• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

テロの脅威はアジアへ〜9.11から現在までの世界を見る〜 水曜20時!馬渕睦夫「和の国の明日を造る」レポート…日本人に必要な精神武装とは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

テロの脅威はアジアへ〜9.11から現在までの世界を見る〜 水曜20時!馬渕睦夫「和の国の明日を造る」レポート…日本人に必要な精神武装とは?

2016-02-10 11:15

    cf25e5c6430b8c910b40efd3f4457a3e977d5596
    1
    20日午後8時よりネット生放送された、DHCシアター配信のネットテレビ「和の国の明日を造る」を観た。元外交官の馬渕睦夫氏が実際に起きた出来事と公開情報から世界情勢を解説する新番組である。


    馬渕睦夫氏は1968年に京大法学部を中退して外務省に入り、在イギリス、インド、ソ連大使館などで勤務し、イスラエルやキューバでは全権公使に着任。2005年からは駐ウクライナ兼モルドバ大使を務め、ロシアの介入で世界の火薬庫になる直前のクリミア地域一帯の空気も現地で経験したという、ようは筋金入りの外交通。そんな人の世界情勢解説はどんな話が飛び出すか。今回はその第2回目の放送だった。

      

    番組は2部構成で、第1部は先週1週間に世界で起きたことのふりかえり。
    「インドネシアのジャカルタで起きたテロにより一連のテロがアジアでも始まった」としたうえで、馬渕氏は「しかしですね、この状況をつくったのは9.11なんです」と指摘。ホワイトハウスのネオコン勢力がアメリカの世界覇権復活のために自作自演で9.11を起こし、「対テロ戦争」なる使い勝手のよい概念を発明したことが、9.11という事件の本当の意味なのだという…。


    この見解は関連本ですでに知っている視聴者も多そうだが、活字で触れるのと識者の声でじかに解説されるのとでは真実味が全然違う。その勢いのまま、番組はIS(過激派組織イスラム国)のテロ、対テロ戦争、そして、ロシア・ウクライナ問題に共通する「プーチン下ろし」の狙いと、背後にあるイスラエル=アメリカ(特に世界をグローバル市場化したいウォール街をバックとする勢力)の謀略に言及していく。

    また、パリの多発テロへのローマ法王の英語のコメントが「a part of World- War III」だったことを指摘し、「法王は冗談でこんな表現はしない。第三次世界大戦はもう始まっています。日本人は精神武装が必要です」と結論して第一部の30分は終了した。

    a0c579081afddfd0a22fd590a38d88b41b84a1f1 

    2部のテーマはずばり「日本再発見」。馬渕さん(以降さんづけにて失礼します)はウクライナ在任中の体験を紹介しつつ、戦後ないがしろにされてきた、日本古来の感性を磨くことの重要性を指摘する。

     

    馬渕さんが大使だった頃のエピソード。

    当時ウクライナ外務次官だったユリ―・コステンコ氏の夫人でウクライナを代表する詩人であるリュドミラ・スキルダさんが詩集を出版した。コステンコ氏は元駐日大使で、夫人の詩集は在日中の日本の印象を題材にしていたことから、大使公邸で記念パーティを催した。各国の貴賓が揃う中、夫人がウクライナ語で詩集の詩を朗読し、他に英語と日本語でも朗読された。会は進み、ウクライナ外務大臣による主賓挨拶。馬渕さんはそこで、大臣が言ったこと――「私は日本語はまったくわかりません。しかし、いま、日本語による朗読を聞いていて、涙が出てきて仕方がなかった」――に、日本語に含まれる<言霊>を実感する。

    馬渕さんは一回だけ、番組中に本気で怒った。

    年頭の歌会始めについての新聞記事で天皇陛下の言動を描写する際に、他の新聞は敬語で書いているのに朝日新聞は「~~した」「~~と言った」と報告調だったことを指摘するところである。それまでは実に穏やかな語り口なので見逃がしそうになるが、フッと色をなす様子が、アップされている録画でも確認できる。44分あたりからだ(YouTubeで確認)。

    年頭の歌会始めで陛下が歌われた一首――「戦ひにあまたの人の失せしとふ島緑にて海に横たふ」。これは昨年4月に陛下が先の大戦の激戦地パラオを慰霊に訪れた際、多くの日本兵が命を落としたアンガウル島を訪れたかった陛下の希望が叶わず、隣のペリリュー島から拝礼されたときのことを歌った歌である。馬渕さんはこの歌が今年の歌会始めで歌われたことは実に象徴的だという。

     

    ここでもう一度出てくるのが「感性」だ。馬渕さんの言う「感性」を定義するのは難しいが、「何かを象徴的だとか暗示的だとまず感じ、自分がそう感じたということからその何かの意味やメッセージを理解できる能力」と言えるかもしれない。読み解くよりも、何かを受け取るイメージ。

    受け取る「何か」は、やはり言霊か?言霊とはなんであろうか。正直、そんな体験の少ない私には、はっきりとはわからない。ただ、馬渕さんの穏やかな言葉には、言葉の意味以外のものを感じる瞬間もある。次回以降は、そういったことに気を配りながら、番組を観てみたいものです。
    (毎週水曜日20時より配信されるそうです。※第1週目はお休み)

     

    温厚な口調でラジカルな主張。時折本気で怒る馬渕大使から・・・目が離せない。



    ※視聴者の方からの投稿を、一部加筆修正し、掲載しました。
     ご投稿ありがとうございました!

     DHCシアター運営(2016.2.10 掲載)
     ※投稿記事は随時受付中です。
    16f42866de4dad4eba3a420bd46dd9f93bad924d

    <第4回の放送迫る!>
    ◆第4回の放送が2月10日(水)20時〜スタート!お見逃し無く!
    ニコ生:http://live.nicovideo.jp/watch/lv251864520
    YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=G-xlqm7RiE0

    ※ニコニコ生放送ではコメントで質問を受け付けます!

    <今回の記事元の番組を観るにはこちら!>
    ◆馬渕睦夫「和の国の日本を造る」第2回
    https://www.youtube.com/watch?v=q1pbk9o2J6E

    ◆これまでの放送はYouTubeにアーカイブされています。
    第1回 https://www.youtube.com/watch?v=n9LRAJPeUVc
    第2回 https://www.youtube.com/watch?v=q1pbk9o2J6E
    第3回 https://www.youtube.com/watch?v=QcBAwUv-3V4
     

    2016年1月より始まりました!
    馬渕睦夫「和の国の明日を造る」
    毎週水曜日20時(第1週目はお休みします)の放送です!
    どうぞご期待下さい!

    この番組はニコニコ生放送(シアターネットTV)とYouTube Liveにて配信いたします。

    ★ニコニコ生放送・シアターネットTV http://ch.nicovideo.jp/ch2620 

    ★DHCシアター Youtube チャンネル https://www.youtube.com/c/dhctheater

    運営:DHCシアター http://www.dhctheater.com/

    スカパー!プレミアムサービス547ch DHCシアターでもO.A.!です!

     

    チャンネル会員ならもっと楽しめる!
    • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
    • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
      • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
      • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
    ブログイメージ
    DHCテレビブログ
    更新頻度: 不定期
    最終更新日:
    チャンネル月額: ¥550 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。