ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ビジョン:理想・夢念・大志】を<神愛特権>【賜物・神愛無償ギフト・神恵】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢念・大志】を<神愛特権>【賜物・神愛無償ギフト・神恵】で<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2021-04-20 13:09

    【2013年6月26日に作成した<第614回>に加筆】
    ◇◇<神愛特権>で【ビジョン&使命・天職】に導く【神の愛=主イエス】!◇◇

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    「神の子ども」になれるという<神愛特権>を得られる必要条件は単純明快です。
    【聖書】に示されている【神の愛=主イエス】の<実在>を受入れるだけです。

    ●この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、
     神の子どもとされる特権をお与えになった(ヨハネ伝1-12)

    私は教会や宗派に属さず、洗礼を受けたクリスチャン<教会的信者>でもないので
    世間的評価や【この世の勢力:富・権威・名声】からは非公認・無縁の無一物でも
    どんなに惨めな恥辱にまみれ、背信で忘恩な罪筆頭の地獄の住人に成り果てようと
    <いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】と個人的【信仰:信愛・信頼・信従】で
    ダイレクトに結ばれている!と体感できる事こそ、【賜物・神愛無償ギフト・神恵】の
    <神愛特権>が、落ちこぼれの私にでさえも授与された証明です!

    ●主は私の羊飼い、主は必要なものはみな与えて下さり、
     私には何も欠けることがない。
     主は私を牧草地にいこわせ、ゆるやかな流れのほとりに連れて行かれる。
     傷ついたこの身を立ち直らせ、魂を生き返らせ、
     主の御名にふさわしい義の道に導き、
     私が最高の主の栄光を現す仕事ができるよう、手を貸してくださる
     たとい死の陰の谷を行くときも、私は災いを恐れません。
     主なるあなたが私のすぐそばにいて、道中ずっとお守りくださるから。
     あなたのむち、あなたの杖、それが私を慰め力づける。
     主なるあなたは私を苦しめる敵を前にしても、私に食卓を整えてくださる。
     私の頭に香油を注ぎ、私の杯を溢れさせてくださる
     生きている限り、恵みと慈しみは、私についてきます。
     やがて、私は主の宮に着き、いつまでもおそばで暮らすことでしょう
     (詩篇23-1~6)
    ●まことに、私のいのちのある限り、恵みと慈しみとが、
     いつも私を追って来て寄り添ってくれる。
     私は、とこしえに主の宮に住まいましょう(詩篇23-6)
    ●私は確信する。死も生も、天使も支配者も、
     現在のものも将来のものも、
     力ある者も、高い者も深い者も、その他どんな被造物も、
     私たちの主キリスト・イエスにおける神の愛から
     私たちを引き離すことはできないのである(ロマ書8‐38~39)
    ●見よ、私は世の終わりまで、いつもあなた方と共にいる
     <With You Always>(マタイ伝28‐20)
    ●インヌマエル:神われらと共にいます(マタイ伝1‐23、イザヤ7‐14、8‐8)
    ●もしもあなたがあらゆるものにイエスを求めるならば、
     必ず(そこに)イエスを見出し得よう(トマス・ア・ケンピス)
    ●我は逃れんと欲して、我が神の恩恵の手より逃れることはできない。
     神は奈落の底にまで、神の手を拡げて我を支え我を救い給う
     (内村鑑三:詩篇139‐7~8)
    ●私はあなた(主)の御霊から離れてどこへ行けましょう。
     私はあなたの御霊を離れてどこへ逃れましょう
     たとい、私が天に昇っても、そこにあなたはおられ
     私が黄泉(ヨミ)に床を設けても、そこにあなたはおられます(詩篇139‐7~8)
    ●私が暁(アカツキ)の翼をかって、海の果てに住んでも、
     そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます
    (詩篇139-9~10)
    ●あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。
     そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる(箴言3ー6)

    私が得た<神愛特権>は罪から解放される「免許・資格」であったり、
    心が自由平安である「境遇・状態」のようなものではありません。

    私にとって<最高!最善!最美!>の<神愛特権>とは、いつでも、どこでも
    地獄にいようと恥知らずであろうと【神の愛=主イエス】と直接対話ができて
    【神の愛の事業=隣人愛&奇蹟】【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従って
    生きる証として【礼拝:★讃美★祈求★感謝】ができる<神愛自由・神愛能力>です!

    ●<真の自由>(内村鑑三)
     ◆真の自由は発意である   ⇔Unconditional(無境遇)
     ◆真の自由は正しき選択である⇔霊性本来の標準に従う~霊的生命達成の道
     ◆真の自由は善き意志を行う能力である 
    ●真の自由は消極的状態でなく積極的状態である
     何事をも為しうる状態又能力でなく,
     ある事を為さずしてある他のことを為す能力
     ⇔善悪を判別して悪を避けて善を行う能力  
    ●I can do that which is right.(我は正しき事を為し能う)
    ●真の自由とは、自已のうえに万事をなしうることである
     [真の自由とは、すべてのことを己の基準でなしうることである]
     (モンテー二ュ)
    ●天の高きに上げられても、陰府の低きに下げられても私は祈ろう。
    力なき私、私のできることは祈ることのみ(内村鑑三)
    ●神様は天高く遠くにおられるが、祈るなら神様がこの地に降りてこられ、
     さらに神様の能力と私たちの努力を結び付ける。(ガースパリン)
    ●朝の祈りは神様の慈悲と祝福の倉庫を開く鍵であり、
     夕方の祈りは神様の守りの御翼の影に隠していただく入り口である
     (ペンリーピッチャー)
    ●私たちの生きた祈りと賛美が少しでもあるなら、
     神様は千里の道をかけてでも私たちに会いに来てくださるだろう
    (アーロンド)
    ●すべての祈りと願いを用いて、どんなときにも御霊によって祈りなさい。
     そのためには絶えず目をさましていて、すべての聖徒のために、
     忍耐の限りを尽くし、また祈りなさい(エペソ書6-18)
    ●近代人が運動に頼るに対して、クリスチャンは祈祷に頼る(内村鑑三)
    ●絶えず祈るべし、祈祷をもって生命となすべし(内村鑑三)
    ●仕事は、すなわち祈祷(礼拝)なり(内村鑑三)

    闇深い私の<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】は棚上げできて
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】の<神愛の御手:導き手・助け手・癒し手> にお任せの
    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生こそ
    【三位一体:父・子・聖霊】への<敬愛・熱愛・親愛>であり、私の愛の働きも
    私自身の内なる働きではなく、<神愛特権>による<神愛神助:祝福・恩恵>であり、
    【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】そのものです!

    ●この人が多くの罪を赦されたことは、私に示した愛の大きさで分かる。
     赦されることの少ない者は、愛することも少ない(ルカ伝7-47)
    ●今の私があるのは、ただひとえに、あふれるほどに注がれた神様の恵みと、
     あわれみとのおかげです。実際に働いたのは私ではありません。
     神が私の内部で働き、祝福してくださったのです(コリント前書15-10)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <神愛特権>【神愛礼拝:★讃美★祈求★感謝】で【神の愛=主イエス&聖霊】と
    いつでも、どこでも、<相思相愛の主従関係>の霊的交流ができるおかげで、
    過去の<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】を棚上げできても
    これで人生ハッピーエンドとは行かず、<聖戦>のスタート地点に過ぎません。

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【信仰:信愛・信頼・信従】【キリスト道:聖愛・聖義・聖徳・聖善】精神を体得して
    内なる光が増大すれば、内なる兇悪な<闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>も
    真昼の影の如く先鋭化した<邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・仕掛け罠>と
    <邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>で【神の愛=主イエス】との分断工作を企て
    <7つの大罪:傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲>を積み重ねる事で
    日々<重荷>【罪責感:自己不信・自己否定・自己嫌悪】の霊的奴隷で苦しませ
    私の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】をあの手この手で総攻撃してきます。

    この根深い<悪循環>から逃れることはできませんが、一切の心配ご無用です!
    たとえ私は<悪玉菌><大罪の総合デパート>でも、【神の愛=主イエス】は
    破廉恥・臆病者・卑怯者の<悪玉菌>の<弱き私>にも、私だからこそできる
    <最高!最善!最美!>の<使い道>【ミッション:大義・使命・天職】と
    【タレント:個性・才能・可能性】の最善発揮に導いてくれます!

    ●主は言われた「私の恵みはあなたに対して十分である。
     私の力は弱いところに完全にあらわれる。」
     それだから、キリストの力が私に宿るように、むしろ
     喜んで自分の弱さを誇ろう(コリント後書12-9)
    ●私はキリストのためならば、
     弱さと侮辱と危機と迫害と行き詰まりとに甘んじよう。
     何故なら、私が弱い時にこそ、私は強いからである(コリント後書12-10)
    ●苦しみにあったことは私にとって幸せでした。
     私はそれであなた(主)の掟を学びました(詩篇119-71)
    ●私は神様に、私の弱さを感謝します。
     というのは、私はその弱さを通して、
     私自身を、私の仕事を、私の神様を見つけることができたからです
     (ヘレン・ケラ-)
    ●我々はいつも行為によって完全なものになろうとするが、
     神はたいてい苦しみを通して我々を前進させようとし給う
     (ヒルティ)
    ●あなた方はキリストのためにただ彼を信じることだけでなく、
     彼のために苦しむことも賜っている(ピリピ書1‐29)
    ●自分の授かった才能に生きることがもっとも美しい生き方だ(ゲーテ)

    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>の<邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>や
    <邪魔勢力:つまずきの石・妨げの岩・仕掛け罠>で日々多種多様な奇襲攻撃に
    何度倒され挫折しても、<逃げ腰・及び腰・弱腰>にならず再起できるようにと
    <神愛の智恵:聖書観力・霊感力・直観力>と<神愛戦力:対戦・応戦・抗戦>が
    <神愛の武具・武器・武装>である<神愛特権>として授与されています!

    ●悪魔の策略に対抗して立つことができるように、神の武具を身に着けなさい
    (エペソ書6-11)
    ●彼らの目を開き、彼らを闇から光へ、悪魔の支配から神のもとへ帰らせ、
     また、彼らが罪の赦しを得、私(主)を信じる信仰によって
     聖別された人々に加わるためである(使徒行伝26‐18)
    ●神に服従し、悪魔に反抗しなさい。
     そうすれば、悪魔はあなた方から逃げて行きます(ヤコブ書4-7)
    ●自分の欠点を直視し認めることです。ただし欠点に振り回されてはいけません
    (ヘレン・ケラー)
    ●主御自身が知恵を造り、これを見て、価値あるものとされ、
     造られた全てのものの上に知恵を注がれた。
     主は、すべての人々に分に応じて知恵を与え、
     主を愛する者には惜しみなくそれを与えられた。
    〔主を愛することこそ、輝かしい知恵。主は、御自分を示すために、
     知恵を分け与え、こうして彼らは主を見るようになる。〕
     (シラ書〔集会の書〕1-9~10)
    ●その方すなわち、真理の御霊が来ると、
     あなた方を導いて真理をことごとく悟らせる。
     その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、
     また、これから起こる事をあなた方に告げる(ヨハネ伝16-13)
    ●我が敵よ、私のことで喜ぶな。たとえ倒れても、私は起き上がる。
     たとえ闇の中に座っていても、主こそ我が光なりミカ書7-8)
    ●暗闇と死の陰に座している者たちを光で照らし、我らの歩みを平和の道に導く
    (ルカ伝1-79)

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <神愛特権>の<神愛神助:祝福・恩恵><神愛の御手:導き手・助け手・癒し手>は
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に満ち溢れた
    【神の大なる神愛能力】です!

    ●【神の生命=神の愛の力⇔新生命力・新活力・新思想】(内村鑑三著述より)
     ◆霊魂を復活させ、愚かなる者を智からしむる能力ある事実(詩篇19)
     ◆すべて信じる者を救わんとする神の大なる能力(ロマ書1-16)
     ◆神の国は言葉にあらず、能力に在り(コリント前書4-20)
     ◆大能をもって我が内に働くもの(コロサイ書1-29)
     ◆破壊力でなく【建設力】、殺す力でなく【活かす力】
     ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【生命】である!
      動くものであるのみならず、 【意志】をもって動くもの
      動かすものであるのみならず、【愛】をもって動かすもの
     ◆【神の生命】は心の内に【光】となって
      【新生命力】と【新活力】を加える【生活力(バイタリティ)】を提供する!
     ◆信仰により救われるのは、信仰により【この能力=生活力】を我らの能力と
      することができるからであり、死は【生活力】が欠乏してやって来る。
     ◆【キリスト教(キリスト精神)】は【神の大なる能力=神の生命=生活力】を
      豊かに供給して人を永遠にまで救わんとする、キリストなる【神の生命】を
      もって【不朽の生命】を与えんとするものである!
    ●いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。
     このうち最も大いなるものは愛である(コリント前書13-13)
    ●愛はいつまでも絶える事はない、しかし、預言はすたれ、異言は止み、
     知識はすたれるであろう(コリント前書13‐8)
    ●神の無限の力に頼りて我等は我等の信じるが如くに全ての事をなすを得るなり
     (ピリピ書4‐13)
    ●私は、このために、私の内に働いておられる方の力により、
     苦闘しながら努力しているのである(コロサイ書1-29)
    ●神の力強い活動によって働く力が、
     私たち信じる者にとっていかに絶大なものであるかを、
     あなた方が知るに至るようにと、祈っている(エペソ書1-19)
    ●<神の力>(内村鑑三)
     神はただ愛と生命と精力とあるのみ。
    「これゆえに、我ら臆せず、我らが外なる人は壊(こぼ)たるとも、
     内なる人は日々に新たなり(コリント後書4‐16)」
     神にありて我が失敗は失敗にあらず、我が弱きは弱きならず!
    「(弱った者には力を与え、勢いのない者には強きを増し加えられる。
     年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れ果てて倒れる。しかし、)
     我が神にありて新たなる力を獲、ワシの如く翼を張りて昇り、走れども疲れず、
     歩めども倦まざるなり(内村鑑三:(イザヤ書40ー31)」

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    <神愛特権>は、私の人間性・人格を世間的善人に清めるためには全く無力ですが、
    心に抱く【ビジョン:理想・夢望・念志】を<最愛の我が子・我が分身>に育て
    【神愛事業=隣人愛&神愛奇蹟】で【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を光輝かせて
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>や<邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>の
    奇襲攻撃による<患難辛苦>で日々何度ノックダウンしても、ノックアウトせず、
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    <神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心><神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>の
    【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】に満ちて
    世間的に無一物で孤立無援に思えても<いつも一緒!>の【神の愛=主イエス】の
    <神愛の御手:導き手・助け手・癒し手> に支えられ再起・再出発し続け、
    【大希望:聖望!聖願!聖欲!】と<大確信:必勝・必決・必現>に至らしめて
    <最善の最後>に導く【神の大なる神愛能力】であり【御心:聖意・聖旨】です!

    ●<神意と人意>(内村鑑三)
     人は止まらんとし、神は動かんとし給う
     人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う
     人は制定せんとし、神は産出せんとし給う
    ●<積極的人生>(内村鑑三)
     すべて神の約束は彼の中に是(しかり)となり、また彼の中にアーメンとなる。
     神は是なり、またアーメンなり。彼は万事において積極的なり。
     しかして、人は神を信じて希望の人、歓喜の人、満足の人、
     すなわち全然積極的人物たらざらんと欲するもあたわざるなり
     <すべてにおいて積極的人物となる!> (内村鑑三)
    ●不可能だと思わない限り人間は決して敗北しない(カーネギー)
    ●苦しみが私達の生活に訪れて来る時、ほほえみをもって受け入れましょう。
     神が送り給うすべて、求め給うすべてをほほえみながら受け入れる勇気は、
     神からの最も偉大な賜物といえます(マザー・テレサ)
    ●一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、どんな考えで
     毎日生活しているか、どんな理想を追い求めているか、ということなのです
    (ヘレン・ケラー)
    ●人生に絶望なし(ヘレン・ケラー)
    ●彼らは涙の谷を過ぐれども、そこを多くの泉あるところとなす。
     初めの雨は多くの祝福にておおわれる(詩篇84‐6)
    ●命は恩寵のうちにある、夕暮れに涙が宿っても、
     朝明けには喜びの叫びがある(詩篇30‐5)
    ●<患難の解釈>(内村鑑三)
     患難はこれを消極的に解すべからず、積極的に解すべし。
     これを神の刑罰として解すべからず、神の恩恵として解すべし。
     神の憤怒の表彰として解すべからず、その自愛の示顕として解すべし。
     恩恵はすべて身の患難にして、麗の幸福なり。
     麗の幸福と解してすべての患難は患難たらざるにいたる。
    ●The Best is yet to come!
     <最善の時はこれからだ!>(ロングフェロー)
    ●<最善の最後>(内村鑑三)
     信者の生涯は始めは悪くして、終わりは善くある。
     終わりに近づくほど、ますます善くある。
     最後(ラスト)が最善(ベスト)である。
    ●<希望と前進>(内村鑑三)
     人は希望的動物なり。
     彼にありては前を望むは自然にして、後を顧るは不自然なり。
     希望は健全にして、回顧は不健全なり。

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    <神愛特権>の【信仰:信愛・信頼・信従】【神愛礼拝:★讃美★祈求★感謝】を体得し
    <闇の勢力:悪魔・悪霊・反キリスト>と<邪魔症候群:邪気・邪意・邪心>には
    <神愛の智恵:聖書観力・霊感力・直観力>と<神愛戦力:対戦・応戦・抗戦>を
    <最高!最善!最美!>の<神愛の武具・武器・武装>として万全武装することで
    <ビジョニスト:世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    <聖戦>に決起し<最愛の我が子・我が分身>【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    <人生の旗印>を高く掲げる【ミッション:大義・使命・天職】に<召命>されて
    <いつも一緒!>の【神の愛=主イエス&聖霊】と共に、人生の最後の最後まで
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
    世界を舞台に勇進し続けることを心より応援しています!

    ●幸福とは神と共にあることである。
     それに到達する力は、魂の声なる勇気である(ヒルティ)
    ●あなた方がわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、
     わたしはあなた方に聞こう。
     もし、あなた方が心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、
     わたしを見つけるだろう。
     わたしはあなた方に見つけられる(エレミヤ記29-12~14)
    ●あなたの神、主は、あなたのただ中におられる救いを施す勝利の勇士だ。
     主は喜びをもってあなたのことを楽しみ、
     その愛によって安らぎを与え新しくされる。
     主は高らかに歌って、あなたのことを喜び給う(ゼパニヤ書3-17)
    ●見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、
     わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。
     わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない
    (創世記28-5)
    ●神の無限の力に頼りて我等は我等の信ずるがごとくに
     全ての事を為すを得るなり。
     何事も思いわずらってはならない。
     ただ、事ごとに、感謝をもって、祈りと願いをささげ、
     あなた方の求めるところを神に申し上げるがよい
     (内村鑑三:ピリピ書4-13より)
    ●後にあるものを忘れ、前にあるものを望み(ピリピ書3-13)」と
     罪を忘れ、病を忘れ、失敗を忘れ、怨恨を忘れ、
     神と、生命と、成功と、愛とに向かって進まんのみ。
    ●汝ら前に進まんのみ(内村鑑三:出エジプト記14-15)
     前に進まんのみ、
     餓死を恐れず、単独を恐れず、失敗を恐れず、破滅を恐れず
     前に進まんのみ
    ●上を見よ、下を見るなかれ
     前を見よ、後ろを見るなかれ
     外を見よ、内を見るなかれ
     しかして、人に手を貸すべし (エドワード・へール)
    ●進め。どこまでも進め。
     前途を疑惧せずして進め。
     倒るるも退(ヒ)くなかれ。
     明日は今日よりも完全なれ。
     明年は今年よりもさらに一層勇壮にして、
     快活にして、謙遜にして、独立なれ。
     進化の宇宙に存在して、退く者は死する者なり。
     安全は退きて求むべきものにあらずして、
     進みて達すべきものなり。
     歓喜(ヨロコビ)と満足とは前にありて、後ろにあらず。
     臆病者に平和あるなし。
     進め、どこまでも進め(内村鑑三)
    ●<最大の能力>(内村鑑三)
     確信と称する活動力ではない、信仰と称する一種の依頼心である。
     これが世界を動かした力である。
     先ず我の無能を覚って、しかる後に神の大能に頼る、
     かくて自己は死して、神、我にありて生きるに及んで、
     我は真個の勇者となる。
    ●神はかれを愛する者にかれ自身を与えたまう。
     彼に世界とその富を与えたまわず、
     世とその名誉を与えたまわず、
     聖霊を与え給う(内村鑑三)
    ●信仰のための愛ではない、愛のための信仰である。
     信仰は愛を強め、潔め、高めるために必要なるのである(内村鑑三)
    ●人の道は主の目の前にあり、主は、その道筋のすべてに心を配って、
     その行いを見守られる(箴言5-21)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。