【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝!必決!必現!>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<大確信:必勝!必決!必現!>【大希望:聖望!聖願!聖欲!】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-09-26 13:06

    ◇◇信仰と希望◇◇
    【2001年9月4日に作成した<第179回>に加筆】
    2001年9月2日(日)深夜TBS「CBSドキュメント」を観て

    ●信仰とは望んでいる事柄を確信し、まだ見ていない事実を確認することである
     (ヘブル書11―1)
    ●信仰とは望む所を疑わず、未だ見ざる所を信じ拠り所とすることなり
     (ヘブル書11‐1)
    ●信仰を、どう定義したらよいでしょう。
     それは、願い事が必ずかなえられるという、不動の確信です。 
     また、何が起こるかわからない行く手にも、
     望みどおりのことが必ず待ち受けていると信じて、疑わないことです。 
     (へブル書11ー1)
    ●【信仰と希望】(内村鑑三)
     すでに見るところのものはこれを望むの要なし
     解し得ることを信ずるは知識にして信仰にあらず
     信仰の貴きは解しえざることを信じ、
     理由なくしてでなく愛のゆえに信じること
     愛の示すところのことを解しえざるにこれを信ずる
     
    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    TV番組「CBSドキュメント」で現代版の「出エジプト記」ともいえる
    感動的な報道がありました。

    内戦で苦しむアフリカ・スーダン南部の子供たち一万人以上が家族と別れて
    母国を離れて山あり砂漠ありの水の無い険しい道のりを徒歩で5年間かけて乗り越え、
    先ずはエチオピアに逃れますが、そこでも内戦が激しくて再び国境を超えて
    ケニア・カクマの砂漠の地に子供だけで9年間の難民生活を耐え忍んだのです。

    ようやく子供たちだけの14年間に及ぶ苦難を見かねて国連と米国が
    救済の手をさしのべ始めたという福音がテレビでは紹介されていました。

    あの有名な米国の「自由の女神」が手にしている本には
    次のように記されているそうです。

     「疲れて、貧しくて、自由を渇望している人を救え」

    ●疲れ果て、
     貧しさにあえぎ、
     自由の息吹を求める群衆を、
     私に与えたまえ。

     人生の高波に揉まれ、拒まれ続ける哀れな人々を。

     戻る祖国なく、
     動乱に弄ばれた人々を、
     私のもとに送りたまえ。

     私は希望の灯を掲げて照らそう、
     自由の国はここなのだと。エマ・ラザラス(意訳 青山沙羅)
     
    まさしくスーダンの子供たちであり、米国は順次、彼等を受け入れることを
    決定したのです。

    預言者モーゼのような立派な指導者も親も大人もいなかった子供たちが、
    どうやって水も食物もほとんどない苛酷な道のりを乗り超えて
    14年間の耐乏生活に送れたのでしょうか。

    彼等は親も国も棄てても、教科書と【聖書】だけは大切に手離さなかったそうです。
    彼等は教育と信仰が自分たちを救うのだと信じていたからです。
    そして、必ず自由の約束の地が与えられることを
    彼等は常に望み堅く信じていたのです。

    ある者はライオンの犠牲となり、ある者は大河を渡るときにワニの犠牲となり、
    泳げぬ数千人の子供たちが大河で犠牲となったそうです。
    そんな多くの犠牲を目の前にしても彼等の信仰と希望は失うこともなく、
    常に助け合って生きぬいてきたのです。

    それは彼等が心の支えとしたのもが教科書と【聖書】という
    高い理想であったからに違いありません。

    ●絶えず偉大な思想に生き、ささいな事をかえりみないように努めなさい
    (ヒルティ)
    ●もし私たちが見えないことを望むなら
     私たちは忍耐してそれを待ち望むのである(ロマ書8‐25)

    電気すら知らない彼等には米国はユートピアのような自由と平等の素晴らしい
    【約束の地】だと期待しています。
    ある者は先ずは懸命に金を稼いで医学校に入学し医者になることを夢見ています。
    ある者は聖職者として米国の地で福音伝道に預かれることを誇りに思っています。

    彼等が米国に渡ると支援団体がアパートの手配や生活習慣の指導を
    行ってくれますが3ヶ月後には家賃を彼等自らの努力で
    支払わなければならないそうです。そして米国への渡航費用の850ドルを
    国家へ支払う義務もあるのです。

    米国では自由には自己責任と義務があることが、ここにも明確に示されています。
    しかし単なる金銭的に厳しいことだけではないと思います。

    たとえ電気も文明の利器も何も知らないような、
    アフリカの未開人と思われる人間であっても、
    世界でオンリー・ワンの彼等の【タレント:個性・才能・可能性】を
    尊重し信頼している証明であるからです。

    まだ実現も成果も見えるものが何もないのに一人前に扱い対等で公平な
    評価をしている証明だからです。

    ●見ないで信じる者は幸いである(ヨハネ伝20‐29)
    ●信仰は希望の基礎、見えざる所の物の証明 (内村鑑三)

    米国の善き風土は「やればできる!」というチャレンジ精神が至る所に
    満ちみちていると感じます。それは本人が迷っている時に周囲の誰かが
    必ず【ネバー・ギブ・アップ】の<不屈の楽観・楽天能力>で
    励ましてくれるからだと感じます。

    ◆You can do it!◆I trust you!◆Do your best!

    そして多少つまづいても、初めてのトライに失敗しても、
    ほめ上手・共感上手でやる気を起こさせてくれます。
    大げさなほど励まされて自然に前向きに積極的な
    【ポジティブ/プラス思考】になっているのです。

    ◆God job!◆Perfect!◆You can try!

    ●我らは希望の中に救われたり(内村鑑三)
    ●私たちは、この望みによって救われているのである。
     しかし、目に見える望みは望みではない。
     何故なら、現に見えていることを、どうして、なお望む人があろうか
     (ロマ書8‐24)

    それはまさに【キリスト精神】から生まれた信仰と希望のマインドだと
    私は理解しています。

    ●事物の光明的半面に着眼する者、これ信者なり。
     暗黒的半面に注目する者、これ不信者なり。
     信者は  常に健康を祝し、成功を讃え、 聖徳をよろこぶ
     不信者は 常に疾病を語り、失敗をなげき、悪徳・罪悪を憤る

    NYメッツの新庄選手が地元球場でホームランと三塁打と一塁打を放ち、
    次に二塁打を打ったならサイクルヒットが完成するという打席で、
    残念ながら大きな外野フライで終ってしまいました。

    ところが、その時にスタンドの観衆は敵味方を問わず全員が一斉に立ち上がって
    健闘を祝うように拍手する「スタンディング・オべーション」が起こったのです。

    単なる結果ではなくて、心意気やプロセスを重視し
    【可能性へのチャレンジ】に対しての称賛だと思います。
    それは【神の愛=主イエス】の喜ばれる道です。

    ●神は善を視るに敏くして、悪魔は悪を採るに巧みなり。
     神は奨励する者にして、 悪魔は失望せしむる者なり(内村鑑三)

    私たちはいつでも前向きに積極的に前進を目指すときには
    【神の愛=隣人愛】と【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が最善起動します。
    それは私たちが希望を抱ける時に心が熱くなって情熱や熱意ある
    本当の自分らしい生き方ができるからだと思います。

    【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】を通じて【神の愛=主イエス】を
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    【信仰:信愛・信頼・信従】するならば、私たちはどんな苛酷でどん底にあっても、
    必ず<希望の光>を見出せる素晴らしい人生を送ることができることを
    私は実感でき確信しています。

    ●希望は思想なり(シェークスピア)
    ●人は希望的動物、前を望むに自然にし、後ろ顧みるに不自然なり
     後ろにあるものを忘れ、前にあるものを望む(内村鑑三)
    ●神の御心にかなうことを求め行う以上に快い気分を覚えさせ、
     歓びを与えるものはない(トマス・ア・ケンピス)

    皆さんが希望を抱けずに絶望や失望にあった時に、
    是非とも【福音:真理の御言葉・聖書・聖句】を思い出して下さい。
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【聖書】を開いて見ればそこには必ず【希望の光】を発見できるからです。
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に充霊され
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<パワー・アップ&アップ・グレード>され
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】を
    感じます!

    ●神の国は言葉にあらず、能力(チカラ)なり(コリント前書4‐20)
    ●希望の源である神が、信仰によって得られるあらゆる喜びと平和とで
     あなたがたを満たし、聖霊の力によって希望に満ちあふれさせてくださるように
     (ロマ書15-13)
    ●<無限と希望>(内村鑑三)
     神の愛は無限なり、かれの時もまた無限なり。
     無限の愛を行うに、無限の時をもってす
     いかなる善事をか成し得ざらんや。
     われらはわれらの救拯(すくい)について失望すべからざるなり。
    ●これまでに書かれた事がらは、すべて私たちを教え導くためのものである。
     それは聖書の与える忍耐と慰めとによって、望みを抱かせるためである。
     どうか、忍耐と励ましと慰めの源である神が、あなた方に、
     キリスト・イエスにならって互いに同じ思いを抱かせ、
      心を一つにし、声を合わせて、私たちの主イエス・キリストの父なる神を
      ほめたたえあがめさせて下さるように(ロマ書15-4~6)
    ●失望は不信なり、信仰は無限の希望を意味す(内村鑑三)


    【神助【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>でに
    皆さんの<熱き思い燃える心>に抱き続ける【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    【大希望:聖望!聖願!聖欲!】<大確信:必勝!必決!必現!>を体感して
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>の結実】に
    チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

    ●神に従う人は七たび倒れても、また起き上がる。(箴言24-16)
    ●主に従う人には災いが重なるが、主はそのすべてから救い出される
     (詩篇34-19)
    ●立ち上がれ、青年たちよ!
     思索せよ、青年たちよ!
     時を空しく過ごすなかれ!
     目を開け!
     大地を踏みしめ、未来へ進め!
     歯を食いしばり、前進せよ!
     まだ手を差し伸べられていない苦悩の民衆のために
     道を示し
     その智慧を引き出せ!
     明るい微笑みで、心をはずませ
     歓喜に魂を燃やしゆけ!
    (キルギスの詩人チニスタノフ 
     独裁者スターリンの支配下にあって、恐れなく正義を叫び、
     戦い、三十七歳で殉じていった。
     キルギスの十ソム紙幣に肖像が印刷されている)
    ●汝は王者なれば ただ一人征(ゆ)け 
     自由の大道を自在なる英知もて進め 
     その尊き偉業の報いを欲せず 自らが愛する思想の実をば結びゆけ
    (プーシキン)
    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)
    ●「神は、神を愛する者たちと共に働いて、万事を益とするようにして下さる。
      (ロマ書8-28)」
      これこそ、正当なしかも長持ちする楽観主義である。
      このようなことを我々は生涯において
      それが単なる「偶然」とのみは思われないほど、たびたび経験するものである
     (ヒルティ)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的とする物は何か、
     それさえしっかり持っているならば、必ずや道は開かれるだろう(ガンジー)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。