• ワードバスケット unitypackage説明書

    2019-03-13 00:00

    本記事はVCIアイテムワードバスケットの配布パッケージ、ワードバスケット unitypackage の説明書になります。


    内容物

    ワードバスケット配布.unitypackage ワードバスケットのunitypackage
    main.lua シャッフル等のluaスクリプト
    ワードバスケット_スクリプト_v0.2.jpg main.luaの改造説明書
    readme.html 本ページへのリンク

    修正履歴
    VCIアイテム

    3/4 v0.1 初版公開
    3/10 v0.2 GroupID見直し(All 0→1)
         リファクタリング
    3/10 v0.3 ライセンス見直し
    3/12 v0.4 UVマッピング修正
    3/17 v0.5 山札にカードを戻す機能の追加
         カードのドロー時、捨て札置き場からカードを取り出した際の回転量をデッキや
         捨て札置き場の回転量を参照し、設定するよう対応
         疑似山札を使用せず、カードのオブジェクトを並べて使用する場合の処理をマージ
    3/23 v0.6 所有権を持つ捨て札置き場、山札にカードのコライダーが接触した場合、カードを捨てる等の処理を行っていましたが、
         所有権を持つカードに、捨て札置き場、山札のコライダーが接触した場合、カードを捨てる等の処理を行うよう修正
         上記修正に伴い、GroupID見直し(All 1→0)
         アイテムの判定に正規表現を用いる処理をマージ
         テーブルの中身を別のテーブルに移し替える処理をマージ(未使用)
    3/23 v0.7 前方互換性を維持した、関数IFの見直し

    配布パッケージ

    3/10 v0.1 初版公開
    3/12 v0.2 VCIアイテムv0.4対応、説明書修正
    3/17 v0.3 VCIアイテムv0.5対応、説明書修正
    4/1 v0.4 VCIアイテムv0.6, 0.7対応、説明書修正



    1.unitypackageの取り込み

    ※バーチャルキャストWiki等を参照し、VCI作成 1.VCI開発環境の導入 まで完了させておいてください。

    下図の赤枠で囲ったAssetに"ワードバスケット配布.unitypackage"をドラッグ&ドロップし、インポートして下さい。





    2.シーンのロード

    下図の赤枠で囲った、VCI_wordBascketをダブルクリックすることで、Hierarchy上にワードバスケットのシーンがロードされます。




    3.カード画像の差し替え

    Assets\Materials\card_mat\ の下のマテリアルのテクスチャを差し替えます。


    ・カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。(カード1枚ずつ個別)

    Card[1-60] のマテリアルを1つ選択し、下図の赤枠で囲ったMain Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。
    (下図ではCard1を選択しています)


    ・山札の絵柄を変更する

    front のマテリアルを選択し、Main Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。

    (Main Texについては、上記の「カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。」を参照してください。)

    ・捨て札置き場の絵柄を変更する

    DisCard1のマテリアルを選択し、Main Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。

    捨て札置き場の画像はUVoffsetで表示を切り替えているので、下のようなカード1枚1枚の絵柄を全て並べた画像を作ってください。
    (Main Texについては、上記の「カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。」を参照してください。)



    #捨て札置き場にカードが置かれた際に、画像を切り替える必要がない場合はDisCard1のplaneのマテリアルにfront等を設定してください。

    ・カード1枚1枚の側面のテクスチャを差し替える。(全カード共通)

    centerのマテリアルを選択し、 Main Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。
    (Main Texについては、上記の「カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。」を参照してください。)

    ・山札と捨て札置き場の側面のテクスチャを差し替える。(山札、捨て札置き場共通)

    Center_deckのマテリアルを選択し、 Main Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。
    (Main Texについては、上記の「カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。」を参照してください。)
    #デッキ等の側面にカードが重なっているような画像が不要な場合は、
    Deck[1-2]、DisCard1のcubeのマテリアルにcenter等を設定してください。

    ・カードの裏面のテクスチャを差し替え(カード、山札、捨て札置き場共通)

    backのマテリアルを選択し、 Main Texに画像をドラッグ&ドロップし、画像を差し替えてください。
    (Main Texについては、上記の「カード1枚1枚の絵柄のテクスチャを差し替える。」を参照してください。)

    4.カードの追加・削除

    ・カードの追加(UNO等、カード枚数がワードバスケットより多い場合など)

    ① HierarchyのCardsのCard60をコピーする。(Cardの番号はなんでもいいです)
    ② コピーしたアイテム名をCard61に変更する。(複数枚追加する場合は連番で続けてください)
    ③ Assets\Materials\card_mat\に移動し、右クリック、Create > Material
    で新しいマテリアルを作成します。
    ④ShaderにUniGLTF > UniUnlitを設定。
    ⑤カード画像の差し替えと同様の手順でテクスチャを設定します。
    ⑥ Card61 > Planeのマテリアルに③で作成したマテリアルを割り当てる。
    上記を必要な回数繰り返してください。
    # 捨て札置き場の絵柄のテクスチャも合わせて修正してください。
    # スクリプトのCARD_COUNTをカード枚数に合わせ、修正してください。





    ・カードの削除(トランプ等、カード枚数がワードバスケットより少ない場合、山札が1つでよい場合など)

    ① HierarchyのCardsのCard60右クリックし、Deleteで削除する。
    上記を必要な回数繰り返してください。
    # スクリプトのCARD_COUNTをカード枚数に合わせ、修正してください。

    連絡先

    twitter

  • 広告
  • モックバトルver3.47 使用デッキ

    2018-12-16 00:42

    < VOLT-R25 >

    3 ガトリングショット(黒)
    2 トライシュリケン(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 ファルシオン(赤)
    1 リペインパンチ(白)
    2 ガットピアサー(赤)
    2 バクレツタックル(黒)
    2 ボルカノパンチ(黒)
    1 ボルトクロー(黒)
    2 ハイボルトクロー(赤)
    2 バニラハンマー(黒)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)[F]
    3 ハントウメイ(白/黒)

    < RED-FUTURE2 >
    フォーム:レッド
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    Sパンチ(赤)Lv4
    ソードトランス(青)Lv1
    ミライヨチ1(白)Lv2
    HPプラス100(白)Lv3
    ボルトトランス(黄)Lv1

    MockBattle ガチ対戦4 デッキレシピ第1回モックバトル オンライン大会使用デッキ のBOLTシリーズのver3.40以降版

    ・基本的なデッキコンセプトは過去のデッキと変わりはありません。
    ・Sパンチのノックバックを軸に、ノックバックに暗転ピースを確実に当てていきます。
    ・状況不利な場合は、トライシュリケンで相手エリア最前列を穴にし、手札が良くなったら、ガットピアサーで穴を塞ぎ、攻めに転じます。
    ・また、穴を開ける場合、ホールカノンを使用される場合がありますが、その場合はハントウメイで防御もしくは、バクレツタックルで防御兼攻撃で対処します。(暗転の仕様変更で、暗転割り込み時に列を変更することが出来なくなったため、防御のみになる可能性が高まりました)



    < RED-337 >

    2 トライシュリケン(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 ファルシオン(赤)
    3 リペインパンチ(白)
    3 ガットピアサー(赤)
    2 バックファイア(赤)
    2 ボルトクロー(黒)
    2 ハイボルトクロー(赤)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)[F]
    3 ハントウメイ(白/黒)
    3 ソニックブーム(赤)


    < LACKY >
    フォーム:レッド
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    ラッキーショット(赤)Lv3
    ソードトランス(青)Lv1
    スピードプラス1(青)Lv1
    HPプラス100(白)Lv3
    ボルトトランス(黄)Lv1


    ・ver3.40で追加されたラッキーショットをメインに戦っていくデッキです。
    ・ver3.43でソードトランスの能力にスピード+1が追加されたため、トランス状態でショットの連射力を高めます。(スピードプラス1(青)Lv3を入れた場合、体力が少なすぎて一瞬で溶けるため、スピードは最大ではないです。)
    ・相手の硬直にピースを当てていくことが難しいため、ボルトクロー系でマヒさせた後にガットピアサーとその他ピースのコンボで大ダメージを与えます。


    < VOLT-U >

    2 トライシュリケン(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 メタモルソード(青)
    2 リペインパンチ(白)
    3 ボルトクロー(青)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    2 クロスボルト(黒)
    4 トリプルサンダー(青)
    3 コハクノマイ(青)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    1 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    1 コピーフュージョン(白/黒)


    < BLUE-SWORD >
    フォーム:ブルー
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    ソードトランス(青)Lv1
    HPプラス50(白)Lv2
    HPプラス100(白)Lv3
    ライトシューズ(青)Lv3
    ボルトトランス(黄)Lv1


    ・ver3.44で追加されたピースフュージョン「ボルテックレイン」を軸にしたデッキ
    ・リペインサーベルやリペインパンチでエリアを詰めた後、トライシュリケンを使用するなどし、移動範囲を狭め、ボルテックレインをより確実に当てていきます。




    < VOLT-Y3 >

    2 トライシュリケン(黄)
    3 リペインサーベル(白)
    2 ファルシオン(黒)
    1 リペインパンチ(白)
    3 ガットピアサー(黄)
    1 ビーストバイト(黄)
    3 ボルカノパンチ(黒)
    3 ボルトクロー(黄)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    3 コハクノマイ(黄)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    2 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)


    < SPLEAD >
    フォーム:イエロー
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    ソードトランス(青)Lv1
    ボルトトランス(黄)Lv1
    チャージプラス1(黄)Lv1
    HPプラス100(白)Lv3
    Sスプレッド(黄)Lv4


    ・黄色のボルトトランスデッキ
    ・サブウェポンのSスプレッドはヒット時に硬直がないため、ボルトクロー系を軸に戦っていきます。

    < BAKURETU-G52 >

    3 カノン(白)
    3 ハイカノン(黒)
    3 クラックカノン(黒)
    3 トライシュリケン(緑)
    3 ホールカノン(緑/黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 メタモルソード(緑)
    3 ボルカノパンチ(緑)
    1 クラックヒール(白/黒)
    2 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    1 コピーフュージョン(白/黒)

    < SHIELD >
    フォーム:グリーン
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    ソードトランス(青)Lv1
    ボルトトランス(黄)Lv1
    HPプラス50(緑)Lv1
    HPプラス100(緑)Lv2
    HPプラス100(白)Lv3
    Sシールド(緑)Lv4

    MockBattle ガチ対戦3 デッキレシピ のver3.40以降版です。
    ・wikiやブロマガに載せているレシピではハイカノンとクラックカノンは非暗転のものを使用していましたが、Sシールドヒット時の硬直に当てていくため、黒に差し替えています。
    ・また、ver3.40で追加されたマグマトランスは、火属性ピースを使用時に強化されます。
     クラックカノン、ボルカノパンチ、バクレツカノンは火属性のため、マグマトランスに変身して戦います。

    < VOLT-G >

    3 トライシュリケン(緑)
    2 ホールカノン(緑/黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 メタモルソード(緑)
    2 リペインパンチ(白)
    3 ボルトクロー(黒)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    2 クロスボルト(黒)
    4 トリプルサンダー(緑)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    1 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    1 コピーフュージョン(白/黒)


    < SHIELD >

    < VOLT-U >の緑バージョン、以上



    < G-SWORD >

    4 ツルギノマイ(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    4 ステップサーベル(緑)
    1 ファルシオン(黒)
    2 メタモルソード(緑)
    4 リペインパンチ(白)
    3 ボルトクロー(黒)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    2 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)

    < SHIELD >

    緑ソード、青ソードに比べての利点はサブウェポンで中遠距離でも攻撃可能な点ぐらい
  • 11/9フライデーナイト モックバトル使用デッキ

    2018-11-11 07:59

    11/9フライデーナイトモックバトル使用デッキ
    VORT-Y3
    デッキ :
    < VOLT-Y3 >
    2 トライシュリケン(黄)
    3 リペインサーベル(白)
    1 ファルシオン(黒)
    1 リペインパンチ(白)
    2 ガットピアサー(黄)
    3 ボルカノパンチ(黒)
    2 オブシドグレイブ(黄)
    3 ボルトクロー(黄)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    3 コハクノマイ(黄)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    COS :
    < SPLEAD >
    フォーム:イエロー
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    ソードトランス(青)Lv1
    ボルトトランス(黄)Lv1
    チャージプラス1(黄)Lv1
    HPプラス100(白)Lv3
    Sスプレッド(黄)Lv4





    ボルトトランスになって、雷属性ピースを打つデッキ。
    ハイボルトクローの黒色をチョイスしている理由は、割り込みで防御札を使ってもらい、ダメージを与えにいく局面で防御ピースがないのを狙うため。
    COSでサブウェポンのチャージショットをスプレッドにしている理由は、
    MockBattle ガチ対戦4 デッキレシピ
    と同じ理由です。

    RED-337
    デッキ :
    < RED-337 >
    2 トライシュリケン(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 ファルシオン(赤)
    3 リペインパンチ(白)
    3 ガットピアサー(赤)
    2 バックファイア(赤)
    3 ボルカノパンチ(赤)
    2 ハイボルトクロー(赤)
    3 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)[F]
    3 ハントウメイ(白/黒)
    1 ソニックブーム(赤)
    COS :
    < LACKY >
    フォーム:レッド
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv3
    ラッキーショット(赤)Lv3
    ソードトランス(青)Lv1
    スピードプラス1(青)Lv1
    スピードプラス1(青)Lv3
    ボルトトランス(黄)Lv1




    新オーダーパーツ、ラッキーショットを使いたいがために組んだデッキ。
    ショットメインで戦うため、硬直に黒ピースを当てていくことが難しいと感じたため、非暗転のピースを中心に組んでいます。
    COSの構成はショットを軸に戦うため、パワー3
    また、ラッキーショットの発生率底上げを狙うため、スピードを上げ、手数を稼げるようにしています。
    弱点はHPの低さ。下手するとワンコンボで溶けます。


    VORT-R25
    デッキ :
    < VOLT-R25 >
    3 ガトリングショット(黒)
    2 トライシュリケン(黒)
    3 リペインサーベル(白)
    2 ファルシオン(赤)
    1 リペインパンチ(白)
    2 ガットピアサー(赤)
    2 バクレツタックル(黒)
    2 ボルカノパンチ(黒)
    1 ボルトクロー(黒)
    2 ハイボルトクロー(赤)
    2 バニラハンマー(黒)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)[F]
    3 ハントウメイ(白/黒)
    COS : 多分< LACKY >
    前バージョンの最後に使ってたデッキに新ピースを入れたもの。
    MockBattle ガチ対戦4 デッキレシピ
    第1回モックバトル オンライン大会使用デッキ のデッキの正統進化系のデッキ。


    GS-U4
    デッキ :
    < GS-U4 >
    3 リペインサーベル(白)
    3 ステップサーベル(青)
    2 ソニックブーム(青)
    1 ファルシオン(青)
    2 メタモルソード(青)
    3 リペインパンチ(白)[F]
    3 ボルトクロー(青)
    2 ハイボルトクロー(黒)
    3 コハクノマイ(青)
    2 ヒーリングパネル(白/黒)
    3 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    COS :
    < BLUE >
    フォーム:ブルー
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    ソードトランス(青)Lv1
    HPプラス50(白)Lv2
    HPプラス100(白)Lv3
    ボルトトランス(黄)Lv1
    HPプラス50(緑)Lv1
    HPプラス100(緑)Lv2




    第1回モックバトル オンライン大会使用デッキ
    のデッキの正統進化系。
    上書き保存したため、デッキ名が同じ。

    GS-G45
    デッキ : 上書きしたので、残ってません。
    COS : < SHIELD >

    LALA-COPY
    デッキ :
    < LALA-COPY >
    2 トライシュリケン(緑)
    3 ホールカノン(緑/黒)
    3 リペインサーベル(白)
    4 ステップサーベル(緑)
    2 メタモルソード(緑)
    5 リペインパンチ(白)
    2 バクレツタックル(黒)
    3 ボルカノパンチ(緑)
    1 オブシドグレイブ(緑)
    1 クラックヒール(白/黒)
    1 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    COS :
    < SHIELD >
    フォーム:グリーン
    マグマトランス(赤)Lv1
    パワープラス1(赤)Lv1
    ソードトランス(青)Lv1
    ボルトトランス(黄)Lv1
    HPプラス50(緑)Lv1
    HPプラス100(緑)Lv2
    HPプラス100(白)Lv3
    Sシールド(緑)Lv4




    < GS-G45 >を使っていて、あまりにも勝てないので、LALAさんに教えてもらったレシピ。
    特に解説することもありません。
    LALAさんの戦い方に特化したレシピのため、自分が使いやすいように調整したのが、以下になります。
    < LALA-COPY >
    2 トライシュリケン(緑)
    2 ホールカノン(緑/黒)
    3 リペインサーベル(白)
    4 ステップサーベル(緑)
    2 メタモルソード(緑)
    3 リペインパンチ(白)
    3 バクレツタックル(黒)
    3 ボルカノパンチ(緑)
    1 オブシドグレイブ(緑)
    2 バニラハンマー(黒)
    1 クラックヒール(白/黒)
    1 バリア(白/黒)
    3 ハントウメイ(白/黒)
    ホールカノン 3→2
    リペインパンチ 5→3
    バクレツタックル 2→3
    バニラハンマー 0→2
    エリアは最低限3x3を維持できればいいという考えと、ピース当てるのが下手なので、ダメージソースになりえないリペインパンチを2枚抜きました。
    その代わり、攻撃兼防御札として、バクレツタックルを増加。
    また、相手が前に出てくるのを防ぐため、バニラハンマーを入れています。
    今考えると、バニラハンマーより、攻撃の起点にするボルトクロー系を入れた方がよさそうですね。