ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<神愛崇拝>の人格的<最愛の我が子・我が分身>にして<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】を<神愛崇拝>の人格的<最愛の我が子・我が分身>にして<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2021-04-19 12:18


    【2013年7月18日に作成した<第615回>に加筆】
    ◇◇【ビジョン:理想・夢望・念志】崇拝に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

    私の場合、【聖書】【神の愛=主イエス】に導いてくれた<最大の恩人>とは
    幼少の頃から私の心に浮かぶ<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】でした。

    たとえ家族や境遇がキリスト教と無縁でも、【聖書】が身近にない環境であろうと
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】と<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    世界中老若男女誰の心の中にも必ず存在する事は、皆さんも共感すると思います。

    そうです!キリスト教でも、異教徒でも、無宗教・唯物論者や進化論支持者でも、
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】と<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    大切な存在です。

    私は【神の愛=主イエス】が人生で先ず求めよと教示した<神の国・神の義>とは、
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】が
    <神の国>、【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げて決起する
    【ミッション:大義・使命・天職】が<神の義>だと体得しています。

    ●まず神の国と神の義とを求めなさい。
     そうすれば、これらのもの[生活必需]は、すべて添えて与えられるであろう
     (マタイ伝6-33)
    ●我が口より出づる言葉はむなしく我に帰らず、我が喜ぶところを成し、
     我が命じ遺(おく)りしことを果たさんと主は言い給う(内村鑑三)
    ●汝のパンを水の上を投げよ、多くの日ののちに汝再びこれを得ん
    (伝道の書11-1)
    ●汝の真理を社会の中に投げよ、年を経て汝はその偉大なる結果を見るを得ん
     (内村鑑三)
    ●ヤベツはイスラエルの神に呼ばわって言った。
     「私を大いに祝福し、豊かに私を恵み
      私の領域を広げて責任を増し加えてくださいますように。
      御手が私とともにあり、わざわいから遠ざけて
      私が苦しむことのないようにしてくださいますように。」
      そこで神は彼の願ったことをかなえられた(歴代志略上4ー10)
    ●イエスは言われた。「神の国は、ある人が地に種を蒔くようなものである。
     夜は寝て、朝は起き、そうこうしているうちに、種は芽を出して成長するが、
     どうしてそうなるのか、その人は知らない。
     地は人手によらず、おのずから実を結ばせるのであり、
     初めに芽、次に穂、次に穂には豊かな実ができる(マルコ伝4-26~28)

    私自身は無一物で泥んこ真っ黒けな卑怯者で意気地なしの格好わるい極悪人ですが
    私の心の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】だけは格好良い崇拝の対象です。

    私自身の中にも確実に存在し光輝いている【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】の【御心:聖意・聖旨】を心で聞く受霊器になって
    【聖書の御言葉】を具現化し、【神愛事業=隣人愛&神愛奇蹟】を反映させ光輝く
    <願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】は【賜物・神愛無償ギフト・神恵】であり、
    同時に私自身に託された人格的な<最愛の我が子・我が分身>になってくれる
    人間業を超えた驚きの<神業><真理>【神愛方程式=神愛摂理】だと実感できます!

    ●【良心】とは人間の行いの善悪を判断し、善を命じ、悪を禁じ、善をほめ、
     悪を戒める神よりの心の声である。人間は心の中に刻まれた法を持っており、
     それに従うことが人間の尊厳であり、また、人間はそれによってさばかれる。
     【良心】は人間の最奥であり、聖所であって、そこでは、人間はただひとり
     神と共にあり、神の声が人間の深奥で響く
     (カトリック要理:ロマ書2-15~16)
    ●神が命じ人が神に応える所に【良心】がある。【良心】は人の神覚である、
     人を離れて人が独り神と相対して立つ時に【良心】がある。(内村鑑三)
    ●道徳は人の道であり、【良心】は神の生命である。(内村鑑三)
    ●洗礼は肉の汚れを取り除く事ではなくて神に正しい良心を願い求める事です。
    (ペテロ前書3-21)
    ●正しい良心を持ちなさい。
     そうすればあなたはいつも喜びをもつことができよう。
     正しい良心はずい分たくさんな物事を忍ぶ力を具え、
     逆境にあっても、つねにずい分と大きな喜びを覚える
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●信仰は聞く事から始まり、聞く事は、キリストについての御言葉から来る
     (ロマ書10-17)
    ●私は思いをこらしつつ愛の息吹に耳をすまし、そのささやきをまことと知り、
     それを書き写すのみ、我が内より創るものはない(神曲・煉獄篇第24歌52節)
    ●クリスチャンは思想の人ではない。
     さらばとて、また実行の人でない。
     クリスチャンは聖霊の人である。
     聖霊によりて神の知恵と大能とを実得するを得し人である(内村鑑三)
    ●神は驚くべき御声をとどろかせ、
     私たちの知りえない大きな業を成し遂げられる(ヨブ記37-5)
    ●あなた方の内に働きかけて御心のままに志望(願い)を起こさせ、かつ実現に
     至らせるのは神であって、それは神が善しとされるところだからである。
    何事も、つぶやかず疑わないで(不平や理屈を言わずに)行いなさい
    (ピリピ書2-13~14)

    私もそうでしたが、【神の愛=主イエス】【聖書】を知らずとも、受入れずとも
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】が
    完全に滅亡することはありません。世間でも【神の愛=主イエス】を知らずとも、
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    見事に自己実現している多くの人びとがいるでしょう。だから多くの人にとっては
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】からの【賜物・神愛無償ギフト・神恵】だと思わないでしょうし、
    30歳までの私自身も全く無関係だと思い込んでいました。

    どうやら私の自己都合で【神の愛=主イエス】を受け入れる選択権があるのでなく
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】が私にとって<最高!最善!最美!>の時と場所を選ばれて
    【神の愛=主イエス】から<召命>される事で【信仰精神:信愛・信頼・信従】は
    <神愛特権>として与えられたのだと実感出来ます!

    ●あなた方が私(主)を選んだのではない。
     私があなた方を選び見出したのである。
     そして、あなた方を立てた。
     それは、あなた方が進んで行って実を結び、
     その実がいつまでも残るためである。
     また、私の名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、
     私があなた方を任命したのである(ヨハネ伝15-16)

    宗教と対極にある<エゴ・自己愛>だけを大切に生きていた私のことですから、
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】の<神愛の御手:導き手・助け手・癒し手> が
    徐々に優しく差し伸べられたおかげで、これほどに朽ちるべき死ぬべき私でも
    <歓喜!感動!感謝!>に満ち溢れる<神愛道:神の国・神の義>人生です!

    ●この朽ちるべきものが朽ちないものを着、
     この死ぬべきものが死なないものを必ず着ることになります。
     この朽ちるべきものが朽ちないものを着、
     この死ぬべきものが死なないものを着るとき、
     次のように書かれている言葉が実現するのです。
     「死は勝利にのみ込まれた。
      死よ、お前の勝利はどこにあるのか。
      死よ、お前のとげはどこにあるのか。」(コリント前書15-53~55)
    ●我が父の愛は無限なり、彼は我の滅びることを欲(ねが)い給わず、
     彼は我につきて永久に絶望し給わず、
     ゆえに我もまた自己につきて絶望することなく、
     彼の無限の愛を信じてはばからずして今日起ちて彼に往かん
     (内村鑑三:ルカ伝15‐18・放蕩息子の帰郷)
    ●魂のよろこびに
     まさる喜びはなし。
     これによりて枯骨も芽をふく。
     この喜びを、わが主は常に、
     われらのために増したもう(ヒルティ)
    ●ほむべきかな、私たちの主イエス・キリストの父である神。
     <ほめたたえられますように>
     神は、私たちをキリストにおいて、
     天のあらゆる霊的な祝福で満たしてくださいました。
     天地創造の前から、神は私たちを愛して、
     御前で聖なる者、傷と汚れのない者にしようと、
     キリストにおいて私たちをお選びになりました。
     イエス・キリストによって神の子にしようと、
     御心のままに前もってお定めになったのです。
     神がその愛する御子によって与えてくださった輝かしい栄光ある恵みを、
     私たちがほめたたえるためです。
     私たちはこの御子において、神の豊かな恵みゆえに、
     その血によって贖われ、罪を赦されました。
     神はこの恵みを私たちの上にあふれさせ、
     すべての知恵と悟りと思慮深さとを与えて、
     御旨の奥義を、自らあらかじめ定められた計画に従って、
     私たちに知らせてくださいました(エペソ書1-3~9)
    ●あなたの憂いをすべて主にゆだねよ。
     主はあなたに代わり配慮される。
     あなたの家族のための憂いを、われらの信ずる主にゆだねよ
     あなたはいたずらに策を案じ考えるだけだ。
     しかし、主には行く道と将来が開かれる
     主は心配を嫌うが、あなたが捧げる天に向かっての祈りは喜んで聞きたまう。
     あなたがやっと一つの策を立てる間に、主は千もの策を持っていられる。
     なにびとも勝手気ままに、あなたを害する事のないように、
     主はあなたへの恵みの為にみんなの心を小川のように導かれる。
     主の御手から苦しみも喜びも安んじて受け、ひるんではならない。
     主はあなたの運命をすぐにも変えられる。
     しかし、それを悪くするのは、あなたの嘆きだ。
     いたずらにあなたを苦しめるために、苦しみが与えられたのではない。
     信じなさい、まことの生命は、悲しみの日に植えられることを(ヒルティ)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】の<神愛の御手:導き手・助け手・癒し手> で
    守り導かれる<神愛特権>によって悩み迷い続けてきた私の人生は定まりました!
    私と縁遠い見果てぬ存在に思われた<真理>【神愛事業=隣人愛&神愛奇蹟】は
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    身近に一体感ができるようになり、<道>は<神愛道:神の国・神の義>を通って
    【ミッション:大義・使命・天職】に到達でき、<命>のおかげで与えられる
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】によって
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<パワーUP&UPグレード>されるので
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <神愛力>【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】精神を身にまとう事ができます!

    ●イエスは言われた。「私は道であり、真理であり、命である。
     私を通らなければ、だれも父のもとに行くことができない」(ヨハネ伝14-6)
    ●<神を経験する事の証し>(ヒルティ)
     -精神の安らぎ
     -満ち足りる事
     -真理の渇きが鎮まること
     -精神と内的生命との一種の強化
    ●あなたは知らないのか、聞いたことはないのか。
     主は永遠の神、地の果てまで創造された方。
     倦み弱ることなく、また疲れることなく、その英知は測り知れず究めがたい。
     弱り疲れた者に大いなる力を
     与え、勢いを失っている者を増強して活気づける。
     若者も弱り、倦み疲れ、勇士もつまずき疲れ果てて倒れようが
     主を待ち望む者は新たな力を得、鷲のように翼を張って上ることができる。
     走っても弱りたゆまず、歩いても疲れない(イザヤ書40-28~31)
    ●主はあなたの罪・不義をことごとく赦し、病をすべて癒し
     あなたの命を墓穴から贖い出してくださる。
     あなたに慈しみと憐れみの冠を授け
     あなたが生きながらえる限り一生を、善いものに満ち足らせる。
     こうしてあなたは若返って、鷲のように新たになる(詩篇103-3~5) 
     
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    【神の愛=主イエス&聖霊】と【信仰:信愛・信頼・信従】で結ばれたからといっても、
    私自身は相も変わらず<7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲>で
    真っ黒けですが<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】だけは
    【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】で【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を光輝き増して
    2000年前に降誕受肉した<イエス・キリスト>の似姿である人格的存在として
    【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】精神を具現化してくれる崇拝の対象です!

    ●<常時歓喜!不断祈求!万事感謝!>(テサロニケ前書5‐16~18)
     いつも喜んでいなさい、絶えず祈りなさい、全ての事に感謝しなさい。
     これがキリスト・イエスにあって神があなた方に求めておられることである
    ●<神愛の十戒>(ロマ書12章9~21節)
    ◆愛は偽りがあってはならない。悪を憎み退け、善には親しみ結び、
     兄弟の愛を持って互いにいつくしみ、進んで互いに尊敬し合いなさい。
    ◆熱心でうむことなく、霊に燃え、主に仕え、望みを抱いて喜び、
     患難に耐え、常に祈りなさい。
    ◆貧しい聖徒を助け、努めて旅人をもてなしなさい。
    ◆あなた方を迫害する者を祝福しなさい。祝福して呪ってはいけない。
    ◆喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
    ◆互いに思うことを一つにし、高ぶった思いを抱かず、
     かえって低い者たちと交わるがよい。
     自分が知者だと思いあがってはならない。
    ◆誰に対しても悪をもって悪に報いず、全ての人に対して善を図りなさい。
    ◆あなた方はできる限り全ての人と平和に過ごしなさい。
    ◆愛するたちよ、自分で復讐しないで、むしろ神の怒りに任せなさい。
     何故なら、「主が言われる;復讐するは我にあり。私自身が報復する」
     と書いてあるからである。むしろ
     「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、
     かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、
     あなたは彼の頭に燃え盛る炭を積む事になるのである」
    ◆悪に負けてはいけない。かえって善をもって悪に勝ちなさい。
    ●<愛の讃歌>(コリント前書13-4~8)
    【愛(主イエス)】は耐え忍び寛容である。【愛】は情が深く人の益を図る
    【愛】はねたまない、誇らない、高ぶらない、非礼を行わない。
    【愛】は己の利を求めない、軽々しく怒らない、人の悪を念(オモ)わない。
    【愛】は不義を喜ばないで真理を喜ぶ
       全てをおおい包み、全てを信じ、全てを望み、全てを耐えて支える
    【愛】はいつまでも絶えることがない

    皆さんの人生においても、【神の愛=主イエス】の【御心:聖意・聖旨】があって
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】は
    【神の愛=主イエス&聖霊】の【賜物・神愛無償ギフト・神恵】だと体感できるように
    先ずは<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】崇拝の人生として活躍される事を
    お奨めします!

    ●<境遇と意志>(内村鑑三)
     人と天然とは外より働き、神は内より働きたもう。
     前者は境遇を作り、後者は意志を作りたもう。
     吾人が神にいたるは、彼に意志を強くせられんためなり。
     境遇に勝ち得て、みずから新境遇を作らんためなり。
     人は神の子なり。境遇の奴隷にあらず。
     神によりて境遇を無視し、これを破りて意志の自由を実行すべき者なり。

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】の<願望>【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    <人格:最愛の我が子・我が分身>を感じて【ビジョン:理想・夢望・念志】に
    【神の愛=主イエス&聖霊】の【御心:聖意・聖旨】【キリスト精神】を体感して
    【ビジョン:理想・夢望・念志】を<人生の旗印>に掲げ、様々な<患難辛苦>で
    何度倒されようとも、何度でも決起して、退却したり滅びる事無く、明るく元気に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    <神愛道:神の国・神の義>を走り抜く【ミッション:大義・使命・天職】に
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
    圧倒的神愛大勝利の人生として挑戦し続けることを心より応援しています!

    ●どんな幸福な生活にも数多く起こる試練や心労を堪え難い重荷だと考えるか、
     それとも自分の生活原則を実行し修練するために、
     神から授けられた機会だと見るかは、物事の感じ方として大きな相違である。
     そして、この感じ方次第ですべてが決まるのである(ヒルティ)
    ●人の歩みは主によって確かにされる。主はその人の道を喜ばれる。
     その人は倒されてもまっさかさまに倒されはしない。
     主がその手を支えておられるからだ(詩篇37‐23~24)
    ●私たちは四方から患難を受けても、窮しない
     途方にくれても、行き詰まらない
     迫害にあっても、見捨てられない
     倒されても、滅びない(コリント後書4-8~9)
    ●人に知られていないようで、認められ
     死にかかっているようで、生きており
     こらしめられているようで、殺されず
     悲しんでいるようで、常に喜んでおり
     貧しいようであるが、多くの人を富ませ
     何も持たざるようで、全てのものを持っている(コリント後書6‐9~10)
    ●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●不可能を口にしないのは万事が自分にとり可能であり、
     許されていると考えるからである (トマス・ア・ケンピス)
    ●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば、
     力尽きて倒れる場合にも多くの事を成し遂げ功を奏させる
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、
     人を励ましいつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。
     愛は常に向上を欲していかなる、
     いと低い事物によっても引き停められる事を望まない
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●ある人の生涯における最大の日とは、その人の歴史的使命、すなわち
     神がこの世で彼を用いようとするその目的が明かにわかり、また、
     これまで彼が導かれてきたすべての道がそこに通じているのを悟った
     日のことである(ヒルティ)
    ●戦いに勝って勝つのではない、真理に従って勝つのである。
     戦いに負けて負けるのではない。真理に反して負けるのである(内村鑑三)
    ●あなた方はこの世では悩みがある。しかし、勇気を出しなさい。
     私(主イエス)はすでに世に勝っている(ヨハネ伝16-33)
    ●キリスト教は世をあきらめずして、世に勝たしむるものなり(内村鑑三)
    ●キリスト教は不断の幸福を約束しない。しかし、世に勝つ平和を約束している
     (ヒルティ)
    ●私たちは真理にさからっては何をする力もなく、真理に従えば力がある
     (コリント後書13-8)
    ●だれが、キリストの愛から私たちを引き離すことができるというのか。
     患難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危難か。剣か。
     私たちは、これら全ての事において、私たちを愛して下さる方によって
     輝かしい圧倒的勝利者となる(ロマ書8-35~37)
    ●激しく攻められて倒れそうになった私を、主は助けてくださった。
     主は我が力、我が砦、我が歌。主は私の救いとなられた。
     聞け、御救いの勝利の喜ばしい歌が主に従う者の天幕に響く。
     主の右の手は勇ましい働きをなし、
     主の右の手は高く上がり、主の右の手は御力を示す。
     私は 死ぬことなく、かえって生き長らえて、主の御業を語り伝えよう
    (詩篇118-13~17)
    ●すべて神から生まれた物は、世に打ち勝つ。
     私たちの信仰こそ、世に打ち勝つ勝利の力である。
     世に打ち勝つ者は誰か。イエスが神の子であると信じる者ではないか
     (ヨハネ第1書5-4~5)
    ●どんな仕事をやりたいか自分で見出して、ただ一心に打ち込むことだ。
     人より一歩先んじたければ、自分の将来の方針は自分で決めるべきだ。
     自分に本当に向いた、本当に心から打ち込める仕事から、
     働く意欲と励みを見出して、成功への道を踏み出すことだ(ベル)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。