ゲームパッドを使って音MAD制作(設定編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゲームパッドを使って音MAD制作(設定編)

2015-05-06 11:58

    前回は音MAD素材の集め方について書きましたが、今回はゲームパッドを音MAD制作に利用するという内容でブロマガを書いてみました。

    イラスト描く際に使える左手用デバイスを調べていたところ、こちらの記事を発見しREAPERで音MADを作る時に活用できそう、と思ったのがきっかけです。


    これは、キーボードの代わりにゲームパッドを左手用デバイスとし、ショートカットキーを割り当てて操作する、という試みです。
    左手用デバイスは高機能なものがメーカーから発売されていますが、ここでは安価なゲームパッドでそこそこ使えるようにするというコンセプトで紹介します。

    REAPER以外に、動画編集ソフトや画像編集ソフトでも設定できます(ボタンが足りないかもしれませんが)。
    難点としては左手だけでゲームパッドを持つ為、浮かせて操作し続けると手が疲れます。

    ※ちなみに右手はマウスを持つ為、ゲームパッドの右半分は使用しません。左半分だけ使います。

    **************************************************************

    ●バーチャルジョイスティック機能

    普通にゲームパッドのキー設定する場合、1つのボタンに1回のキー動作しか設定できません。しかも左半分しか使えない為、割り当てられるショートカットの数に限度があります。

    そこで使えるのがバーチャルジョイスティック機能(Shiftキー機能)。設定切替ボタンを押しながら操作することで、一時的に別のキー設定に切り替えて使用できます。設定切替を利用することで30個以上のショートカットキーが利用可能。

    ここでは「L1」ボタンを「Joystick 2」の設定、「L2」ボタンを「Joystick 3」の設定に切替える設定にしていきます。


    簡略化するとこんな感じ。




    通常操作では①~⑩が適用(「Joystick 1」の設定)。
    L1を押しっぱなしにしながら操作で紫数字⑪~⑳が適用(「Joystick 2」の設定)。
    L2を押しっぱなしにしながら操作で緑数字㉑~㉚が適用(「Joystick 3」の設定)。


    **************************************************************

    必要なもの

    ■JoyToKey(URL:http://joytokey.net/ja/)
    シェアウェア(720円)ですが、今のところ機能制限なしで使用できます。ライセンスキーは上記のサイトから購入できます。

    ■ゲームパッド
    PS2コントローラのようにアナログスティック、L1・L2ボタンがついたゲームパッド。
    なるべく、左手だけで持ちやすくて操作しやすいものを選びましょう。

    **************************************************************

    設定手順

    ソフトを起動。
    左下の名称変更をクリックして、使うソフトの名前に変更。



    Optionsのタブを開いて下図のように設定を変えます。


    ●「設定したいジョイスティックの数」を3に変更。
      →今回は設定切替ボタンを2つ作るので3で。

    ●「十字キー・POV」を各1ずつに
      →ゲームパッドの左半分しか使わないのでこれで十分。

    ●「斜め入力を別ボタンとして使用」2箇所にチェック。「入力のしきい値」を99%へ。
      →キー入力時の誤動作を防止する為。

    ●設定したいボタンの数を12へ。
      →ほとんどのゲームパッドは12でおk。もし足りなければ増やしましょう。



    「Joystick 1」のタブを開いて「L1」と「L2」のボタンを設定します。
    ゲームパッドのボタンを入力すると、対応している場所が変色するのでそれで判別。



    自分の場合、「L1」と「L2」をそれぞれ押すと、「L1」は「ボタン7」、「L2」は「ボタン5」に該当することがわかりました。


    色が変わる「ボタン7(L1)」と「ボタン5(L2)」の行をそれぞれダブルクリック
    すると、設定ウィンドウを出ます。

    特殊機能のタブを開き、下図の欄を参考に「ボタン7(L1)」は「Joystick 2」に、「ボタン5(L2)」は「Joystick 3」に変更します。




    あとは、「ボタン7(L1)」と「ボタン5(L2)」以外のボタンに、自分がよく使うショートカットキーを設定しましょう。※キー入力の組み合わせは最大4つまで設定可能。


    例:十字キー上に「Shift+Ctrl」を設定




    その他、「Joystick 2」と「Joystick 3」のタブでも各ボタンにショートカットキーを設定すれば完成。


    設定が終われば、だいたい下図のような感じになります。
    REAPER用設定の一例です。
    ※コメントはわかりやすいように後でつけました。

    通常(Joystick 1)


    L1ボタン押しっぱなしで適用(Joystick 2)


    L2ボタン押しっぱなしで適用(Joystick 3)


    ショートカットキーがあまり把握できていなくて、全部は使い切れませんでした(笑)
    いい設定を発見したらまた更新しようかと思います。

    **************************************************************

    覚えるまでが若干大変ですが、使いこなせたらキーボード以上に効率性が上がるのではないかと。

    ここでは解説していませんが、ボタンを押す長さ・回数によってキーの効果を複数設定したりもできます。また、スティックの斜めにもキーを振り分けたりする
    と、さらにショートカット設定を増やすことが可能。

    ぜひソフト毎に自分好みの設定を作ってみましょう。



    参考にさせて頂いたサイト:http://www.redjuicegraphics.com/post.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。