ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • イミテーション

    2016-05-29 21:41

    昔、世にも奇妙な物語で見た話。


    ある男が砂漠で遭難し、
    その砂漠の中でオアシスを見つけ無事生還を果たすが、
    しかし元の生活に戻っても異常に喉が乾いたり、砂漠の砂の幻を見たりする。


    ふと気が付くと男はあの時の砂漠に横たわっていた。


    実はその生還を果たしたという事実が幻で、
    見つけたオアシスは既に干からびていて、
    生還した後の生活はすべて砂漠の中で死ぬ直前に見た自分の妄想だった、

    という話。




    高校生の時、家にあるダンベルで筋トレをしていた。


    ある日、あぐらをかいた状態でダンベルを持ち上げようとした瞬間、
    ダンベルが僕の手から滑り落ちた。


    そのダンベルはあぐらをかいていた僕の股の間に落ちた。


    スレスレでダンベルは睾丸をかわし、事なきを得た。


    しかし数年経った今でもダンベルを見ると
    「もしダンベルが僕の睾丸を押しつぶしていたら」
    と考えてしまい足に力が入らなくなったり、
    卵を見るだけであの瞬間を思い出したりする。


    僕はふと思うのだ。


    僕はあの瞬間、実は金玉が潰れていたんじゃないだろうか。


    今僕が過ごしている日常はすべて妄想で、
    本当はあの瞬間僕の金玉は潰れ、
    病院に運ばれ、
    なんか点滴みたいのを打たれているのではないだろうか。


    妄想から覚めると、
    僕は病室のベッドに横たわり医者が僕の母に僕の金玉のレントゲン写真を見せ
    「今夜が山です」って言ってるのではないだろうか。


    レントゲン写真を見せながら潰れてる部分をペンでぐるっとなぞり
    「この辺りまで潰れてますね」
    って言うんじゃないだろうか。


    母はそれを聞いて
    「そんなに潰れてるんですか」
    って言うんじゃないだろうか。


    「そんな馬鹿な」


    と思いながら僕は寝床につく。


    しかしいつも寝る前に「覚めないでくれ」と念じながら眠りについている。












  • 広告
  • アルトバイエルン

    2016-05-21 19:53


    スーパーに行った時、
    ソーセージの試食をやっているのを見てある思い出が蘇った。


    小学校の時、
    僕はおかんから「試食マスター」と呼ばれていた。


    普段は地元のスーパーの、
    店員が見ていないようなたくあんなどの試食を食い荒らしていたが、
    ある日からそのスーパーでソーセージの試食が始まり
    僕の小学校ではお祭り騒ぎになった。


    しかしソーセージの試食は店員が焼いて手渡しで客に差し出してるため、
    基本的には一人ひとつしかもらえない。


    そこで僕はある作戦に出た。


    まず僕はソーセージの試食の方へ一直線に歩き、
    一つ目のソーセージをもらった。


    次に僕は若干を顔を伏せながら他のお客さんに混ざって二つ目をもらった。
    ここまではセオリー通りだ。


    そして問題の三つ目。


    僕はフグのモノマネをした。


    顔をパンパンに膨らまし、
    若干寄り目になりながら
    「さっきの子とは別の子」と思わせようとした。


    僕は2回目同様他の客に混ざりながら試食へ向かい、
    フグ顔でさりげなく三つ目をもらおうと手を伸ばした瞬間、
    店員さんは僕の手を掴み、
    目の奥が笑ってない笑顔で
    「もうだめだよ」とささやいた。


    フグの顔をしていた僕の顔は一瞬で泣きっ面になり、
    あまりの恐怖に「あああああ」と叫んだ。


    そしたら店長らしき人が飛んできて
    店員さんは裏に連れて行かれた。


    あの日以来おじさんは見なくなった。


    できる事ならもう一度会って謝りたい。












  • ポエマー

    2016-05-21 19:472

    先輩に手相を占ってもらったら
    「お前はこんな仕事より、文才の方がある」と言われ、
    「あっ日記はたーまに書いてたりします」と言ったら
    「日記とかどうでもいい。ポエム書きなさい、ポエム」
    と言われたので、
    今日はポエムを書いてみた。



    ・一作目


    下を向いて歩くのも

    悪くないさ

    誰かが落とした幸せが

    落ちてるかもよ

    ちなみに僕は酸っぱいもの食べると

    舌に変なできもんできるっていう

    体質だけど




    ・二作目


    笑ってほしいだって?

    簡単さ

    君が笑えば

    僕も笑うよ

    今酸っぱいもの食べて

    舌に変なできもんできてるけど




    ・三作目


    泣かないで

    泣いてる君を見てると

    僕まで泣きたくなるよ

    酸っぱいもの食べて


    舌に変なできもんできてるからっていうのも

    あるけど




    ・四作目


    なんで歩いてるかだって?

    風が気持ちいいから

    そんな理由じゃ

    駄目かな?

    舌に変なできもんできてる

    僕が言うのも

    なんだけど




    ・五作目


    舌に

    変なできもん

    できるよ



    ポエムってなに?と思った。