ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

熊谷花火大会(2018)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

熊谷花火大会(2018)

2018-10-08 10:05
    今回は地元花火ということで
    「熊谷花火大会」
    へ向かいました。


    毎年恒例で配信している熊谷花火大会ですが、ここは電界強度がバラつくだけでなく、帯域も細い為、大人数が集まる花火大会の時だけは配信ができる状況にならないという、配信状況としては厳しい花火大会です。
    回線自体は4回線を所持していますが、出だしから速度が上がらず、回線選別しているうちに瞬間で1Mbps以上は出ますが、即秒で128k~200kbpsに落とされます。

    MVNOであれば仕方がないといえますが、キャリアやサブキャリアでこの状態です。
    各々の回線が安定して300kbps以上出せれば、ボンディングする方法もあるのですが、ほぼ0と300kbps以下を行ったり来たり。
    HD配信だと、最低でも総ビットレートが578kbpsはないと配信してもHDの恩恵は全くなく、ニコ生では通常配信に切り替えるしかありません。
    それなりの速度があれば、通常配信に切り替えましたが、先ほどの通りほぼ通じないレベルでしたので、通常に変えても状況は変わらないと判断しました。

    熊谷花火では年々来場者数が目に見えて減っていましたが、今年は逆に来場数が多く感じましたね。
    特に去年から思っていたのが、
    twitterやインスタのSNSユーザーによるアップロードが増えていること。
    それも、一昨年とかまではFHDまでだったり、アップ時のサイズがそれなりに自動リサイズされていたりしていましたが、今は4kでそのまま上げられていたりするケースも少なくないでしょう。
    画像であれば、転送速度が遅かろうが早かろうがコネクションタイムアウトにならない限り送信し続けますので、まさに回線の渋滞が発生しやすくなる訳ですね。
    来年からはどう対策していいかわからず、ご近所の方に3時間限定でAPを繋がせてもらうとかでもしないと厳しいですね。
    以前はFONというものもありましたが(今もあるけど)、今は日本でFONはほぼ終わってきてしまっていて、せいぜい使われてるのは都心部とかぐらいではないでしょうか。
    そもそも無線LANになってくると、同一チャンネルの影響が酷くなるので、これもまた無理なんだろうなぁ




    ということで、今年の熊谷花火はしっかり録画してきました。
    ミュージックスターマインは5種のうち3種を動画にしました。(+おまけ付き)

    最初のミュージックスターマインは環境特色に対する考慮(多方面反響)に欠けていたのか、BGM(もぐらの唄)が反響BGMで邪魔をするようなもので、花火を全く見る気がしなくなりました。
    レゲエが嫌いというわけではないですが、今回の組み合わせとしては残念を通り越して「イライラする花火」でしかありませんでした。よってカット。

    フィナーレがミッションインポッシブルのメインテーマBGM(再放送では007と勘違いしてました)に合わせてのものでしたが、BGMがBGMだけに強弱の表現方法が私には伝わりませんでした。
    フィナーレはシネティアラ(映画館)なので、毎年ドラえもん~その年の話題新作映画のBGMを採用するスタイルのようなので、仕方がないといえば仕方がないのだろうけど…。
    うん、これは難しいね!

    そして次にHeroをBGMにしたスターマイン。
    良曲で認知度も高くそして花火にも十分合い、使いやすい事から一昨年では採用した花火が多かったです。
    今年で引退されることもあって、今回ここで採用したのかもしれませんが、それだけ他所でも多くの花火プログラムがあった事は否めないわけで、打ち方には特に気になってしまいます。
    今回は中~上段をメインに盛り上がりの表現がありますが、下段が手薄で寂しい感じが。
    よって、動画を見てもらうとわかりますが、
    空白表現でもないの所で裏打ちがバレバレですね。
    コストがゆるせるなら、せめてサビ終わり付近から次に入る迄の裏打ち開始~裏打ち中に噴出し、次に入って「君だけのための」あたりの最高潮瞬間にトラでもあった方が良かったかな。

    動画最後のスターマインは、こちらは打ち方をあえて空白表現にする事で、「あ、まだあるな!」ということが良くわかり、期待感を持続させるだけでなく更に期待感を増します。
    この
    八木橋(デパート)提供のプログラムだけは他よりも密に行われてるのか、BGMでYELLに沿っての「サヨナラは悲しい言葉じゃない」からの盛り上がりで、しっかり裏打ちが決まっています。
    花火を歌詞・曲調共に強弱の表現が良くできていると感じられました。




    次回はコチラ!
    群馬県邑楽郡千代田町の
    「千代田の祭 川せがき」
    8/18 18:30~(19:00~20:45)
    に向かいます。
    こちらは発数は5000発で1時間45分となりますが、途中灯ろう流しがありますので、実時間は90分ぐらいかな?
    去年は埼玉側から配信をしておりましたが、今回は群馬県側現地で配信します。





    おまけ

    熊谷花火大会で初のリア凸!
    普段はリア凸はお断りしていますが、スリーズコム様とは以前に現地で!とお話していたのです。
    よく私だとわかりましたね!と聞いてみたら「こんな機材出してる人っていないよ!」とw
    まぁ、確かに!(今だとスマホ一つでもできるし、昔ながらの環境の人は少ないね)
    ということで、ありがとうございます!
    まだまだ出かける機会は多いのでゆっくり安全運転で!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。