【一部閲覧注意】 裏の求人に応募した結果
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【一部閲覧注意】 裏の求人に応募した結果

2015-10-01 05:32
  • 10
「バイトル」、「フロムエー」、「タウンワーク」・・・
一般の求人情報では絶対に見ることのない「裏求人」。

今回は、裏の求人サイトから実際に応募をした時の
体験談をお話しいたします。

①出会い系サクラ
②ウリ専
③風俗店受付
④出張ホスト
⑤性感マッサージ
⑥スカウトマン

https://www.youtube.com/watch?v=SaVu31JZNHc
http://www.nicovideo.jp/watch/sm27259340
http://video.fc2.com/content/20150930Ngy7SMdR/

Youtube、ニコニコ動画、fc2動画の皆さま、おはようございます!!!
うp主の寺川新人です、ニートではありません(本当です)。

今回は、過去の動画でずっと引きずってきました、「裏の求人サイト」というものをついに取り上げ、
裏バイトに応募、面接などの体験談を紹介いたします。

①から⑥まで、順に紹介いたします。

①出会い系サクラ

これはたいてい表向きは「メールオペレーター」、「PCメールオペレーター」などと表記されております。
求人担当の電話番号はおおむね「090」、すなわち携帯の電話番号です。
なぜなら彼ら業者が「会社」と称する場所はよくわからないビルの一室にPCをたくさん配置しただけのもので、
事務所を構えてできるようなろくなお仕事ではないからです。

ただし、たまに固定回線を敷いており、女性のテレオペを付けているような
体裁を取る「会社」があります。

で、面接場所は喫茶店やカラオケの個室。
そこで仕事内容の書かれた契約書のようなものを渡されます(もしくは口頭による説明)。
たいていの場合、ここで「出会い系サクラ」であることが知らされます。

出会い系のサクラといえば、かつてならば「出会えない系」といった、
サクラしかいないような詐欺サイトに湧いていたイメージですが、特殊なケースとして
業者ごと、サクラのアルバイトが「詐欺罪」として捕まったことが挙げられます。

サクラもバカではありません。
対策として、巧妙な手口を使い、法の目をすり抜けていきます。

最近のサクラの手口は以下の通り。

業者側は風俗嬢のような、身体を売る”女の子”を配置します。
そして、大手の優良出会い系サイトにその女の子のアカウントを作成します。
で、女の子本人に代わりアカウントを用いて男性会員に接触、性交渉による援助交際を斡旋します。


ここまでがサクラのお仕事です。
そのあと、性交渉が成立すれば男性は女性に2万円ほどのお金を渡します。
そのうち例えば一人につき4000円などがサクラの収入として、手取りで還元されます。

言うなれば
「無店舗型、出会い系サイトを媒体としたホテルヘルス」でしょうか??

しかし、一般の風俗店では本番行為は禁止されていますが、
この手の場合は本番行為まで持ち込んでしまうところが過激なところです。
もちろん完全に違法ですが、この手の行為は水面下で横行し、本当に捕まるリスクはないに等しいでしょう。

私は結局面接だけ受けて辞退しております。
また、そこに勤めている人は結構ルックスは普通かややいかつめか、
もと保険のFP、営業職などの高収入のエリートなどが意外にも多いのが特徴です。
京大、阪大出身のサクラも存在します。

私は面接担当に聞いたことがあります
「そんな人たちがどうしてそんな仕事を??」
答えは単純明快で「本職が激務で、精神をヤッて、馬鹿らしくなったから」。
馬鹿が簡単にできるわけではありませんが、PCを用いることの多い日本人にとって
待遇面を考えるとこれ以上のおいしい仕事もありませんね。

よく私のようにお金に困り、そののち自殺をしてしまう勤め人がいますが、
割り切って生きられるなら、最後の手段としてサクラの求人を利用してみてもよいのかも。
平均的な月収は初月で2,30、半年もあれば50は超えるし、7,80越えはざらにいます。
ただし、「月25日出勤」であることが多いので、束縛されたくない人には向きません。

②ウリ専

これも「ウリ専」と表立って表記はされないでしょう。
多くの場合、「飲食店」、「簡単な接客業」、「リラクゼーションエステ」などとカモフラージュされています。
まるで一般の求人誌に載るような内容です。

しかし「自由出勤OK」、「全額日払い」、「日給5万円以上可能!!」など
明らかに一般的ではないようなうたい文句を付しているのが特徴です。

私がこれに騙され、ウリ専と知らずに面接に向かったその先はとあるマンションの一室、
家賃は8~10はあるでしょうか、結構立派なお部屋です。

あからさまにゲイっぽい人が「このお部屋で待ってて」などといい、
お茶とアンケート用紙を準備します。
このアンケート用紙には「自身のセクシャルやPサイズ(つまりは陰茎の長さ)、身長体重」などの
身体的特徴や性癖を記入するのです。

部屋は真っ暗ながら間接照明だけがやさしく照らし、
面接のソファーの横にはでっかいベッドがついています(そのベッドで・・・するわけか)。

テレビがついているのですが、その映像は
男が男に挿入したり、
ローションでボクサーパンツを濡らされたうえ、股間にバイブいじめをされてオーガズムに達する男性

が映っています・・・

この時点で私は帰りたくなりました。
しかし、私のような人間(クソデブ)はこう言った業界とは無縁です。

ウリ専の公式サイトなどを覗いてみるとよいでしょう。
ほぼすべてのボーイさんが「細マッチョ」なのです。
つまり、その体形がもっともゲイ風俗に好まれる体形なのです。

世間では若い女性の細マッチョブームが浸透しております昨今、
何も女性に限った話ではないということを学習した1日でした。

私は「あなたは需要がない」とバッサリ。
無事不採用になり、ほっとして帰宅しました。

③風俗店の店員/受付スタッフ

これはまだ「裏」というほどのものでもないかもしれませんね。
しかし、「この人たちってどうやってこの仕事に就いたんだろう?」
そう思う方もいるかもしれませんね。

風俗店の店員になる背景としては
(1)裏求人サイトから応募
(2)勤め先の社長のコネ
(3)出張ホストやウリ専経営者のコネ
などでしょうか、とにかく知人の紹介による就業が多いのが特徴です。

まず、(1)は通常のアルバイトと同じ流れです。
(2)については、例えば皆さんのバイト先などで
風俗店も経営している社長がいるかもしれません(私の場合がそうでした)。
そこの社長と面識があれば、「ウチの店来ないか」と紹介されることがあります。

また、この手の社長はとても話上手で、女性を手なずけるのがとてもうまい印象です。
私が勤めていたバイト先の社長もそうでした。

さて、(3)についてですが、これも(2)のような紹介によるものです。
また、出張ホストやウリ専を「おとり求人」としてこちらの仕事を推すこともあります。

アダルト業界は難し成り行きで就業される方がほとんどで、それまで一般ピープルな学生としての
生活を送っていた私はしばしばギャップにさいなまれていました。
しかし、男として「ぶっちゃけた」話ができる、おおらかな業界といってもよいかもしれません。
底辺ながら活力みなぎる男性が底辺脱出のために使う受け皿としても機能しています。

④出張ホスト

出張ホストは、ホストという文字を含んでおりながら、俗にいうホストとは勤務内容が全く異なります。
どちらかというと「レンタル彼氏」に近い位置づけですが、その延長線上にあるお仕事です。
全国の出張ホストの情報を閲覧できるサイトがあるため、もし応募したい人がいれば、
そのHPを参考に、安全性の高いホストクラブで就業することを勧めます。

多くの出張ホストは「登録料」として面接時、1万円程度の金額を支払わせます。
しかし、そうしたホストクラブは登録料詐欺である可能性も高いので、実態を知るためにも
HPはとても参考になるのですね。

ちゃんとしたホストクラブは登録料が少額か0円で、きちんと交際のお仕事があります。
代わりに服装、身だしなみ、ビジネスマナーをはじめとした人間性が内外問われます。
つまりはハードルが高いお仕事です。

ちなみに私が応募/面接したところの場所はやはりマンションの一室・・・
1万円の登録料に加え、あとだしで「サイトにプロフを載せる手数料」や「女性にあなたを紹介するための営業手数料」が
必要だと言い出しました。

登録料詐欺なんで、時間の無駄で帰宅しました。

⑤性感マッサージ/回春マッサージ

こういった「お店」は実態がない、つまりは無店舗型であることがたいていでしょう。
お店の施設ではなく、ホテルなどに出張することで行われるため、「ヘルス専門の出張ホスト」とうたわれることも。
もっと簡単な言い方ならば「逆ホテルヘルス」となります。
こちらも登録料詐欺がまかり通るので、ご注意を。

私の体験談だと、面接場所は都市の大きなショッピングモールの休憩所、
そこのベンチに腰掛けて契約書一式を渡されます。

私の面接をした人は本当にどこにでもいそうなリーマン風の男性でしたが、
なかなかのイケメンだったと思います。

仕事があった際は携帯電話やLINE等のSNSで予約の通知が行われます。

⑥スカウトマン

現在、この職業は職業安定法と呼ばれる法律に違反するため、りっぱな違法行為となります。
路上での客引き/スカウトは禁止されているにも関わらず、都会では横行し、放置されているのが現状です。

スカウトについては、客引きなどの要領で女性に接触し、
「ウチの店で働かないか」といった感じで誘導していきます。
しかし、下手をすれば捕まってしまう、ハイリスクなお仕事です。
にもかかわらず、当たり前のように求人が出されているのが不思議なぐらいです。

ただし、うまくいけば女性の収入の10%は不労所得として還元されます。
ハイリスクではありますが、逮捕のリスクなども度外視でき、
「失うものがないから、死ぬぐらいなら・・・!!」と思い切ってスカウトマンになってみるのもよいかもしれません。
私個人的にはそうした生き方を否定的にとらえていません。

また、これをネット掲示板などで行う「ネットスカウトマン」も存在します。

・・・

大変長くなりましたが、以上で私の裏求人体験談を終了させていただきます。
今回はここまでご覧いただきまことにありがとうございます。
それでは失礼いたします。

広告
×
勉強になりました。
64ヶ月前
×
その手の筋にいった友人がいますが詳しい話を経緯が聞けなかったので勉強になります
64ヶ月前
×
ブロマガにしては珍しく?中身がありますね。面白かったです。
64ヶ月前
×
全部、手帳がないときにやってみたかったですね……
64ヶ月前
×
真偽はともかく純粋に楽しめました。
64ヶ月前
×
>>1
カスケ様

コメントまことにありがとうございます。

私は面接の経験だけですが、実際に勤めている人の体験談はあまりないですよね。
このうち、私が実務経験したのは風俗店の店員だけです。

ありがとうございました。
64ヶ月前
×
>>2
とある人様
コメントまことにありがとうございます。

そうですね。
一応これらのものは裏求人ですから、いくら友人関係といえど
口を開けづらいのかもしれないですね。

ありがとうございました。
64ヶ月前
×
>>3
t.t様
コメントまことにありがとうございます。

実は、ほかのユーザー様のブロマガについては読んだことがありません。
ですので「中身」があるのかどうかは、自分自身わかりません。

しかし、こうした裏求人などの情報の少ない分野については
嘘偽りの情報を発信する者も少なくはないですが、
自分の場合は一応実際に行ってみた体験談を述べています。

また、風俗店の店員は少しやっていた時期がありました。

ありがとうございました。
64ヶ月前
×
>>4
フェル様
コメントまことにありがとうございます。

すみません、こちらの無学にて”手帳がない”の意味が分かりかねます。
何かの用語でしょうか。
機会がありましたら気になるので教えてください。

ありがとうございました。
64ヶ月前
×
>>5
なるさん様
コメントまことにありがとうございます。

やはり、この手の情報の少ない裏事情ものは
真偽についての信用は読んでくださるユーザー様のお気持ちに
ゆだねるほかありません。

ただ、実際に有名どころでは
「アップステージ」、「ドカント」といった求人サイトから
これらの求人に応募、面接までたどり着けます。

一時私は金欲からこうした仕事に応募しましたが
やはりどっぷり浸かるのが怖くなって今は普通のバイトしています。

ちょっと関係がない話ですが、サムネが気になってみてみたら
ラグビーをなされているのですね。

私も格闘技など、フィジカルコンタクトの多いスポーツに興味があり、
ウェイトトレーニングやランニングを趣味にしています。
バイトも肉体労働ですし。

ありがとうございました。
64ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。