• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

5月6日(金)「やらまいか」第14回レポート(ゲスト:藤井厳喜、テーマ:「パナマ文書」の深淵とその衝撃)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

5月6日(金)「やらまいか」第14回レポート(ゲスト:藤井厳喜、テーマ:「パナマ文書」の深淵とその衝撃)

2016-05-08 07:27

    タブーなしで切り込む討論番組『やらまいかー真相はこうだ!』。56日(金)に放送された今回のテーマは「パナマ文書の深淵とその衝撃」。ゲストに国際政治学者の藤井厳喜氏をお迎えし、議論を行いました。

    b95bb7fbf598ed32ae63d5252675857a74426089

    仕掛けたのはアメリカ?
    世界の富裕層によるタックスヘイブン(租税回避地)を利用した節税の実態を暴いた「パナマ文書」だが、アメリカが出てこないことから仕掛けたのはアメリカではないかと推測されている。

    これに対し、藤井氏は「その推論は正しい」としながらも、アメリカも無傷ではないと指摘。実際、510日に全貌が公開されると言われている中で、45日にオバマ政権が金融機関に真の所有者の身元確認を義務付ける規則を導入する考えを表明している。

    仮にこれが実現されれば、Googleなどフォーチュン5001/3の企業の実態が明らかになる可能性があるという。

    dc72d96c096280eb814fe5cbfd359f8cbe72fc65



    中国に大きな衝撃
    ジャーナリストの福島香織氏はパナマ文書について、「パナマ文書に載っている名前の30%以上が中国人と言われ、9人の現あるいは元最高指導部の名前が挙がっており、その中で最も注目されるのは習近平国家主席の姉の夫である」とした上で、中国関係者でも大きな話題になっていると説明。また、今は言論統制で抑えているが、権力闘争で使われる可能性があるとも指摘。

     f68b89c9836f54a458c0ff372583f9ae7256a13b

     


    挑発に乗らなかったプーチン大統領
    メディアの報道では「パナマ文書」に友人が載っていたと大きく取り上げられたロシアのプーチン大統領だが、元駐ウクライナ大使の馬渕睦夫氏はメディアの報道は間違いであると指摘。プーチン大統領はアメリカの公式筋による挑発にも乗らず、「選挙が近づくとこのようなストーリーが持ち出される。」と発言したと紹介した。

    d5e1dd59f2283a55b9cfc930a6d89f94b4cdfb6b



    タックスヘイブン規制が強化されたのはリーマンショック以降

    そもそもこうしたタックスヘイブンはいつから増えたのか。藤井氏が興味を持ったのは2001年の9.11以降だという。アメリカがテロマネーを追いかけた時に見つかったのがタックスヘイブン。その後、タックスヘイブンへの取り締まりが始まり、2008年のリーマンショック以降には世界中で問題視されるようになった。そして、2010年にアメリカで租税回避や資産隠しを防止するFATCAが成立。米国人や米国法人を対象に国外の金融口座が規制強化されるようになった。

    8e6334ee43555bf89398600d0704dd01e7a0eb71



    本気で規制強化しようとすればアメリカで内乱が起きる

    一方、馬渕氏は今回の「パナマ文書」のリークは政治的意図があるとしながらも、おそらく完全な規制はできない、「本気で規制強化しようとすればアメリカで内乱が起きるほどの問題である」と説明し、内乱が起きないのであれば、どこかに抜け道があるのではないかと指摘した。また、レーガン元大統領がFRBの規制について言及した後に起きた暗殺未遂を例に出しながら、事の奥深さと危険性を指摘。一方、トランプ候補が実際に行うことができれば、「アメリカは変わる」と、トランプ候補への期待を示した。

    b3805a76e06261a03cc3c1052e2b15f8f640e0f7

    藤井氏もこれに同意し、トランプ候補は命懸けであり、ケネディ暗殺のようになってしまうかもしれないと懸念を示した。

     

    矛先は中国?イギリス?そしてアメリカの真の狙いは?

    そして、政治的意図は何なのか?中国もしくはイギリスを倒すためにアメリカが仕掛けたのではないかと、その根拠についても番組内で言及された。一方、ジャーナリストの高山正之氏は、カナダ在住の作家・渡辺惣樹氏の見立てを紹介。今回「パナマ文書」に名前が挙がっているタックスヘイブンはすでに有名無実化しており、租税回避が「取り締まられる」かのような演出を施し、その裏でアメリカは“もう一工作”しているとの見方を紹介した。この指摘を受けて、終盤では、アメリカは金融ルールの再構築を狙い、富を再収集しようとしてるのでは?との指摘が藤井氏や福島氏から出た。…さて、皆さんはどうご覧になりますか?

     

    藤井氏をゲストに迎え、「パナマ文書」の衝撃やタックスヘイブン規制の現状について深く掘り下げた今回の放送のタイムシフト期間は513日(金)2359分までとなっております。ぜひこの期間にご視聴ください!




     

    『やらまいか真相はこうだ!』第14
    生放送日時:201656日(金)1630分~18
    テーマ:「パナマ文書の深淵とその衝撃」
    ゲスト:藤井厳喜(国際政治学者)
    レギュラー:堤堯(ジャーナリスト・元文藝春秋編集長)、
    日下公人(評論家・日本財団特別顧問)、塩見和子(日本音楽財団理事長)、
    志方俊之(軍事アナリスト)、高山正之(ジャーナリスト・元産経新聞記者)、
    西尾幹二(評論家・ドイツ文学者)、福島香織(ジャーナリスト・元産経新聞記者)、
    馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使・元防衛大学校教授)

    ご視聴URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv260240624

    タイムシフト期間:513日(金)2359分まで

     2016年5月8日(土)DHCシアター

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    DHCテレビブログ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。