熱い自分語り41 コントラストの話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

熱い自分語り41 コントラストの話

2014-12-22 00:01
    一般的に、コントラストが強すぎると見てて辛くなります。

    たとえば、こんな感じ。
    文字色は#000000,縁取りは#00ff00(H=120,S=100,B=100)です。



    うーん、ちょっとギラギラしてますよね。

    縁取りをちょっと淡くしてみましょう。#80ff80(H=120,S=50,B=100)に。



    だいぶ目に優しくなった気がしませんか。

    いっそのこと、文字色も#333333にしてみましょうか。



    ちょっと文字色が薄くなりましたね。

    ここまできたらもう一段階。縁取りを#bfffbf(H=120,S=25,B=100)に。
    文字は#333333のまま。



    ここまでくると逆に背景に埋まってしまうかもしれませんね。



    個人的には2番目か3番目くらいがいいんじゃないかなって思います。

    ここで縁取りの色にHだとかSだとかBだとか書いていますが、
    それぞれH(色相)、S(彩度)、B(明度)です。
    こういうのをHSB色空間って言うんですが、要は明るさを保ったまま彩度だけ落としていたんですね。
    こういう色を作り出すのはペイントでも簡単にできます。いろいろやってみてお試しあれ。

    ※ちなみにHSBの数値はPsEでの数値なのでペイントでは使えません。ご注意ください。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。