SLパレオエクスプレスに乗って2 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SLパレオエクスプレスに乗って2 

2019-11-12 00:52
    先日の【地元地域旅 長瀞散策 SLパレオエクスプレスに乗って】ar1826950
    から、年内には乗りたい!
    そう願い、天気予報が良好なのを確認してSL乗車券を予約したのは前日。






    やっと今回はSLに乗れました!
    SLに乗るなんて初めてです。(毎週土日は大体走ってますけどね)
    そして、前回は武川-長瀞でしたが、思い切って
    熊谷駅-三峰口の全区間にしてみました。



    熊谷→三峰口 (左側)


    三峰口→熊谷 (左側) +おまけ (11/12昼前に公開)
    360p制限にはなりますが、ノーカットでアップできました。
    容量的にはギリギリでしたができるものだねー。
    ※行きは2時間40分 帰りは2時間15分


    さて、鉄道車載と言うか車窓配信だけではなくて
    また車内販売も堪能してきました。



    今回はまずこちら!
    アイスクリーム!
    あれ?よ~く見ると・・・「ふれあい牧場」の文字が!
    先週にふれあい牧場に行ってますが、そのアイスでした。
    こちらはカップ化されているので、現地で食べるよりも
    より低温で保存されているせいか、ミルクの濃さはやや控えめ。
    とは言ってもキンキンに冷えているので、最後の一口まで
    良い硬さがあり、他のアイスクリームと比べてミルク感は十分あります。
    何といっても乳脂肪分13%ですからね!
    ※アイスクリームは乳脂肪分8.0%以上、乳固形分15.0%以上。
    ちなみにお値段は300円だったので、ふれあい牧場現地で
    販売されているアイスクリームと同じ価格です。



    次にSLパレオランチ!
    前回は秩父路弁当でしたので別のがあれば別のを!と思い、こちらに。
    お値段は1000円。



    今回はお品書きは付いていませんでしたが、
    SLを模ったのりに白米。バランはおかずとの境目ではなく
    山をイメージしているのか、この位置にありました。
    おかずは、だし卵焼き、名前がわからないけど、つみれのようなおからのような物に
    ゆずの風味の餡がかかっているもの(これが特においしかった)、
    揚げ物(何の揚げ物かは忘れた)、スパゲッティ、シューマイ、ザーサイ、
    春巻きにエビチリ、カリカリ梅。そしてSLを模ったバラン(おかずじゃないけど)
    前回の秩父路弁当は秩父名産が篭っていますが、味が濃いめなので、
    濃いのが苦手な方はこちらのランチをオススメします。



    そしてまだ空けてないけど、こちら。
    SL石炭あられは食べられる竹墨を使用したあられなんだとか。
    もうひとつは所々目にする桜沢みなののマドレーヌ。
    このキャラは熊谷や、長瀞、秩父辺りでよく目にします。
    たぶん桜沢駅と皆野駅からつけたネーミングのマスコットキャラなのかな?
    と思ったら、裏にそう書いてありました。
    個人的にはこれが花園フォレストで作られてそう…
    と思ったら違っていました。
    (地域性とか洋菓子工場とかの観点で)



    三峰口まで2時間40分。
    到着すると、C58は客車と切り離し石炭や水を補給します。



    補給・点検中のC58に写真撮影をするべく人が入れ替わり立ち代り。



    13:25頃に転回シーンがあるとの事で、駅裏の車両公園へ向かいますが
    なんと、車両公園は閉鎖されていると乗車中に車内アナウンスがありました。
    ただ、閉鎖?はされていますが、転回シーンはそこで見学ができます。
    (何言ってるかわからんと思うけど、俺も何言ってるかわからん)



    そしてここが転回するターンテーブル。
    カメラが2段構えになっているので、下段に広角で写真・動画目的、
    上段に望遠と配信と動画目的でセッティング。
    フェンスの高さが被りそうだなと思って、背丈の高いものを持ってきましたが
    それでも下段はこうなります。
    しかも動画用じゃないので、パンさせるとグギギグギギうるさいと言う・・・。



    転回シーンはこちら。
    転回は思ったよりも早く終わってしまいます。
    しかしこんな超重量物があっさり回ってしまうのは凄い。

    上の動画では展開時のみ三脚を使用していますが、フラフラしています。
    というのも今回リグを使った撮影機材Rev3にしてみたので重量級です。

    これでマットボックスでも付けたら映画撮影でもするのか?な感じに。


    配信と4K録画を同時にやると、LCDが非表示になるので
    HDMIパススルー機能付きLCDを間に入れます。


    やろうと思えば、更にアクションカムも取り付け可能です。
    ざっと3kg超であくまでもカメラとマイク部分なので配信機材はまた別。
    モニター乗っけるとやっぱり重いね・・・。
    次のRevではもう少し機動性を確保したいです。
    あと、わかってはいたけど、やっぱりバランスが悪いわコレ。



    転回が終わると、行きで最後尾だった客車と連結。



    三峰口で展開見て弁当食べるか!と思っていましたがそんな余裕はなく
    お弁当は帰りの車内で食べることにしました。
    帰りももちろんSLで。
    朝10時から夕方16時までの約6時間ちょっとをSLで堪能する1日でした。

    そしてこの後は・・・
    次の予約枠(ライトアップ撮影)取っていてちょっと後悔。
    家に着いた早々、バッテリー交換と、途中でmicroHDMIを折ってしまい
    ケーブル交換、モニターとマイクを外して軽量化してから直ぐに向かうのでした。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。