第1回 川口花火大会 と 鴻巣ポピー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第1回 川口花火大会 と 鴻巣ポピー

2019-05-22 01:03
    いつもは大体すぐ書いて公開しているブロマガですが、今回はちょっとだけ遅れての投稿です。

    今日は2本立て!
    まずはコチラっ!


    第1回 川口花火大会です。
    なんと、60年ぶりの花火大会だそうですが、60年・・・流石に私の年でも生まれていません。

    今回はリスナーさんと観に行く企画も兼ねており、前日から何時に行くかとかいろいろ話を詰めていました。
    60年ぶりということもあり、そんな昔になると情報は全くありません。
    会場に関しても現地に着いてからの手探りになります。
    そして、駐車場問題。

    川口花火大会では臨時駐車場は用意がされていませんが、事前に調べていたコインパーキングで目星のついている所は2箇所だったものの、交通規制で2時間は出られない上に、混雑したら更に出られる時間が遅くなるので、少し離れた所に駐車する計画。
    どのくらいの規模になるのかも正直わからずなので、とりあえず早め早めで行動するしかないという事。
    当然ながら街中で駅近エリアなので、人口密度もあります。
    となると、電波的には判断はできても、帯域がかなり不安です。
    配信できるレベルにあるのかどうかも検討がつきません。

    そして、前回の葛生での花火で、OBSを23.1にしてしまった為に激重となってしまったのですが、23.02にロールバックしてテストすると元通り。
    しかも挙動からみると、23.1はプリセットを無視している感じで、23.1でultrafastにしないとならなかったのが、23.02では全く問題なし。
    それどころか、23.1でQSVを使っていながらCPUが100%に貼り付かれるとか挙動が明らかにおかしい位でした。

    そんなこんなで、準備を終えて睡眠をとったのは朝の4時過ぎ。
    もう周りは、うっすらと明るくなり始めてきています。



    起きて向かってgoogleナビの罠にハマりながら何とか10:40頃到着。
    駐車場も難なく確保。
    道に出てからはリスナーさんから、川口駅に着いたと連絡が。
    時間もあるし、ラーメンのお誘いを受けてまずは腹ごしらえ。


    竜葵というお店の鳥塩ラーメン。
    ・・・なのですが、なぜかうなぎのひつまぶしがオプションでいただけます。
    こういった組み合わせはなかなかなくて、斬新でありながら新鮮さが感じられます。
    そしてラーメンは透き通っており、なが~いメンマと鳥と豚の叉焼。
    スープは塩のあっさりながらも、上質なチーユで塩の広がりが深くなっていきます。
    自家製麺も綺麗にまとまっており、スープを絡むというより吸い上げるような麺でした。
    しかし、スープの量に気を付けないと、ひつまぶしにスープを入れられないのでキープしないと!



    麺を食べ終わったらひつまぶし。
    まずはそのままいただき、次にスープを入れていただき、その変化を楽しみます。
    コッテリなんじゃないか?と思ってしまうところですが、そんな事はなく、米に染み渡ってうなぎを引き立てるのです。
    最後にはあえて半分ずつ残したお肉を投入し、薬味を入れてみると、これがまたしっかりとしたひつまぶしに!
    良い具合の塩味にほんのりあまみのタレのうなぎにピッタリ。
    こんなに合うものなのか・・・と驚くばかりでした。


    食べ終わって会場へ向かうと、人はそれなりにいますが、有料ゲートはほとんど人がいません。
    そりゃあ開場が16:30で13:30とかですからね。



    その辺を少し散策して、どこに配置されているのかチェック。
    大玉はない分、割りと近めに設置されているので、肉眼で確認ができました。
    予想通り200m位ですね。
    よーくみると、クレーン車もいることからナイアガラもある様子。




    時間もまだまだあるので船着場へ。
    リスナーさんはカメラに詳しい方でしたので、色々と教えていただきました。
    1時間すこしで開場待ちに人が集まり始めたので、こちらも並び始めます。
    有料とは言っても、指定席ではなく自由席なので場所取りが発生します。


    開場16:30
    予約枠は18:00
    花火は18:30


    ざっくり1時間少しで場所取りとセッティングをしなければなりません。





    事前に見ておいた最後方の位置でセンターを確保し、配信10分前をきってる所で何とかセッティング完了。
    最後方なので三脚の高さも問題なし。
    後ろに着かれる事もなし!(←これ重要)
    今回はマイクも2台使用。
    ・・・といっても1台はQ2nなので、もしもの為のバックアップです。
    なにせ、前回の葛生では調整不十分で音が割れまくりでしたからね。
    しかもここの開場の音響は、ホールスピーカーでホーン(ラッパ)ではないので、割れにくくしっかりと音圧が乗っかってきます。
    事前調整をしていましたが、更に調整。



    さて、いよいよ開始時刻!



    なんですが・・・



    日は沈む所か十分周りが見えます。
    2段階落としてコレ。
    明るすぎなんです。
    (TSから上がっている所をSS)

    肉眼ではかなり見えません。
    それどころか、リスナーさんの方もNDフィルターを重ねてかなり落としていたみたいですがそれでもダメだったと・・・。

    太鼓の演技+花火がオープニング花火の後にあったので、恐らくそれを見せるのに、まだ明るい時間を選んでいたのかもしれませんが、オープニング花火はクラウドファンディングで募った花火だったはず。
    ・・・これ出資者は納得できるのだろうか。

    音楽花火として使用曲も事前掲載されていたリストを見る感じでは、なかなか期待できそうでしたが、音楽花火というよりも、BGM花火な感じで曲に合わせている感じは薄かったです。
    しかも、尺足らずがかなりあり、曲が終わっているにもかかわらず、どういうリズム構成で上げているのか曲が終わっていてもぽんぽん上がっている状態。
    これで「今流行の音楽花火」ってのはキビシイ気がします。
    とはいえ、第1回ですので無事に全プログラムが進めて良かったと思います。
    既存の花火大会が中止になっていく一方でしたので、どうあれ新規の花火大会はとてもうれしいものです。
    次回に続いて、益々の発展をお祈りいたします。

    そして、開場でお会いした皆様!ありがとうございました!


    今回は調整の甲斐あって、個人的には花火ジャンルでは初バイノーラルです。






    そして、翌日。

    ポピーの時期が来た!
    という事で、

    埼玉県鴻巣市の日本一広いポピー畑へ行ってまいりました。

    本当は秩父の天空のポピーからと思ったのですが、まだ公開されていませんでした。
    (5/20~OPEN)




    良い青空!風は強いけど!
    見てください!これずうううううううううっとポピーなんですよ。
    川幅日本一の広さから、こんなにも広いポピー畑。




    「約125,000㎡と日本一の栽培面積に3,000万本」なんだとか・・・!
    Open2日目にして人はかなり多いですが、それでも広く、道も複数あるので混雑はしていません。
    ゆったりと見て回る事ができます。




    ポピー畑の端には麦畑。
    ここでは麦も花のように見えてきますね!




    そして更に隣は麦なでしこ畑。
    こちらは元気に咲いていて、今が一番の見ごろなのかもしれません。




    天気もよく、良いリフレッシュに。


    さて、6月は花火は行く予定がありませんが
    (というかいける範囲の所ではやってない・・・)
    次回は秩父の天空のポピーと音採集・映像採集で秩父華厳の滝へ向かう予定です。

    ※ちなみに何故か川口花火大会終了から、右足が盛大にしびれ続けて、今(執筆)に至ります。
     徐々に直ってきていますが・・・
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。