• 小説 #罪愛シリーズ あとがき

    2018-07-16 22:30

    ※ネタバレのオンパレードなので、小説本編読まれていない方はご注意くださいませ。
    ※最後に【重大な告知】がございますので、ご興味がある方は是非最後の部分読んで頂けると嬉しいです!!!お楽しみに!!


    そんな訳でお久しぶりですこんちは!
    カオス柚耶と申します。


    さてさて、niconico関係ないんですけどね(m9
    pixivにうpしていた小説
    #罪愛シリーズ 」ようやく完結しました!!!


    いやーパチパチどんどんぱふぱふー!!


    元はと言えば、あの小説、
    久々にふわっと小説でも書いちゃおうぜーつって、ほとんど何も考えずに書いたのが、あの志藤広成の話(#1話)でした。
    当時、本当に突発的に描いただけの小説だったので、LINEのタイムラインにぺろっと軽い気持ちで載せたのですが、ありがたいことにコメント等で、前向きな感想を頂きまして

    褒められて調子に乗った結果(m9
    急遽この話の続きを考え始めたのが #罪愛シリーズ スタートのきっかけでした。
    まさかこんな壮大な話に膨らむとは思ってもいませんでした。
    しかもさ、蓋開けてみれば広成ほとんど出てきてねぇじゃねぇかみたいなねww
    お前1話では主人公だけど、話全体で見たらモブだからな完全に(m9

    そして、 #罪愛シリーズ のストーリー全体構想を終え、ある程度小説を書き進めた後、2017年1月頃から隔週でLINEのタイムラインにうpし始めました。
    小説が完結したのは2017年の11月とかそこらだったかな?
    最終話までLINEのタイムラインで公開が完了したのは確か2017年の年末だったと思う。


    そして、pixivに公開し始めたのが、翌年2018年2月28日でした。


    きっかけがアレな感じとはいえ、結構壮大な話になったと思うし、ここまでのお話が書けた今となっては、本当調子に乗ってよかったなってね(m9

    いや、と言うのもね、私創作活動ってまぁまぁ幅広い事をやらせて頂いてる? ってのもおかしいんだけど、まぁまぁとにかく、絵描いたり漫画描いたり動画作ったりトクロやったり(好きな事を一つに絞れないだけだったりする)、色々やってる方だと思うんすけど、その中で言うと、小説って個人的に好きな創作活動ランキングの中でも、だいぶ下位だったんですよ。何なら最下位の時もあったんじゃないかな。

    前作の独立島の居候なんか、後半嫌々書いてましたからね(m9
    別に誰に求められてる訳じゃなし、辞めりゃあいいんですけど、なんかそれは尺だと思うのがカオス柚耶クオリティ


    でもね、この罪愛シリーズで、私の中の小説の概念が一気に変わりました。



    小説書くの、超おもしれぇ。


    私はよく電車で小説を書いてたんですけどね。


    ちょうど#8話(栗村夢月の話ですね)を進めていたある日、電車で小説を書き、最寄駅に着いたので電車から降りて自転車に乗り(ちなみに、その当時乗っていた自転車は現在、盗難被害に遭って行方不明です。どうでもいいですね)、ペダルを漕ぎ出して数分後、突然夢月の脳内でのセリフが浮かんたんですね。

    アレです。8話の夢月が岬生に脳内で「クソがっ!死ねばいいのに!死ねばいいのに!」っつってた所あたりです。

    浮かんだ、考えたというよりは夢月が必死に叫んでいる声が脳髄に直接響いた、という表現の方が感覚としては近かった。
    もっと言うと栗村夢月という人間の魂が一瞬乗り移ったんじゃないか、ぐらいの感覚でした。よりにもよってチャリンコ漕いでる時かよ、タイミング考えろよ、危ねーよ。


    このフレーズは最早私の考えだけではないのかもしれない、何だよこれ、怖い話?
    とかなんとか思ったんですが、それがそれまでの中で一番話を書いてて面白いと思った瞬間でもありました。


    架空とは言えども、オリキャラを生み出すってことは、多分1人の命を生み出す事にも等しい行為なんじゃないかなと思いました。
    今までも何人かオリキャラを描いてはいましたが、正直ここまで1人の人生を生んだ責任を感じた日はなかったです。今まで生んだキャラ達への愛が足らぬな、申し訳ない。


    まぁ、栗村夢月が相手だったから余計に責任を感じたのかもなんですけどもね。
    というのもアイツって、多分、望んで生まれてきてないし(いや、これは誰もがだな)、生まれてからも生を望んだことは一度もないような子なのでね、きっと生まれてこない方が幸せだったんじゃないかなと思うんです。少なくとも11話時点までは。

    けど、私は栗村夢月を生んでしまった。
    罪愛シリーズの登場人物として、私のわがままでこの世に誕生してしまった訳で。
    しかもよりにもよってど素人のどマイナーな小説の登場人物とか可哀想だよ! 謝れ! ごめんなさい!! うぇーい!(m9


    でもって実は#7話(これも夢月の話だね!)で、夢月に言って欲しかった事をかなり代弁してもらっていたんです。


    けど8話のあの暴言シーンは多分、私が言いたかった事ではなく、栗村夢月がどうしても言いたかった、でも言えなかった事ではないか……? そう思ったんですよね。


    だから絶対に入れなきゃいけない、栗村夢月が言えなかった事を、今度は私が代弁しなければ、栗村夢月に無理やりこの世を生きさせた責任を取る!


    というね、誰からも求められてない使命感であのシーンを入れました。おそ松さん一期のイヤミカートのイヤミと同じだね!!



    まぁそんなこんなでね、小説を書く楽しさを教えてくれた罪愛シリーズを、色々とね、振り返っていきたいと思いますけども!


    とりあえず、この話はまぁ通して読むと分かるんですが、松野岬生を中心に書いた群像劇ですね。
    んで、この話作った時は、まず最初に人物相関図を書いて、そっからキャラを掘って、エピソードを組み立てていったんですけど、人物相関図の真ん中はもちろん松野岬生です。


    岬生視点の話は最初から書くつもりなかったんですが、多分罪愛シリーズの真の主人公は彼だと思います。
    表の主人公はいるのか?って言われると疑問なんですけどねww 主人公とかいんのかなぁ? まぁ、広成はモブですけど(m9 あと赤城涼太もw

    でもね、ま、主人公は分かりませんけど、本当キャラクター、一人一人に思い入れはあります。
    むっちゃん(夢月)は散々語ったので置いとくとしても、広成もなんか、何だろうな、私が思っていることを代弁してくれた人の一人だし。いや、本当こいつ凄い価値観なんですよ。静かでお気に入りのバラード以外は全て「雑音」と認識するっているww 価値観狭っ!! みたいなww

    束沙もとにかく明るくて良い子だしね?
    束沙、明春、涼太はとにかくまともな人! って感じでキャラ掘りしました。
    この3人の中で比較すると、束沙が一番良い人で、涼太が一番明るい人、明春が一番常識に近い人、って感じですね。

    あと、なんやかんやで一番登場回数が多かった飯田果葉子さんね。
    どうでもいいけど「果葉子(かよこ)」って、一発変換が出来なくて、いっつも「かはこ」って1文字ずつ打ってましたww すっげぇ面倒だったw まぁ名付け親は私なんですがww


    多分果葉子みたいな人リアルにクラスにいたら、っていうか果葉子自体は別にそんな変な人でも変わり者でもないんで、一人ぐらいいるでしょ、って感じなんですけど、多分私とは合わないだろうなー違うグループなんだろうなーwって感じでキャラ掘りしましたw

    恋愛がとにかく一番!! んで、岬生がとにかく一番!!
    その岬生に散々な目に合わされてるのに、そいつが常に頭にあるからしんどい。なのにその自覚がない。
    だからますますしんどくてイライラして、それを全部周りのせいにする。

    こう書いちゃうと最低なんだけど、もし果葉子と同じ境遇に立たされた時、果たして自分は周りのせいにせずに居られるのか?って言われるとね……
    私含め、簡単には頷けない人が多いんじゃないかなって勝手に思ってます。

    いや、本当ありがちだと思う。マイナスなことがあった時、それを人のせいにする方が「その場では」楽だから。
    後で倍しんどくなるんだけどねw

    他人を恨むより、自分が変わる方が、本来は圧倒的に楽なはずなんですけどね。
    けど、人間って恐ろしいもんで、自分は悪くない、あいつが悪いっていう方が正しく見えるんですよ。少なくとも本人の目には。


    あ、そうそう、多分その話にも多少絡むんですけど、この話のテーマ、ってのはまぁ、
    最終回のキャプションでも言ったんですけど、


    "人の感情、考え方に重きを置いた群像劇"
    "人は愛を紡ぎながら、罪を背負い、生きていく。" 


    なんですけど、
    この話を通して一番言いたかったのは、愛とかそういうことじゃなくてね、いや正確にいうと愛も絡むんですけど、一番のテーマは「性悪説」なんですね。


    松野岬生は存在自体が罪みたいな感じになってるんですけど、そんな岬生の育ての親である束沙の両親は、束沙とおんなじでとにかく良い人で、思慮深い人々なんで、この人らが子どもを育てたら、普通はまともに育つよな、って感じなんすよね。
    でも岬生はそうならなかった。なれなかった。
    それに関しては岬生は全く悪くないんですけど、とにかく境遇が不幸ですね。

    私個人の考え方ですけど、人はそもそも罪人であると思っていて、でも子は環境を選べないじゃないですか。「だから」生まれてくる子どもには罪はないと思うんですよね

    正直、12話の「原罪」で言ったことが全てですね。

    あぁ、どうして。
    人は皆、罪を持たぬ事を許されて生まれてきたはずなのに、自分の罪の重たさに、こうして涙を流すのだろう。

    生まれてくる子どもに罪はない。
    歩んできた道にばら蒔いた夢が、罪を産むのだ。


    でも、だからって夢を持つ事も、生きる事も否定するつもりはないです。

    罪を抱えるのは、あんまこういう言い方したくないし、良くないと思うけど、ある種仕方のない事で、みんなそれぞれ大なり小なり罪を抱えながら生きていると思うんです。
    でも、その罪を許し合い、愛し合う事で、私たちは前を向いて、夢を持って、人生を歩んでいけるのではないか。


    そう思って、それをこの小説のテーマにしました。
    だから、私はどっちかというと性悪説を信じてる方です。


    自分の罪は許せなくても、せめて相手の罪は許せ。
    さもなくば、自分の罪は、誰にも許されず、生きることすらままならない。
    乱暴に言うとこうなっちゃうんだが、まぁそう言うことだと思うんすよね。本当に。


    ただし、この長い小説を、もしも一文でまとめろというのであれば


    "人は愛を紡ぎながら、罪を背負い、生きていく"


    間違いなくこれです。これ以外はあり得ません。
    生んで、抱えた罪は消えない。
    でも、罪を背負って生きることはできる。
    それに必要なのが「愛」ではないでしょうか?


    あースッキリしたwww
    本当これが言いたかった。


    はい、いっちゃん言いたかったことも言えてスッキリしたので(m9
    長々語るのはこれくらいにして、そろそろ【重大な告知】に移りたいと思います!!






    なんと、 #罪愛シリーズ ……







    スピンオフやります!!!




    ふおおお! 終わって早々に復帰(m9
    未練たらしい元カレ、元カノかお前は!!
    そうです。罪愛シリーズ、自分で言うのもなんですが、大好きです(m9


    今回は、本編で#5話しか出番のなかった「あの人」が主役です!!
    大体想像つくかな?w
    あんな人やこんな人等、本編でも登場した人達が色々出てきます!

    これもね! なかなか面白い話になってると自分では思っているので!!
    是非ね! 楽しみにしててくださいまし!!


    公開日とか、スピンオフ詳細についてはまた後日、お伝えしますので、お楽しみに!!


    ってな訳で長々語りましたが、以上、罪愛シリーズでした!!
    次回はスピンオフ告知でお会いしましょう~!!

    ではでは!!


  • 広告
  • どうも、こんにちは「カオス柚耶」もしくは「赤シャツふにゃふにゃP」です。

    2018-04-15 14:40
    「チビ」
    「取り柄がない」
    「何もできない」
    「優しい」
    「すぐ泣く」
    「冗談が通じない」
    「我儘」
    「自分の意見を押し付ける」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「周りに合わせる」
    「良く笑う」
    「バカ」
    「心配ない」
    「笑顔」
    「おもしろい」
    「ありがとう」
    「しっかりしてw」
    「変態」
    「しっかりしてる」
    「自分の意見を言わない」
    「無理してる」
    「頑張り屋さん」
    「しんどそう」
    「絵が上手い」
    「責任感がある」
    「民族」
    「すごい」
    「自己評価ができる」
    「積極性に欠ける」
    「まじめすぎる」
    「自信なさそう」
    「頑張って」

    はい、こんちは。今日も今日とてカオス柚耶と申します。
    最近色々垂れ流しがちですいません。
    ↑のやつ急に何なの? って感じだと思うんですけどw
    これはですね、子どものころ(小学生ぐらいからかな)から今までを振り返ってみて、人に言われたことを思いつく限り挙げてみたものです。
    自分だけじゃ自分の事分かりきってないだろうなって思ったから。
    途中「分からない」がやたら続いているのは、人間関係に挫折してた時期だからです。
    人と関わりたくなくて、人と関わるのが怖くて、逃げたいって思ったけど、あんま親とか周りの人達に対して、表沙汰にしたくなかったので、大人達に隠れて人から逃げ回ってた期間だったので、他人からどう思われてたか、どう言われていたのか「分からない」という意味で並べてます。具体的には中2後半~高1ぐらいの期間ですね。
    しかし、振り返ってみると良い言葉も悪い言葉もたくさん頂いているのだな、って感じですね。ありがたや。
    ちなみに「変態」は褒め言葉として受け止めています(m9
    あと、見えてくるのは、自分はものすごく他人を気にしているという事。
    あ? いや、そうでもないのかな。
    しんどいと思っている時期程、周りからの評価を気にしていて、楽しいと思っている時期程、周りのことは関係ない、自分は自分って思っている気がする。
    誰でもそうかなぁ。
    自分を見失うと、決まって苦しくなる。
    自分を見失うきっかけは何だろう? って考えてみると、多分何らかのことを「無理してやり続けた」時にそうなってる気がする。
    でもさぁ、ここで一つ問題がありまして。
    わたくし、基本、何かを「辞める」の嫌いなんですよ。多分。
    私が今まで辞めたもの、まぁ、いっぱいあると言えばあるんすけど。
    バイトとか習い事とかも含め、ほとんどのものは半年~2年以上は続けてから辞めてます。
    あ、嘘。1個だけね、3か月で辞めたものがあるわw 言えないけど。
    でも、多分それだけ。そんな早く辞めたのは。
    辞めるならさ、何か理由がほしいんですよ。
    例えば、やりきって満足したからやめるとか、次やりたいことがあって、それをするためには今の事を続けられないからやめるとか、そういう理由。
    できないからとか向いてないからとか嫌になったからとかしんどいからとか疲れたからとか、そんな理由では辞めたくないんですよ。
    多分、さっき言った周りからの評価を気にしているから、そういう理由で辞めたくないってのも大きい気はするけど。だとしたら、それはちょっと問題があるな。
    それだけじゃないんだけど、本当、理由なら山盛りあるんだけど、それもあって無理する部分もあるのかな、って気はする。

    でも、「辞めたくない」病が功を奏している部分もあって、例えば、そんな性分があるから、私は絵も描くし、漫画も描くし、動画作るし、トクロもやるし(あ、あの、マジで最近やってないすけどww辞めたつもりは毛頭ないんで)、歌も歌うし、小説も書くし、歌詞も書くし、なんか面白そうって事は全部やりたいんすよね。曲も作りたい! これ数年間ずっと言ってるねw
    でも、これってなんかあんまないというか、面白い要素だなって自分では思うんだよね。まさに「カオス」。
    うん、そうそう、何つーのかな、「カオス(混沌)」って私めちゃくちゃ好きな言葉なんですよ。
    カオス、混沌ってさ、なんか良いか悪いかを判断するの難しい言葉じゃないですか?
    まぁ、世間一般的には、どちらかというと良い意味合いではないようですけど。
    だとしても「悪い意味合い」というはっきりとした言葉よりも「良い意味合いではない」っていう微妙な表現の方が性に合いそうな感じの言葉だなって、私はすごく思うんですね。
    そういう、なんか微妙な感じとか、中間っぽいところとか、清濁併せ呑んでるような、そういう世界観っていうのに凄い惹かれる部分があって。
    だから、カオスなボカロ業界がなんやかんや一番好きなのかもしれないです。
    自分の名前に「カオス」を入れているのも、考えたらそういう理由なのかなって思っています。付けた当初は、正直そこまで深く考えてなかったと思うんだけど。
    でもその「カオス」ってのはインパクト大きいみたいで、「柚耶(ゆうや)」は読み方分からん、覚えずらいってなってると思うんですがw カオスなんたらさんだよねみたいな認識にはなりやすいんじゃなかろうか。
    ボカロではもっぱら「赤シャツふにゃふにゃP」の方で「赤シャツさん」って呼ばれる事の方が多いですが。正直そっちの方が呼びやすいし覚えやすいからなぁ。
    まぁ、どう呼ばれるかは何でもいいですけどねww
    ただ、「赤シャツP」「ふにゃふにゃP」っていう略称だけは避けて頂ければ幸いです。
    なぜなら「赤シャツP」も「ふにゃふにゃP」も別にいらっしゃるからです。別人です。
    色々合わせ持ったややこしい名前ですいません。こんなところでもカオスな感じなのか。

    でも、そんなカオスな事をいろいろしていきたいってのはありますね。
    そうは言ったって一個人なんだから、多分意識しなくても勝手に偏りますしね。
    現に私のイラストって結構偏った絵柄だと思いますし。人の絵柄に似せて描くの苦手っすからね。
    あと、趣味嗜好。病み、ヤンデレ、メリーバットエンド、ディストピアな世界観、大好き。
    人の「感情」が好きなので、それが爆発してるような作品めっちゃ好きだし、そういうのを作りたいなって思ってます。
    でも、それとは対照的な、何でもない日常のような、流れていってしまうようなそんな漫画とかも結構好き。さらに、ちょっとおしゃれな雰囲気が出てたらなお最高っすね。
    やりたいこと、ちょっとずつだけど、思い出す瞬間が増えてきている気がする。良い傾向ですね。

    今pixivに毎週小説うpってるので、あんまそんな感じないと思うんですけど、その小説は、数か月前に完結している奴を定期的に上げているだけなので、実は今ってあんまりなんか、新しいもの作れてないんですよ。
    でも、それが自分のやりたい事も自分らしさも遠ざけている気がするので、ちょっとずつ元気になって色々また作ろうと思います。
    今年はVM-1出る!なんて宣言も勢いでしちゃって、自分で自分の首を絞めにかかったのでww でも、言ったからにはやってやろうと思ってますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  • 懲りねぇな!!!!うるせぇよ!!!!

    2018-04-10 16:09
    ……胃が痛ぇ。
    まぁ、ストレスからきたものってのは分かりきっているし、すぐ治らないのは当たり前なんですけど。
    前回からまた、何でこうなったんだろうとか、自分は何がしたいんだろうってのをうんたらかんたら考えてたり、感情が爆発して転げ落ちたり、転げ落ちた先に、前々回で言ったバッキバキのiPhoneが目に留まり、コイツの事も直してやらなきゃなぁと思いながら布団に潜ってました。
    そういえば、母がこの間「よーいドン!」っていう番組(関西ローカルなので他地域の方はご存じないかもしれない)でやっている「となりの人間国宝さん」っていうコーナーに出てきてた人があんたそっくりだったよ、って話をされた。
    見てみると、その人は絵を描いていて、海外の油絵で仕上げたアニメーションに唯一日本人で関わった方なのだそう。いや、凄すぎでしょと思いながら話を聞いていると、その方、学生時代は本当勉強やっていなくて、というかやる気がないから、頭に入ってこないんだと思うんだけど、数学とかも全然できないからお姉ちゃんに教えてもらっていたり、読書感想文の宿題もやらず、提出しなかったりといった学生生活を送っていたそう。その方曰く、「好きなこと以外はできない」とのことで、あぁ、母が私と似ていると言ったのはこの部分かと思った。私も学生時代、勉強は本当まじめにやってこなかったし、数学の宿題もできなさすぎて、やる気もなさ過ぎて、なんもやらないで真っ白のままの問題集を提出していた。やってなかったとしても、提出することに意義があると思っていた。
    私も、正直自分の興味あること以外はやりたくないタチだ。
    できれば、創作活動だけをやっておきたい。学生時代も勉強せず絵ばっか描いてた。
    今、普通に仕事しているのをほめてほしいぐらいだよね(m9 頑張ってるよ。
    というか、やるならちゃんと「何故やらなければならないのか」を納得してやりたい。
    学生時代は、勉強やる意味が本当にわからなかった。
    何でみんな授業やら宿題やら平気な顔してできているんだろう。
    もしくは嫌々でもやっている人って恐らくいっぱいいたよね。なんで?って感じだ。
    その辺の話を母とすると、母は勉強しなきゃいけないことに対し、何の疑問も持たなかった子供だったと言っていた。そういうもんでしょ、って。マジか、って感じだ。
    今の仕事はその辺をある程度理解している部分もあるから続けられているところもあるかもしれない。でもやっぱり、好きな事を我慢してまでやるなんて嫌だ。
    あぁ、そうだね。やっぱりそうだよね。好きな事を我慢してまでやりたくないよね。そんなこと、最初から分かりきっていたことなのに。
    いつの間にかそういうのを見失っていたかもしれない。
    周りのこと考えすぎたり、周りの人の影響を過度に受けすぎたり。
    良い事もあるんだけど、やっぱなんでも「過ぎる」ってのは基本的には良くないことだよなぁ。
    けど、過ぎていい事もあると思う。
    というか、「考えすぎ」「気にしすぎ」「敏感すぎ」っていうのもさ、実は良い事もいっぱいあるんすよ。個人的には、そんな性質によって色んな人の考え方とか、感情とかを理解しやすくなったなぁとは思うし、自分が創作活動していて、色々発想が浮かぶのも、まぁ考えすぎる癖があるからってのも少なからずあるのかなぁと思う。正直、そんなメリットがあるなら私にとってそれ以上の事はない。十分だ。だからこそ、それ故に、考えすぎてしんどくなる事を、改善しようと思いにくいのは問題だなとは思うけれど。
    あと、自分が好きな事ってのは「やりすぎだろ」ってぐらい、追及した人が頭角を現しているんじゃないかと思う。好きを極めるというのは、人生を豊かにする上で、なかなかに必要な能力な気がする。
    さっき、「考えすぎ」「気にしすぎ」「敏感すぎ」っていうHSPの良いところを言ったんだけど、本当、体に不調きたすまでしんどくなったら、自分の「好き」すら見失うから、やっぱ行き過ぎはお勧めしない。2回ぐらい経験して身をもって言います。
    どうか楽に生きましょ。
    楽に生きれる方法探そう。
    何度見失ったとしても、諦めないのが、多分自分のいい所だと思う。
    そんで、好きなものを好きって言っていた自分をもう一度、取り戻したい。
    大丈夫、大丈夫、悪い部分しか見れないみたいなことにはかろうじてなってないみたいだしね。