【ビジョン:理想・夢望・念志】で<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起し<国難><患難辛苦>を克服し<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】で<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起し<国難><患難辛苦>を克服し<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-11-27 12:11

    【2013年1月1日に作成した<第605回>に加筆】
    ◇◇国難を<ビジョニスト:世の光・地の塩>で導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/embed/videoseries?
    list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    新年2013年<2020年>はいよいよ世界的に<価値観大転換期:マクロシフト>が
    加速して日本も乱世大混乱の国難の危機に直面しており、私たち個人個人が大活躍できる
    絶好の神愛チャンスです!

    政治も経済も社会全体が分裂・対立が激化して家族や社会の<愛>が冷却するのは
    【神の愛=主イエス】が日本民族救済のために急接近している証拠です!

    ●多くの人がつまずき、互いに裏切り憎みあい、
     多くの偽預言者が起って、多くの人を惑わし、
     不法がはびこるので、多くの人の愛が冷えるであろう(マタイ伝24‐10~12)
    ●地に平和をもたらすために、私が来たと思うな。むしろ分裂である。
     (ルカ伝12-51)
    ●私は敵対させるために来たのである(マタイ伝10-35)
    ●今から後は、一家の内で5人が相別れて3人はふたりに、ふたりは3人に対立し
     息子は父親を侮り、娘は母親に、嫁はしゅうとめに逆らい、
     それぞれ自分の家の者を敵とする
     (ミカ伝7-6、ルカ伝12-53、マタイ伝10-36)

    これまで信頼してきた【この世の勢力:富・権威・名声】や価値観が崩壊し続けて
    最後の最後まで残るものが信仰と希望と愛であり、<最高!最善!最美!>なのは
    <不滅の霊>【神の愛=主イエス&聖霊】である事を体感できる時代到来です!

    ●いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
     このうち最も大いなるものは愛である(コリント前書13-13)
    ●愛はいつまでも絶える事はない、しかし、預言はすたれ、異言は止み、
     知識はすたれるであろう(コリント前書13‐8)
    ●イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない
    (ヘブル書13-8)
    ●あなたの不滅の霊がすべてのものの中にある(知恵の書12-1)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】に<相思相愛の主従関係>の【信仰:信愛・信頼・信従】で
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】に活かされるなら
    たとえ政治家や社会的成功者でなくても私のように世間的落ちこぼれの無一物でも、
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
    【神愛事業=隣人愛&奇蹟】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】を体現する
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に
    <全智・全能・全愛><いつも一緒!>【神の愛=主イエス】は導いてくれます!

    ●<一日一生:5月28日>(内村鑑三)
     国に尽くさんと欲せば、必ずしも政治または軍事に携わるの要はない。
     社会に仕えんと欲せば、必ずしも社会事業に従事するの要はない。
     われに賦与されし能力(ちから)に応じ、わがなすべき事を忠実になせば、
     それ以上の愛国的な行為はない。また社会的事業はない。
     レンブラントは善き絵を描いて、オランダ国の名を世に揚げた。
     ワーズワースは善き詩を作りて、英民族の風儀を一変した。
     奉公の道は一にして足りない。
     美術も音楽も作詩も説教も、忠実にこれをなせば、
     国を興し民を化するの事業である。
     必ずしも議会の壇上に登るに及ばず。
     ひとり書斎にこもり、考え方を万世に垂(た)るることができる。
     必ずしも慈善事業に従事するに及ばず。
     教壇に聖書を講じて、慈善以上の大慈善を施すことができる。
     わがなすべくこの世におくられし事を忠実になして、
     われは国家を益し、社会を改め、しかり、全宇宙を動かすことができる。
     願う、静かにして、運動また宣伝の手段を用いずして、
     小にして大なる愛国者または改革者たらんことを。

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    どんなに<不義・不正・不実>の闇深く患難辛苦に満ちた自己と此の世であろうと
    皆さんが【神の愛=主イエス】との【信仰:信愛・信頼・信従】で堅く結ばれて
    <神愛神助:祝福・恩恵><真理>【神愛方程式=神愛摂理】に守られ育てられ導かれ
    <最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起し
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>の結実】に
    世界を舞台にチャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

    ●暗い嵐の夜に
     だれも松明(たいまつ)に火をつける者がなく
     扉をたたく君に
     だれ一人として応じる者がいなくとも
     君よ、失望してはならない
     雷(いかずち)が激しくとどろくなかで
     我が心の松明に火をつけ
     一人、暗闇のなかで火を燃やせ(タゴール)
    ●暗いと不平をいうよりもすすんであかりをつけましょう!(心のともしび)
    ●一灯を下げて暗夜を行く、暗夜を憂うることなかれ、ただ一灯を頼め
     (佐藤一斎)
    ●たった一つのロウソクなどと考えてはなりません。
     すべての人が自分のロウソクに火を灯せば、
     真っ暗な夜を明るい昼に変える事ができるのです(オグ・マンディーノ)
    ●「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、私たちの心の内に輝いて、
     イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光の知識を明らかにし悟るために、
     光で照らして下さったのである(コリント後書4-6)
    ●その言の奥義は、代々にわたってこの世から隠されていたが、
     今や神の聖徒たちに明らかにされたのである。
     神は彼らに、異邦人の受くべきこの奥義が、
     いかに栄光に富んだものであるかを、知らせようとされたのである。
     この奥義は、あなたがたのうちにいますキリストであり、栄光の望みである。
     わたしたちはこのキリストを宣べ伝え、知恵をつくしてすべての人を訓戒し、
     また、すべての人を教えている。
     それは、彼らがキリストにあって全き者として立つようになるためである
     (コロサイ書1-26~28)
    ●<一日一生:1月25日>(内村鑑三)
     イエスの弟子は世の光である。
     文明の先導者である。
     知識の開発者である。
     霊光の供給者である。
     このことについて疑いをいだく者はない。
     世のいわゆるキリスト教に迷信がないではない。
     いわゆるキリスト教会なるものが
     頑迷無知の巣窟と化したることは幾回もある。
     されども過去千九百年間の人間の歴史において、
     イエスの弟子が光明の炬火(たいまつ)の把持者(もちて)であったことは、
     いかなる人といえども疑わんと欲してあたわざるところである。
     われは世の光なりとイエスはいいたもうた。
     しかして信者はイエスにかわりて世を照らす者である。
     もちろんイエスのごとくにみずから光をはなつあたわずといえども、
     しかも各自の信仰の量にしたがい、
     彼の光を反射するのである。
    ●心というものは、それ自身一つの独自の世界なのだ、
     ―地獄を天国に変え、天国を地獄に変えうるものなのだ(ミルトン)
    ●力強き魂への試練
     傷つけど たじろがず
     すべては大なる終曲に記(しる)され
     我がこころ舞いあがれ 輝きあれ(サムエル・ウルマン) 
    ●<凋落の希望>(内村鑑三)
     葉落ちて枝空し。しかれども知る。芽ならずして葉落ちざることを
     凋落は復活の兆しなり。世の日に日に朽ち行くは革新の準備すでに成りたるによる。
    ●<腐敗と希望>(内村鑑三)【所p269】
     社会は日々に腐敗しつつあると聞く、福音は日々に進歩しつつあるを識る。
     旧きは日々に失せつつあるなり、新しきは日々に起こりつつあるなり。
     落葉の秋に青春の兆しあり、腐敗は万物復興の徴(しるし)にほかならざるなり。

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。