持ち続ける人は、
     その恵みの主要な部分をすでに授かっているのである(ヒルティ)
    ●<最大の能力>(内村鑑三)
     確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
     これが世界を動かした力である。先ず我の無能を覚って、
     しかる後に神の大能に頼る、かくて自己は死して、
     神、我にありて生きるに及んで、我は真個の勇者となる。
    ●われ神とともにありて、われ一人は全世界よりも大なり(内村鑑三)
    ●この世における人間の主な目的は神の栄光をたたえ、
     永遠にわたって神をよろこぶことである(クロムウエル時代の簡略教理問答書)
    ●汝の道を進め、人々をしてその言うにまかせよ(ダンテ)
    ●あらゆる存在は、その特性に従って自己を発展させ自己を実現する
     生まれつきの衝動を自分のうちに持っている(ヒルティ)
    ●<独立の確信>(中江藤樹)
     知らざりし 外に求むる いろいろの ちから我が身の うちにありとは
    ●われわれの願望と言うものは、われわれのうちにひそかにひそむ能力の予感であり、
     われわれがなしとげうるであろうことの先触れである(ゲーテ) 
    ●一灯を下げて暗夜を行く、暗夜を憂うることなかれ、ただ一灯を頼め(佐藤一斎)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。