• [FootballManager2014] 注目選手メモ アタッキング ミッドフィルダー

    2019-09-23 16:54
    【更新:2019/10/20】

    2019年の今でもずーっと遊んでるフットボールマネージャーことFMの、若くて気になる選手をメモっておく。超有名人は含まない。随時更新を予定。

    評価はあくまでもゲーム内ということであしからず。



    【アタッキング ミッドフィルダー】
    いわゆる『トップ下』です。生粋のウィンガーは含みません。

    2019/10/7追加】Marc Stendera ドイツ
    トップ下(アタッキングミッドフィルダー)ポジションしかできないドイツ人。
    なのにクロスが得意。ちょっとチグハグな感がいなめないのはある。そして2018年ぐらいになるとフリーになっていたりする。それでもかなり活躍は見込める。プレイスキックも一通りこなせ、稀少なプレイスタイル『カーブボールを蹴る』を持つ。『試合のテンポを作る』も持ち合わせた有能。オフザボールは苦手なため、フリースペースを見つけてゴールするようなプレーは期待できないが、それでも十分な能力を持つことには変わりない。
    契約がフリーになった後に拾われるブンデスのクラブは好調を取り戻す、それぐらい試合に好影響を及ぼす能力を持った人材。


    Otavio Edmilson ブラジル
    International所属の攻撃的ミッドフィルダー。
    能力的にはトップ下と言うよりもシャドーストライカーかもしれない。ファーストタッチと決定力の高さ、オフザボールと創造性、冷静さのメンタル能力、スピードと加速力に敏捷性といったフィジカル能力、すべてに長けている。
    2列目から点を獲るために生まれてきたような男。相手にしたくない。気づいたころにはもう手に負えない能力になっていて、苦戦する。

    Humam Tariq イラク
    高い創造性と冷静さを併せ持つ左利きのイラク人。
    すぐにスペインのクラブに引き抜かれる。
    フィジカルがあまり強くないので、それを補うプレイスタイルを学ばせることで結果もついてくる。

    あとすごくイケメン。



    Gabriel Iancu ルーマニア
    テクニック系のルーマニア人攻撃的MF。
    プレイスキッカーとしてもかなりの能力を持っている模様。プレイスタイルは持たないため、一から育てるのも楽しみである。

    どこで覚えたのか、(当ゲームでは)フランス語も使えるらしい。




    Tomas Martinez アルゼンチン
    River所属。左利き。
    移籍金がかなり安い設定になっている模様。ヨーロッパに来たとたん、評価額が跳ね上がる。
    決定力は若干低いものの、それを補っても十分な得点力とフィジカル、メンタルを持っている。使った印象としては、ボールを持ちすぎることもなくドリブルにもこだわらず、ワンタッチで裏へパスを通し、隙あらばゴール前に走りこみ自分でも得点を稼ぐ、といった感じ。

    Pablo Aimarが大好きらしい。(顔はぜんぜん違うが)


    Abdelhak Nouri オランダ
    Ajax所属の両利きモロッコ系オランダ人。
    キラーパスが得意の、「伝統的な」、「生粋の」トップ下タイプ。
    「試合のテンポを作る」も持ち合わせており、スピードとドリブル能力もそこそこあるため、ゲームを支配しやすくなる。相性の良い相方次第で化ける。
    目立ちたがり屋の多いトップ下に置いて、「やや紳士的」な性格で扱いやすく、評価額もそこまで高騰しない印象だが、Ajaxはなかなか出そうとしない。褒めまくろう。
    [2019/10/20追記]
    ウィキで調べて初めて知りました。試合中に不整脈で倒れ、そのまま引退となったとのこと。所属していたアヤックスはもともとNouriが心臓に問題を抱えていたことを把握していたが、両親には知らされていなかったとか。なんとも残念なお話ですね。


    Daniel Da Silva オーストラリア
    小柄だが、能力の伸びが素晴らしい右利きAMF。
    すぐドイツのクラブに引き抜かれ、期限付き移籍で各国をフラフラしている。その評価額に対してお買い得な選手と言える。
    ただしプレイスキックは不得意。

    あとイケメン。



    Alen Halilovic クロアチア
    いかにも中欧っぽい左利きのテクニシャン。
    『カーブボールを蹴る』を持つ、若くて才能あふれた稀有な人材。ビッグクラブにとられる前に獲得したくなるが、その性格「非常に野心的」は扱いにくいかもしれない。もちろんプレイスキッカーとしても活躍が見込める。
    左利きだが、右サイドハーフが適正になっている。インサイドフォワードとして使ってあげよう。ただし、ロングシュートも好きなようで、無駄打ちもかなり多い印象。


    Ante Coric クロアチア
    こちらは右利きのテクニシャン。
    ドリブルが得意だがスピードはそこまでではないため、扱いは難しい。オフザボールも高くはないので、どのように育てるかは監督の手腕による。活躍させるのは結構大変かもしれない。

    でも結構イケメン。






    ・・・トップ下って、どうしても評価額が上がる=有名になる、ので、なかなか人選は難しいですね。

  • 広告
  • [FootballManager2014] 注目選手メモ ミッドフィルダー センター

    2019-09-23 14:05
    2019年の今でもずーっと遊んでるフットボールマネージャーことFMの、若くて気になる選手をメモっておく。超有名人は含まない。随時更新を予定。

    評価はあくまでもゲーム内ということであしからず。



    【ミッドフィルダー センター】

    Mats Møller Dæhli ノルウェー
    Cardiff所属の右利きのノルウェー人テクニシャン。
    高いファーストタッチとドリブルテクニックで、そこまでの加速力がないにもかかわらず「奪われない」ドリブルによってゲームを支配し、敵陣深くまで攻め入るプレイスタイル。
    決定力が低いため、シュートミスは目立つが、調子のいいときの彼は止めようがないくらいの破壊力を持っている。また、プレイスキックもかなり能力が高い。

    そして北欧系のイケメンである。


    Adrien Rabiot フランス

    見てくれこのイケメンを…。それだけで獲得する価値がある。

    ディフェンシブミッドフィルダーとして一流。25番が世界一似合う
    男。予測力と冷静さ、パス能力が高く、総じてミスが少ない。また高さもあって、安心感が違う。ウチは毎回獲得している。
    使えば使うほど伸びていく様は見ていて楽しい。そして超絶イケメン。たぶん世界一。


    Lucas Romero アルゼンチン
    攻撃的MFが豊富なアルゼンチンにあって、純粋なMCの選手は貴重かもしれない。
    スタミナをはじめとしたフィジカル能力、創造性や予測力といったメンタル能力、そしてドリブルやパス能力といったテクニック、すべてを併せ持つ。

    Velezに所属しているが、すぐにビッグクラブに引き抜かれ、試合経験を積み、気づいたら超絶になっていて手に負えない。

    Mario Pugliese イタリア
    ポジショニングの低さを、積極性とスピード、強靭さでカバーする熱血イタリア人MF。
    予測力と判断力も高く、ミッドフィルダーセンターとしての能力はかなり高い。

    ゲーム内ではR Madridなどのビッグクラブがすぐにかっさらっていく印象で、ウチが使えたことはない。


    Andrea Barberis イタリア
    フリーキックも巧いセンターミッドフィルダー。
    判断力とパス能力が高く、ミスが少ない印象。創造性、オフザボールも高いため、トップ下を追い越してゴール前に飛びこむプレイも期待できる。
    ただ、決定力は低めのため、冷静さでカバーできるか。
    意外な時にフリーキックを決め、バックアッパーとしても文句を言わない、非常に扱いやすく頼れる男。


    Ivan Mocinic クロアチア
    ミッドフィルダー人材の宝庫、クロアチア。
    『シンプルな短いパスを出す』プレイスタイル、判断力の高さは中盤を制してボール保持率を向上させる。
    創造性とオフザボールの高さは攻撃面でも顔を出せる素質だが、いかんせん決定力と集中力、冷静さは低め。前に出さないプレイスタイルを徹底させたい。



    Domen Crnigoj スロベニア
    トップ下もこなすスロベニア人MF。
    毎回スペインのクラブがかっさらっていくが、試合に出してもらえないのかいつも不満を溜めている気がする。
    テクニック、ドリブル、パス、ロングシュートとテクニカルな選手と思いきや、創造性などの攻撃的メンタルも備えている。身長は高いのだがジャンプ能力やバランス能力は低い。しかし判断力や予測力でカバーできないこともないだろう。


    Levin Oztunali トルコ
    トルコ系のドイツ人MF。
    全体的に守備寄りの能力値で、判断力、予測力、冷静さと必要なところは揃っている。また、この選手のいいところは右サイドバックまでの広範囲をこなせるところにある。
    『ボールを受けに下がる』プレイスタイルを持つため、ポゼッションサッカーには適しているか。

    それにしてもこの写真、なんだか急激に老けた気がする。若いのに。


    Rafael Guarderas ペルー
    謎のペルー人MF。写真写りは南米仕様で、実は割とカッコイイ。
    創造性の高い攻撃寄りの能力を持つがMCまたはDM適正。
    高さはないものの、テクニックで捌くタイプ。

    性格も『ややプロフェッショナル』で扱いやすいと思われる。




    Jordan Rossiter イングランド
    リバプール所属の若きリンクマン。
    パス能力が高く、予測力と創造性が高い。
    冷静さと判断力、集中力が高まればより扱いやすい選手に育つと思われる。たぶん。










    その他、随時更新予定。
  • [FootballManager2014] 注目選手メモ フォワード

    2019-09-23 11:29
    【更新:2019/10/17】

    2019年の今でもずーっと遊んでるフットボールマネージャーことFMの、若くて気になる選手をメモっておく。超有名人は含まない。随時更新を予定。

    評価はあくまでもゲーム内ということであしからず。


    【フォワード】
    [2019/10/17追加] Nicolas Careca ブラジル
    バイエルン所属の若き両利きストライカー。
    所属クラブの選手層の厚さにあぶれて、期限付き移籍であちこちとばされているうちに能力が開花していく。評価額・年棒ともにそれほど高くない。
    ストライカーに必要な、決定力・オフザボール・冷静さはなかなか。187cmでヘディングが得意のため、高いクロス戦略がよさげ。



    Luka Djordjevic モンテネグロ
    両利きのテクニシャンFW。
    FWにとっての重要なメンタル要素であるオフザボール(動き出しの質)と運動量(動き直しの頻度)が高く成長する。
    ファーストタッチをはじめ、ロングシュート、決定力もあり、創造性も確かな数値。冷静さを磨けば一流のストライカーになれるだろう。

    細身の身体がセクシー。


    Carlos Fierro メキシコ
    オフザボールと運動量がかなり高く、良い動きだしが期待でき、冷静さと決定力も併せ持つメキシコの隠れた得点源。
    創造性の伸びに期待したいところだが、トレーニングでは伸びない能力なのが難点か。
    オランダのFC Twenteでくすぶっているうちに、ビッククラブに目を付けられることも多い。
    注目ポイントは、なんと言ってもイケメンなところ。


    Enes Unal トルコ

    利き足が両利きの選手で、それだけで有能。FM2014時点ではかなり若いので成長に期待が持てる。
    運動量と創造性が伸びればかなりの選手になるはず。

    そしてなんと言ってもイケメンである。




    Richairo Zivkovic オランダ

    スピードタイプには貴重な能力である決定力と冷静さ、オフザボールに運動量もかなり高く、そして何より若い。高さはそれほどでもないのだがヘディングも巧いためワンタッチゴーラー的なところも高評価と言えそう。
    ただし怪我をしやすい印象。
    Benficaがなかなか出してくれない印象も強く、ウチは実際に使ったことはないのでそのうち使ってみたい。


    Matej Vydra チェコ
    なんといってもオフザボールの高さと加速力で裏を取るタイプに見える。
    判断力が若干低め、とはいえ、裏抜けタイプのFWに必要な特性は備えている。

    プレミアリーグに所属しているからか、すぐに評価額が上がってしまって手が出ないことが多いのが難点。


    Jerome Sinclair イングランド
    リバプールのワンダーボーイ。
    運動量、創造性、オフザボール、決定力、冷静さと申し分ない能力。

    だが、ゲームではどうも燻っている感が否めない。
    テクニック系能力が低いからだろうか。



    Aleksandar Mitrovic セルビア
    アンドレリヒトで頑張ってるセルビア人FW。チャンピオンズリーグにもよく顔を出すからか、クラブに不満を持って契約更新を渋っていることが多い。
    高さのある電柱タイプで、ヘディング、決定力、オフザボール、敏捷性に積極性まで高いため、泥臭いプレイが期待できる。

    『審判に抗議する』プレイスタイルを持つのは難点だろうか。


    Thierry Ambrose フランス

    ただのスピード系ではなく加速力と敏捷性がかなり高いため瞬間的な裏抜けが巧い上に、冷静さやひらめきも高く、がむしゃらにロングシュートを撃つタイプではないため扱いやすいと思われる。
    運動量は低いので、カウンターサッカー向きと言えるだろう。

    Man Cで伸び悩んでいるうちに買い取るのがオススメ。



    Alberto Cerri イタリア
    超絶電柱君。その高さと強靭なフィジカル値、そしてオフザボールの低さはまさに電柱。
    決定力、冷静さ、ファーストタッチとヘディングの高さは申し分なく、さらに『相手ゴールに背を向けてプレイする』プレイスタイルを持つ。

    気がつくとParmaからユーベやローマあたりに引き抜かれるので使いたいならばお早めに。



    その他、随時追加予定。