<困難>で<突破口>に導く【神の愛=主イエス】!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

<困難>で<突破口>に導く【神の愛=主イエス】!

2015-10-25 15:38

    【2002年3月5日に作成した<第226回>に加筆】<改訂版・再掲載>
    ◇◇<困難>こそが<突破口>!◇◇
    ★「救急救命士による気管内挿管業務問題」
    ★「アフガニスタンの女性教育問題」について考える

    ●苦しい状態は「一時」のことであっても永続するものでなく、
     それは神によって一瞬に変えられるものであり、
     しかも目的がとげられると間違いなく即座に変えられる(ヒルティ)

    【神の愛=主イエス】に大事にされ大切なる皆さん、こんにちは!ご愛読に感謝します!

    【神の愛=隣人愛】に反する【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】の
    おかげで、かえって人々の【霊性:魂[勇気]・善意・良心】を目覚めさせてくれます。

    私のように【悪:無知・無関心・無責任】に満ち溢れていようとも、問題意識をもたせて
    正義感や使命感を呼び起こさせて【神の愛=隣人愛】の必要を実感させてくれます。

    ●困難は我をして神に接近せしめ、また人に鍛接せしむ。
     困難は我の単独を破り、我をして人類の一員たらしむる。
     尊むべきかな困難!(内村鑑三)

    最近のテレビ報道で救急救命士の救命最前線における<困難>が明かになってきました。
    その<困難>な問題とは心肺停止状態を救うための気管内挿管という処理です。

    ご存知のように、この問題は救命士制度導入の10年前から検討してきた問題でした。
    気道確保のための一つの処理なのですが、高度医療技術であることを理由にして
    先送りしてきたようです。

    厚生労働省側は現在でも医師法違反として救急救命士には気管内挿管を禁じています。

    一方で、救急現場では人命を何とか救いたいとして秋田の救急救命士が起ち上がります。
    彼等は違反と知りながらも、1993年から5年の期間だけをみても、1500件の気管内挿管の
    救急救命処理をしてきたのです。

    「患者を助けたい一心から実行してきました。」と救急救命士は語っていました。
    【神の愛=隣人愛】あっての勇気あるチャレンジです。
    【神の愛=隣人愛】は何よりも賢明であり、強くて優しい証明です!

    ●愛は隣人を害する事はない。愛は律法を全(マットウ)する(ロマ書13‐10)
    ●愛は、他のいかなるものにもまして、人を賢明にする。ただ愛のみがよく、
     人びとの本質と事物の実相とについての洞察を、また人びとを助けるための
     最も正しい道と手段とについての本当の透徹した洞察力を与えてくれる(ヒルティ)
    ●神がひとたび人間の意志を所有されるならば、神はその人の中でみずから全ての事を
     行ない彼を完全へと導き給う(聖女カタリナ)
    ●愛は重荷を感ぜず、労苦を顧みず、自分の力以上のことを行ないたがる
     (トマス・ア・ケンピス)
    ●愛は万事に対する能力をもち、愛しないものならば力尽きて倒れる場合にも、
     多くのことを成し遂げる功を奏させる(トマス・ア・ケンピス)
    ●愛の中に恐れあることなし、全き愛は恐れを除く(ヨハネ第1書4‐18)

    違反を覚悟の上での<先駆的チャレンジ>は留まるどころか、青森、山形、新潟へと
    波及していったそうです。

    彼等救命士が起ち上がれたのは地元の医師が積極的に協力して医師の下で協働訓練まで
    行ったからです。【神の愛=隣人愛】は留まることを知りません。
    日々新たに成長し続けて<圧倒的勝利>へと導きます!

    ●イエスに対する【貴い愛】は人を促して大きな仕事をなしとげさせ、人を励まし
     いつもいっそう完全な徳を望むように仕向けさせる。愛は常に向上を欲していかなる、
     いと低い事物によっても引き停められることを望まない(トマス・ア・ケンピス)
    ●愛は勇気の基底なり、人の善を念(オモ)いて後に我等は、その人に対して
     大胆に何事もなすを得るなり(内村鑑三)
    ●<愛の波動>(内村鑑三)
     愛は波及す。延びて地の極みに達し世の終わりに至る。
     我も直ちに神に接し、その愛を我が心に受けて、地に愛の波動を起こさんかな。

    厚生労働省と総務省内(元消防庁)の窓口に電話質問してみたところ、お互いの言い分は
    異なり、今後の対応は結論が出ていないようでした。(2002年3月時点)

    救急現場での問題は気管内挿管だけでなく、様々な<困難>があるようです。
    たとえば、本来なら1秒を争う心臓停止を救うための<電気ショック処理>にしても、
    現在は車内から電話で医師に確認しながら行なう必要があるそうです。

    今回の問題提起が全ての<困難>解決の<突破口>になったことは間違いありません。
    私のように多くの人々が無知・無関心だったから10年間も先送りされてきたに過ぎせん。
    もう後戻りすることは世間が許さないでしょう。

    ☆★☆追記(2007年4月)☆★☆
    2004年7月に条件付で、気管内挿管の処理が救急救命士にも認可されたようです。
    秋田の救命士の決死の活躍が法改正に大きく寄与したことは自明のことですね。
    ハレルヤ!栄光を主に帰します!

    ★★円山啓司のプレホスピタルケア★★<<お奨めのウェブです!>>
    あ、危ない! 救急や災害はいつでもどこでも起こりえます。
    このホームページはそんな時、どうすればよいか?
    そうならないためにどのように予防すれば良いか等を掲載しています。
    是非、この機会に救急の問題を考えてみて下さい(円山啓司)
    http://square.umin.ac.jp/enzan119/index.html#ems
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

    <先駆者>が自らの【霊性:魂[勇気]・善意・良心】に従った<使命感><正義感>で
    【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】に勇猛果敢に立ち向かったおかげで
    関係者が先送り後回しにした<困難>な問題は、一時的にはさらに<困難>が増大しても
    【神の愛=隣人愛】の【チーム・ワーク&チーム・スピリット】によって、問題解決への
    <突破口>となることが【神の愛の方程式・摂理】であると理解できます。

    ●悩みを突き抜けて歓喜にいたれ!(ベートーベン)
    ●目標に近づくほど困難は増大する(ゲーテ)
    ●正しい者の道は夜明けの光のようだ、いよいよ輝きを増して真昼となる(箴言4‐18)
    ●敵がなければ、勇士も生まれない。宇宙が光を放つものだったら、
     太陽はおよそ退屈なものになるであろう(エマーソン)
    ●私どもが屈服しさえしなければ害悪はみな恩人である(エマーソン)
    ●もし、世界に喜びしかなかったら、勇敢になるとか、忍耐強くなるとか、学ぶことは、
     決してなかったでしょう(ヘレン・ケラー)
    ●この山を登ろうとする者
     その麓にて大きな困難に出会うであろう。
     されど、登るに従って困難は減じ
     おんみの辛苦は今ようやく愉しみとなる。
     やがて登ること、きわめてやすく
     小舟で急流を下るがごとくなるであろう(「神曲」煉獄篇・第四歌)
    ●あなたが行きづまったと感じ、もうその先へ一歩も進めないと思った時、
     そしてまた人生のすべての目的を見失ったと感じた時、それは実にすばらしい
     チャンスです。それはすべてをもう一度やりなおし、人生の新しいページをめくる、
     素晴らしいチャンスなのです(アイリーン・キャディ)

    アフガン攻撃の結果、アフガニスタンの女性への教育差別は一気に改善されているように
    報道されています。

    女性の社会進出が<困難>な上に、さらに戦争という<困難>が増し加えられたことで、
    ようやく<突破口>が開かれた事にも【神の愛の方程式・摂理】を発見できます。

    ●神はどんな悪も行われないようにするよりも、むしろ悪から善を生じさせるように
     する方がよいと考えられたのである(アウグスティヌス)
    ●悪いことの中にも、なにほどかの善の魂がまじっている。
     人が注意ぶかくそれをさがし出すならば(シェークスピア)
    ●万事をその最善をもって解せよ、最悪において解するなかれ(内村鑑三)

    彼女たちの多くは禁じられた時でも勉学心を捨てずに「隠れ学校」に通い続けました。
    多くの少女に将来について尋ねると、教師や医者や弁護士になることが夢だと答えます。
    このように<社会的使命感>に燃えるのも社会的に抑圧されて<問題意識>に目覚めて
    <自由>と<正義>を守るために、社会において何が重要で大切なものかを子供心にも、
    深く理解することができたのではないでしょうか。

    ●一切を捨てよ、そうすれば一切を見出す(トマス・ア・ケンピス)
    ●どんな困難な状況にあっても、解決策は必ずある。救いのない運命というものはない。
     災難に合わせて、どこか一方の扉を開けて、救いの道を残している(セルバンテス)

    不自由・束縛という【困難】こそが、彼女たちの<心の教師>となって心を豊かにして
    くれたのだと思います。同じように私たちの【ビジョン:理想・夢・志】に立ちふさぐ
    【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】に<歓喜!感動!感謝!>です!

    ●豊かさは節度の中にだけある(ゲーテ)
    ●束縛があるからこそ
     私は飛べるのだ
     悲しみがあるからこそ
     高く舞い上がれるのだ
     逆境があるからこそ
     私は走れるのだ
     涙があるからこそ
     私は前に進めるのだ(マハトマ・ガンジーの遺言となった詩)
    ●今度、何か手につけられないような困難に出会ったら思い切ってその中に飛び込み、
     不可能と思っていたことを可能にすることだ。自分の能力を完全に信頼していれば
     必ずやれる(カーネギー)

    【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】が転じて<突破口>となるには、
    【神の愛=隣人愛】が結集した【チーム・ワーク&チーム・スピリット】が有効であり、
    【聖書】を通じて【神の愛=主イエス】と【神の愛=隣人愛】を体感する私たちには
    <心を一つ思いを一つ>になれる<旗印>として【神の愛=隣人愛】に光り輝く一人の
    【ビジョン:理想・夢・志】があれば充分だと実感できます!

    ●大いなる事業が完成される為には一つの精神があれば足りる。千の手を動かすために
     (ゲーテ)
    ●革新は自己より始まらなくてはならない(内村鑑三)
    ●我れをしてまず凝結の基礎たらしめよ。さらば我れより凝固は始まるべし。
     我れをして万有の土台の上に屹立(キツリツ)せしめよ。
     さらば周囲はおのずから来たりて我れより整列するに至るべし。
     これ革新事業成功の大秘訣なり(内村鑑三)

    【主イエス】が独り起ち上がり、わずか<12弟子>を<召命>して宣教活動を始めた、
    【キリスト精神】が2000年後の現代もなお世界の果てまで成長し続けているように、
    たった独りの【神の愛=隣人愛】に光り輝く【ビジョン:理想・夢・志】から始まって
    <心を一つ思いを一つ>にした【神の愛=隣人愛】に結集した<少数派:少数精鋭>を
    【神の愛=主イエス】は喜ばれて<神助:祝福・恩恵>と【神の愛の奇蹟】で導く事も
    【神の愛の方程式・摂理】です!

    ●キリストは少数である。福音は少数の意見である(内村鑑三)
    ●人数が少ないからといって世界を変える力はないと侮るなかれ。
     世界を変えてきたのはまさしく少数の力なのである(マーガレット・ミード)
    ●すべて偉大なことは、小規模に少人数から始まるものだ。
     あなたはそれを覚悟しなければならない。そして、子供たちを教育するにも
     彼等が少数派に属することを平気なように導かねばならない(ヒルティ)
    ●同じ思いとなり、同じ愛の心を持ち、心を合わせ、一つの思いになって
     私の喜びを満たして欲しい(ピリピ書2-2)
    ●キリストの名によって、あなた方に勧める。みな語ることを一つにし、
     お互いの間に分争がないようにし、同じ心、同じ思いになって堅く結び合って欲しい
     (コリント第1書1-10)

    自分独りの勇気や意欲や能力や経験だけで【ビジョン:理想・夢・志】実現の可能性や
    勝手に限界を定めるのは危険です。妥協や放棄する前に必ず誰かに相談するべきです。

    【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】を好転させ<突破口>とするのに
    【同労者・同志】<善き理解者>がいると、独りでは抱けなかった忍耐と希望と勇気が
    増大しチャレンジへの意欲が高まるようになります。

    もし貴方の周囲に<善き理解者>がいなければ、貴方の【ビジョン:理想・夢・志】を
    遠慮せずに私に語って下さい。私が喜んで皆さんの最初の<善き理解者>になります!

    たとえ皆さんの心から望む【ビジョン:理想・夢・志】を理解できる【同労者・同志】が
    身近に存在しなくても心配ご無用です!

    私たちの<最強の理解者・同労者・同志>として【先人・偉人の教え:名言・格言】が
    身近にいてくれるからです!

    見事に実践してみせた人物の<言葉>には<光:【神の愛=隣人愛】のパワー>があり、
    それに触れたり見聞きする者に、前に進む勇気と励ましと慰めと希望をを与えてくれる
    <無限大>の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と<日々新た>な
    【バイタリティ:生活力=生命力+活力】に満ち溢れています!

    ●世には沢山のいい格言がある。人がそれらを適用することに欠けているだけだ
     (パスカル)
    ●よき金言、格言は時の歯がたつには堅すぎる。そしてどの時代にも食事と同じように
     栄養を与えるが、幾千年という歳月にも食いつくされはしない(シルス)
    ●友よ、逆境にあっては、常に、こう叫ばねばならない。「希望、希望、また希望」と
    (ビクトル・ユゴー)
    ●人間は、一念を定めさえすれば、天国からの風にも、地獄からの風にも、
     不動の姿勢で立ち向かえるのです。そして人間は、運命そのものを左右し、
     転換することができるのです。(ネルー)
    ●偏見に立ち向かう戦いがすみやかに成功できないのは当然のことなのだ。
     だが、我々は、日常の生活の中のあらゆる機会をつかまえて真実を表現していく事で、
     ゆっくりとではあっても成功を勝ち取っていくことはできる。(アインシュタイン)
    ●もしこの世の中で不可能な事を目指して粘り強くアタックしないようでは、
     およそ可能なことの達成も覚束(おぼつか)ないというのは、まったく正しく、
     あらゆる歴史上の経験がこれを証明している(マックス・ウェーバー)
    ■<ヒルティの【名言・格言】>
    ●人間が大きな進歩をするための道は、いつも苦しみによって開かれなければならない
    ●本当に重要な人間で、多くの苦難を受けずに生きた人はかつてなかった。
    ■<ソローの【名言・格言】>
    ●人間の精神世界には、自ら探検していない、幾つもの大陸があり、海がある。
    ●諸君の内なるすべての新大陸と新世界とのためのコロンブスとなり、貿易のではなく、
     思想の新しい航路を拓きたまえ。
    ●君の眼を内に向けよ。しからば君の心のなかに、まだ発見されなかった一千の地域を
     見出すであろう。そこを旅したまえ。そして、自身の宇宙誌の大家となれ。
    ■<シェークスピアの【名言・格言】> 
    ●逆境が人に与える教訓ほど、うるわしいものはない。
    ●豊かさと平和は、臆病者をつくる。苦難こそ強さの母だ。
    ■<ロングフェローの【名言・格言】>
    ●辛抱すればこそ、成功が得られる。長い間、大声で扉を叩き続ければ、
     必ず、だれかが目をさまして開けてくれる。
    ●この世の広い戦場で、
     人生の野営地で、
     黙って追い立てられていく家畜であるな!
     断乎(だんこ)戦う勇士であれ! 
    ●さあ、元気を出して行動に打って出よう
     どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。
     いよいよ励み、いよいよ求め、
     労苦し、時を待つことを学ぶのだ。
    ●不屈の意志の星、
     かれは私の胸のなかに昇る、
     穏やかに、決然と、そして静々(しずしず)と、
     そして平然と、おちついて、
     おお、このような世の中で恐れるな、
     そうすればやがて君はかならず知るだろう、
     苦しみに耐えて強くあることが
     どんなに崇高なことであるかを

    それでも不安な人は最善最強の【真の友】【霊的兄弟】である【神の愛=主イエス】が
    いるから心配御無用です!
    <いつも一緒!>で最後の最後まで見捨てず私たちを<最善の道>に導いてくれる事に
    完全信頼すれば万全です!

    ●たとえ困難がどんなであっても、我々は神の力によって、
     これに対抗することはできるであろう。私は神のおかげで困難になれてきた。
     神に信頼してまだ裏切られたことがない(クロムウエル)
    ●真の友はどんな時も愛し続けるものであり、苦難の時のために生まれた兄弟である
    (箴言17-17)
    ●<友人としての神>(内村鑑三)
     神は善き友人である。第一等の友人である。彼に祈祷を聞くの耳がある。
     恩恵を施すの手がある。神は名ではなく実である。道理ではなく性格である。
     帝王ではない友人である(内村鑑三)
    ●<幸福の途>(内村鑑三)
     人として生まれし最大名誉、最大幸福は、イエスを知り、彼に知られて、
     彼の友人となることである。

    私たちの心に【神の愛=隣人愛】で光り輝く【ビジョン:理想・夢・志】の実現を阻む
    【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】を転じて<突破口>にするために
    【神の愛=主イエス】に助け導いてもらいたければ、【礼拝:★讃美★祈り★感謝】を
    お奨めします。

    ●私の名を呼び求めている私の民が、みずからへりくだり、ひざまずいて祈りを捧げ、
     わたしの顔を慕い求め、その悪の道を捨てて立ち帰るなら、
     私は天から耳を傾け、罪を赦し、彼らの大地をいやそう(歴代志略下7-14)
    ●あなた方がわたしを呼び求めて歩き、わたしに祈るなら、わたしはあなた方に聞こう。
     もし、あなた方が心を尽くしてわたしを捜し求めるなら、わたしを見つけるだろう。
     わたしはあなた方に見つけられる(エレミヤ記29-12~14)

    たとえ今日現在が世間的に孤立無援で<独りぼっち>状態にあろうとも心配御無用です!
    【礼拝:★讃美★祈り★感謝】で【神の愛=主イエス】と<相思相愛の関係>になる事で
    <無限大>の【ダイナミック・パワー:信じる力・望む力・愛する力】と<日々新た>な
    【バイタリティ:生活力=生命力+活力】によって【霊性:魂[勇気]・善意・良心】が
    <パワー・アップ>されて【ビジョン:理想・夢・志】を求める忍耐と希望に満ち溢れて
    <不屈の楽天主義・楽観論>の【パッション:受難覚悟の情熱・熱望・気迫】に燃えて
    <神助:祝福・恩恵>と【神の愛の奇蹟】が起きて、<困難>が<突破口>に好転して
    【同労者・同志】が結集し<我が道>が拓けるまで雄々しく前進し続ける事ができます!

    ●<神助>(内村鑑三)
    ◆神を信ぜよ、さらば神は汝の必要に応じてすべての善き物をもって汝を恵まん。
    ⇔ ★天来の思想
    ★外来の友人
    ★意(オモ)わほざる汝に臨む全ての恩恵の手段(テダテ)
    ◆汝の目下の境遇をもって汝の力を量るなかれ。
    ◆汝は信仰をもって神の力を汝の力となすをうべし。
    ◆多くを望めよ、そは天にいます汝の父はその恩恵の宝庫を開いて
     汝の来りてこれを求めんことを待ちつつあり給えばなり。
    ●辛抱すればこそ、成功が得られる。長い間、大声で扉を叩き続ければ、
     必ず、だれかが目をさまして開けてくれる(ロングフェロー)
    ●求めよ、さらば与えられん、捜せ、さらば見出さん、門を叩け、さらば開かれん
    (ルカ11-9~10)
    ●祈りの時、信じて求めるものは、みな与えられるであろう(マタイ伝21‐22)
    ●何でも祈り求めることは既にかなえられたと信じなさい。
     そうすれば、そのとおりになるであろう(マルコ伝11‐24)

    皆さんが直面する【困難:不自由・不平等・不寛容・無関心(無慈悲)】を活かして、
    自分発見の<突破口>にして【先人・偉人の教え:名言・格言】を<心の起爆剤>に、
    最善・最強の【同労者・同志】【真の友】である【神の愛=主イエス】と結ばれて、
    【ビジョン:理想・夢・志】を<旗印>に高く掲げて【神の愛=隣人愛】を結集して
    世界を舞台に【愛と自由の戦士:神の僕・神の愛子】として活躍されることを心より
    応援しています!

    ●君がもし、それをしなければならないと確固たる信念をもってある事をなす時、
     たとえ多数者(大衆)はそれについて違って考えようとも公然とそれをするのに
     はばかる事はない。君がもし正しく行動しないのなら、その行動をこそ
     はばかるべきで、もし正しく行動するのなら、きみを不当に非難する人々に対して
     何のはばかるところがあろうか(エピクテトス)
    ●我々は何をなすべきか、またそれをいかに為すかについて決して無頓着であっては
     ならない。いやむしろ我々は全ての勤勉と才能を真剣に活用しなくてはならない。
     ただし野心や所有欲からではなくて義務感と神への愛からそれをしなければならない。
     そして、事の成否は神に委ねるべきである(ヒルティ)
    ●あなた方は、力の限りを尽くして、信仰には徳を加え、徳には知識を、
     知識には節制を、節制には忍耐を、忍耐には敬神を、敬神には兄弟愛を、
     兄弟愛には博愛を加えなさい(ペテロ後書1-5~7)
    ●彼らは、自分の剣によって国・地を得たのでもなく、
     自分の腕が勝利を得たのでも彼らを救ったのでもありません。
     ただあなたの右の手、あなたの腕、あなたの御顔の光が、そうしたのです。
     あなたが彼らを恵まれ愛されたからです(詩篇44-3)
    ●何事においても落胆しない-あくまでやり続ける-決して断念しない。
     この三つが大体において成功者のモットーである。
     もちろん意気消沈する時はあるが、要はそれを乗り越えることだ。
     これさえできれば、世界はあなたのものだ(デール・カーネギー)
    ●やるべきことは、どの考え方が自分にとって自然であるかを見出し、
     その考え方に従うことだ(カーネギー)
    ●およそ事業をするのに必要なのはする力ではなく、それをやり遂げるという決心である
    (エドワード・リットン)
    ●私たちは成功からよりも、失敗からより多くの知恵を学びます。
     私たちは、しばしば、できない事を見つける事によって、できることを発見します。
     間違いをおかさない人は、おそらく、決して新しい事を発見することはないでしょう
    (スマイルズ)

    ハレルヤ!栄光を主に帰します!
    主の恵みに感謝します!アーメン!

    それでは今日も明日も素晴らしい人生をお過ごし下さい。
    May grace and peace be with your spirit.
    Good luck & God bless you!
     
    メイル歓迎します。
    cforum@livedoor.com
    田中 聡(さとし)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。