【読者SELECTION】ネバ・ーギブ・アップ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読者SELECTION】ネバ・ーギブ・アップ!

2015-05-25 20:00


    ◇◇ ネバ・ーギブ・アップ ◇◇
    【2002年2月9日に作成した<第217号>より】
    ツルネン議員の補欠繰り上げ当選報道を観て

    ●真に有為な人がながく軽んじられたためしはない(ヒルティ)
    ●あなた方は耐え忍ぶことによって自分の魂を勝ち取りなさい
     (ルカ伝21‐19)
    ●最後まで耐え忍ぶ者は救われる(マタイ伝6‐6)

    神に大事にされ大切なる皆さんこんにちは、ご愛読に感謝します。

    皆さんご存知のようにフィンランド出身のツルネン氏が7年に渡る
    4回の国会議員選挙出馬でも毎回次点落選していたのが、ようやく
    大橋巨泉氏の辞任によって補欠繰上げ当選の報道がありました。

    彼は元々宣教師として来日してから35年になるそうです。その間
    先ず湯河原町会議員になります。そして自分の目指す環境対策の
    【ビジョン:理想・夢・志】の実現のために国会議員になろうと
    決意したそうです。

    彼は英語塾を経営しながら選挙資金をカンパで集める厳しい条件
    でも、常に前向きでネバー・ギブ・アップで信じる道を目指した
    チャレンジをし続けました。

    年収は300万足らずで家のローンも一年間は利子だけの支払いで
    勘弁してもらっているほどに苦しい家計にあっても妻と家族の
    暖かい理解と協力とサポーターの熱意によって、そして何よりも
    【ビジョン:理想・夢・志】があったのであきらめませんでした。

    ●成功の秘訣は目的に対する不動の心である(ディスレリー)

    最後の落選による資金負担のために、今年3月以降の生活の行方が
    見えないほどの行き詰まりだったそうです。

    しかし、神は見捨てませんでした。彼の出番は時にかなって実現
    したからです。それは神の愛の奇蹟として誰も予想もしない形で
    実現しました。

    ●私たちは四方から患難を受けても 窮しない
     途方にくれても         行き詰まらない
     迫害されても          見捨てられない
     倒されても           滅びない 
                    (コリント後書4‐8~9)
    ●神のなされることは全てその時にかなって美しい(伝道の書3‐11)

    彼はインタビューで次のように応えています。
    「いよいよ私の番が回ってきました。日本に恩返しがしたい。
     至誠は天に通じる! 誠実さが理解されたのだと思います。」

    ●【神助】(内村鑑三)
    ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物を
    もって汝を恵まん。
    ⇔ ★天来の思想
    ★外来の友人
    ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
    ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。汝は信仰を
    もって神の力を汝の力となすをうべし。
    ●神は神の聖霊を役立てたいと思う人々にだけ、それを授け給う
     のであって、ただそれを所有して楽しむためには与えられない
     (ヒルティ)
    ●何事も思いわずらってはならない。ただ事々に感謝と祈りと
     願いとをささげ、あなた方の求めるところを神に申し上げる
     がよい(ピリピ書4‐6)

    【キリスト精神】の根本はユダヤ民族の精神・思想に由来します。

    【イエスの十字架】の後にイエスの預言どおりにイスラエル神殿は
    ローマ帝国により破壊されエルサレムは滅亡し当時のユダヤ民族は
    歴史的には世界中に散らばりました。

    しかし、彼等ユダヤ民族は世界各地で様々な迫害差別されながらも
    ネバー・ギブ・アップの精神で、ついにはイスラエル国の再建まで
    実現して見せました。彼等は東のロシアや南のエチオピアや世界の
    四方からイスラエルに集まりだしています。それもまた預言の通り
    です。

    ●主は国々のために旗を揚げ
     イスラエルの散らばされた者を
     ユダの追い散らされた者を
     地の四隅から集められる(イザヤ書11‐11)

    ご存知のように世界中に散らばったユダヤ民族はノーベル受賞者は
    世界で一番多く、社会学のマルクスも心理学のフロイトなど各分野
    で大改革を実現してくれました。

    少数のユダヤ民族は世界中に散らばっていても、どうしてあらゆる
    分野で活躍できるほどに優秀なのでしょうか。

    興味深い話しを奥山牧師はテレビ伝道で紹介してくれました。

    ある時、日本の学生が有名なユダヤ人のラビ(先生)に質問します。
    「先生、どうしてユダヤ人はそんなに優秀なのでしょうか?」

    先生は次のように応えます。
    「私たちには【旧約聖書】があるからです。」

    学生は心に思ったそうです。
    「旧約聖書?そんな古い書物のどこに価値があるのだろう」

    学生の気持ちを察した先生は次のように応えたそうです。
    「毎朝届けられる、インクがまだ渇ききっていない新聞のように
     いつも新鮮なものとして【旧約】を読むのです。」

    ●正義の道には命がある。その道筋には死がない(箴言12‐28)
    ●聖書は古いものでもなければ新しいものでもない、
     聖書は永遠のものである(ルター)
    ●絶えず偉大な思想に生き、ささいなことを顧みないように
     努めなさい(ヒルティ)

    それでは【旧約聖書】には何が示されているのかといえば;
     ◆唯一絶対の人格のある全知全能の神の存在証明
     ◆メシア(キリスト)待望の預言

    この神観と将来への希望のこそが常にネバーギブアップの精神を
    生み育てるのだと思います。

    さらに、ユダヤ人家族では母親の幼児教育に大きな特徴があります。
    欧米では熱心な「教育ママ」のことを【Jewish Mother
    (ユダヤ人の母)】と呼ぶぐらいに有名なのだそうです。

    その教育方針とは次の考え方です。
    !)見分ける: 自分の子は他の子とどこが違うのか、どこが優れるか
    !)長期計画: 発見した【タレント:個性・才能・可能性】を延ばす
           ためには幼児から英才教育を始める

    世間に合わせたり、やみくもに何でも教え込むのではありません。
    【オンリー・ワン】の存在としての特徴を発見しようとする母親が
    いるから、学力不振で学校から追放されたアインシュタインでも
    母親が大切に教育指導して【天職・使命】に導けたのだと思います。

    家族単位でそのように、オンリー・ワンの【タレント:個性・才能・
    可能性】を発揮しようとする精神があるから、ユダヤ民族は世界の
    多くの才能を伸ばすことを得意としていることも理解できます。

    たとえば、ハリウッド資本やアカデミー賞を創る事で映画産業を
    育成発展させて、アクターズ・スタジオからは数多くの名俳優が
    卒業しています。ピュ―リッツァ賞を創る事によりマスコミ分野の
    優秀な若手ジャーナリストの発掘育成の為に世界に貢献しています。
    音楽界はバーンスタインやアイザック・スターンのように日本から
    多くの才能を見出し育て支援してくれた世界の恩人がいます。

    私たちも、たとえこの日本の狭い世間に認められずとも心配無用です。
    世界中に散らばっているユダヤ民族が見出し支援してくれるからです。
    それも困難な時に、最後は神様が私たちを助け導いてくれるからです。

    ●神は我等の避け所また力なり、悩めるときの最も近き助けなり
     されば、たとえ地は変わり、山は海の中央にうつるとも我等は
     おそれじ(詩篇46‐1)

    私たちもユダヤ人の善き精神を見習って、常に違いを見出せるように
    なりましょう。そして【ネバーギブアップ】の精神を見習いましょう。
    神と共に歩む者として大いなる【ビジョン:理想・夢・志】を目指して
    雄々しく大胆にチャレンジしましょう!

    ●神にすがるの依頼心ありて始めて真個の独立と威厳と自尊とは
     あるなり(内村鑑三)
    ●神に従う生活をしない者はただ恐れにばかり支配される
     (ツィンツィンドルフ:同胞教会設立者「心の宗教」主唱者)  

    皆さんのネバー・ギブ・アップのチャレンジを心から応援します。

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!

    メイル歓迎します!
    cforum@tanaka.name

    ★★★皆さんの【願い事】のために【礼拝:祈りと感謝】致します!★★★
     あなたの【ビジョン:理想・夢・志】・【願い事】を御気軽に御連絡下さい!
    <心を一つ思いを一つ>の【チーム・スピリット&チーム・ワーク】に私が協力します!
     
    あなたと共に【神の愛=主イエス】に向け【主の御名】によって【礼拝:祈りと感謝】いたします!

    ●あなた方のうちの二人が、どんな願い事についても地上で心を合わせるなら、
     天にいます私の父はそれをかなえて下さるであろう。
     二人、三人が私の名によって集まっているところには私もその中にいる(マタイ伝18-19~20)

    皆さんからの御連絡お待ちしています!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。