【ビジョン:理想・夢望・念志】を<サンタ・クロース精神><不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<サンタ・クロース精神><不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2020-11-28 12:19

    【2012年12月23日に作成した<第604回>に加筆】
    ◇◇<サンタ・クロース精神>の【ビジョン】に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    ★★【ハレルヤ動画】を御鑑賞下さい!★★
    https://www.youtube.com/embed/videoseries?
    list=PLGAtWMx6RQJ7WZ4p9LDUBhTC5kbNqx3RM

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&奇蹟】です!

    もしクリスマスにサンタ・クロースの存在がなかったら、どうだったでしょうか?
    特に日本では、クリスマスの日はキリスト教会内の厳粛な恒例イベントとして
    ミサや礼拝が行われるだけで、私のような教会信者<クリスチャン>でない者は、
    縁遠い存在だったかも知れません。

    サンタ・クロースはクリスマスを商業化したという教会的批判もあるでしょうが、
    一方で、人気者のサンタのおかげで、クリスチャンでなくても、キリスト教を
    知らずとも、クリスマスが毎年欠かさず戦時でも世界中どこでも話題になって、
    誰もが【神の愛=主イエス】【聖書】に出逢える神愛ビッグ・チャンスです!

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>で満ち溢れる
    <サンタ・クロース精神>は【神の愛=主イエス】が喜ばれる<人間像>であり、
    【聖書の御言葉】が教示する【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】精神や
    【神愛事業=隣人愛&奇蹟】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】に通じる
    【ビジョン:理想・夢望・念志】を体現していると実感できます。

    ●<常時歓喜!不断祈求!万事感謝!> (テサロニケ前書5‐16~18)
     いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
     これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
    ●<愛の十戒>(ロマ書12章9~21節)
     ◆愛は偽りがあってはならない。悪を憎み退け、善には親しみ結び、
      兄弟の愛を持って互いにいつくしみ、進んで互いに尊敬し合いなさい。
     ◆熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、
      患難に耐え、常に祈りなさい。
     ◆貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。
     ◆あなた方を迫害する者を祝福しなさい。祝福して呪ってはいけない。
     ◆喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
     ◆互いに思うことを一つにし、高ぶった思いを抱かず、
      かえって低い者たちと交わるがよい。
      自分が知者だと思いあがってはならない。
     ◆誰に対しても悪をもって悪に報いず、全ての人に対して善を図りなさい。
     ◆あなた方はできる限り全ての人と平和に過ごしなさい。
     ◆愛するたちよ、自分で復讐しないで、むしろ神の怒りに任せなさい。
      何故なら、「主が言われる;復讐するは我にあり。私自身が報復する」
      と書いてあるからである。むしろ
      「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、
       かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、
       あなたは彼の頭に燃え盛る炭を積む事になるのである」
     ◆悪に負けてはいけない。かえって善をもって悪に勝ちなさい。
    ●<愛の讃歌>(コリント前書13-4~8)
    【愛(主イエス)】は耐え忍び寛容である。【愛】は情が深く人の益を図る
    【愛】はねたまない、誇らない、高ぶらない、非礼を行わない。
    【愛】は己の利を求めない、軽々しく怒らない、人の悪を念(オモ)わない。
    【愛】は不義を喜ばないで真理を喜ぶ
       全てをおおい包み、全てを信じ、全てを望み、全てを耐えて支える
    【愛】はいつまでも絶えることがない

    だから【神の愛=主イエス】を素直に実感できる<幼な心・幼な子>ほどに、
    【ビジョン:理想・夢望・念志】<サンタ・クロース>を人格的実在者として
    受け止められるのだと、最近になってようやく理解できるようになりました。

    ●幼な子をそのままにしておきなさい。
     わたしのところに来るのを止めてはならない。
     天国はこのような者の国である(マタイ伝19~14)
    ●天国とはそのような者(幼な子)の国である。
     幼な子のように神の国を受入れる人でなければ、
     決してそこに入いる事はできない
    (マタイ伝19-14、マルコ伝10-13~16、ルカ伝18-15~17)
    ●心を入れかえて幼な子のようにならなければ、
     天国に入いる事はできないであろう
    (マタイ伝18-3、マルコ伝9-33~37、ルカ伝9-46~48)
    ●有限の我等が無限の神に対して幼な心を懐くにいたって救われる。
     すなわち、幼な子となりて救われる(内村鑑三)
    ●知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子のような者にあらわした
    (マタイ伝11-25、ルカ伝10-21)
    ●私たちは幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、
     幼な子らしく考えていた。しかし、おとなになった今は、
     幼な子らしい事を捨て去った(コリント前書13-11)
    ●人間の真の偉大さは、
     その人が善の完き道具、
     あるいは――もっと明確にいえば――彼を通して語りかつ行い給う、
     神の霊の完き道具である、
     という点にある。
     その人がこのことを自覚すればするほど、
     彼はますます確実に己れの道に徹し、
     いよいよ多くの事をなし遂げるであろう、
     たとえ世間の人が全然彼を理解せず、
     それともただ部分的に、
     しかも徐々にしか、
     理解しない場合でも。
     世間の見解などは大したことではない。
     それどころか、
     非常によい働きをした人びとすらも、
     たいていはその死後になって初めて世間に理解されたにすぎない。
     <3月1日:「眠られぬ夜のために」>(ヒルティ)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】に出遇い、【神の愛=主イエス】に立ち帰る<狭き門>は
    必ずしも【聖書】やキリスト教会や既存の神学・教会制度だけでなく、教会外の
    たとえ教会制度の敵対勢力であろうとも、常に私たち各自に神愛オーダー・メイドで
    準備されていると実感できます!

    ●真理は教会より大なり!(内村鑑三)
    ●主義にあらず、性格なり。
     教理にあらず、生命なり。
     キリスト教にあらず、キリストなり(内村鑑三)
    ●神は何らかの教会制度や、さらにある一定の学問の中に限られてはいない。
     そのようなものがなくとも、神は自らを知らしめ給う(ヒルティ)
    ●教理を知らないでもクリスチャンである者が少なくない。
     キリスト教は証明せらるべき教義ではなくて、生活さるべき一つの生命である
    (ヘンリー・ドラモンド)
    ●キリストは教会の救い主にあらずして、世界の救い主なり。
     彼は今や狭き教会を去って広き世界に偏在したまう。
     キリストの教会は世界にして会員は人類なり(内村鑑三)

    私にとって<最愛の我が子・我が分身>の【ビジョン:理想・夢望・念志】こそが
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <全智・全能・全愛>【三位一体:父・子・聖霊】【神の愛=主イエス&聖霊】や
    【聖書の御言葉】【神愛事業=隣人愛&奇蹟】<真理>【神愛方程式=神愛摂理】を
    体感できる<狭き門>であり<いつも一緒!><人生の伴侶><真の友>であり
    人格的実在の<サンタ・クロース>です!

    ●狭隘(キョウアイ)は真正の世界主義に達する最良の手段である(内村鑑三)
    ●咲く花は多し、実となるは少なし。
     実となるは多し、熟するは少なし。
     天然の法則は神の聖旨なり(内村鑑三)
    ●狭き門より入れ!滅びに至る門は大きく、その道は広い。
     そして、そこから入って行く者は多い。命に至る門は狭く、その道は狭い。
     そして、それを見出す者は少ない(マタイ伝7-13~14、ルカ伝13-24)

    たとえ【この世の勢力:富・権威・名声】がサンタ・クロースを完全否定しようと
    どんなに商業化や堕落・腐敗に誘惑し、おとしめしようとも、サンタ・クロースは
    【神愛事業=隣人愛&奇蹟】で光輝く<不死身!不滅!不退転!>であるように、
    【神愛事業=隣人愛&奇蹟】に光輝く【ビジョン:理想・夢望・念志】もまた
    時代を超えて民族を超えた<不死身!不滅!不退転!>の存在です!

    ●いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
     このうち最も大いなるものは愛である(コリント前書13-13)
    ●愛はいつまでも絶える事はない、しかし、預言はすたれ、異言は止み、
     知識はすたれるであろう(コリント前書13‐8)
    ●イエス・キリストは、きのうも、きょうも、いつまでも変ることがない
    (ヘブル書13-8)
    ●あなたの不滅の霊がすべてのものの中にある(知恵の書12-1)

    サンタ・クロースは私たちの心に抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】の姿であり、
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <サンタ・クロース>【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて、
    世界を舞台にして【神愛事業=隣人愛&奇蹟】で此の世を光輝かせましょう!

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】の
    <神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>に満ち溢れ
    皆さんが<サンタ・クロース精神><真理>【神愛方程式=神愛摂理】の心意気で
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に決起し
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>の結実】に
    チャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

    ●人間が生まれつき持っているところの良心の命令、
     道理上かくせねばならぬという当為当然の道、
     それはすべて実行するのである(吉田松陰)
    ●未来にむかって大いなる展望を与えてくれるような高所に立てば、
     時折、風が激しく吹きぬけても、一向(いっこう)に気にならないものなのだ
     (ワーズワース)
    ●世界はきみたちに大きく開かれている。どしどし遠慮なく進むがいい。
     大地は広々とつづき、空は広大無辺にひろがっている(ゲーテ)
    ●今日(こんにち)の人々よ、若い人々よ、今度は君たちの番が来ている!
     われわれを踏み越えて行きたまえ。そして前進したまえ。
     われわれよりもいっそう偉大で、いっそう幸福でありたまえ
    (ロマン・ロラン)
    ●愛はいかなる瞬間にも、われわれの心を満たし、
     そのほかのすべてをそこから追い払おうと用意している
     ―それが実現すれば、その結果として、世界苦と
     この世の不安とは消え去り、生きる喜びがわいてくる(ヒルティ)
    ●信仰を持って祈る者に新世界が開かれる。
     信仰ある祈りによって理想は必ず実現せられる(賀川豊彦)
    ●人間の無私の献身によって隣人たちの幸福を生み出したり、
     それを固めたり、また増進したりするためにはたらく時、
     初めて真の人間、つまり神の似姿になり始める。
     ただ自分のために存在するならば、人間とは一体何であろうか。
     (イスラエルの祈り:ヒルシェ)
    ●自分の決められた道を走りとおし、また、主イエスからいただいた、
     神の恵みの福音を力強く証しするという任務を果たすことができさえすれば、
     この命すら決して惜しいとは思いません。
     <最も大切なことは、自分の使命、すなわち主イエスが私にお与えになった
      働きを全うすることです>(使徒行伝20-24)
    ●人間にとってもっとも尊ぶべきことは、はっきり自覚した目的をもつことと決断、
     さらに実行である(ゲーテ)
    ●このゆえに、わが愛する兄弟よ、
     なんじら堅くして動かず、つねに励みて主のわざを務めよ。
     そは、なんじら、主にありてなすところの労苦のむなしからざるを知ればなり
     とある(コリント前書15-58)
    ●「なすべき」はキリスト教ではない、「なしうる」がキリスト教である
     (内村鑑三)
    ●一切の仕事が神を離れては困難であり、神と共にあれば一切が可能である
     (ヒルティ)
    ●自ら反(かえり)みて縮(なお)くんば、千万人と雖(いえど)も吾往かん
    <現代訳>自分を見つめ、自分の行いが確かに正しいという信念をもったならば、
         たとえ相手が千万人であっても、私は立ち向かおう!(孟子)
    ●至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり(吉田松陰)
    ●人間はすべて夢想家だ。 
     春の日の柔らかな霞、長い冬の晩の赤い炎を見ながら夢想する。
     このとき偉大な夢を忘れてしまう者もいるが、
     太陽の光のもとにでる日を待ち望み、
     逆境にあっても、
     夢を大事に育み大きくする者もいる。
     夢は必ず叶うと心から信じていれば、その日は必ず来る(ウィルソン)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。