ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

地元地域旅 先取り曼珠沙華
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

地元地域旅 先取り曼珠沙華

2019-09-25 00:00
    花火もちょっとひと段落して、丁度この季節と言えば・・・
    曼珠沙華(マンジュシャゲ)
    曼珠沙華と聞くと何かイメージがつきにくいですが、
    いわゆる、ヒガンバナです。

    ここ埼玉県は、曼珠沙華500万本という、
    最大級の巾着田(きんちゃくだ)があります。
    毎年この時期なら満開なのですが、
    先日の伊勢崎同様に、発芽が遅れています。
    平均1週間の遅れだそうですが、
    見頃の時期も考慮すると、ざっと2週間の遅れです。




    ところが同じ埼玉県でも、比企郡吉見町の
    さくら堤公園では、既に満開だと聞きつけ、
    早速向かう事にしました。



    駐車場には車は5台程度。徒歩1分未満で現地着。
    序にジンバルとα6400の組み合わせで配信できるか試してみます。
    HDMIから吸い上げればできる話ではありますが、そのHDMI接続の状態で
    ジンバルのバランスが取れるのかどうか・・・というのが試したい部分です。
    最初はヘッドマウントにX1000vを取り付けていましたが、早速切り替え。



    「音が暑い」
    もう9月後半だというのに、うるさい位に蝉が鳴いています。
    2回ほどケーブルを引っ張ってしまっていたので、ジンバルがエラーになりましたが
    ケーブル捌きに注意すれば、この組み合わせの配信もできそうです。



    動画撮影モードなら音声は行きますが、写真では音が出ません。
    音声を別で入れられるキャプチャー等を使えばクリアできそうですね。
    それと、動画撮影だと4kでスルーアウトしてくれますが
    写真では6000x4000から16:9でクリッピングされるのか
    動画撮影の時と同じ画角にはなりません。



    この組み合わせだと、写真も撮りたい!となった時に
    写真撮影もそのままできるので、撮影も目的なら
    理にかなった構成かもしれません。
    ビデオカメラだと写真撮影モードもありますが、
    写真というより、1フレームだけ抜いて画像化した感が否めないので、
    ビデオカメラは限界だなーと感じてしまいます。



    肝心なここの彼岸花は見頃を過ぎ始めているので
    散ってしまっている花も多く見受けられました。
    あと、ずっとポートレート撮影していた
    セーラー服のモデルとカメラマンがいましたね。
    人が少ないのでロケ向きなのかな。



    3箇所に白色も咲いていましたが、赤に埋め尽くされた中に
    白色が咲いていると、それだけで映えますね!



    お気に入りの1枚はこちら。

    ちなみにTSからではこんな感じでした↓


    来週ないし、再来週には巾着田が見頃になるかなーと思うので
    その頃を見計らって向かいたいと思います。


    おまけ

    彼岸花の実に擬態したカエル。
    ちなみに、マムシがいたので注意しましょう。







    練習動画。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。