ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 鑑賞映画リスト 2018.01~

    2018-01-12 09:42
    見てきた映画のリストです。サラッと書き込んでます。




    嗤う分身(2013) 80点 ←オススメ★


    あなたを抱きしめる日まで(2013) 80点 ←オススメ★


    タンジェリン(2015) 40点


    ゴッホ最後の手紙(2016) 40点


    グリーンフェルノ(2013) 50点


    美味しんぼ(1996) 30点



    セックス・アンド・ザ・シティ2(2010) 10点



    好きにならずにいられない(2015) 65点








  • 広告
  • 映写技師だったけど、なにか質問ありますか?

    2016-11-24 09:29

    元映写技師の覚書 text by チコリータ(飼い猫ちゃんの名前ですよ)


    映画館で、映画を上映するための機械があります。これを総じて映写機械(機械は一つだけではなくいくつかの機械が集まっています)と言い映画を上映機会を操作する人たちがいます。この人たちを映写技師と言われ、映画創成期から現代にいたるまで映写技師はたくさんの映画を上映してきました。

    これら機械を上映するための場所を映写室と呼び、映写室は常に暗く、昼でも夜でもまったく同じ空間で仕事をします。まるでモグラになった気分でした。しかし、映画を上映するというのは、映画ファンから見てもとても楽しい事でした。

    映画が好きで、これまで、映像の製作現場、ビデオ屋の店員、映写技師と映像ばかりの仕事を転々としてきました。※結局のところ、自分には向いていませんでしたけどね。
    退職してから3年。現在の仕事(営業)である程度成功しましたが、自分の糧に映写技師の職人気質や映像の現場でのこだわりは身に染みています。

    当時からすれば躍進的に成長しているに違いないですが、映写室で、映画を上映するために仕事をしていた時代はそれはそれで面白かったです。しかし、この映写という仕事もオートメーションされ自動化の時代に突入しています。結果、映写室は無人となり映写技師という仕事はなくなりつつあります。

    という事で、みなさんが気になるだろう、疑問に一つ一つ質問形式で答えつつ映写技師の仕事、形態をご紹介します。

    不定期で掲載しますので、よろしくお願いします。また、質問があればお答えします。(匿名OK)


    BGMどぞ。
    映画「アメリカン・ビューティー」
    (米国・1999年・監督サムメンデス・作曲トーマス・ニューマン)」



    ---------------------------------------------------------------------

    一回目 2016.11.25

    Q 映写技師ってどんな仕事?
    A 映画館の裏方の仕事で、映画を上映するための機械を操作し映画を上映します

    Q やっぱり給料安いの?
    A はい。安いです。給料は手取りで11万~13万。その程度でした。

    Q 正社員はない?
    A 現在バイトばかりですね。昔は国家資格(昔は機械がオーバーヒートしてプリントに火がつく可能性があったので取り扱いもの国家資格でした)
    映画全盛期の1930年代、1950年代 あたりの先輩方は正社員以上に給料があり家族を養えて家が建ったといいます。

    Q みんな映画好き?
    A 基本的に映画好きな方が多いですが、不思議と映画の話をしません。むしろ避けます。
     仕事人というか職人気質というか。映画の話をして仕事をおろそかにしないためらしいですか。
     いや、映画の話しててもいいと思うが、そこまで詳しい人もいません。(私基準ですが)

    Q 技術はいるの?
    A 現在は必要ありません。DVDやブルーレイの再生、停止などを経験していればどなたでも上映可能です。
     ちなみに、現在の映写機械はブルーレイの再生機と接続可能で、一応はブルーレイならば上映に堪えられます。
     しかし、ユーチューブでたまに画像が荒かったりするように、でっかいスクリーンで満足いくほどの画質は難しいです。

    Q そんな簡単な仕事なの?
    A 軽仕事です。他には取引先の方と宣伝の打合せなど電話やFAXで行う事務作業あります。

    Q フィルムは使ってないの?
    A フィルムは使ってません。現在は外付けHDDのデーターを映写機械のアダプターに接続して上映します。

    Q フィルムは使っていたの?
    A 映写の世界では、フィルムとはいわずプリントと言います。(原本をネガと言い、それを複製したモノが映画館で上映していました)
    プリントされた作品は、映画館の映写室にて上映のためセットされます。(これを映画をかける。なんて言います)
    フィルムは35ミリ、16ミリとありますが、70ミリは対応してません。
     70ミリの最近の作品はクエンティン・タランティーノ監督の「ヘイトフル・エイト」でしたね。

    Q 映画館でかかっている音楽はだれが選抜している?
    A 基本的には事務所の誰かですが、映写技師がいた時代は彼らが選抜してました。

    Q 映写室ってくらいの?
    A 暗いです。仮に映写室で電気が付いていたら、映写窓から光が漏れて鑑賞中の映画に差し込みます。
     結果、クレームですね。
     お客様が退場された映画は電気が付きます。そのほかのスクリーン(映画を上映する場所をそう指します)はそのままです。
     ちなみに、映写技師の服装も黒です白など明るい色は、光を反射させます可能性ありなので。

    Q 映写技師って女性もいるの?
    A います。ただプリントで上映していた時代と外付けHDDで上映していた時代では重さの関係でプリント時代のほうが男性はおおかったです。

    Q 映写室の女性付き合ってた?
    A はい! といいたいですが、ありませんでしたね。いわずもがな。ただ、映画好きの女性と知り合えはします。


    Q 出会いはあるの?
    A 映写室に女性がいればです。ほとんど、映画館の窓口や販売には携わらないので退職したり人が入れ替わってもいつの間に?という感覚です。
     ちなみに、食べ物を販売するブースをコンセッションといいます。
    映画館のほとんどの売り上げはここで、チケットを買っていただくだけでは映画館の利益はあまりありません。
     飲み物も高いですが、よかったら一品購入お願いします。


    それではまた。



  • シン・ゴジラの評論かいてて。。8万字超えたが。。。

    2016-11-21 06:382
    まだ終わんないっす。

    8万字超えたが終わんないまだ描き足りないよこれ。


    やっと半分終わったぐらいっす。ぜんぶで5章からなります。
    書籍とか出版ではなく、趣味です。

    年内完成させたいので、仕事減らしたいっす。
    (仕事、どうでもいい。ほんと。)

    (*´ω`*)