ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ビジョン:理想・夢望・念志】で超常識・超世間体の<落ちこぼれ・アウトサイダー>を<神愛先駆者・神愛一番槍:新しい人・新思想・新たな道・新時代>にして<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ビジョン:理想・夢望・念志】で超常識・超世間体の<落ちこぼれ・アウトサイダー>を<神愛先駆者・神愛一番槍:新しい人・新思想・新たな道・新時代>にして<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>に導く<真理>【神愛方程式=神愛摂理】【神の愛=主イエス】!

2021-07-30 13:08

    【2007年12月30日に作成した<第445回>より】
    ◇◇【神の愛=主イエス】は<落ちこぼれ>を愛す!◇◇

    ◆羊飼いと天使(ルカ伝2-8~21)
     その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。
     すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。
     天使は言った。「恐れるな。私は、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。
     今日ダビデの町で、あなた方のために救い主がお生まれになった。
     この方こそ主メシアである。
     あなた方は、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。
     これがあなた方へのしるしである。」
     すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。
    「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」
    天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。
     主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。
     そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を
     探し当てた。その光景を見て羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれた事を
     人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。
     しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。
     羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、
     賛美しながら帰って行った。
     八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。
     これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆様こんにちは!ご愛読感謝します!
    世界各国で愛読されている皆様、お元気ですか?ご活躍を心より応援しています!

    精神苦・病苦・経済苦・社会苦など大小様々な<患難辛苦>に直面し立ち向かう
    <対戦・応戦・抗戦>意欲に導びく<最高!最善!最美!>の<無限の源泉>が
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス&聖霊】が与えてくれる【神愛力=隣人愛&神愛奇蹟】です!

    【主イエス】<降誕>という<史上最大イベント>に招待されたのは【羊飼い】でした。
    当時【羊飼い】という職業は人口調査の対象にもならないような世間的には無に等しい
    「アウトサイダー」の存在であったそうです。

    にもかかわらず【神の愛】が招待してくれた事実は現代に生きる<落ちこぼれ>であり、
    世間的に無に等しい私も<ビッグ・チャンス!>に導かれる希望があり、感謝感激です!
    ご存知のように【主イエス】の降誕は降誕以前と全く異なる<新時代>を確立しました。
    どんな分野でも万事において<新時代>の証言者・預言者や先駆者・先導者は、
    旧時代の<アウトサイダー・落ちこぼれ>だといえるのではないでしょうか。

    そうです!世間とずれている者は【神の愛=主イエス】に愛され導かれる<神愛特権>に
    預かれる<新時代・新たな道>の大切な<コーナー・ストーン>です!ハレルヤ!

    ●家造りらの捨てた石が隅のかしら石になった。
     これは主のなされたことで、私たちの目には不思議に見える。
     (詩篇118‐22、マタイ伝21‐42、マルコ伝12‐10、ルカ伝20‐17、使徒行伝4‐11、
     エペソ書2‐20、ペテロ第1書2‐7)
    ●キリスト信者たる栄誉の一つは、よわき取るに足らざるこの身をもって、
     なおも大望を抱いて、その一部分を遂行しうるにあり(内村鑑三)
    ●人々が「失われた」と言うところで、神は「見いだした」と言い、
     人々が「裁かれた」と言うところで、神は「救われた」と言い、
     人々が「否」というところで、神は「然り」と言う。
     人々がなげやりな気持や、高慢から、目をそらせるようなところで、
     神は他のどこにもない愛のこもった目を向けるのである(ボンヘファー)
    ●太鼓の音に足の合わぬ者を咎めるな。
     その人は別の太鼓に聞き入っているのかもしれない(ソロー)
    ●雑草とは、まだ美点が発見されていない、草である(エマーソン)

    奴隷根性から自由独立解放した人類史上の先駆者の偉大なる【預言者モーゼ】でも、
    モーゼ自身がエジプトで満喫した【この世の勢力:富・権威・名声】の栄華と決別して、
    【神の愛】に<召命>されるためには、何と40年間の<放浪生活体験>が必要でした。
    異民族の婿養子となりますが世間的にも家族にさえも目立つ事もない<羊飼い>として、
    その後の偉大な生涯とは全く無縁な日々を送っていたのです。

    そのようにして世間的にも家族からも<落ちこぼれ>の<無一物>な存在となった時に、
    【神の愛】は<新時代>の【預言者・先導者】としてモーゼを選ばれたと理解します。
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】が為される事は、全てにおいて時と場所にかなって美しいですね。

    ●天の下では、何事にも定まった時期あり、すべての営みには時がある。
     生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。
     植えるのに時があり、植えたものを抜くのに時がある。
     殺すのに時があり、癒すのに時がある。
     崩すのに時があり、建てるのに時がある。
     泣くのに時があり、微笑むのに時がある。
     嘆くのに時があり、躍るのに時がある。(伝道の書3-1~5)
    ●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3-11)

    さて現代日本はどうでしょうか?いよいよ<新時代>の幕開けが近いとは思いませんか?
    現代日本の栄華を極める【この世の勢力:富・権威・名声】とかけ離れ無縁ならば、
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】と<新時代・新たな道>で活躍できる<ビッグ・チャンス>です!

    私たちは【神の愛=主イエス】が愛される【福音の勢力】に属そうではありませんか!
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】になれば
    <無制限・無尽・無償>の【ダイナミック・パワー:堅信力・耐望力・熱愛力】と
    <一日一生!日々新た>な【バイタリティ:生活力=生命力+活力】で充霊されて
    【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が<パワーUP&UPグレード>され続けます!

    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】と【信仰:信愛・信頼・信従】で<相思相愛の主従関係>になる
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に属するとは
    どんな心意気なのか具体的に考えてみましょう。

    ★★<多数派>よりも<少数派>が大好き!★★
    ●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三)
    ●大いなる事業が完成されるためには、ひとつの精神があれば足りる。
     千の手を動かすために(ゲーテ)
    ●全て偉大な事は小規模に少人数から始まるものだ。
     あなたはそれを覚悟しなければならない。
     そして、子供たちを教育するにも彼等が少数派に属する事を
     平気なように導かねばならない(ヒルティ)
    ●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。
      世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)

    ★★<この世の子:大人心>よりも<光の子:幼な心>が大切!★★
     ⇔<神愛意欲:愛好精神・好奇心・探究心>・素人根性は【有名無力・無名有力】!
    ●この世の子らは、己が時代の事には、光の子らより巧みで利口である(ルカ伝16-8)
    ●知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子のような者にあらわした。
     (マタイ伝11-25、ルカ伝10-21)
    ●私たちは幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、
     幼な子らしく考えていた。しかし、おとなになった今は幼な子らしい事を捨て去った。
    (コリント前書13-11)
    ●野心からも、単なる義務感からも、本当に価値あるものは生まれてきません。
     本当に価値あるものは、むしろ、人や事物を深く愛する心から生まれてくるのです。
     (アインシュタイン)
    ●人間のうちに善をのばしてやり
     彼らの心に善に対する愛好心を注ぎ込む事が必要である(ヒルティ)

    ★★老いて益々若々しく<熱き思い燃える心>の<青年(青春)>まっしぐら!★★
     ⇔【先駆開拓精神:★挑戦魂★前向き/プラス思考★オープン・マインド】
    ●しいられてするのではなく、神に従って自ら進んでなし、
     恥ずべき利得のためでなく、本心からそれをなしなさい(ペテロ第1書5-2)
    ●各自は惜しむ心からでなく、また、強いられてでもなく、
     自ら心で決めたとおりにすべきである。
     神は喜んで施す人を愛してくださるのである(コリント後書9-7)
    ●青年、壮者とは;
             常に不可能を計画する人
             常に大改革を望む人
             常に詩人的にして夢想する人
             常に利害にうとき人
             常に危険を感ぜざる人  (内村鑑三)

    ★★<不屈の楽観・楽天能力>
                    【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】!★★
     ⇔【常時歓喜!不断祈求!万事感謝!】と<神愛忍耐:優耐・望耐・歓耐>で
      【大希望:聖望!聖願!聖欲!】<大確信:必勝・必決・必現>に溢れる!
    ●楽天主義者は、信じ、試み、そして目標を成し遂げる(ヘレン・ケラー)
    ●楽天は人を成功に導く信仰なり。希望なくして何事も成ることなし(ヘレン・ケラー)
    ●偉大な哲学者も事業家も、多くの学者も文豪も、ほとんどが楽天主義者であった。
    (ヘレン・ケラー)
    ●楽天主義とは、善を信じ、輝かしい未来の到来を確信し、
     明日を今日より美しいものにするための努力を重ねる生き方なのである。
     (ヘレン・ケラー)

    私たちが<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】で
    生きる事を<人生理想>とすることも必要ですが、それと同時に【隣人・社会】では
    孤立無援で勇猛果敢に前進し続けている【神愛同労者・神愛同志】を支援・応援して
    <心を一つ思いを一つ><相愛互助・互助友愛>で<一体化・連帯化・協働化>した
    【神愛チーム・ワーク&神愛チーム・スピリット】こそが【御心:聖意・聖旨】だと
    実感します。

    ●いつどこでも愛をもって真理の味方をすること、
     これがまことに我々の日常の活動的生活の課題である(ヒルティ)
    ●私たちは神の同労者である。あなた方は神の畑であり、神の建物である。
     (コリント前書3-9)
    ●私たちは真理のための同労者となるように、こういう人々を助けなければならない。
     (ヨハネ第3書8)

    世間的に非常識でも【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が満足する【神の愛=隣人愛】に
    勇進できる<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】を
    世界は待っています!求めています!

    ●誠実、心の真のありのまま、これ常にいかに貴いかな。
     実際に自己の心の中に存する事を語る者は、
     その方法のいかに拙劣なるも、必ず彼に聴かんと欲する人あるべし(カーライル)
    ●自らの意志の主人となり自らの良心の奴隷となれ(リーブ・ラズロー)
    ●世界に苦痛は満ちあふれていますが、
     それに打ち勝つための力もまた、
     満ちあふれているものなのです(ヘレン・ケラー)
    ●一番大事なことは、どんな環境が必要かということではなく、
     どんな考えで毎日生活しているか、
     どんな理想を追い求めているか、ということなのです(ヘレン・ケラー)

    例えば、TV映画で『パッチ・アダムス』が放映されましたが、私は感動しました!
    日本の病院でも導入され始めている「笑い・ユーモア」で患者を癒し励まし回復させる
    「クリニ・クラウン」「クラウン・ドクター」を産み出す<先駆者>的活躍をした
    パッチ(あだ名)の【青春:幼な心・青年の心】の挑戦を描いた実録的映画です。
    彼もまた<ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】に
    生きる素敵な【神愛同労者・神愛同志】です!

    エリート医学界の常識を破り、大学病院の枠を超えた型破り・掟破りのパッチでしたが
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>の
    【神の愛=主イエス】が最も喜ばれる【黄金律(ゴールデン・ルール)】に従ったのです。
    ●すべて自分がされたいと欲する事を、神が為されるように、汝の隣に施せ。
    (黄金律:ルカ6-31、マタイ7-12)
    ●ある程度は、他人のために心配したり、はたらいたりしなければ、
     どんな人も精神的に健康を保つことはできない(ヒルティ)
    ●何をするにも人に対してではなく、主に対してするように心から働きなさい。
     (コロサイ書3‐23)
    ●真っ先に人間に慰めを求めないで、神にそれを求めなければならない(ヒルティ)

    大学病院は一時的に追放され、退学にも追い込まれ、【同労者・同志】との悲別など
    様々な【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】を【同労者・同志】と共に克服し、
    医療の<新たな道・新時代>を切り拓いて見事に確立してくれました!

    ●他人の嘲りを心にとめず、敗北にも挫けず、勇気をもってまた起ちあがれ、
     いっさいの正義にはやがて勝利がおとずれるのだ(エマーソン)
    ●私たちは、真理に逆らっては何をする力もなく、真理に従えば力がある。
    (コリント後書13-8)
    ●兄弟たち、喜びなさい。完全な者になりなさい。励まし合いなさい。
     思いを一つにしなさい。平和を保ちなさい。
     そうすれば、愛と平和の神があなた方と共にいてくださいます(コリント後書13-11)
    ●あなた方に幾らかでも、キリストによる励まし、愛の慰め、“霊”による交わり、
     それに慈しみや憐れみの心があるなら、同じ思いとなり、同じ愛を抱き、心を合わせ、
     思いを一つにして、わたしの喜びを満たしてください(ピリピ書2-1~2)

    現在の日本においも2007年の年の瀬にも、来たるべき<新年2008年>幕開けに向けて
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】を求めている
    現象があります。それは日本テレビで29日から31日までの3日間連続再放送されている
    『ごくせん』という番組です。

    日本初の民間放送日本テレビが選ぶ<開局55周年記念番組>は『ごくせん』でした。
    <学園ドラマ>は単なる青春ドラマでなく<現代社会の縮図>の再現だと思います。
    ご存知のように主人公の女性教師もまた、世間的<落ちこぼれ>で型破りに見えます。
    しかし、どんな問題に対しても世間体や先例・規則よりも、<義理・人情>を重んじて、
    <相愛互助・互助友愛>と【神の愛=隣人愛】を基本に解決します。

    ●大切なのは、私たちがどれだけの行動をするのではなく、
     それをするのに、どれだけ愛を注いでいるかです。
     大切なのは、私たちがどれだけ与えるのではなく、
     それを与えることに、どれだけ愛を注いでいるかです(マザー・テレサ)

    期待以上に反響を読んで高視聴率を見事に獲得した学園ドラマ『ごくせん』の主人公も
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】として
    活躍する<ヒーロー象>だと思いませんか?

    日本社会全体が【神の愛=隣人愛】によって造り変えられる<新しい人><新たな道>
    <新時代>を捜し求めている証拠です!

    ●我々は、慣れた生活から放り出されると、もう駄目と思う。
     しかし、実際は、ようやく新しい良いものが始まるのである(トルストイ)

    ドラマの主人公でなくても、【神の愛=主イエス】に【信仰:信愛・信頼・信従】すれば
    私でも【大希望:聖望!聖願!聖欲!】に満ち溢れた【ビジョン:理想・夢望・念志】を
    <人生の旗印>に勇進できる<新しい人>になって<新思想>を抱き、<新たな道>を
    切り拓いて<新時代>を築けることは<歓喜!感動!感謝!>です!

    ●キリストは私たちの平和であって二つのものを一つにして
     敵意という隔ての中垣を取り除き、
     ご自分の肉によって
     数々の規定から成立する規律と戒律ずくめの律法を廃棄したのである。
     それは、彼にあって二つのものを一人の新しい人に造りかえて
     平和を来らせ、十字架によって二つのものを一つの体として神と和解させ、
     敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである(エペソ書2-14~16)
    ●新思想とは;
      ★新鮮なる思想
      ★人に新希望を供する思想
      ★人に新生命を供する思想
      ★人に新計画を供する思想
      ★羽翼を張りて中天に翔(アガ}らんとする意欲を興す思想(内村鑑三)

    私たち各自も決起して【この世の勢力:富・権威・名声】では未解決・未完成の領域に
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】になって
    <新たな道>を開拓し【神の愛=隣人愛】に立ち帰る<明るい未来>である<新時代>を
    築きましょう!

    ●福音は政治にあらず、しかれども国家を潔む
     福音は美術にあらず、しかれども美感を喚起す
     福音は哲学にあらず、しかれども思惟を刺激す
     福音は産業にあらず、しかれども富を増進す
     福音はこの世のことにあらず、しかれども人をその中心において活かすゆえに
     活動の全ての方面においてこの世を啓発す。
     この世以外の福音こそ、この世を救う唯一の勢力なれ(内村鑑三)
    ●世に惨事多きや、福音を説くべし
     世に罪悪多きや、福音を説くべし
     国家を救わんと欲するや、福音を説くべし
     社会を改良せんと欲するや、福音を説くべし
     福音は世を救うための神の能(チカラ)なり(内村鑑三)
    ●<キリスト教の真意>(内村鑑三)
     活動思索の全ての方面においてエホバの神を崇め奉る、
     これキリスト教の真実となす。
     -天体に神の栄光を探る
     -地層に神の御手の工(ワザ)を求む
     -詩歌に神の無限の愛をたたえる
     -美術に神の美妙の理想を現わす
     -農は神と共に神の地を耕すこと
     -工は神と共に造化の上に、さらに造化を加えること
     -商は神と共に神の物産を広く四方に分かつこと
    ●福音は社会のためにあらずして、社会は福音のためなり
     福音は顕れたる神の聖旨を実顕せんがために世を造り給いしなり。
     福音は目的にして社会は手段なり(内村鑑三)
    ●我はただ語る。人が聴いても語る。聴かないでも語る。
     我は我が歓喜を語らずにはいられない。我はヒバリがさえずるごとく
     人が聴く聴かざるに関せず語る。我は黙するにはあまりに嬉しくある。
     それであるから語るのである(内村鑑三)

    【神助道:神助精神・神助主義・神助本願・神助努力・神助本位】のお任せ人生で
    日々直面する患難辛苦を【神愛特訓:オーディション!リハーサル!】と受け止め
    【主イエス】再臨で地上誕生される<御国:千年王国・メシア的王国・神愛王国>の
    本番舞台でエデンの楽園復活事業に【ビジョン:理想・夢望・念志】で参加する為に
    <アーメン!ハレルヤ!主に感謝!>GLORY JESUS KINGDOM!先取神愛感謝の
    【神愛福音道】【聖書価値観】<神愛価値観:神愛世界観・神愛歴史観・神愛人生観>で
    【神の愛=主イエス】に【信仰:信愛・信頼・信従】して【神の愛=隣人愛】に光輝き
    【大希望:聖望!聖願!聖欲!】<大確信:必勝・必決・必現>に満ち溢れている
    【ビジョン:理想・夢望・念志】を掲げて<新しい人><新しい道><新時代>に導く
    <ビジョニスト:光の子・世の光・地の塩><福音の戦士>【福音の勢力】となって
    <不屈の楽観・楽天能力>【パッション:患難善転力・感受感化力・霊性活気力】で
    【救国:民族精神復興&国体再建】【世界平和:神愛自由&神愛正義<隣人愛>結実】に
    世界を舞台にチャレンジし続ける活躍を心より応援しています!

    ●私たちは、いつも、こうなりたいと望むものになれる(ナイチンゲール)
    ●今日も、明日も、困難が待ち受けている。しかし、それでも、私には、夢がある。
    (キング牧師)
    ●あなたの夢は何か、あなたの目的は何か。
     それが明らかならば、必ずや道は開かれる (ガンジー)
    ●至高の目標を持て、それが、将来の予言になる(ジェームス・アレン)
    ●あなたの最良なものを世に与え続けなさい(マザー・テレサ)
    ●私たちのすることは大海のたった一滴の水にすぎないかもしれません。
     でも、その一滴の水があつまって大海となるのです(マザー・テレサ)
    ●情熱をもって君たちの使命を愛せよ。これより美しいことはない(ロダン)
    ●君が何かを全身全霊で欲した時、君はその『大いなる魂』と最も近い場所にいる。
     それはいつも、前向きな力として働くのだ(パウロ・コエーリョ)
    ●<神意と人意>(内村鑑三)
     人は止まらんとし、神は動かんとし給う。
     人は固執せんとし、神は溶解せんとし給う。
     人は制定せんとし、神は産出せんとし給う。

    ハレルヤ!栄光を主に帰します。
    主の恵みに感謝します!アーメン

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    Good luck & God bless you!
     
    異論・反論・疑問など何でもメール歓迎します!
    cforum@tanaka.name
    ウェブ:https://cforumtanaka.jimdo.com
    田中 聡(さとし)






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。