どうも、こんにちは「カオス柚耶」もしくは「赤シャツふにゃふにゃP」です。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

どうも、こんにちは「カオス柚耶」もしくは「赤シャツふにゃふにゃP」です。

2018-04-15 14:40
    「チビ」
    「取り柄がない」
    「何もできない」
    「優しい」
    「すぐ泣く」
    「冗談が通じない」
    「我儘」
    「自分の意見を押し付ける」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「分からない」
    「周りに合わせる」
    「良く笑う」
    「バカ」
    「心配ない」
    「笑顔」
    「おもしろい」
    「ありがとう」
    「しっかりしてw」
    「変態」
    「しっかりしてる」
    「自分の意見を言わない」
    「無理してる」
    「頑張り屋さん」
    「しんどそう」
    「絵が上手い」
    「責任感がある」
    「民族」
    「すごい」
    「自己評価ができる」
    「積極性に欠ける」
    「まじめすぎる」
    「自信なさそう」
    「頑張って」

    はい、こんちは。今日も今日とてカオス柚耶と申します。
    最近色々垂れ流しがちですいません。
    ↑のやつ急に何なの? って感じだと思うんですけどw
    これはですね、子どものころ(小学生ぐらいからかな)から今までを振り返ってみて、人に言われたことを思いつく限り挙げてみたものです。
    自分だけじゃ自分の事分かりきってないだろうなって思ったから。
    途中「分からない」がやたら続いているのは、人間関係に挫折してた時期だからです。
    人と関わりたくなくて、人と関わるのが怖くて、逃げたいって思ったけど、あんま親とか周りの人達に対して、表沙汰にしたくなかったので、大人達に隠れて人から逃げ回ってた期間だったので、他人からどう思われてたか、どう言われていたのか「分からない」という意味で並べてます。具体的には中2後半~高1ぐらいの期間ですね。
    しかし、振り返ってみると良い言葉も悪い言葉もたくさん頂いているのだな、って感じですね。ありがたや。
    ちなみに「変態」は褒め言葉として受け止めています(m9
    あと、見えてくるのは、自分はものすごく他人を気にしているという事。
    あ? いや、そうでもないのかな。
    しんどいと思っている時期程、周りからの評価を気にしていて、楽しいと思っている時期程、周りのことは関係ない、自分は自分って思っている気がする。
    誰でもそうかなぁ。
    自分を見失うと、決まって苦しくなる。
    自分を見失うきっかけは何だろう? って考えてみると、多分何らかのことを「無理してやり続けた」時にそうなってる気がする。
    でもさぁ、ここで一つ問題がありまして。
    わたくし、基本、何かを「辞める」の嫌いなんですよ。多分。
    私が今まで辞めたもの、まぁ、いっぱいあると言えばあるんすけど。
    バイトとか習い事とかも含め、ほとんどのものは半年~2年以上は続けてから辞めてます。
    あ、嘘。1個だけね、3か月で辞めたものがあるわw 言えないけど。
    でも、多分それだけ。そんな早く辞めたのは。
    辞めるならさ、何か理由がほしいんですよ。
    例えば、やりきって満足したからやめるとか、次やりたいことがあって、それをするためには今の事を続けられないからやめるとか、そういう理由。
    できないからとか向いてないからとか嫌になったからとかしんどいからとか疲れたからとか、そんな理由では辞めたくないんですよ。
    多分、さっき言った周りからの評価を気にしているから、そういう理由で辞めたくないってのも大きい気はするけど。だとしたら、それはちょっと問題があるな。
    それだけじゃないんだけど、本当、理由なら山盛りあるんだけど、それもあって無理する部分もあるのかな、って気はする。

    でも、「辞めたくない」病が功を奏している部分もあって、例えば、そんな性分があるから、私は絵も描くし、漫画も描くし、動画作るし、トクロもやるし(あ、あの、マジで最近やってないすけどww辞めたつもりは毛頭ないんで)、歌も歌うし、小説も書くし、歌詞も書くし、なんか面白そうって事は全部やりたいんすよね。曲も作りたい! これ数年間ずっと言ってるねw
    でも、これってなんかあんまないというか、面白い要素だなって自分では思うんだよね。まさに「カオス」。
    うん、そうそう、何つーのかな、「カオス(混沌)」って私めちゃくちゃ好きな言葉なんですよ。
    カオス、混沌ってさ、なんか良いか悪いかを判断するの難しい言葉じゃないですか?
    まぁ、世間一般的には、どちらかというと良い意味合いではないようですけど。
    だとしても「悪い意味合い」というはっきりとした言葉よりも「良い意味合いではない」っていう微妙な表現の方が性に合いそうな感じの言葉だなって、私はすごく思うんですね。
    そういう、なんか微妙な感じとか、中間っぽいところとか、清濁併せ呑んでるような、そういう世界観っていうのに凄い惹かれる部分があって。
    だから、カオスなボカロ業界がなんやかんや一番好きなのかもしれないです。
    自分の名前に「カオス」を入れているのも、考えたらそういう理由なのかなって思っています。付けた当初は、正直そこまで深く考えてなかったと思うんだけど。
    でもその「カオス」ってのはインパクト大きいみたいで、「柚耶(ゆうや)」は読み方分からん、覚えずらいってなってると思うんですがw カオスなんたらさんだよねみたいな認識にはなりやすいんじゃなかろうか。
    ボカロではもっぱら「赤シャツふにゃふにゃP」の方で「赤シャツさん」って呼ばれる事の方が多いですが。正直そっちの方が呼びやすいし覚えやすいからなぁ。
    まぁ、どう呼ばれるかは何でもいいですけどねww
    ただ、「赤シャツP」「ふにゃふにゃP」っていう略称だけは避けて頂ければ幸いです。
    なぜなら「赤シャツP」も「ふにゃふにゃP」も別にいらっしゃるからです。別人です。
    色々合わせ持ったややこしい名前ですいません。こんなところでもカオスな感じなのか。

    でも、そんなカオスな事をいろいろしていきたいってのはありますね。
    そうは言ったって一個人なんだから、多分意識しなくても勝手に偏りますしね。
    現に私のイラストって結構偏った絵柄だと思いますし。人の絵柄に似せて描くの苦手っすからね。
    あと、趣味嗜好。病み、ヤンデレ、メリーバットエンド、ディストピアな世界観、大好き。
    人の「感情」が好きなので、それが爆発してるような作品めっちゃ好きだし、そういうのを作りたいなって思ってます。
    でも、それとは対照的な、何でもない日常のような、流れていってしまうようなそんな漫画とかも結構好き。さらに、ちょっとおしゃれな雰囲気が出てたらなお最高っすね。
    やりたいこと、ちょっとずつだけど、思い出す瞬間が増えてきている気がする。良い傾向ですね。

    今pixivに毎週小説うpってるので、あんまそんな感じないと思うんですけど、その小説は、数か月前に完結している奴を定期的に上げているだけなので、実は今ってあんまりなんか、新しいもの作れてないんですよ。
    でも、それが自分のやりたい事も自分らしさも遠ざけている気がするので、ちょっとずつ元気になって色々また作ろうと思います。
    今年はVM-1出る!なんて宣言も勢いでしちゃって、自分で自分の首を絞めにかかったのでww でも、言ったからにはやってやろうと思ってますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。