夏季休暇色々(後編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

夏季休暇色々(後編)

2019-08-23 00:00
    溜めてしまったので後編です。
    前回はこちら

    ■8/17 「川越花火大会」

    川越は1年毎に開催する会場が異なります。
    異なるといっても、全く違う場所ではなく、1年毎に
    安比奈(あいな)親水公園 か 伊佐沼になります。
    2019年は伊佐沼なので、2020年は安比奈ですね。

    伊佐沼は住宅も近い為、最大4号までになります。
    その代わり、水中投下(水上)花火があるのです。
    前回の一昨年に訪問しており、初参加ではないので
    ここの勝手は把握済み。
    ただ、やっぱり駐車場だけは遠いので(大体2km)
    シャトルバスでも出してくれればいいのになと思ってしまいます。



    交通規制前であれば、会場まで車を乗り入れられるので
    さっと場所を確保し、駐車場を探してゆっくり現地に向かいます。



    ちなみにココ。
    この場所は正面ではなく斜めになりますが、水中投下(水上)花火を
    メインにするならこちらです。
    観覧だけなら地図画像下側に場所がありますが、こちらでは横になるので
    写真・動画には向いていません。
    公園先のところは正面ですが、センター過ぎると4号玉が地図画像で上側の
    方向になり、水中投下(水上)花火は地図画像で下側となり、
    センター狙いで公園先にポジると、1フレームで収めるのは色々厳しいかも。



    伊佐沼の管理事務所では消防車両がびっしり。



    夕方になって、小腹もすいてきたのでイカ半身とやきそば。
    イカが見えてないですが、やきそばの上にあります。
    ココ空いてますか?と右隣の場所を聞かれて、空いてますよーと答え、
    カートを反対側に移動させ場所作り。
    特に三脚を動かしたりしていなかったけど、お茶を頂きました。
    この時飲み物が7本持参してたのは内緒。

    今回もペリスコープでしたが、前半でダウン。
    前回は何とか完走できたけど、帯域状況はよくないことは把握済み。


    しかし、川越花火・・・年々大人しくなってきているような気が。ちょっと心配。




    ■8/18 「千代田の祭 川せがき」

    今年は行く予定になかった川せがき。
    ただやっぱり、年々良くなってる感があるよねーと言う事で
    今年も来てみました!

    ここはゆっくり場所を選定できるので急がなくていいのですが、
    ココ!と思って先に三脚を立てておいても、その先で三脚を立て、
    更に集団で立たれてしまいます。
    超広角なので気にはなりませんが、流石にナイアガラは2カメで
    ズームさせたかったけど、その後ろも立ち始めるので無理でしたね。

    あと、今回はアクションカムだったら全景がいける距離でしたので
    所々上下切れています。来年来るならもう少し下がるかな。







    ちなみにこの川せがきでは、しっかり筒場が確認できます。
    ・・・が、どこの煙火業者さんなのかわかりません。
    (TwitterTL上でよく流れていましたので、何かわからないかなーと)
    私は熱狂的な花火愛好家ではなく、ただの知識のない花火好きなので、
    どこの業者さんでも構いません。
    大きくても小さくても、そこならではの花火だから観に行くのです。

    やれ○○だから観ない、△△だから面白そう、□□だからすごい!
    (全部例えは煙火業者さんね)
    …ってのは、熱狂的な花火愛好家の間では当たり前なのでしょうが
    一般人を対象にしている花火大会で、競技花火を観るかのような流れ。
    正直、アイドルの追っかけなのようなイメージですね。

    大会を実施するのには運営を始め、スポンサーありきだと思うのですよ。
    当然そこに足を運んで観る観客もね。
    でもそれを、わざわざ開催される前からグダついてるのは何か違うかな。
    知識としては良いとは思うけど、自分の中だけにしてもらいたいね。
    少なくとも大多数の人が、その花火大会を楽しみにしているんだし。
    観終わって感想を述べるのは良いと思うけど、始まる前は筋違い。
    自分で良いと思った所を観れば良いのに。観に行かないのなら尚更。



    そろそろ時間になるので、セッティング。
    今回は灯篭流しも配信したかった為、3ソース構成です。



    ペリスコープでの配信はばっちりできました!



    川せがき前半。
    配信を見てた方で、関係者の方がいらっしゃいました。
    配信では特定方向の拾音だったので、八木節が聞こえやすくなるように
    360度レコーダからバイノーラルデータを補完するように調整してみました。
    複数層で補完する手法。名付けてBinaural External complement Mix。



    こちらが川せがきの花火大会。

    フィナーレ後に閉めの挨拶中に打たれる花火は今年も健在。
    しかも全段発射でした!
    そして、数少ない常連さんのぐどさんが凸に来てくれました。
    いつもあの荷物と三脚やら椅子やら担いで、あんな感じでやってます。
    コメントされなければ隣に来ていた事に気付かなかったよ・・・。
    お疲れ様!これからもよろしくお願いします。



    さて、次回は・・・
    8/24 群馬県藤岡市の「藤岡市制施行65周年記念花火大会
    5年に1度の開催で、丁度今年は令和元年と言う事もあり
    打ち上げ総数は前回2014年が1万発に対し1.5万発に増量!
    そして、群馬県内1の尺玉連続打ち上げ65発に、
    群馬県内初の尺玉打上げ数で100発以上!
    となっているようです。
    前回は音楽付はなかったようなので、花火の音も堪能できそうですね!

    ただ、残念な事に試算上では配信ができるレベルにない試算です。
    ペリスコープでも変わらない試算でもあった為、ニコ生で行いますが、
    配信不能や不安定な配信になると思われますので、
    ノーカット再放送枠を用意しています。


    と言う事で、8月は藤岡とあとどこかもう1箇所で終了の予定。
    9月には待ち遠しかった沼田・いせさきです!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。