ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<我欲・我執>から【神愛聖欲】<神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心>まで突き抜かせ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<我欲・我執>から【神愛聖欲】<神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心>まで突き抜かせ<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2021-03-06 11:35

    ◇◇<我欲>を突き抜けて【聖欲】に至れ!◇◇
    【2008年2月3日に作成した<第449回>に加筆】

    ●キリストの愛神主義は利他・利己両主義の上に超越し、
     最も多く他を利して最も多く己を利する道を我に教えたり(内村鑑三)
    ●エゴを他人のために使え!(曽野綾子)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

    <この世>での人類による発見・発明や進歩・発展の原動力とは進化論にも通じる
    個人の<我欲>であると実感できます。

    つまり「これもダメ!あれもダメ!」という宗教的・道徳的・戒律的な禁欲節制では
    現代の世界は実現されなかったと思います。

    ●歴史の中のすべての変化、進歩は、社会の規範に従わなかったことから生まれた。
     もし、もめごとを起こしたり、異議を唱えたりする人たちがいなかったら、
     私たちはまだ洞窟の中に住んでいたはずだ(A・S・P・テイラー)
    ●誰かに向かって「それは不可能だ」などと言ってはいけない。
     神はその不可能なことをやってしまうほど
     無知な者をずっと待ち続けているのかもしれないのだから
     (ジョン・ホームズ)

    「空気より重い機械が飛べる訳がない!」と現実的不可能と言われてもライト兄弟が
    挑戦し続けられたのは名声欲・損得感情、義務感や強制からでも責任感からでもなくて、
    初心に「空を飛びたい!」という<我欲>による願望・熱意・熱中からだと思います。

    ●汝の運命の星は汝の胸中にあり(シラー)
    ●元始の精力をもって、さまたげられることなく、天真のままに語れよ(ホイットマン)
    ●われわれの願望と言うものは、われわれのうちにひそかにひそむ能力の予感であり、
     われわれがなしとげうるであろうことの先触れである(ゲーテ)
    ●すべての物事は願望から生まれ、心からの願いはすべてかなえられる
    (エルバート・ハバード)
    ●すべての基本は熱中である。そして熱中は純真な心から生まれる(エマーソン)  

    発明王エジソンにしてもエジソンに励まされて夢を実現した自動車王フォードも、
    <我欲>が【ビジョン:理想・夢望・念志】を産み出して【神の愛=隣人愛】に
    導かれて【神の愛=主イエス】が<召命>する【ミッション:大義・使命・天職】に
    至る【聖欲】まで突き抜けたのだと理解します。

    ●私はこれまで自分の好きなことだけをやってきたし、
     やはり好きなことに無心に打ち込むことが人間がその人本来のよさ、
     天真を発揮する上で、とても大切なことだと思います(小柴昌俊)

    時間が経つのも忘れるほどに好きで好きでたまらない!というような<我欲・我執>を
    自分勝手な思い込みで単なる趣味や性癖と片付けずに【青春:幼な心・青年の心】に
    熱望した【ビジョン:理想・夢望・念志】を単なる<自己実現>に留めず、
    さらに突き抜けて【御心:聖意・聖旨】にかなう<【神の愛=隣人愛】実現>に導く
    【聖欲・聖望】にまで引き上げましょう!

    ●天才の秘密は子供の時の精神を大人になっても持ち続けられるということだ。
     つまり、それは自分の情熱を失わないということである(アルダス・ハックスリー)
    ●一番大事なことは. 環境が必要かということではなく、
     どんな考えで毎日生活しているか、
     どんな 理想を追い求めているかということなのです。
     一言でいえば、その人の人柄の問題なのです(ヘレン・ケラー)
    ●いま正しい事も、数年後間違ってることもある。逆にいま間違ってることも、
     数年後正しいこともある(ライト兄弟)

    たとえ私たちが家族や身内からも無理解の孤立になったとしても<世間的非常識>や
    <見果てぬ夢>を真剣に一所懸命になって追い求め続けるなら【神の愛=主イエス】は
    喜んで私たちの愛する【ビジョン:理想・夢望・念志】を大切に守ってくれます!
    ハレルヤ!

    ●人に捨てらるるは神に拾わるるなりき、
     人に憎まるるは神に愛せらるるなりき、
     人に絶たるるは神に結ばるるなりき(内村鑑三)
    ●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
     人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
     人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
     人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
     神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)
    ●人は表面のことを見るが、神は心中を見られる。人は行ないを考察するが、
     神は意図をおもんばかられる(トマス・ア・ケンピス)
    ●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
     途方にくれても、行き詰まらない
     迫害にあっても、見捨てられない
     倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
    ●人に知られていないようで、認められ
     死にかかっているようで、生きており
     こらしめられているようで、殺されず
     悲しんでいるようで、常に喜んでおり
     貧しいようであるが、多くの人を富ませ
     何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)  

    グーテンベルクの活版印刷技術が高く評価されるのも「みんなに読ませたい!」と
    願って、初めて印刷した書物が【聖書】であったからだと思います。

    ゴシック建築の《大聖堂》が100mを超える天を突くように塔が高く高くなったのは、
    ステンド・グラスによって文字を読めない多くの人々に「【聖書】を伝えたい!」と
    熱き思い燃える心の<我欲>が、巨大なステンド・グラスを必要とするようになり、
    その重量を支えるために、天井も高くなっていったからだそうです。

    この素晴らしき【聖欲】のおかげで【福音伝道】は成功して現在のヨーロッパ各民族の
    今でも《精神的支柱》となってEU統合の実現へと導いてくれたと私は感動します!

    ●人類の幸福を促進する労働を除いて真の永久的な名声というものは見出されない
    (チャーチル・サムナー)

    ミケランジェロの天井画に圧倒されたりバッハの楽曲に<永遠の生命力>を感じるのも、
    「何としても創りたい!」と願った彼らの<我欲>が【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】を
    表現創作する<熱き思い燃える心>で抱く【聖欲】に到達したからと実感できます。

    ●神よ!私がいつも、創造できる以上の事を望むことを、許したまえ!
     (ミケランジェロ) 
    ●神は私に成功をおさめることではなく、真心をつくすように命じた
     (マザー・テレサ)
    ●私にとって絵を描くということは、 誠実に生きたいと願う心の祈りであろう。
     謙虚であれ。素朴であれ。独善と偏執を棄てよ、と 心の泉はいう(東山魁夷)

    <我欲>を突き抜け【聖欲】<神愛意欲:愛好心・好奇心・探究心>に溢れる
    【ビジョン:理想・夢望・念志】は【神の愛=主イエス】から各自に託された
    【ミッション:大義・使命・天職】<生き様・死に様>である事を発見できるので
    <不屈の楽観楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <前進・向上・勇進>できます!

    ●何をなすべきかを知るだけでは足りない。
     さらにそれを遂行する勇気をもたねばならぬ(ディミトロフ)
    ●決断・・・なすべき事をなそうと決心せよ。
     いったん決心した事はかならず実行に移せ(フランクリン)
    ●改革すべきは単に世界だけでなく人間である。
     その新しい人間はどこから現れるのか?
     それは外部からでは決してない。
     友よ。それを君自身のうちに見いだすことを知れ。
     しかも鉱石から純粋な金属をとるように、
     この待望の新しい人間に君自らなろうとせよ。
     各人は、驚くべき可能性を内蔵している。
     君の力と若さを信ぜよ。
     たえず言い続ける事を忘れるな。
     「僕しだいでどうにもなるものだ」と。(ジイド)

    誰の<我欲>も【聖欲】になり得る<原動力>で<神愛の種子>であると実感します。
    私たちも<幼な心>に抱く<我欲>を育てて磨き高めて【聖欲】に到達させましょう!

    ●少壮時代に心の田地に卸された種子は容易に根を断つ事の出来ないものである
     (森鴎外)
    ●心というものは、時として知識を超えた高みに上がることがありますが、
     どうしてそこに達したのかを証明することはできません。
     すべての偉大なる発見は、そのような飛躍を経たものです(アインシュタイン)
    ●心の田畑さえ開墾ができれば、世間の荒地を開くこと難しからず(二宮尊徳)
    ●心は、それ自身が密かに抱いているものを引き寄せる。
     環境は心がそれ自身と同種のものを受け取るための媒体である(ジェームズ・アレン)

    自己を喜ばせ【隣人・社会】をも喜ばせる【神愛力=隣人愛】に満ち溢れる【聖欲】で
    【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱く事で【ミッション:大義・使命・天職】に
    生きる我が道を発見して自分も【隣人・社会】も成長できる【神愛力=隣人愛】で
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <真理>【神愛方程式=神愛摂理】【御心:聖意・聖旨】を体感しましょう!

    ●完全なる職業とは他人を喜ばして、我もまた喜ぶの職なり(内村鑑三)
    ●他を進めて、また自身をも進めるの事業、神の事業とは実にかくのごときものなり
     (内村鑑三)
    ●われわれが内に向かって、われわれのなすべきことをしたら、
     外に向かってなすべきことは、おのずとなされるでしょう(ゲーテ)
    ●自分の今行っていることを・・・心から楽しめる者は幸福である(ゲーテ)
    ●喜んで行い、そして行ったことを喜べる人は幸福である(ゲーテ)
    ●夢を追求している時は、心は決して傷つかない(パウロ・コエーリョ)
    ●一日中考えていることが即ちその人である(エマーソン)
    ●人生を歩むうち、わたしには一つの事がますます明らかになってきた。
     それは開かれた心を失わないことが人間にとって何よりも大切だということである。
     正しく開かれた心はもっとも貴重な人間の財産である(マルチン・ブーバー)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】が出現してから2000年経過しても<この世>にはいつまでも
    戦争と差別が絶えず自由と平和が実現できないのは何故か?と疑うこともありました。

    しかし今の私ならば断言できます!【神の愛=主イエス】は節制したり禁欲する事で、
    つまり強制的義務感で<善悪の木:善悪の価値判断>や社会規範や世間体に従属する事で
    平和と自由を実現させることを喜ばず無邪気で素直で野生動物の如く<我欲・本能>で
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】を実現させる事を望み喜ぶのだと信じます!

    ●神はどんな悪も行われないようにするよりも、
     むしろ悪から善を生じさせるようにする方が善いと考えられたのである
     (アウグスティヌス)

    日本も世界の大半も人道的・戒律的で世間に従属する<他人(社会)本位>が主流です。
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】を受け入れて<自己本位><我欲>に任せて自由に生きる人々が
    【神の愛=隣人愛】と【大希望:聖望!聖願!聖欲!】で世界を満ち溢れさせる時が、
    【真の自由】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に導かれることを
    私は楽しみにしています。

    ●軍隊と巡査と法律とをもって維持されている平和は実は平和ではない。
     聖書は人をして、その利欲の念を絶たしめて、
     これに代わるに他を救わんと欲するの
    【聖欲】をもってせしめて社会をその根底より改める (内村鑑三)
    ●心をつくして神を愛せよ、それからあなたの欲することを為すが良い(ヒルティ)
    ●あなたがいるだけで世界は意味をもつし、
     生きている意味があると思わせる人生こそ最高だ(フランクル)
    ●人が自分と一つになり、内において単純になるにつれ、
     彼はいよいよ苦労なしに多くのさらに高いことを悟るようになる
     (トマス・ア・ケンピス)

    私たちも素直で単純明快な<幼な心>で世間的非常識や<見果てぬ夢>と思えるような
    【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に満ち溢れた【ビジョン:理想・夢望・念志】を抱き
    貴重な一度の人生ですから【神の愛=主イエス】に従って<大冒険>をしましょう!

    ●気高い夢を見ることだ。あなたは、あなたが夢見たものになるだろう。
     あなたの理想は、あなたがやがて何になるかの予言である(ジェームズ・アレン)
    ●決して自分の夢を人に奪われてはならない。心に描いたものが何であれ自分の心に
     素直に従って生きてほしい(ジャック・キャンフィールド)
    ●誠実、心の真のありのまま、これ常にいかに貴いかな。実際に自己の心の中に存する
     ことを語る者は、その方法のいかに拙劣なるも、必ず彼に聴かんと欲する人あるべし
    (カーライル)
    ●あなたができる事、あるいはできると夢見ている事があれば、何でも始めてみる事だ。
     大胆さには本来、天賦の才、力、そして魔力が備わっている。
     今こそ、それを発揮させよう(ゲーテ)
    ●人生は大胆な冒険か、無か、そのどちらかだ(ヘレン・ケラー)
    ●至高の目標を持て、それが、将来の予言になる(ジェームス・アレン)
    ●運命を決定する神は、我々の内側に居る(ジェームス・アレン)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    皆さんの<幼な心>に溢れる<我欲>を大切に育て磨き高めて【神の愛=隣人愛】に輝く
    【聖欲】に到達させるほどの【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げ
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
    世界を舞台にチャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

    ●人生をもっとも偉大に使う使い方というのは、
     人生が終わってもまだ続くような何ものかのために使うことである
     (ウィリアム・ジェームズ)
    ●幾たびか辛酸を経て、志ははじめて固まるものだ。その志を貫くためには、
     玉となって砕けることを本懐とすべきであって、志をまげて瓦となってまで、
     生きながらえるのは恥とする(西郷隆盛)
     ★<玉>=価値あるもの[正義・名誉]⇔<瓦>=がらくた[生き甲斐の無いもの]
    ●人生の価値は、その長さとは関係がない。
     人生の価値とは、どのようにその時間を利用したかで決まるものなのだ。
     あなたが十分に生きたかどうかは、あなたが生きた年数ではなく、
     あなたがどのような意志をもって生きたのかで決まる(モンテーニュ)
    ●あなたらしく生きる、そのための道は、後にも先にも二つだけです。
     一つは、奇跡などありえないとする道。
     もう一つは、全てが奇跡であるとする道(アインシュタイン)
    ●プロの作家とは、書く事をやめなかったアマチュアの事である(リチャード・バック)
    ●自分の心に描く夢の実現に向かって努力する時、
     普段なら思いもよらぬ成功が得られる。
     空中に楼閣を建てても無駄骨には終わらない。
     楼閣は空中に建てるものだ。
     さあ、その下に土台を建てよ(ソロー)
    ●人の一生は、どう生まれついたかではなく、どう生きるかで決まる(ベル)
    ●汝の全力を尽くして汝自身の最高の理想に縋(すが)るべし。
     富、地位、人望を称するが如き世俗の目的に迷わさるるなかれ。
     汝は汝自身たるべし(トマス・デビッドソン)
    ●自由は意志の自由にかぎらず、
     また思想の自由にとどまらず、実行の自由をもいう。
     我れ我がなさんと欲することをなすを得て、我に真正の自由あるなり。
     しかして、神がキリストをもって信者に賜う自由はこの自由なり。
     困難の山をも動かし、積弊の桑樹をも抜きて海に移しうるの自由なり。
     信者の特権は神の全能の使用権に他ならず(内村鑑三)
    ●この世にあるやすらぎはただ一つ大いなる目標への確信だけです(タウラー)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。