• このエントリーをはてなブックマークに追加
首振りDolls マンスリーインタビュー 第11弾 『2019年総括&2020年抱負』第2回(全4回) ショーン「いろんなこと出来そうだなって思う。」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

首振りDolls マンスリーインタビュー 第11弾 『2019年総括&2020年抱負』第2回(全4回) ショーン「いろんなこと出来そうだなって思う。」

2020-02-13 18:00
    35bc08e8f0ec8ff0f02f410384e18a5ec6fc5113476640b669e4249c688b683eeafb76f6d68d9f2b


     2018年の12月に新たに加入したベーシスト、ショーン・ホラーショーを迎え新体制初となり、本格始動した首振りDolls。
    新体制初ライヴ、上京、2ndメジャーアルバム『アリス』と新曲を含むインディーズ1stアルバム『首振人形症候群』の再販、新宿ロフト、下北沢GARDENでのワンマンーーーー。激動の1年となった2019年は、彼らの人生の中で大きなキッカケと、忘れられぬ経験の連続であったことだろう。
    2020年初のマンスリーインタビュー第11弾は、そんな2019年の出来事を振り返りながら、現在の首振りDollsに迫ってみることにした。

    取材・文◎武市尚子 撮影◎柴山正之


    ショーン:いろんなこと出来そうだなって思う。

    ――ショーンはメンバーになる前に外側から見ていた首振りDollsの印象と、メンバーになってからの首振りDollsの印象の変化はどんな風に感じている?

    ショーン:ん〜。昔はもうちょ

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2023/01/30
      予告!2月の「club Zy.チャンネル」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。