ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ゆとり教育の生んだ失敗作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ゆとり教育の生んだ失敗作

2015-06-21 02:08
  • 5

小学校の頃のアルバムを見ながら、
あの頃の思い出を振り返ってみた。


あれは3年生のとき。


学級会で取り上げた議題で
「僕はこのクラスに必要かどうか」
というのがあり、
多数決で決めた事がある。


意味がわからなかった。


しかも5:5だった。


確かに僕は学校に行かなかったり、
友達と度の過ぎた悪ふざけもたくさんし、
PTAに何度もお世話になった。


そういえば飼育委員だった。


生まれてきたうさぎの赤ちゃんがすぐに死んでしまって、
泣きながらそのうさぎの赤ちゃんのお墓を作ってあげたのを思い出した。


そのあと帰りのホームルームで
「うさぎを殺したのは僕かどうか」
を多数決で決めた事がある。


6:4で
「僕が殺した」
に決まった。


あと
「僕は遠足に行くかどうか」
を多数決で決めた事がある。


それは自分で決めさせてくれよって思った。


そして最後の卒業式で、
「僕は卒業しても良いかどうか」
を多数決で決めた事がある。


満場一致で「良い」だった。


僕は感動した。


「ありがとう。ありがとう」
と言いながらほっとした。


そして僕は見事卒業する事ができた。


今思えば、なんで僕だけ多数決をとったのか不思議でならない。


僕の行動をいちいち多数決をとるというノリがあるたび、
先生、生徒は爆笑していた。


これぞ、ゆとり教育の恥なのだ!!!!












広告
×
え?先生どうなってるの・・・? あかんがな!
71ヶ月前
×
君の言う通りやわ
71ヶ月前
×
>>1
先生、違う学校なら大問題ですねw あかんがな!
71ヶ月前
×
>>2
人間の恥め!かかってこい!
71ヶ月前
×
これだから、最近の糞キチガイ共は・・・
67ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。